2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードショッピング枠・キャッシング枠現金化はなぜ違法なのか?

credit
出典:http://www.caa.go.jp/credit/img/credit.jpg

クレジットカードの現金化とは

 街中を歩いていると、よくクレジットカード現金化という広告を目にします。ですがクレジットカードを利用するときには現金は必要ないはず。しかし、クレジットカードの利用規約を見ても、現金化を目的とする利用を禁止するという記述があります。現金化とはいったい何なのでしょうか。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

 従来、クレジットカードを利用して商品を購入すると、利用者は商品を手にして、料金はカード会社に支払います。そして業者には商品の代金をカード会社から受け取る権利が発生します。しかし、現金化では利用者は業者から商品をカードで購入して、業者はその商品を購入金額から数割引きの値段で、「現金」で買い取ります。そうすると利用者は現金を受け取ることができ、業者は商品の代金をカード会社から受け取ることができます。これが現金化です。

スポンサードリンク

現金化は違法?

 ではクレジットカードの現金化は違法なのでしょうか。利用規約には現金化を目的とした利用は禁止しており、発覚した場合には利用停止、料金の一括請求などの措置が行われます。しかし法的な罰則はありません。
 実のところ、現在では「クレジットカードの現金化」を取り締まる法律はありません。つまり現金化自体は違法行為ではないのです。しかし、実質的には「貸金業」に該当するとの声があります。

法律では貸出金額が10万円未満であれば、金利は20%を越えてはいけないと法律で定められています。例えば1万円の商品をカードで購入してもらい、その商品を8000円で買い取ったとします。そうすると実質的な金利は2000円ですね。つまり金利は20%ということになりますね。このように実質的な金利が20%を越えてしまったため逮捕されたという例はあります。

 ですが、先ほども言ったように「現金化」を取り締まる法律はありません。先ほどの例も出資法に引っかかっただけで、現金化という行為が罰せられたわけではありません。現金化の厄介なところは、外からは見分けがつかないということです。購入した商品を売却したかどうかはカード会社には把握できません。実質的な金利を法定金利内に設定しておけば検挙されることはありませんし、実際に商品が必要だから購入したと主張することも可能です。まだまだ法律が整備されておらず、抜け穴がたくさんあるのが現状です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です