2018年最新!おすすめクレカランキング→

いまさら人には聞けない話、クレジットカードの根本が分ってないあなたに。チャージ式プリペイドカードや電子マネーとの違いを分かりやすく解説します。

プリペイドカードと電子マネーは何が違うの?

今回はプリペイドカードと電子マネーの違いはなにか?ここに重点を置いてそれぞれのカードの違いを解説します。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

最初に電子決済について基本情報を紹介しておきます。電子決済というのはデジタル決済など、様々な呼び方があります。要はカードで決済できるカードのことを指します。電子決済ができるカードは以下の4つの種類があります。

  • クレジットカード
  • プリペイドカード・チャージ式と購入タイプがある
  • デビットカード
  • 電子マネー・チャージ式が主流だが、後払い可能なタイプもある

クレジットカードは「後払い」ができます。プリペイドカードは2つのタイプがありますが、どちらも「先払い」です。デビットカードは「今払い=瞬間払い=現金払いと同じ」です。電子マネーは「先払い」ですが、クレカ一体型や紐づけ型などは「後払いが」できるケースもあります。

4つの種類はそれぞれのジャンルにおいて様々なカードがあります。カードの種類をさらに細分化した時、最も複雑なのが「電子マネー」です。電子マネーだけは本当にいろんな種類があり、モバイル化の時代を考慮すると今後はもっと電子マネーが増える可能性もあります。

プリペイドカードとは

プリペイドカードの最大の特徴は審査がないことです。

プリペイドカードは金額指定で購入するタイプ、カード発行からチャージで使うタイプがあります。どちらも先払いしなければ機能しないため、不正使用のリスクが低いので安全性が高いと言われています。

プリペイドカードの代表的なカード


出典:http://vpc.lifecard.co.jp/index.html

プリペイドカードは以下のような種類があります。

  • iTunesカード
  • Vプリカ
  • 三井住友VISAプリペイド
  • ソフトバンクカード
  • Webマネー

この中で「iTunesカード」や「Vプリカ」はコンビニでも購入できます。一方、「三井住友VISAプリペイド」はカードを発行してチャージから使うタイプです。

様々な種類があるものの、それぞれのは何が違うのか?これは使える場所が違うという認識だけでOKです。

例えば、カード発行型の「三井住友VISAプリペイド」はVISAの加盟店ならどこでも使えます。逆に「iTunesカード」は好きなお店でカードを提示するだけでは買い物ができません。カードによって用途が異なるため、目的にマッチするプリペイドカードを選ぶ必要があります。

電子マネーとは

電子マネーも審査がないことが特徴です。

電子マネーも基本的にチャージをして使うタイプが殆どですが、クレジットカードに付帯している場合は後払いができることが多いです。以下に紹介しますが、電子マネーは本当に種類が多いです。

電子マネーの代表的なカード


出典:https://www.nanaco-net.jp/index_pc.html

以下は電子マネーの代表的な種類です。

  • nanaco
  • 楽天Edy
  • Suica
  • iD
  • Quicpay

基本的に電子マネーはチャージをする必要があります。プリペイドカードに例えると、「三井住友VISAプリペイド」に近いです。カードを発行して金額をチャージする、あとはそれぞれの電子マネーが使えるお店で決済可能という流れです。

上記の種類はクレジットカードに付帯されていることが多いですが、その場合は前もってチャージしなくてもクレジットカードからオートチャージすることが可能な場合があります。その場合、チャージ代金はクレジットカード払いとなるので実質後払い可能となります。

例えば、nanacoは「セブンイレブン」の電子マネーですが、本拠地である「セブン&アイ」がリリースしている「セブンカード・プラス」ならnanacoが搭載されています。このカードでnanacoチャージをすると、チャージ分もポイントが貯まるのでお得です。また、請求はクレジットカードとなるため、電子マネーなのに後払いが出来てしまいます。

スポンサードリンク

どれにも属さない種類は電子マネー?!

電子決済は4つの種類があるわけですが、どれに属するか分からない種類は電子マネーという認識で良いです。それぐらい電子マネーは細分化した時の種類が多いです。

実用編として考えるとクレカ以外はどれも似たようなもの

クレジットカード

実際に4つの電子決済を使ってみると分かりますが、クレジットカード以外は特に大きな違いを感じません。その理由は利息にあります。

クレジットカードはどんな支払方法でも必ず後払いになります。後払いを前提として「分割払い」や「リボ払い」などがあるわけですが、その支払方法によっては利息が発生します。

一方、クレジットカード以外はすべての種類において「後払い」が不可能であり、そもそも「金利」というシステムがありません。よって利息が発生しません。クレジットカード一体型を利用する場合だけ、上記のとおり後払いが可能となるので利息が発生するケースがあります。

チャージが必要かどうかの差

デビットカードというのはチャージというシステムがなく、預金口座の残高から支払いができるだけのカードです。チャージ式が存在するのはプリペイドカードと電子マネーだけです。

利息が発生しないという点はクレジットカード以外すべて同じですが、後はチャージが必要なのかどうか?ここに違いがあるくらいです。チャージが不要な場合、それは自然と使い捨てタイプとなるか、あるいはクレジットカード一体型となります。

目的とブランドから最適なカードを選ぶ

カードを作りたい時は「目的」を軸にしてカードを選びましょう。その上で、さらに実用性を求めるなら「国際ブランド」があるかどうか?ここを見ておくと良いです。

クレジットカードを除外して考えても、残り3種のカードの違いはそこまで難しく考える必要はありません。最大の被害を重視するなら、プリペイドカードと電子マネーは被害額が最少で済みますが、これもカードによると言えばカードによります。

また、セキュリティを重視するなら「盗難紛失補償」が付いているかどうか?これを見ておくと安心してカードを使えます。

どんな目的でカードが必要なの?


出典:http://www.apple.com/jp/itunes/download/

カードの選び方は目的でほぼ決まります。

例えば、iPhoneで課金したいなら「iTunesカード」で決まります。これを購入するのが面倒ならクレジットカードを登録します。

セブンイレブンで買い物することが多いなら、これはnanacoがお得で便利です。ファミリーマートならレジに置いてある「ファミマカード」がお得です。これは審査なしの「ファミマTデビットカード」を作ることもできます

このようにカード選びは種類から選ぶというよりは、どんなシーンでどんな目的からカードを使いたいのか?これによって大半が決まると言えます。

国際ブランド付きは便利

カードというのはいろんなお店で使える方が便利です。様々なお店でカードを使いたいなら、「国際ブランド」が付帯されているカードを選びましょう。

上記のとおり、同じプリペイドカードでも「三井住友VISAプリペイド」はVISAの加盟店ならどこでも使えます。このカードは「18歳以上」という年齢制限が設けられていますが、審査はありません。

基本的にクレジットカード以外の種類はデビットカードを含めて全種審査がありません。例外となるのは、クレジットカード一体型だけです。クレジットカード一体型はどんなカードでも必ず審査があります。

まとめ

今後はキャッシュレス社会の流れからして、様々な種類のカードが続々と登場しそうです。どんなタイプのカードがリリースされたとしても、カードの選び方は「目的」に合うかどうかが最も大事なポイントとなります。

また、カードに対して何を求めるのか?これによってもかなり選び方が変わります。クレジットカードだけは審査があり、利息が発生することからも扱いが難しいです。クレジットカードを作りずらい方は「デビットカード」を含めて、プリペイドカードや電子マネーから始めてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

▶︎プリペイドカード→『通販サイトの安全性は?カード番号を入力するのはなんだか怖い!そんなあなたは、ネットショッピング専用「バーチャルカード」がオススメ

▶︎デビットカード→『気軽に作れる!デビットカードを持つ最大のメリット

▶︎電子マネー→『iDだけじゃない!オリコカードザポイントなら4種類から電子マネーを選べる!

▶︎国際ブランドとは?→『クレジットカード国際ブランドはそれぞれ何が違う?どれを選べばいい?比較のポイントを徹底解説

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード