2018年最新!おすすめクレカランキング→

留学・ワーホリなど海外長期滞在の前に!クレカ海外保険の付帯確認・加入を証明する「付保証明書」の準備を忘れないで!

学生必見!海外保険と最強のクレジットカード

国によっては入国時に保険の「付保証明書」が必要です。「付保証明書」は「加入証明書」とも呼ばれますが、保険に加入していることを証明するための書類です。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

留学やワーホリを考えている方、あるいは海外旅行を検討している方にとっては必要な書類となることがあります。

事前に保険が必要かどうかを確認しよう

海外へ行く時はしっかりと保険が必要かどうかを確認しておきましょう。

どうやって保険が必要かどうかを確認するのか?これは旅行会社等で保険の「付保証明書」が必要な国においては注意奮起されているため、自然と情報を掴めるはずです。

確実な方法としては、目的国にある日本大使館の公式サイトを閲覧するか、電話で問い合わせるのがオススメです。

以下、一部の国を紹介しておきます。また、その時により各国の状況が変わるため、海外へ出かける際に確認することは必須です!

  • ポーランド
  • キューバ
  • ラトビア
  • チェコ
  • ブルガリア

保険がなければ入国拒否?!

保険の加入が必須となっている国においては、「付保証明書」を入国審査で提示しなければ入国できません。

基本的には事前に保険が必要かどうかを調べるはずなので、現地に到着してから「どうしよう・・・」と嘆くことはないと思います。しかし、「付保証明書」を忘れた失くしたなどの理由で提示できなかった場合、これは現地の保険に加入すれば入国できます。

他の方法としては、海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを持っているなら、現地からカード会社に連絡をすると対応できる可能性もあります。要は保険に加入していることを証明するか、保険に加入すれば良いだけです。

各国の情勢も考慮しておく方が無難

「付保証明書」については事前に調べることが一番大事ですが、その際に各国の情勢も入念に調べておきましょう。

最近では「アメリカの大統領令」によって以下の7ヶ国が「一時入国禁止」になったことが記憶に新しいです。

  • イラク
  • シリア
  • イラン
  • リビア
  • ソマリア
  • スーダン
  • イエメン

海外旅行は国内とは状況が異なり、ここが最も不安な部分です。いろんな方面から情報をリサーチしておき、あらゆる事態に備えることはバックパッカーの基本です。

クレカの保険が便利

これから留学やワーホリの準備の1つとして保険を探すなら、クレジットカードの保険が安いのでオススメです。

クレジットカードにはいろんな保険がありますが、旅行関連の保険は「海外旅行傷害保険」と「国内旅行傷害保険」です。海外へ行くにあたり「付保証明書」を取得しておきたいのは「海外旅行傷害保険」となります。

海外旅行傷害保険とは


出典:http://www.smbc-card.com/index.jsp

海外旅行傷害保険というのは、海外旅行において適用される保険です。三井住友VISAカード「クラシックA・アミティエカード」の場合、以下のような項目から保険が付帯されています。

  • 傷害死亡・後遺障害=自動で300万円、利用付帯で1,700万円
  • 傷害治療費用=100万円
  • 疾病治療費用=100万円
  • 賠償責任=2,500万円
  • 携行品損害=20万円
  • 救援者費用=150万円

保険金が支払われるケース、保険金が支払われないケース、これについて公式サイトに詳しく書かれているので一読しておきましょう。

合わせて読みたい・デビュープラス所持者は注意


出典:http://www.smbc-card.com/index.jsp

三井住友VISAカード「デビュープラスカード」は学生に人気のクレジットカードです。審査が緩くスペックは優秀、年会費無料でポイント還元率は最低1.0%。初めてのクレジットカードなら文句なしのカードです。

しかし、「デビュープラスカード」は海外旅行傷害保険が付帯されていません!「付保証明書」が必要ならサブカードを作るか、他のカードへの切り替えを検討しておきましょう。

▶︎海外保険なし→『三井住友デビュープラスカードを持つ、使うデメリットをあえて挙げるなら?他のカードとも比較してみた

▶︎海外保険あり→『三井住友クラシックカードって?メリットデメリットとお得な使い方

▶︎海外保険あり→『三井住友アミティエカードって?メリット・デメリットについて解説

▶︎三井住友VISAカードの集約記事→『【2017最新版】三井住友VISAカード徹底解説!これからカードを持つ人も・既に持っている人も見逃せない情報が盛りだくさん!

海外旅行傷害保険の付保証明書を取得

海外旅行傷害保険の付保証明書は「海外旅行傷害保険へ加入していますよ」という証明書類です。

これはカード会社に連絡をすれば取得できます。以下、三井住友VISAカードの説明文なので参考に。他社においても取得方法は同じです。

カード付帯保険サービスの海外旅行傷害保険 付保証明書(発行は英文のみとなります)の発行をご希望の場合は、VJ保険デスク(三井住友海上)までお電話にてお申し出ください。なお、受付の際に会員番号やカード名義、渡航先や渡航期間などをお伺いさせていただきますので、お電話の際はお手元にカードをご用意ください。
また、お申し出からお手元にお届けするまで1週間程度お時間をいただきますので、余裕をもってご連絡ください。
※海外旅行傷害保険 付保証明書のお届けは郵送のみとなります。

引用元:https://qa.smbc-card.com/mem/detail?site=4H4A00IO&id=1024&search=true

自動付帯と利用付帯とは


出典:http://www.smbc-card.com/index.jsp

海外旅行傷害保険は「自動付帯」と「利用付帯」があります。

自動付帯とは、自動的に付帯されている保険です。上記の「クラシックA・アミティエカード」の保険内容を見ると分かります。「傷害死亡・後遺障害=自動で300万円、利用付帯で1,700万円」となっていますが、この通りです。

利用付帯とは、カードを利用することで保険が適用されるという内容です。殆どのクレジットカードは旅行代金を対象カードで支払うことで、利用付帯の保険が適用されます。「クラシックA・アミティエカード」の場合なら、旅行に関する費用を金額に関わらずカード決済すれば良いだけです。

旅行費用のカード決済についてかなり簡単に説明すると、旅行へ出かける日以降において一度でもカードを使えば適用されます。一般的にはツアー代金を支払うことが多いですが、バスやタクシーの料金でもOKです。「旅行費用」を金額に関わらずカード決済すれば、利用付帯の海外旅行傷害保険は適用となります。

確実なのは「付保証明書」を発行する時にカード会社に「利用付帯の条件は?」と聞いておくことです。

「JALカード・navi」がオススメ!


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

海外旅行傷害保険の「付保証明書」を取得する目的でクレカを作るなら、「JALカード・navi」が超オススメです。

名前からある程度は分かると思いますが、フライトと相性の良いカードです。さらに「JALカード・navi」は学生専用のクレジットカードであり、学生が優遇されています。社会人向けの「JALカード」を超えるスペックです。

留学やワーホリを検討している学生にとっては、ほぼ「パーフェクト!」と言えるクレジットカードです。

JALカードnavi(学生用)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
JAL・JALマイルとの相性
(5.0)
学生カードとしての評価
(4.5)

JALカードnavi<公式サイト>

「JALカード・navi」を3分で理解したい人はこちら

JAL公式では端的に「JALカード・navi」を紹介している動画があります。およそ3分で特徴やメリットをざっくりと把握できるので、時間のない方にオススメです。

▶︎「JALカード・navi」3分動画はこちら

▶︎「JALカード」付帯保険の3分動画はこちら

「JALカード・navi」とは?5秒で解説

「JALカード・navi」は学生向けの「JAL・クレジットカード」です。クレジットカードの種別としては4種ブランドにおける「提携カード(JAL+各ブランド)」と言えます。

「JALカード・navi」のサービスは「JALサービス」と「各ブランドのサービス」に分かれる内容があります。特にトラブルの際の連絡先についてはブランドの連絡先も抑えておきましょう。

▶︎「JALカード・navi」のブランド比較はこちら

「JALカード・navi」の基本スペック

「JALカード・navi」の基本スペックは以下の通りです。

  • 申込資格・高校生を除く18歳以上30歳未満の学生(大学院、大学、短大、専門学校、高専4・5年生)の方で、日本に生活基盤があり、日本国内でのお支払いが可能な方。
  • 年会費・在学中はずっと無料
  • 利用枠・ショッピング枠10万円、キャッシング枠0~5万円(14.95%~17.95%、遅延は19.92%))
  • 国際ブランド・「VISA」「Master Card」「JCB」「DC」から選択可能
  • 旅行傷害保険・海外旅行傷害保険が最高2,000万円、国内旅行傷害保険が最高1,000万円
  • ショッピングガード保険・JCBブランドだけ年間最高100万円で付帯、対象売上は海外のみ
  • 盗難紛失保険・連絡した日から60日を遡って全額補償、カード再発行は777円かかる
  • ETCカード・年会費無料、発行手数料は1080円(ETC利用もマイル付与の対象)
  • 家族カードはない
  • JMB WAONクレジットチャージ可能、対象カードが必要
  • ショッピングマイル・100円で1マイル、特約店は100円で2マイル

「JALカード・navi」の付帯特典一覧


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

「JALカード・navi」の付帯特典は以下の通りです。「JALカード・navi」の凄いところは、以下の特典がすべて年会費無料で付帯されることです!

  • フライトボーナス・ツアープレミアム区間マイル100%、入会搭乗1,000マイル、毎年初回搭乗で1,000マイル、搭乗ごとにフライトマイルの10%加算
  • ショッピングマイル・ショッピングマイルプレミアムが無料付帯で100円=1マイル付与、特約店なら100円=2マイル
  • 海外旅行ボーナスマイル・JAL国際線に搭乗で300マイル
  • 語学検定ボーナスマイル・対象の検定に合格すると500マイル
  • 卒業祝い・卒業後にカード継続で2,000マイルのプレゼント
  • 飛ぶほどマイルボーナス・毎年の搭乗実績に応じて別途でマイルプレゼント、2,500マイルから4,999マイルは1,000マイルのご褒美など
  • ためるほどボーナスマイル・毎年のマイル数に応じて別途でマイルプレゼント、0~999マイルで50マイルのご褒美など
  • 在学中はマイルの有効期限なし
  • 減額マイルキャンペーン・通常の半分のマイル交換数でマイル交換が可能
  • スカイメイト・空席があればカード提示で当日に優待価格で搭乗可能
  • 引越サービス・対象の引越し業者を優待価格で利用可能
  • JAL JTAの機内販売商品が10%OFF
  • 国内空港の免税店で5%~10%OFF
  • 国内空港店舗「BLUE・SKY」で5%OFF(特約店)
  • 国内空港店舗「コーラルウェイ」で10%OFF(特約店)
  • ホテルニッコーとJALシティで優待サービス
  • JALパック割引・国内と海外の旅行が最大で5%OFF
  • 選択したブランドによる特典・JCBブランドならJCBプラザなど

JALカードnavi(学生用)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
JAL・JALマイルとの相性
(5.0)
学生カードとしての評価
(4.5)

JALカードnavi<公式サイト>

「JALカード・navi」の国際ブランド


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

「JALカード・navi」の国際ブランドは4種を選べますが、海外で使うことを考慮すると「VISA」を選んでおきたいところです。どうしても「VISA」が嫌なら「Master Card」を選びましょう。

▶︎国際ブランドについては『クレジットカード国際ブランドはそれぞれ何が違う?どれを選べばいい?比較のポイントを徹底解説』がオススメ。

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険の詳細・付保証明書の取得方法

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険は以下の内容です。

  • 傷害死亡・1,000万円
  • 傷害後遺症障害・30万円~1,000万円(保険金額の3%~100%)
  • 傷害治療費用・50万円
  • 質病治療費用・50万円
  • 賠償責任・2,000万円
  • 携行品損害・1旅行につき15万円限度、年間累計額は100万円が限度
  • 救援者費用・100万円

「付保証明書」を取得する時は以下へ連絡をしてください。「付保証明書」というのは単に証明書を発行してもらうだけなので、以下の窓口へ連絡をすればすべてを解決できます。

  • 国内から・0120-141-500(JAL保険全般デスク)
  • 海外から・03-5460-6950(JALUX保険サービス)

上記は月から金まで9時~20時、土曜は9時から17時しか対応していません。日曜と祝日と年始年末は完全にお休みのようです。

「JALカード・navi」は自動付帯

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険は「自動付帯」です。「JALカード・navi」を発行するだけで海外旅行傷害保険が適用されるので、かなり都合が良いです。以下のJALの説明を参考に読んでおいてください。

JALカード会員である期間中は、旅行回数、利用航空会社を問わず、またカードで航空券を購入されなくてもカード付帯保険は適用になります。

引用元:https://www.jal.co.jp/jalcard/function/travel_insurance.html

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険は90日間適用

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険は「日本を出国したその日から90日間を限度として、全海外旅行期間中を対象」となっています。また、「旅行するたびに手続きは不要、旅行回数や航空会社も問わない」という内容です。

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険の使い方


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

スポンサードリンク

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険はいろんな担保項目から補償が備わっていますが、どんな時にどの保険が適用され、どうやって保険を使うのか?いまいち分かりませんね。これは難しく考えずに以下の連絡先をメモしておきましょう。

  • 国内から・0120-141-500(JAL保険全般デスク)
  • 海外から・03-5460-6950(JALUX保険サービス)
  • 03-5537-3590・事故にあった場合の事故報告ならびに保険金請求の窓口(東京海上日動火災保険、本店損害サービス第一部、海外旅行保険損害サービス課)
  • 月~金の9時から17時、土日祝と年始年末は休み

上記の連絡先はどっちでも良いです。どちらかに連絡をすれば答えに辿り着けます。また、上記以外にメモしておきたいのが「24時間救急サービス」の連絡先です。これは海外からでも日本語で対応してもらえるサービスです。

▶︎「24時間救急サービス」の電話番号は各国によって異なるため、出国前にこちらから旅先における電話番号を調べておいてください。

「JALカード・navi」の保険金の請求方法

「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険の保険金の請求方法は、「万一事故にあわれた場合は、事故の日から原則30日以内に事故にあった場合の事故報告ならびに保険金請求についてのお問い合わせ先の保険会社・代理店へご連絡ください」となっています。要するに電話をして指示を仰ぐだけなので、請求方法はとても簡単です。

各担保項目によって必要な書類が異なるため、書類についてはJAL公式サイトへ飛び、下の方にある「保険金の請求に必要な書類を見る」をチェックしておきましょう。これは電話からカード会社へ連絡した際に詳細を教えてもらえるので、そこまで事前把握は重要ではありません。

海外で「JALカード・navi」を紛失した時の連絡先

海外で「JALカード・navi」を紛失したり盗難された場合、ブランドによって緊急の連絡先が異なります。海外へ出かける前に以下のリンクから連絡先をメモしておきましょう。

上記のリンク先から電話番号をメモしておくと、海外でカードを紛失しても不正使用のトラブルをすぐに止めることができるので安心です。

「JALカード・navi」はショッピングでメリットある?


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

「JALカード・navi」は日頃のショッピングでもメリットがあるのか?これについても簡単に紹介しておきます。

まず、「JALカード・navi」をショッピングで使うと100円の買い物に対して1マイルが貯まります。通常、「JALカード」は200円で1マイルが付与されますが、「JALカード・navi」だけは優遇されているので100円で1マイルです。

100円で1マイルがお得なのかどうか?これも気になるポイントですね。1マイルの価値はマイル交換の商品によっても変わりますが、1つ参考例を紹介しておきます。

JALクーポンは12,000円のクーポン券を10,000マイルで交換できます。この場合、ポイント還元率は1.2%です。学生に人気の「デビュープラスカード」と同じ水準のポイント還元率となります。

ポイント還元率1.2%はお得なのか?これはお得です。特に「JALカード・navi」の場合は年会費無料であり、ポイント還元率が最大の魅力というわけではありません。トータル的にスペックが優秀であり、その上でポイント還元率が1.2%と考えると本当に優秀なクレジットカードです。

将来的に留学やワーホリを検討している場合、さきに「JALカード・navi」を作ってショッピングで愛用すればマイルが貯まります。そのマイルを使って留学やワーホリへ行くとお得です。

また、留学やワーホリを含めてマイルを貯めておき、友達との修学旅行の際にマイルを使ってお得にフライトするという使い方もあります。

マイルが2倍の特約店の検索はこちら

「JALカード・navi」は通常のショッピングマイルが常設で優遇されますが、特約店でカードを使うとマイルが2倍となります。通常は100円で1マイル、特約店は100円で2マイルです。

JALの特約店は相当な数があるため、こちらから目的のお店を検索してください。

「JALカード・navi」のマイルの使い道


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

「JALカード・navi」は在学中に限りマイルの有効期限がありません。しかし、通常はマイルの有効期限が36ヶ月後の月末までなので、他のカードを所持している方は注意をしておきましょう。

  • フライトに使う・国内と国際の特典航空券が魅力(ここでJALnaviの1つのメリット発揮)
  • 座席アップグレードに使う
  • 航空券やツアー購入に使えるクーポンに使う
  • eJALポイントに使う(JALサイト内で使えるポイント)
  • クレカで良くある「様々な商品」に使う(これがあるのでフライトしなくてもメリット発揮)
  • 電子マネーや提携先のポイントに移行

「JALカード・navi」は減額マイルという特典が付帯されているため、特典航空券にマイルを使う時は通常の半額のマイル数で交換できます。最大で6割安のマイル交換となるので、このメリットを熟考しておいてください!

「JALカード・navi」の入会キャンペーン

2017年2月時点において、「JALカード・navi」の入会キャンペーンが実施されています。入会キャンペーンは「Amazonコース」と「マイルコース」の2つです。また、2017年6月30日までにJALカードアプリをダウンロードすると「50マイル」がもらえます。

Amazonコースはカード入会で「1,000円分のAmazonギフト券」、入会搭乗で「1,000マイル」です。

マイルコースはカード入会で「500マイル」、入会搭乗で「1,000マイル」です。

1マイル=1円として考えた場合、価値としてお得なのはAmazonコースです。

JALカードアプリとは


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

JALカードアプリはJALの公式アプリです。

マイルの確認、キャンペーン登録、住所変更や資料請求など、様々なサービスを利用できる便利なアプリです。キャンペーンを除外しても、カードを発行後にアプリを取得しておく方が便利です。

「JALカード・navi」の審査攻略方法と年収の目安

「JALカード・navi」の審査を攻略する上で申込資格を満たすこと嘘を付かず連続した申し込みを避けることが大事です。また、キャッシングを外す方が合格率が高い事は常識です。

「JALカード・navi」はキャッシング上限が5万円です。総量規制から考察すれば「5万円×3=15万円」の年収でキャッシングを付帯できます。

「JALカード・navi」はショッピング枠が10万円です。総量規制外ですが、同様の考え方から「10万円×3=30万円」で合格の可能性が高いです。

仮に上記の考察から合格できるなら「総利用枠15万円×3=35万円」、「35万円÷12=約2.9万円」の月収があれば合格できます。その倍額で計算してみると「2.9万円×2=5.8万円」、「5.8万円×12=約70万円」の年収があれば余裕だと思われます。さらに3倍で計算すると、学生にとっては非現実的な月収となり、そこまで審査基準が高いとは考えられません。

本音を言うと、無職の学生さんでも合格できると思います。

筆者の感想と評価

「JALカード・navi」の情報を隅々まで調べ上げ、今回は70%~80%ほどの情報をまとめてお届けできたと思います。正直なところ、JALという会社の規模があまりにも大きいため、JAL公式を活用しても知りたい情報を見つけずらい現状があります。それによって「JALカード・navi」の良さが認知されずらいと思いました。

以下にいくつか紹介しますが、学生向けのクレジットカードはたくさんあります。どのカードもメリットはありますが、総評して「どうなんだろう?」と思う部分もあります。

「JALカード・navi」は海外へ行くという目的にピッタリであり、ここまで見事に目的とスペックがはまるのは珍しいです。利用枠が10万円というのも、海外で使うことを考えるとセーフティな金額だと言えます。国際ブランドについても「VISA」と「Master Card」を選択できるのは相性抜群です。

海外旅行傷害保険は自動付帯なので「付保証明書」を取得するだけで準備OKとなります。特典に目を向ければ「ゴールドカードか?」と思わせるようなボリュームです。

クレジットカードは目的にマッチするかどうかが大事であり、それに加えて「コスト」と「パフォーマンス」のバランスを見るのが基本です。年会費が無料で把握できないほどの特典、海外用として「JALカード・navi」はガチで優秀です。

「JALカード・navi」のまとめ


出典:https://www.jal.co.jp/jalcard/card/navi.html

「JALカード・navi」のスペックから特典までは上記の通りなので割愛します。とにかくコスパ最強であり、留学やワーホリとの相性は非常に良いです。間違いなく学生の海外用クレジットカードでトップ3に入るレベルです。

海外の実践編として、「JALカード・navi」を発行したら保険を含めて連絡先をメモしておきましょう。何かあった時にこれがとても役に立ちます。

「JALカード・navi」はフライトするほどお得ですが、ショッピングからのマイル付与も優秀です。マイルをいろんな商品に交換できますし、完全フライト特化のクレジットカードというわけでもありません。

年に1度のフライトなど、フライト回数が少ないことを前提としてもマイルからのメリットが高いです。また、そのメリットはショッピングマイルのポイント還元率と豊富なマイルの使い道にあります。この辺りは、他社の学生向けのクレジットカードの「ポイント還元率」や「ポイント交換商品」を比較して判断してみると良いです。

JALカードnavi(学生用)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
JAL・JALマイルとの相性
(5.0)
学生カードとしての評価
(4.5)

JALカードnavi<公式サイト>

「JALカード・navi」のライバルカード・比較する際の参考に!

以下は有名どころの学生クレジットカードですが、海外旅行傷害保険を比較する時は「担保項目」ごとに補償額を比較してください。最高2,000万円となっている場合、何が2,000万円なのか?を見ておく方が良いです。

「JALカード・navi」は最高2,000万円ですが、これは「賠償責任」の担保項目が最も補償額が高いので最高2,000万円という宣伝の仕方になっています。

補償額はどうでも良いと言えばどうでも良い

留学やワーホリに向けて保険の補償額が高い方が安心ですが、補償額が2,000万円でも3,000万円でも被害に遭った時しかその差を実感できないので、そこまで気にする必要はありません。

むしろ、担保項目や各項目の補償額を比較して選ぶ、あるいは保険以外の特典を重視する方が良いです。

合わせて読みたい

▶︎JALカードnavi→『【学生におすすめのJALカード】JALカードnaviとは?特典や卒業後はどうなるの?

▶︎JALカード海外保険→『【海外旅行時に使える】JALカード海外旅行保険の注意点とは?

▶︎JALの提携会社→『提携航空会社はどこ?JALのマイルを賢く貯める方法

チャンスがあるなら絶対行った方がいい!

留学やワーホリは長い人生の中でも経験できるタイミングがとても少ないです。社会人になっても「行動力があれば実現できる!」と言いたいところですが、現実的には仕事やお金の都合からなかなか実現できません。

社会人になって「学生の頃に行っておけば良かったな・・・。」と後悔する人は多いと思います。筆者もその一人です。

オーストラリアへのワーホリ断念・・・

筆者は20歳の時にオーストラリアへワーホリへ行くことになりました。50万円の資金で「残高証明書」を取って「ビザ」も取得、後は行くだけ。しかし、家族の都合で断念しました。これ本当に今でも後悔しています。

もしオーストラリアに行ってれば「考え方」や「人脈」、「視野」や「人生観」などは大きく変わっただろうなと思います。1つの人生の岐路でした。

準備をする段階でもワクワクする!

ワーホリの準備は色々と書類上の手続きがあり、ワーホリ協会のセミナーへ通いながら知識を身に付けるのが一般的です。セミナーへ行くと同じ目的を持っている方と知り合えるので、何かと楽しいです。

筆者の場合は実際にワーホリへ行った方の話をセミナーで聞くことができたので、準備をする段階でかなりテンションが上がりました。

目的が見つからない・・・人生経験で良い!

留学やワーホリへ行くかどうか、あるいはどんな国へ行くべきか、色々と迷うと思います。一般的には「現地の語学を習得する」という目的の方が多いでしょうか。

いろんな迷いがあるものの、行けるなら行った方が良いと思います。何も目的がなくても「人生経験の1つ!」と考えれば、十分に価値があります!

どんな国が人気なの?付保証明書はどの国で必要?

留学やワーホリは行ける国が決まっています。留学は学校によって異なりますが、ワーホリは「ワーホリ協定国」から選ぶことになります。「ワーホリ協定」というのは日本と他国の協定です。以下が一覧となります。

  • 韓国
  • 台湾
  • 香港
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • ノルウェー
  • デンマーク
  • ポーランド
  • スロバキア
  • オーストリア
  • イギリス
  • アイルランド
  • フランス
  • ポルトガル
  • ドイツ
  • カナダ

「付保証明書」についてはどの国へ行くにしても準備しておく方が良いかもしれません。ワーホリ査証の時点で保険の加入証明書が必要となることがあります。

例えば、香港の場合はワーホリ査証の必要書類に「医療保険加入証明書」があります。その国における日本大使館の公式サイトなどから、必要書類を確認しましょう。

ワーホリで人気の高い国は圧倒的にオーストラリアです。昔からワーホリ国として有名であり、日本と親交が深い国です。また、ワーホリの定番国なので日本人が現地に多いのも1つの理由かもしれません。

他にはカナダやニュージーランド、イギリスや韓国も人気です。特にイギリスはEU離脱の最中であり、現地で様々な意見や考え方を聞きながらも良い経験ができそうな国です。

留学やワーホリについて詳しい情報を見るなら、こちらの「日本ワーキング・ホリデー協会」で様々な情報を調べられます。

まとめ

・国によって保険が必要。

・保険がない場合、現地の保険に加入することを想定しておくこと。

・クレカの保険なら「付保証明書」を発行すればOK。

・各国の情勢まで入念に事前調査をしておくことが大事。

・旅行傷害保険は自動付帯と利用付帯がある。

・海外旅行傷害保険付帯のクレカは「JALカード・navi」が優秀。

・「JALカード・navi」は海外志向の学生にとって完璧と言えるカード。

・「JALカード・navi」の海外旅行傷害保険は自動付帯。

・「JALカード・navi」を海外で使うなら、各問い合わせの連絡先をメモしておくこと。

・留学やワーホリはなかなか経験できることではない、チャンスがあるなら行った方が良い。

・ワーホリについてはワーホリ査証申請で保険証明書が必要となるため、付保証明書を用意しておく方が良い。

JALカードnavi(学生用)の申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
JAL・JALマイルとの相性
(5.0)
学生カードとしての評価
(4.5)

JALカードnavi<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード