2018年最新!おすすめクレカランキング→

ライフカードの審査落ち理由と、秒速で審査を通すための対策

はじめに

クレジットカードの審査落ちにはいろいろと理由はありますが、クレジットカード会社に確認しても聞きたいことには答えてもらえません。審査基準は社外秘となっているので、詳しい説明はしてくれないのです。ではどうするかというと自分で却下理由を推測して対応するしかありません。

ライフカードの審査に落ちた場合も同じで、まずは却下された理由を探りましょう。そのうえで却下理由に応じた対策をすることが必要です。

クレジットカード審査で多い審査落ちの理由

クレジットカードを申し込みして却下される理由はいくつかありますが、過去の支払延滞など明らかなものは除いて、気づきにくい却下理由と対応方法を解説します。

割賦販売法の規制

割賦販売法は分割払いやリボ払いに関しての規制を行っている法律です。分割払いを取り扱う業者は「割賦購入あっせん業者」と呼ばれて登録をする必要があります。クレジットカード会社もこの「割賦購入あっせん業者の登録を行っています。

割賦販売法ではクレジットカードで分割払いやリボ払い(1回払い以外すべて)が利用できる上限枠が決められていて、この枠を超えるカード利用はできません。これを仮に「割賦利用枠」と呼ぶことにします。割賦利用枠は法律で定められた「支払可能見込額」の90%に設定されます。

支払可能見込額の計算

支払可能見込額=年収-法定生活維持費-年間請求予定額

上記の計算式によって支払可能見込額が決定しますが、「年収」はクレジットカード申込書に記載された自己申告の数字で、「法定生活維持費」は世帯人数や持ち家、賃貸、住宅ローンや家賃の有無によって決められています。また「年間請求予定額」は他社を含めたクレジット関連の年間支払額の合計となります。

割賦利用枠の計算

具体的に、年収300万円、年間支払予定額50万円、住宅ローン有で持ち家、世帯数3名の場合(生活維持費209万円)は、下記の利用枠となります。

割賦利用枠=(300万円-50万円-209万円)×90%=36.9万円

クレジットカードの利用枠は10万円単位なので上記の場合は、最大でも30万円の割賦利用枠となります。しかし、割賦利用枠はクレジットカード利用枠と同じではありません。割賦利用枠には1回払いの利用は含まれないので、クレジットカードの新規申し込み時は1回払いの利用も考慮した利用枠が設定されます。

割賦利用枠の計算は新規申し込み時だけではなく増枠申請時、カード更新時にも行われます。そのためクレジットカードを利用している途中であっても、他社利用などを使いすぎると分割払いやリボ払いの利用ができなくなる可能性もあります。

割賦利用枠と規制とクレジットカード審査

この割賦販売法の規制はクレジットカード審査での却下につながることがあります。割賦利用額がゼロであれば1回払いは利用できますが、1回払い専用のクレジットカードにすることはできないので、必然的にクレジットカードを発行することはできなくなるからです。ライフカードもこの規制対象なので却下理由のひとつになり得ます。

割賦販売法の規制によって却下された場合は、申込者ができるのは使っていないクレジットカードを解約することくらいです。残高がなくてもクレジットカードの利用枠から年間支払予定額が計算されるので、解約しない限り計算の対象となってしまいます。再度ライフカードを申込する場合はクレジットカードの解約が反映する1、2か月後にしましょう。

貸金業法の規制

貸金業法は金銭の貸し付けを不特定多数に行っている業者(貸金業者)を規制している法律で、違反業者には刑事罰など厳しい罰則があります。ライフカード株式会社もキャッシングを扱っているので貸金業者として登録しています。

スポンサードリンク

貸金業法では貸付は年収の1/3までに制限されているので、キャッシング利用枠もこの範囲内で決定します。この場合の年収は貸付金額50万円以上では所得証明書などの裏付け資料が必要です。クレジットカードの申し込みでも高額なキャッシング枠で申し込みすると所得証明書の提出が求められます。

貸金業法で定められた年収1/3を超えるキャッシング枠で申し込みした場合、却下される可能性があります。ライフカードに申し込みする前にすでにあるキャッシング、カードローンの利用枠が年収の1/3を超えていないかチェックしましょう。

基本的にキャッシング利用枠はゼロで申し込みすることをおすすめします。ライフカードに限らずクレジットカードはショッピング専用で利用し、キャッシングが必要であれば専用のカードローンを利用しましょう。割賦販売法と貸金業法の双方で規制が厳しくなった今では、クレジットカードのキャッシングは利用しないほうが得策です。

クレジットヒストリーがない

ライフカードの審査ではネット上の却下事例などを検証すると、クレジットヒストリーを重要視していると考えられます。まったく過去にクレジット利用がないと年収に関わらず却下されています。クレジットヒストリーはクレジットの利用履歴のことです。

新卒社会人や学生以外でクレジットヒストリーがない場合は、ライフカードよりも入会しやすいクレジットカードで実績を作ってからライフカードを申し込みするといいでしょう。実績を作るためのカードは消費者金融系や流通系のクレジットカードがおすすめです。

直近のカード申し込みが多い

クレジット系の個人信用情報機関はCICと呼ばれていますが、CICでは会員のクレジットカード会社に6か月以内のクレジットカードやクレジットの申し込み情報も提供しています。ライフカードももちろんCICの会員になっているのでこの情報を取得できます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

6か月以内に複数のクレジットカードを申し込みすると、それだけの理由で却下されることがあります。クレジットカード会社としては複数のカード申し込みを続けて行うことに対しては、ネガティブな判断をします。どのカードでもいいので早く作りたいといった無計画な考え方を嫌っているということです。この考え方は支払の無計画さにもつながります。

ライフカードを再度申込する場合もこれを考慮して続けて申し込みせず、6か月以上間隔を空けましょう。これはライフカードに限らずどのクレジットカードにも共通することです。

ライフカードの審査落ち理由まとめ

ライフカードは消費者金融会社の子会社ですが、実質的には信販系のクレジットカード会社と言ってもいいでしょう。もともと信販会社だったので発行しているクレジットカードも、そのサービスも信販系の特長を維持しています。これはクレジットカード審査でも同じです。

信販系クレジットカード会社は銀行系に比べると審査基準が低く、流通系よりは厳しいというのが一般的な認識です。ライフカードの審査は信販系の中でも厳しいと思ったほうがいいでしょう。他社と比べるとポイント還元率が高いサービスを提供しています。

利益をより多く還元していることになるので、貸し倒れの可能性が高い申し込みは避けなくてはいけません。結果として信販系の中でも厳しい審査をしていると推測されます。

特にクレジットヒストリーを重視しているので、ライフカードに申し込みをするときは事前にクレジットヒストリーを作っておくといった工夫が必要です。ライフカードの申し込みを却下されて、その理由がよくわからない場合は、クレジットヒストリーや直近の申し込み状況、各種の法的規制などをチェックしてみましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪