2018年最新!おすすめクレカランキング→

海外旅行先でのチップの払い方。クレジットカードで利用代金とまとめてチップを支払う方法!【徹底解説】

チップはクレジットカードで払えるの?!

欧米ではチップを払う文化がありますが、クレジットカードでチップを支払うことができます。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

今回は、アメリカを舞台にクレジットカードでチップを支払う方法を紹介します。

チップという文化

アメリカへ留学したり旅行に出かけると、日本では馴染みのない「チップ」という文化に出会います。

アメリカでは「チップ」を支払うことが1つの文化であり普通なことですが、日本人にとっては「え?」となることがあります。

日本にたとえると食事をする時に「はし」を使うようなものです。海外の方が日本で食事をする時に「ナイフやフォーク」を使いたいところですが、どのお店へ行っても「はし」ばかり。日本の文化に合わせて食事をせざる終えないわけですが、「チップ」もこれと同じようなニュアンスです。

チップは義務ではない

「チップ」というのは法律で決められた義務ではありません。要するに払いたくなければ払わなくてもOKです。ただし、実際に現地へいくと「チップ」が1つの文化になっているため、お店もお客さんも「チップ」のやり取りをすることが普通になっていることは認識しておく必要があります。

例えば、レストランで支払いをする時に「チップ」を拒否したとします。そうすると、「どうしてチップを払ってくれないのですか?」と言われることも十分に有り得ます。そんな時にどう対応するのか?ここは考えておくべきです。

アメリカの最低賃金はチップ込み

アメリカで「チップ」を支払う文化は最低賃金と大きな関係があります。「チップ」が支払われることを想定して最低賃金が決められており、従業員にとっては「チップ」があるかどうかで大きく収入が変わります。

日本の状況から想像すると、時給800円ほどで仕事をしていたら「チップ」で200円や300円を収入がグングン伸びるというイメージが持たれます。しかし、実際はそうではなく時給500円ほどで働いており、「チップ」を貰うとようやく普通の時給になるというイメージを持っておくと分かりやすいです。

また、「チップ」を全額従業員が受け取るかどうかはお店によって違います。

チップはいくら払うの?

「チップ」は相場を目安に自分で金額を決めます。

  • レストラン・10%~20%
  • バー・15%~20%
  • タクシー・15%
  • ホテル・1ドル~5$

「チップ」の相場もお店によって、あるいはサービスによって様々です。

ホテルの場合だと、荷物1つにつき1ドルを払うのが相場ですが、近くのレストランに予約を取ってもらうと2ドル支払うなど、受けたサービスによって相場も変わります。税抜き相場としては10%~20%、あとはデリバリーなど小さなサービスに対しては1ドル~5ドル程度を相場として捉えておきましょう。

チップを払わなかったらどうなる?

「チップ」は相場を目安にして、サービスが良かったか悪かったかで上限を決めるのが一般的です。例えば、相場が15%だったとしてもフレンドリーに接客してもらい気持ちが良かった、そんな時は20%の「チップ」を支払うという感じです。

「チップ」を払わなかった場合、これは特にトラブルになることはありません。しかし、お店によってはしつこく「チップ」を払ってくれ!と言ってくる場合もあります。これはアメリカの賃金事情があるため、お互いに「持ちつ持たれつ」をどう考えるかです。

本当は払いたくなくても「OK・・・。」としぶしぶ払う人もいるでしょうし、怖い系の人だと「Fuck you!」で終わる人もいるでしょうし、本当に「チップ」に対する考え方は人それぞれだと思います。

スポンサードリンク

払いたくない場合は「1セント」

現地では、サービスに納得できなかった場合に「チップ」は1セントを支払うという方法があります

これは嫌味ではなく、「1セント=サービスが悪かった」というメッセージであり、受取る側もその意味が分かっています。ただ、日本人の性格としてはなかなか実践しずらいものがあります。1セントを置くなら払わない方がましと考える人が多いと思います。

クレジットカードでチップを払う方法

「チップ」はそれほど大きな金額を支払うことがなく、日本円でいうと数百円程度のものです。そのため、クレジットカードで「チップ」を支払うイメージを持ちずらいですが、やり方はとても簡単です。

一言で説明すると、「チップ」をクレジットカードで支払う方法は単なる「カード払い」です。カードで決済する時に「チップ」の金額を請求額に含めるだけなので、本当に簡単です。

①支払いを「カード払いで」と伝える

no thumbnail

お店で支払いをする時に「カード払いで」と店員さんに伝えます。

これは日本と全く同じです。カード払いの旨を伝えなければ現金決済となりますね?

②伝票ホルダーにカードを挟んで渡す

「カード払い」を伝えたら「伝票ホルダー」を持ってきてくれます。

伝票ホルダーの明細をしっかりと確認して、カードをホルダーに挟んで店員さんに渡します。

③カード用の伝票にチップ額を記入

伝票ホルダーを店員さんに渡したら、カード用の伝票を持ってきてくれます。

カード用の伝票はレシートをイメージしておくと分かりやすいです。そのレシートに「チップ」の項目があります。英語では「tip」や「gratuity」です。その項目に「チップの金額」を記入するだけです。

お店によっては「チップ相場」がレシートに書かれていることがあります。それを目安にすればどのくらいの金額が妥当なのか分かるので、参考にしながら金額を決めましょう。

④伝票を渡して完了

伝票に「チップの金額」を記入したら、それを店員さんに渡します。これでカードの請求額に「チップ」が含まれるので、お店でクレジットカードを使う時に覚えておくと便利です。

チップだけ現金で支払う方法

クレジットカードで支払いをしたいけど、「チップ」だけは現金で払いたいことがありますね?

やはり、自分の希望する金額以上の請求が上がると最悪ですし、「チップ」を現金で払うというのは無難でもあります。実際はこうしたトラブルは殆どないようですが、カード決済する時に「チップ」だけを現金で支払う方法を覚えておいても損はないと思います。

「tip」や「gratuity」の欄にPay in cashと記入

カード決済の流れは上記で紹介した流れと全く同じです。

カード用の伝票を受け取った時に「チップ」の項目に「現金で支払います」と書きます。英語では、「tip」や「gratuity」の欄に「Pay in cash」と書きます。

テーブルにチップを置けばOK

「Pay in cash」と書いた伝票を店員さんに渡したら、後はいつもどおり「チップ」を現金で払うだけです。「チップ」はレストランの場合ならテーブルの上に置いておくのが一般的です。お店によってどこにチップを置くのかは様々ですが、この辺りは割と適当な感じがあります。

まとめ

アメリカへ行くなら「チップ」に対する自分の考え方を持っておく方が良いです。現地の方でも「チップ」に対する考え方は様々ですが、特に日本人にとっては馴染みがないだけに本当に考え方が極端に分かれます。

アメリカのお国事情があるものの、お金がない状態で留学や海外旅行へ出かけることもあると思います。そんな時に「チップ」を払うべきかどうかで悩むシーンがあります。自分の中で「チップ」に対する考えがまとまっていると、判断をしやすくなると思います。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード