2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードの支出管理もスマホで楽々!今オススメしたい家計簿アプリはこれだ!【iPhone・Android対応】

迷った時は人気アプリから始めよう!

家計簿アプリはいろんなタイプがリリースされています。

「今日から家計簿アプリでコツコツ貯金!」と思っても、「どれがいいのか分からない・・・」という方は多いのではないでしょうか?そんな方にオススメしたいのが人気アプリです。

人気の家計簿アプリは無難な選択であり、下手にアプリをチョイスするよりはそれなりの手応えを得られます。また、人気が高いと口コミレビューも多数投稿されているので、それを参考にしながら選べるのもメリットです。

家計簿は貯金の基本

家計簿というのは家計の支出を管理するための帳簿です。

家計簿をつけるだけではお金は貯まりません。しかし、家計簿をつけることで支出を把握できるようになります。

毎日、出勤する際に購入する120円の缶コーヒー。週末に家計簿を見直すと「120円×7本=840円」を認識します。何気ない買い物でも塵も積もれば大きな出費となる、それを認識することで節約を実践できるようになります。

人気アプリ5選!

今回は、iPhoneとAndroidに対応している家計簿アプリをメインにご紹介します。

以下で紹介する5つのアプリは家計簿アプリの定番でもあるので、他のアプリを選ぶにしても良い比較対象になるのではないかなと思います。

マネーフォワード・iPhone&Android対応


出典:https://moneyforward.com/

マネーフォワードはiPhoneとAndroidに対応しており、アプリ内課金有りです。

マネーフォワードはテレビのCMでも宣伝されており、今最も注目されている家計簿アプリです。

特徴

マネーフォワードの特徴は実用性が高いことです。

対応している金融機関は2,600以上なので、ほぼ全ての金融機関とリンク可能です。レシートを撮影するだけで店舗や項目が反映され、各種支出の分類は自動です。簡単に使いこなすことができ、しかも機能性は抜群。迷った時はマネーフォワードから始めてみてはいかがでしょうか?

家計簿Zaim・iPhone&Android対応


出典:https://zaim.net

家計簿ZaimはiPhoneとAndroidに対応しており、アプリ内課金有りです。

「日本最大級600万人利用!」が売り文句の超定番家計簿アプリです。

特徴

家計簿Zaimの特徴は機能性が豊富なことです。

使い方はレシートからの読み取り、銀行やクレジットカードは自動取得です。グラフから家計簿を分析、月の予算を決めて家計簿の残高表示など、いろんな機能が備わっています。その中でも、月・年・週の開始日を変更できるのはとても便利に感じます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

かけ~ぼ・iPhone&Android対応


出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.donapon.pisces.cashbook&hl=ja

スポンサードリンク

かけ~ぼはiPhoneとAndroidに対応しており、アプリ内課金はありません。

かけ~ぼは気軽に家計簿アプリを試してみたい方にオススメです。

特徴

かけ~ぼは簡単気軽というのが特徴です。

上記で紹介した「マネーフォワード」や「家計簿Zaim」に比べると機能性は劣りますが、完全無課金でざっくりと家計簿アプリを使いたいなら便利です。クレジットカードの支出管理にも対応しているので、人によってはかけ~ぼで十分と言えば十分です。

ドクターウォレット・iPhone&Android対応


出典:https://www.drwallet.jp/

ドクターウォレットはiPhoneとAndroidに対応しており、アプリ内課金有りです。

ドクターウォレットは「日本一データが正確!」が売りです。

特徴

ドクターウォレットの特徴はオペレーター処理です。

ドクターウォレットはスマホでレシートを撮影して、それをアプリ内に反映させるシステムです。他のアプリと使い方は同じですが、オペレーターが目視で1つ1つのデータを処理してくれます。これによって正確に家計簿を管理できるようになります。

シンプル家計簿・iPhone対応

シンプル家計簿はiPhoneのみ対応で、アプリ内課金はありません。

シンプル家計簿は上記で紹介した「かけ~ぼ」と似たようなアプリです。

特徴

シンプル家計簿の特徴は名前の通り「シンプル」なことです。

カレンダーや円グラフなど、家計簿アプリの定番と言える機能性が備わっています。しかし、これといって珍しい機能が付いているわけでもないので、本当にシンプルな家計簿アプリです。機能性にこだわりがなく、とにかく家計簿アプリを試してみたい!という方に向いています。

結局、どれがいいんだろう?

家計簿アプリはそれぞれのアプリによって機能が違います。また、機能が充実しているアプリでも、課金によってすべての機能を使えるようになるというのが基本です。商品説明だけではなかなか最適な家計簿アプリを見つけることはできません。

今回紹介した5つのアプリはどれも無料で試すことができます。ダウンロードすればすぐに使えるため、時間のあるときに気になる家計簿アプリを使ってみるのがオススメです。少しでもアプリを使えば大体の特徴が分かるので、自分に合った家計簿アプリを見つけられるのではないかと思います。

今や家計簿はアプリの時代なの・・・?

昔は家計簿といえば「手書き」でした。その次にパソコンへと進化して、今ではスマホです。

どの方法から家計簿をつけるのが良いのか?これは特に正解はありません。家計簿をつけて節約を目指すならスマホが便利ですし、正確を重視するならパソコンの方が良いかもしれません。

しかし、アプリで家計簿をつけるというのは時代の流れにおいて、すでに1つの方法として確立されていることは間違いありません。これは今後においても変わることはなく、むしろ今よりも便利な家計簿アプリが次々と登場すると思います。そういった意味では、時代の流れに乗って家計簿アプリにチャレンジしてみるのは有りです!

家計簿アプリのメリット

家計簿アプリのメリットはスマホから簡単操作で支出を管理できることです。アプリによっては機能性が物足りない、データの正確性がちょっと・・・ということはありますが、気軽に簡単に家計簿をつけれることは大きなメリットです。

パソコンから家計簿をつける場合も、慣れてしまえばそれほど難しくはありません。しかし、パソコンを起動することすら面倒な日がありますし、ついついデータ入力を後回しにしてしまうことがあります。それを考えると、本当に手軽さというのは大きなメリットです。

家計簿アプリのデメリット

家計簿アプリのデメリットはアプリの機能性の差による部分が大きいです。

会社の支出管理のように膨大なデータを細分化して記録する場合はアプリでは対応することが難しいケースがあります。しかし、個人レベルの支出管理なら、機能性が充実しているアプリなら十分に対応できます。

パソコンを開いて家計簿ソフトやエクセルで入力する手間を考えると、アプリを使う方が支出管理の作業は円滑に進めやすいです。

まとめ

・貯金するなら家計簿をつけよう。

・家計簿アプリは人気アプリから始めるのがオススメ。

・何かのアプリを試せば、自分に合ったアプリを見つけやすい。

・家計簿アプリは使ってみなければ分からない部分が多い。

・アプリによって使いやすさは大きく違う。

・迷う前に行動すべし。

家計簿アプリは無料で始められます。今回紹介したアプリはアプリ内課金有りが多いですが、無料で試してから課金を判断できるのは嬉しい点です。

アプリによって機能性は異なりますが、使い方は「読み取り」か「入力」のどちらかのタイプが殆どです。

どんなアプリも操作は簡単なので、誰にとってもアプリは身近な家計簿です。気になるアプリがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪