2018年最新!おすすめクレカランキング→

審査不要・ニックネームで利用できる!海外通販サイトや成人向けサイトでの決済時にはVプリカがオススメ!


出典:http://vpc.lifecard.co.jp/

クレカを登録したくないなら「Vプリカ」で完結!

最近は、WEBで買い物をすることが多い時代です。WEBで買い物する時はクレジットカードが非常に便利です。一度、サイト内にカード情報を登録すれば、その後は簡単に支払ができます。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

みなさんはWEBでクレジットカードを登録する時に「このサイト大丈夫かな?」と思うことがありませんか?下手にクレジットカードを登録してトラブルに巻き込まれると最悪ですね。そんな時はクレジットカードを登録せずにプリペイドカードを使いましょう。

プリペイドカードはいろんなタイプがありますが、その中でもメジャーなのが「Vプリカ」です。

Vプリカとは


出典:http://vpc.lifecard.co.jp/

Vプリカというのはネット専用のVISAプリペイドカードです。

プリペイドカードというのは購入した金額だけ使うことができるカードです。最も身近なプリペイドカードはコンビニに陳列されているカードです。Vプリカもその1種であり、コンビニでも購入できます。

Vプリカの購入方法や使い方

Vプリカはインターネットバンキングやコンビニで購入できます。

Vプリカの使い方は「VISA」の加盟店において使うことができ、また各サイトの支払方法で「Vプリカ」に対応しているなら使うことができます。

Vプリカ公式の使い方

Vプリカ公式で説明されている使い方を紹介しておくと、以下のようなステップとなります。

①WEBで「VISA」マークを確認

②VプリカホームページでMyページへログイン(登録は無料)

③カード情報入力

④VISA認証サービス

⑤決済完了

最初にVプリカ公式サイトでアカウントを開設します。これは登録無料であり、すぐに開設できます。後は、Vプリカを使う時にログインして指示に従うだけなのでとても簡単です。

他のプリペイドカードと何が違う?

Vプリカと他のプリペイドカードの違いは単に会社が違うだけです。

iTunesカードとVプリカはコンビニで購入できます。どちらもプリペイドカードとしての仕組みはほぼ同じですが、使える場所が違います。会社が違うことから使える場所が異なり、ちょっとしたサービスの差の違いがあります。

プリペイドカードはクレジットカードに近いタイプもあります。例えば、「三井住友VISAプリペイド」は無審査ですが、カードを発行してチャージ式からプリペイドカードとして使えます。また、このカードとVプリカはどちらも「VISA」なので、加盟店で使えるという点からいえばどちらのカードを使ってもリスクや安全性は似たようなものです。

Vプリカの安全性は?


出典:http://vpc.lifecard.co.jp/

Vプリカの安全性はカードのセキュリティという意味ではVプリカ公式サイトの説明のとおりです。

ここではユーザー視点から安全性を紹介しますが、クレジットカードを登録した時のリスクの1つに不正請求があります。

例えば、利用枠50万円のクレジットカードを登録して1万円だけ買い物をしたのに、50万円全額引き落とされてしまった・・・。こうした事態がなくもないのでクレジットカードを登録するのが不安なわけです。

Vプリカを使うと購入した金額が最大の不正請求額となるので、額面以上に不正請求されることがありません。これがVプリカ、あるいはプリペイドカードの安全性が優れている点です。

海外通販サイトや成人向けサイトは何が危険なの?


出典:http://vpc.lifecard.co.jp/

「クレジットカードを登録したくないな・・・」と思うサイトは、主に「海外通販サイト」や「成人向けサイト」だと思います。

他にも危険を感じるサイトは色々とありますが、今回はこの2つに焦点を絞って紹介していきます。

情報漏洩や不正請求

iPhone

危険を感じる「海外通販サイト」や「成人向けサイト」は、それらのサイトへ登録した個人情報等が漏洩してしまうこと、そして不正請求のリスクがあります。

登録した情報が漏れるわけない!と思っている方は考えが甘いです。これはどんな業界でも「情報漏洩」のニュースは度々報道されますね?一般的にはセキュリティ管理のミスから情報が漏洩しますが、悪質なサイトや会社になると故意に情報を横流し&悪用します。

スポンサードリンク

闇金では情報の横流しはあるあるです

関連する情報として、闇金の怖さについても紹介しておきます

闇金というのは違法な貸金業者のことです。闇金というのは横の繋がりから「お金に困っている人」の情報が流通するケースが良くあります。そこに付け込んでお金を借りさせるというのが闇金ビジネスです。そのため、相手がどんな人かわからないのに個人情報やお金の事情を安易にしゃべるのは避けましょう。

この逆パターンとして、宝くじにあたるとその人の情報がいろんな業界に出回るという都市伝説もあります。

本当は住所等も登録したくない

危険かもしれないサイトでは、クレジットカード情報だけではなく名前や氏名などの個人情報も登録するのは避けたいところです。その理由は上記のとおり、情報を悪用される可能性があるからです。

自宅に知らない請求がやってきた・・・。というのはネット上で良くあるトラブルですが、どうしてその請求がくるのか?それはどこかのサイトで住所等を登録した、あるいは他人に情報を流されたからです。

もし、このトラブルに遭遇したらどうすれば良いのか?これは無視でOKです。強気な性格の持ち主なら、電話で直談判して逆に罠にはめる方もいます。おれおれ詐欺で罠にかかったふりをして、犯人検挙に貢献したというニュースもありましたね。

信頼できるサイトを選ぶことが最も大事!

何はともあれ、「海外通販サイト」や「成人向けサイト」を利用する場合は信頼性を確認することが大事です。

どうやって信頼性を確認するのか?これはとても判断が難しいですが、ネット上で悪評をリサーチするしかありません。また、サイトを運営している会社情報から、その会社の評判を調べるというのも効果的なやり方です。これが海外サイトになると、評判をリサーチするだけでも一苦労です。少しでも怪しい雰囲気を感じるなら利用をやめておくのがベターです。

成人向けサイトの現状

成人向けサイトはネット上の様々なサイトをトータル的にみても、とにかくトラブルが多いです。そのトラブルというのは上記で紹介した「情報漏洩」や「不正請求」以外にも、パソコンからのアクセスなら「ウイルス」という危険もあります。

ネットトラブルの相談急増

筆者は仕事の関係で「成人向けサイトの法律上のルール」について、警察に取材をさせて頂いたことがあります。

その時、最近はスマホの普及によってネットトラブルの相談が急増しているという話を聞くことができました。そのトラブルの内容は「誹謗中傷」や「不正請求」など、様々な相談があるようです。誰もが想像できるトラブルが実際に起こっていることを改めて認識しました。

さて、みなさんがネット上で何かのトラブルに巻き込まれたら、最寄りの警察署の「サイバー犯罪」や「インターネットトラブル」、あるいは「生活安全課」などに相談してください。

個人でもお金になる商売

最近は、個人でもネットビジネスをやりやすい時代です。

サイトを運営してお金を稼ごうと思った時、人気の高いジャンルを選ぶ人が多いです。その意味でいうと、成人向けサイトは良い候補となります。もちろん、誰もが成功するわけではありませんが、当たれば利益が大きいので魅力です。また、成人向けサイトは時代を問わずに一定の需要があることも1つの理由です。

成人向けサイトは信頼できる会社だけが行っているサービスではなく、個人レベルでも運営が可能なサイトであることは覚えておきたいところです。また、個人レベルになると信頼が下がるのは当然です。

出会い系サイトも同じ

成人向けサイトに関わらず、出会い系サイトも基本的にリスクは同じです。

少し話が逸れますが、有料出会い系サイトというのはどんな媒体でも「サクラ」ありきのビジネスなので、これは常識として認知しておくべきです。結婚紹介ビジネスについても、度合いは違うものの似たようなニュアンスを多少は持っておいても良いかもしれません。

有料出会い系サイトは「男性有料」で「女性無料」が常識ですが、登録している男女の比率は9対1くらいでしょうか。その場合、「サクラ」を仕込まないと評判が落ちてビジネスが成り立ちません。

サイトによって対応しているプリカは様々

Vプリカ
出典:http://vpc.lifecard.co.jp/

「海外通販サイト」や「成人向けサイト」でVプリカを使う場合、これはVISAが可能であっても「Vプリカ」を使えないこともあります。

プリペイドカードはサイトによって対応しているカードが異なるので、利用したいサイトが決まっているなら先に支払方法から対応カードを確認しておくのがベストです。

まとめ

今回はクレジットカード登録が心配な時は「Vプリカ」!というテーマでお送りしましたが、基本的に「Vプリカ」でなくても記事内で紹介した「三井住友VISAプリペイド」など、どんなプリペイドカードでもクレジットカードよりは安心して使いやすいです。

また、利用枠が少なく保険も充実しているという意味では「三井住友バーチャルカード」も優秀です。不正請求された場合は補償から全額補償してもらうことができます。

様々なプリペイカードがあるので、「Vプリカ」を筆頭に使いやすいタイプを探してみてくださいね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード