2018年最新!おすすめクレカランキング→

引き落とされてる!?カード払いした時の返品は「キャンセルのタイミング」に要注意!

もう引き落とされてる・・・クレカは返金できるの?!

クレジットカードで買い物をして返品した時、購入代金は返金可能です。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

「あれ?サイズが小さい・・・返品しよう!」

こんなシーンはあるあるですが、返品が了承されれば購入代金は返金されます。

「あれ?返品したのにお金が落とされてる・・・最悪。」

こんなシーンも返品のあるあるですが、返品が了承されているなら後からお金が戻ってくるので心配ありません。

返金は返品で決まる

カード払いの返金ができるかどうかは返品で決まります。要するにお店が「返品OKですよ」といえば、その時点で返金が確定すると思って良いです。

返金は返品で決まるが、返品は何で決まる?

返金は返品で決まるわけですが、返品は何で決まるのか?ここが一番重要です。

カード払いの返品というのは、現金など他の決済手段と全く同じであり、お店が返品を受け入れるかどうかです。これは話を深く掘り下げると「クーリングオフ」の話になりますが、それを除外してもお店が返品するといえば返金され、返品はダメといえば返金されません。

返金はお店とカード会社の情報のやりとり

返品が了承された場合、その後の返金手続きというのは「お店」と「カード会社」の情報のやりとりだけとなります。ここで、タイミングによってはすでに代金が引き落とされていることがあります。

また、返品が了承されたのになかなか返金が実行されないケースがありますが、それも「お店」と「カード会社」の連絡のやりとりが問題なので、今の状況を両者に確認するしかありません。

タイミングによっては一度引き落とされることがある

もし、返品が了承されて返金手続きに移った場合にすでにお金が引き落とされていても焦る必要はありません。まず、カード会社に連絡をしましょう。そうすると、「お店」から「カード会社」に返品&返金の情報が伝わっているなら、すでに引き落とされている代金は戻ってきます。

いつお金が戻ってくるのか?これは状況によりますしカード会社の対応にもよるため、一概に答えはありません。とにかく今の状況を確認すること!これに尽きます。

利用者にとっては対処方法がない

返金において一度お金が引き落とされてしまう事態を防ぐことは難しいです。

そもそも、返品や返金というのは商品を購入する前の段階からそれを実行することを決めているわけではありませんね?また、上記で説明したように一度代金が引き落とされても、返品が了承されたならお金は戻ってくるので、さほど心配する点でもありません。

戻ってこなかったらどうする?

一度お金が引き落とされてしまい、返金手続きにおいてお金が戻ってこなかった場合は法律事務所へいきましょう。

基本的に「お店」が返品を了承しており、その上でどれだけ待ってもお金が戻ってこないというのは「お店」が「カード会社」に連絡をしていない可能性が高いです。このようにしてトラブルになると法的に解決するしか道がありません。

キャンセルのタイミングは早い方が良い

スポンサードリンク

キャンセルをするならそのタイミングは早い方が良いです。これはクーリングオフを含めても、できるだけ早くキャンセルの旨をお店に伝えることが大事です。また、キャンセルのタイミングが早いほど「一度お金が引き落とされる」といったことも少ないです。

具体的にいうと、カードの引き落としは「締め日」と「約定日」があるので、それぞれの「日」までにお店側と返品の手続きに関する話をまとめるのが理想です。

返品のやり方と覚えておくべきこと

返品というのは基本的に支払方法は関係ありません。

どんな支払方法で買い物するにしても、返品のやり方について基本は覚えておきたいところです。

返品は開封するとアウト

返品は商品を開封するとアウトというのが常識です。もちろん、クーリングオフを使う場合は開封しても返品できますが、なるべく開封しない方がお店側に返品を了承させやすいです。

食べ物系は基本的にできない

返品できるかどうかは商品の種類にもよります。

例えば、ヨーグルトを買って返品したい!と思っても、販売側に完全なる落ち度がない限りは返品できません。これを返品OKにすると、お店はやっていけません。これが一般的な常識であり、それでも返品に執着する人をいわゆる「クレーマー」と言います。

早目にショップに相談すると良心的な対応もある

お店というのはどんな商品に対しても、そのお店の返品に対するルールを明記しています。

基本的に返品はしないというスタンスのお店でも、商品を購入後に早く相談をすれば良心的な対応から返品を受け入れてくれるケースもあります。

こんな返品例があります

筆者は通販サイトでブランドのスキニーデニムを購入しようと思い、理想のサイズが売り切れていましたが「たぶんいけるだろう」と小さ目のサイズを購入してしまったことがあります。スキニーデニムは元々ピッチピチのデニムですが、さらに小さいサイズなのでどう頑張っても履けませんでした・・・。

さらに最悪だったのが商品のタグをすでに切ってしまっており、返品はたぶん無理だろうという状況でした。しかし、メールでお願いすると「すべての付属品を梱包して、送料自己負担ならOKです」ということでした。約3万円ほどのお値段だったので、本当に助かりました・・・。

この経験で参考にしておいて欲しいのが、「タグは切らないこと!」です。また、商品の袋を含めて再販できる状態が理想なので、この辺りを注意しておくと返品を受け入れてもらいやすいです。

また、「別の商品を注文します!」など交渉の切り札を考えておくのも1つの手かなと思います。この場合、返品を受け入れてもお店側にとっては利益が上がるので、トータルプラスになります。

返品しないのが理想

カード払いの返品や返金というのは、そもそもそれをしないのが理想です。

返品しなければ返金手続きをする必要もなく、「お金戻ってくるかな・・・」と不安に感じることもありません。

返品しないためには?

iPhone

みなさんは返品することになった場合、大抵は通販サイトではないでしょうか?今はすべてスマホの時代であり、ショッピングもしかりです。

通販サイトで買い物する時、画像でしか商品を確認できません。ここが失敗の要因となるわけですが、サイズやカラーなど、商品の詳細が分からない時はメールを活用しましょう。

メールから商品について問い合わせをすると、基本的に画像以上に詳しい説明をしてくれます。それでも商品詳細が不安なら、実物が売っているお店を探して店頭でチェックしておくのが理想です。手間が掛かりますが、ここまで慎重に購入の判断をするほうが「返品」や「返金」で不安になることはありません。

また、店頭で商品をチェックすると、通販サイトとの価格差を比較できるので、これも1つのメリットだと言えます。

まとめ

カード払いの返品は一度お金が引き落とされてしまうケースがある!ということを覚えておきましょう。しかし、お金を引き落とされないようにタイミングに注意するのは現実的に難しく、返品ができるかどうかに注意を払うことの方が大事です。

基本的には返品しないというスタンスで買い物をするようにして、どうしても返品しなければならない場合は速やかにお店に交渉するようにしてください。また、トラブルになりそうな時はクーリングオフを適用できるかどうかを調べることも大事です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード