2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードの年会費とは?いつ払う?年会費無料のカードは?

年会費とは

 クレジットカードには年会費というものがあります。これはそのカードを1年間使用するための料金みたいなものです。その料金は、無料のものから1万円以上の年会費を必要とするものまで様々です。基本的には入会した月の1~3か月後に引き落とされます。

じゃあ年会費が無料のカードのほうがお得じゃないのかというと、必ずしもそうというわけではありません。年会費が高いカードには、当然それだけのクオリティの高い特典が付いています。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

そのもっとも代表的な特典が国内旅行、海外旅行に関する保険です。海外では、ちょっと盲腸になったりするだけで、治療費が100万円以上かかってしまったという話は珍しくありません。海外でけがや病気になってしまうと、想像していた以上の金額を請求されます。そのため、あらかじめ保険に入っておくことを推奨されます。しかしクレジットカードに入会すると自動的に旅行保険に加入します。海外でカードを利用するつもりであれば、非常に便利です。旅行に頻繁に行く人は、年会費が少し高めでも保険が充実しているカードを選ぶのがおすすめです。また最近では年会費無料のカードでも保険が充実しているカードもありますので、旅行へ行く頻度に合わせて選んでいきましょう。
 

スポンサードリンク

年会費無料の種類

 カードによっては年会費が無料のものもあります。しかし一口に無料といっても3つのタイプに分類されます。

年会費永年無料タイプ

まず1つ目は永年無料タイプです。「楽天カード」などはCMでも年会費永年無料でおなじみですね。このタイプはその名の通り、年会費を請求されることはありません。楽天カード以外であれば「ライフカード」や「リクルートカード」も永年年会費無料です。

初年度年会費無料タイプ

2つ目は初年度年会費無料タイプです。入会した初年度のみ年会費が無料で2年目以降は年会費を請求されます。入会するときに説明されるはずですが、しっかりと利用規約に目を通しておきましょう。

条件付年会費無料タイプ

3つ目は条件付年会費無料タイプです。年間で○○回カード利用で年会費無料、○○万円以上の利用で年会費無料というように、年会費無料までのノルマを定めています。そのノルマは簡単なものから難しいものまで様々です。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です