2018年最新!おすすめクレカランキング→

ライフカードの審査の難易度解説。あなたが審査に通る方法は?

はじめに

クレジットカードを申込すると必ず審査を受けなくてはいけません。この審査を通過しないとクレジットカードを手にすることはできません。そう考えると審査が怖くなってしまう人もいるかもしれませんが、クレジットカードの審査はそれほど難しくありません。

預金残高や税金の滞納などの情報はクレジットカード会社ではわからないので、自社でストックした情報と個人信用情報機関に登録された情報、クレジットカード申込書記載内容が判断基準となります。

クレジットカードの審査基準はそれぞれ違うので、自分に合ったクレジットカードを選んで申し込むことが審査を通過する第一歩です。ライフカードが自分に合っているかどうか、ぜひ確かめてください。

ライフカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント特典
(4.0)
還元率
(4.0)
誕生月のお得さ
(5.0)
学生へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

ライフカード<公式サイト>

ライフカードは何系?

クレジットカードの審査基準は銀行系、信販系、流通系、消費者金融系の順番に厳しいと言われています。それではライフカードは何系でしょうか?

ライフカード株式会社は2011年7月に設立された消費者金融会社アイフルの完全子会社です。その点では消費者金融系クレジットカード会社と言えますが、アイフルの子会社だからと言って中身も消費者金融会社というわけではありません。

2011年7月までは株式会社ライフという名称の信販会社だったので、クレジットカードの審査に関しては信販会社の基準をそのまま継承していると考えられます。ライフカードは経営的には消費者金融系であっても、クレジットカードのサービスや審査は信販系です。

信販系クレジットカード会社の特徴

信販系クレジットカード会社は、別名「信販会社」と言われていますが、クレジットカードの発行だけではなくショッピングクレジットやオートローンも取り扱っています。歴史は古く銀行系クレジットカード会社と比べても、カード発行開始は5~6年くらいの違いしかありません。そのためクレジットカードの審査ノウハウも十分にあります。ただし、ライフカード株式会社は実質信販系ですが、取扱事業はクレジットカードだけです。

審査基準と支払い方法の関係

クレジットカードの支払い方法に分割払いやボーナス一括払いがあるのは、信販会社がクレジットカードを発行した時にショッピングクレジットの支払い方法をカードにも適用したからです。当時1回払いしか利用できなかった銀行系クレジットカードに比べて審査が甘いと言われたのも、この分割払いによる影響が大きいでしょう。

同じ50万円の利用枠のクレジットカードでも、分割払いができればそれほど年収が高くなくても利用することができます。毎月2万円支払う能力があれば50万円の利用枠でもクレジットカードを発行できるのです。1回払いの銀行系クレジットカードに比べて審査が甘いというのはこうした理由があります。

信販系クレジットカードの審査

信販系のクレジットカード会社の審査は甘いのではなく、申込者に合わせた利用枠のカードを発行しているといったほうがわかりやすいかもしれません。現在一般的なクレジットカードの利用枠は30万円ですが、収入に合わせて20万円や10万円に減額することも行っています。

しかし、安定した収入がなかったり、他社の利用が多かったりした場合には却下されることも多いので、決して審査は甘くはありません。また、まったくクレジット利用がないといった場合でも却下されることがあります。

ライフカードの審査基準

クレジットカードの審査基準は社外秘なので推測するしかありませんが、ネット上の口コミ情報で却下されたケースを検証してみることである程度の推測が可能です。

スポンサードリンク

年収500万円で却下されたケース

正社員で勤務年数5年以上、年収500万円でライフカードの審査で却下されたケースがあります。これだけ見るとずいぶん厳しい審査と思われますが、実際には他社のカードを3枚持っていて150万円の利用枠がすでにあったという状況です。

割賦販売法では「年収」から「生活維持費」や「他社を含む年間支払額」を差し引いて算出した「割賦利用可能枠」の範囲内で、割賦利用できるクレジットカードの利用枠が決められます。また、貸金業法では貸付の総額は年収の1/3までに制限されています。

このケースでは割賦販売法の規制を最大限に適用しても、クレジットカードを発行する余裕はあります。150万円の利用枠がキャッシング枠であれば、貸金業法の規制ぎりぎりなのでカード発行を見送られた可能性があります。過去の利用状況など上記の情報ではわからない部分もあるので、明言はできませんが、少なくても年収が高いからと言って審査は通過できないことが分かります。

年収250万円で却下されたケース

正社員で勤務年数3年以上、クレジット利用歴なしで却下されたケースです。この場合考えられるのは、クレジットの利用歴がないという点が却下理由である可能性が高いということです。

クレジットを利用した履歴は個人信用情報機関に登録されているので、過去5年間のデータを参照することができます。しかし5年以上経過すると全く利用がない状態になってしまうので、クレジットカード審査では本当に利用がないのか、過去に支払い遅延があって消えたのかわからないことになります。

そのためクレジットの利用履歴(クレジットヒストリー)が全くない場合は、却下の対象になることがあります。こうしたケースの場合どのようにしたらいいでしょうか。

クレジットヒストリーを作る

過去にまったくクレジットやクレジットカード、消費者金融を利用したことがない人、または5年以上前に利用はあったけれども現在はデータがすべてクリアされてしまった人は、改めてクレジットヒストリーを作ったほうが審査を通りやすくなります。

ライフカードを作りたい人は、それよりも作りやすいクレジットカードを利用してクレジットヒストリーを作る、もしくはショッピングクレジットを利用してクレジットヒストリーを作るといったことが必要です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

消費者金融系のクレジットカードは入会しやすいですが、ショッピング機能以外にまったくサービスが付帯されていません。それよりは流通系のクレジットカードを利用してクレジットヒストリーを作るほうがいいでしょう。ポイントを貯める楽しみもあるので長続きします。

ショッピングクレジットはオリコ、ジャックス、セディナのショッピングクレジット加盟店で利用することができます。高額な利用でも保証人を付けることができるので、良好なクレジットヒストリーを作ることができます。

ライフカードの審査まとめ

ライフカードの審査難度を簡単にまとめると銀行系クレジットカードよりは難易度が低く、信販系の中でも難易度はやや高めといった評価になります。年収は安定した収入があればさほど重要視されませんが、クレジットヒストリーに関してはかなり重要と考えているようです。

信販系クレジットカード会社は銀行系に比べて幅広い人を対象にしているので、それだけ支払い能力の裏付けとなるクレジットヒストリーを重要と考えているのです。ライフカードもその傾向が強いようです。

また、最近では貸金業法や割賦販売法の規制も絡んでいるため、クレジットカードの審査は複雑になっています。単純に年収が低い、勤務年数が短いといった理由だけで却下されるわけではありません。ライフカードに限らずクレジットカードを新規申込する場合は、現在利用していないクレジットカードは事前に解約しておきましょう。

ライフカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント特典
(4.0)
還元率
(4.0)
誕生月のお得さ
(5.0)
学生へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

ライフカード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪