今すぐクレカが必要な方は→

海外旅行先でのチップの払い方。クレジットカードで利用代金とまとめてチップを支払う方法!【徹底解説】

旅行鞄

日本にはない文化の1つとして、欧米では主流にな「チップ文化」があります。

チップの不払いで店員が怒ってしまうケースもあるなど、はじめて海外旅行に行った方は文化に慣れず戸惑うかもしれません。

最近は、そんなチップをクレジットカードで支払う人も増えてきました。

今回は「チップ文化の概要」「クレジットカードでチップを支払う方法」について詳しく解説します。

ケロンくん

チップもクレジットカードで払えるよ!

▼海外でのチップの払い方(動画で解説)!

この記事の目次

海外といえばチップ!その文化とは

レストラン

まず、チップという文化について簡単に見ていきましょう。

海外でチップを払う意味

「チップ」とは、飲食店やホテルなどで従業員から受けるサービスに対して、感謝の意を込めて支払う金銭のことです。

アメリカやヨーロッパをはじめとする欧米各国やエジプトなどで広く普及しています。

またアジア諸国でも、タイやフィリピン・香港・インド・マレーシアなどでチップ文化が根付いています。

ポイント!
チップは英語で 「Tip」「Service Charge」「Gratuity(グラチュイティ)」と表現。
アメリカでは「Gratuity」が頻繁に使われていますね。

チップは絶対に支払わないといけないの?

実は、チップを支払う義務はありません。

もし満足のいくサービスを受けられなかったり、なんらかのトラブルがあったりした場合は支払わなくてもいいのです。

ただし、欧米では「チップ=当たり前に支払ってもらうもの」という認識があるため、「チップを支払わないこと」でトラブルを招く可能性もあります。

欧米の賃金事情を知っておこう

まずは欧米の賃金事情を知っておきましょう。日本ではチップ文化がほぼないため、「賃金=収入」と捉えている方も多いでしょう。

ところが、欧米ではチップ込みの「賃金+チップ=収入」で捉えられています。

そのため、チップを貰えなかった場合は「損をした」気持ちになる従業員が少なくないのも事実です。

チップを支払わなかったために、従業員が怒って街中を追いかけたなんてケースもあるようです……。

チップ文化のある国に渡航した場合は、よほどのケースを除いて、チップを支払っておいた方がよいでしょう。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

今後のチップ文化

アメリカにある日本料理屋などを中心に、最近チップを廃止する動きも出てきています。

「賃金+チップ=収入」という複雑な賃金体系をやめようという試みです。

もしかしたら将来的に、チップという文化は衰退していくかもしれませんね。

海外でチップを払うシーンは?相場はいくら?

カードとレシート

海外でチップを支払うシーンとその金額相場は、主に以下のとおりです。

▼海外でチップを支払うシーン・相場(ドル)

    • レストランで飲食をした場合(※):総支払額の15%~20%程度
    • バーで飲食をした場合:1杯につき1〜2ドル程度
    • タクシーに乗車した場合:総支払額の10%〜15%程度
    • ツアーガイド:5〜15ドル程度
    • ホテルに宿泊した場合:1泊につき1〜2ドル程度
    • ホテルのルームサービスを頼んだ場合:1〜2ドル程度
    • トイレを利用した場合:係員がいれば50セント程度
    • ファストフード・フードコート:チップ不要
※サービス料がすでに含まれている場合はチップ不要

支払うシーンや金額相場の詳細は、国によって異なります。

また、チップをすべて従業員が受け取れるかどうかは、そのお店によってさまざまです。

日本人観光客の多いハワイなどでは、あらかじめチップ額の目安を伝票に記載している場合もあります。

もしレシートに「Gratuity Included」と記載されていたら、「支払いの合計金額にチップが含まれています」ということです。

この記載がある場合は、チップを支払う必要はありませんので注意しておきましょう。

ケロンくん

チップ事情は国によっていろいろなので、事前に調べておくことをオススメするよ!

電子マネーでチップは支払えるの?

チップ事情は国によって異なりますが、電子マネーでチップを支払えるケースも多く存在します。

一部の店舗では「会計自体が電子マネー決済のみ受付」という場合もあるようです。

電子マネーでチップを支払うときは「クレジットカード」が代表例として用いられています。

キャッシュレス決済でチップを払うためにも、海外旅行時にはクレジットカードを1枚持っていったほうがいいでしょう。

注意
海外の旅行先によって、電子マネーでチップを支払えるかどうかが異なります。

海外ではチップもキャッシュレスが主流

支払いの様子

欧米では、日本よりもはるかにキャッシュレス化が進んでいます。

小さな小売店や露店以外は、基本的にクレジットカードや電子マネーが利用できるようになっていると言えるでしょう。

チップも例外ではなく、クレジットカードなどで支払う際に、チップの金額を指定して一緒に決済することが可能です。

海外でチップをクレジットカードで払う方法

本

海外でチップをクレジットカードで支払う方法について解説します。

今回はとくに支払い方が複雑な「レストランでのチップをクレジットカードで支払う方法」について順を追って解説していきます。

▼チップをカードで支払う手順

  • STEP.1
    ウェイターに伝票をもらい、請求額を確認する
  • STEP.2
    問題がなければ、カードを提示 or カード払いの意思表示
  • STEP.3
    キャッシュレス決済用のチップ伝票を2枚もらい、両方にチップの代金とサインを記入
  • STEP.4
    お客様控えの伝票を持ち、お店を去る

STEP1,ウェイターに伝票をもらう

「Check please(チェックプリーズ)」と店員さんへ伝えることで、伝票を貰うことが出来ます。

このとき、「カード払いで(I’ll pay in cash this card)」などと事前に伝えておくと会計がスムーズに進みますよ。

STEP2,カード払いの意思表示

店員さんが持ってきた伝票はだいたいがホルダーに入っています。

ホルダーを開けて伝票の内容(記載内容は正しいか)を確認しましょう。

その後、ホルダーからクレジットカードが見えるようにしてカードをはさみ、店員さんにホルダーを返却します。

ポイント!
カードを見落とされることが不安な場合は、再度「Card OK?」などと声をかけ、店員さんの目の前でホルダーにはさんでもOKです。

STEP4,キャッシュレス決済用の伝票をもらう

店員さんから再度ホルダーが渡されます。

ホルダーの中には「クレジットカード」「キャッシュレス決済用の伝票(2枚)」が入っているはずです。

この2枚は1枚が「店舗側の控え」でもう1枚は「お客様控え(Guest Copy、Customer Copyなど書いてあります)」となっています。

チップの金額は両方に書ききちんとサインもしておきましょう。

チップの記入方法

「Amount(料理の合計額)」を確認したら、「Tip(チップ)」額に合計額の15~20%程度のチップを記入してください。

「Total(合計)」欄にはAmount+Tipの金額を書けばOKです。

ポイント!
チップのスマートな支払い方のコツとしては、チップ額を含めてキリのよい数字にするのがオススメです。
たとえば、お会計の総額が28ドルだった場合は、30ドルを渡しましょう。

STEP4,お客様控えの伝票を持って店を出る

あとは店舗控えの伝票を残し、お客様控えの伝票は持って勝手に店を出てOKです。

控えの指定が無い伝票の場合は、どちらか1枚にチップ代金・サインを記入し、ホルダーへ残せばよいです。

チップだけ現金で支払いたい場合は?
伝票にあるチップ欄に「Pay in cash」と記入し、テーブルにチップを置いて退出しましょう。

チップの支払いに使える英会話フレーズ

▼チップを支払う際に使える!英会話フレーズ

  • 「お勘定をお願いします」
  •  →「Check please.」

  • 「カードで支払います」
  •  →「I’ll pay in cash this card.」もしくは「Card ok?」

  • 「クレジットカードは使えますか?」
  •  →「Can I pay by credit card?」もしくは「this card OK?」

  • 「サービス料は含まれていますか?」
  •  →「Is the service charge included ?」

  • もしチップを受け取ってもらえなかったら:「それは残念です」
  •  →「Oh, that’s a shame!」

▼クレジットカードの利用に関する英語(中国語)表現はこちら

「クレジットカードで支払いたいです」これ、英語(中国語)で何って言う?海外旅行に向け覚えておくべきフレーズ。

クレジットカードでチップを払うメリット

海

カードでチップを支払うメリットは、主に2つあります。

1,チップとして支払った金額にもカードのポイントがつく

ここが素敵!
クレカで支払うだけ現金よりもオトク!

カードを利用することで、カード会社独自のポイントシステムによりさまざまなポイントがもらえます。

たとえば楽天カードであれば、100円の利用につき1ポイントの楽天ポイントを貯めることが可能です。

チップをカードで支払うと、チップとして支払った金額も含めてポイント付与の対象となっている点は見逃せません。

結果的にもらえるポイントを増やすことができてお得ですよ!

現金を持ち歩く手間が省け、安全性も高まる

ここが素敵!
カードを盗まれても、電話一本でカードの無効化が可能

海外ではいまだに「日本人=お金持ち」という印象が強いため、盗難やスリなどに遭う確率は高くなりがちです。

多額の現金を持ち歩いていると、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

普段はクレジットカードを持ち歩いて、チップもカードで支払うのがオススメです。

クレジットカードであれば管理しやすく、もし盗まれてしまっても、カードの支払い(不正利用分)を無効化することが可能です。

ポイント!
クレジットカードがあれば海外ATMから現地通貨を引き出すこともできます。

▼「海外ATMでのキャッシング方法」についてはこちら

海外で現金が必要なら「クレジットカードのATMキャッシング」が便利。アメリカ(ハワイ)・中国・韓国・台湾などでの利用方法を解説。

海外へ持っていくのにオススメのクレジットカード3選

5つ星

海外ではクレカなど電子マネーでチップを支払えるケースも増えつつあります。

クレジットカードには現金払いとはメリットがいくつかあるため、海外旅行時にはクレカを1枚持っていくことがオススメです。

中でも、海外へ持っていくのにオススメのクレジットカードをご紹介します。

エポスカード

エポスカード

ここが素敵!
海外旅行保険が自動付帯!

クレジットカードには海外旅行時の保険が付帯しているケースがありますが、ほとんどが「利用付帯」です。

カード保険

しかし、VISAエポスカードであれば、持っているだけで最高500万円の海外旅行傷害保険をもらい受けることが可能です。

「海外旅行保険に何も入っていない」という場合は、海外旅行へ行く前にエポスカードの入会を考えてみてはいかがでしょうか?

エポスカードの付帯保険。海外・国内の違いや条件・サービスを解説!海外旅行傷害保険は自動付帯!

エポスカードの申し込みは、こちらから。

エポスカード<公式サイト>

楽天カード

楽天カード

ここが素敵!
海外で利用しやすい「VISA」や「Mastercard」が選べる!

日本国内で所有者数No.1を誇る楽天カードには、選べる国際ブランドが豊富というメリットがあります。

加盟店の多い「VISA」や「Master Card」ブランドを選べる楽天カードは海外旅行の強い味方になるでしょう。

「とりあえずクレジットカードを1枚持つなら楽天カード!」といえるほど人気のクレジットカードになっています。

楽天カードの全てを解説!圧倒的人気No. 1でおいて損はない!券種・ポイント・特典・審査・投信・楽天payの徹底まとめ・楽天カードマンの正体は?【2019年最新版】

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

ライフカード(学生専用)

ライフカード

学生専用のライフカードであれば、海外で利用した額の5%がキャッシュバックされます。

これは言い換えれば、ポイント還元率が5%であることと変わりません。

年会費無料のクレジットカードはポイント還元率が0.5%程度で、1%もあれば高還元率だとされています。ライフカード(学生専用)がどれだけ優秀なスペックかがわかりますね。

注意
キャッシュバック額は1年につき合計50,000円までと制限されているものの、100万円未満の予算で海外旅行をする場合には十分な額だと言えるでしょう。

【2019年最新】ライフカードの全種類解説!それぞれの違いや機能・デザイン・おすすめカードについて。

ライフカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント特典
(4.0)
還元率
(4.0)
誕生月のお得さ
(5.0)
学生へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

ライフカード<公式サイト>

チップはマナー!クレジットカードで支払おう

欧米などの海外において、チップを支払い方をしっておくことは最低限のマナーのひとつです。

日本にはない文化だからこそ基本をおさえておき、クレジットカードでスマートに支払いましょう!

【2019年最新】海外旅行先でクレジットカードは使える?国別記事やお役立ち情報を紹介。

海外キャッシングするならこのカードがオススメ!手数料を徹底比較。繰り上げ返済をすれば両替より断トツでお得!

エポスカードVISA

即日発行可能。海外旅行保険もついて年会費無料!マルイだけでなく、いろいろなお店1万店舗以上で割引や優待特典が受けられるお得なカードです。

入会特典5,000円分のエポスポイントプレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
0.5% 2.5%
発行スピード(最短)
即日
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)なし

-

楽天カード

CMで超有名、楽天カードマンでおなじみ年会費永年無料の楽天カード。ずっと楽天よく使うなら絶対持ちましょう。ポイントザクザク。

入会特典最大7,000円相当ポイント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
1.0% 10.0%
発行スピード(最短)
~1週間
  • 保険(海外旅行)○(利用付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

-

ライフカード(学生専用)

海外でのカード支払い分は5%キャッシュバック!海外旅行保険もついているので、海外でガンガンお金を使うなら持って行くべき。

入会特典カード発行(2,000円相当)+ショッピング利用(10,000円相当)で合計12,000円相当ポイントプレゼント!
年会費(初年度) 年会費(2年目~)
無料 無料
還元率(通常) 還元率(最大)
0.5% 5.0%
発行スピード(最短)
~3営業日
  • 保険(海外旅行)◎(自動付帯)
  • 保険(国内旅行)-(付帯なし)
  • 保険(盗難・紛失)あり
  • 保険(ショッピング)あり

入会後は1年間ポイント1.5倍

▼【必見!】ハワイ旅行はクレジットカードを使ってお得に楽しもう♪

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 マイルが貯まりやすいアメックス
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪