2018年最新!おすすめクレカランキング→

ディズニー好きにオススメ、JCB THE CLASSならクラブ33会員限定のレストランを利用出来る!審査・年会費・インビテーション徹底解説

家族と一緒に「伝説のレストラン・クラブ33」へ!現実的な方法は「JCB・THE・CLASS」だ!

ディズニーランドには「クラブ33」という秘密のレストランが存在します。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

「クラブ33」は会員制となっており、会員にならなければ入店することができません。

「クラブ33」へ行く方法


出典:http://www.jcb.co.jp/service/additional/entertainment/disney.html

「クラブ33」はディズニーランドの中にありますが、ディズニーランドへ入るだけでは「クラブ33」へ入店できません。

とにかく会員でなければ入店させてもらえないので、ディズニーファンの間でも伝説の場所として語られています。

「クラブ33」の会員になる方法

「クラブ33」の会員になる方法は不明です。

ネット上では、コネがあると会員になれるとか、会員になるための予約が何年も先まで埋まっているとか、様々な情報が出ています。しかし、その情報源がどこからの情報なのかも不明であり、「どうすれば会員になれるのか?」について具体的に触れられている情報がありません。

公式からの情報がなく会員になっている人が極端に少ないため、ディズニーファンからすると本当に謎だらけな現状です。ネットで「クラブ33」の会員カードを画像検索すると、それらしきカードがいくつか見つかります。それを見る限り、会員制度は実在するのだと思います。

「クラブ33」はどこにある?


出典:http://www.tokyodisneyresort.jp/pdf/tdl_wholemap.pdf

伝説のレストラン「クラブ33」の場所は「ワールドバザール」の中にあります。ワールドバザールにはいろんなショップが並んでいますが、その1つの入り口が「クラブ33」です。「マジックショップ」というお店の隣です。

こちらのディズニー公式マップを使って、頭の中でシミュレーションしてみると楽しめます!

①メインゲートからシンデレラ城へ向けて歩く

ディズニーランドのメインゲートを抜けたら、そのまま目の前にそびえ立つ「シンデレラ城」を目指します。そうすると、自然と「ワールドバザール」に入ります。

②ワールドバザールに入ったら十字路を左に曲がる

「ワールドバザール」に入ったら、すぐ目の前に十字路があります。その十字路を「シンデレラ城」に向かって左折します。

③十字路を左折したら「橋」の真下まで歩く

十字路を左折したら、そのまま直進します。少し歩くと目の前に左右の建物を繋ぐ「橋」が見えてきます。

④「橋」の真下に到着したら右を向くとそこに「扉」がある

「橋」の真下に到着したら、そのまま右を向くと平凡な「扉」があります。その「扉」には「33」と書かれており、ここが「クラブ33」の入り口です。

⑤「扉」の前に立ち右の壁を見ると「金色」のインターホンがある

「クラブ33」の扉の前に立ち、そのまま右の壁をみると「金色」のインターホンがあります。会員の方はこのインターホンを鳴らすことができます。

「クラブ33」はフランス料理店

「クラブ33」はフランス料理やワインを楽しめるようです。ランチタイムは7,000円~9,000円ほどのコース、夜になると10,000円~16,000円ほどのコースが用意されているようです。

誕生日はミッキーを呼んでバースデーコースを楽しむことができたり、「クラブ33」限定のグッズを購入できるなど、「クラブ33」へ行った人だけが味わえる様々な特典が用意されているみたいです。

現状は「コネ」か「JCB・THE・CLASS」しか方法がない


出典:http://www.jcb.co.jp/?link_id=cojp_logo

「クラブ33」の会員になるためにはコネが必要です。また、「クラブ33」の会員になっている方に同伴して入店する場合、これもコネや運が必要となります。

自力で「クラブ33」へ行くためには「JCB・THE・CLASS」を取得して、このカードの特典から「クラブ33」へ行くしかありません。

「JCB・THE・CLASS」の取得方法


出典:http://www.jcb.co.jp/service/premium/the-class/

「JCB・THE・CLASS」というのは「JCB」のインビテーションカードであり、プロパーカードの中でも最高ランクの位置づけです。

一般的なクレジットカードと違うところは申し込むことができないことです。「JCB」から招待された人だけが取得できます。

「JCB・THE・CLASS」のスペック


出典:http://www.jcb-originalseries.jp/gold/2016/?13230093950100

JCB公式で公表されている「JCB・THE・CLASS」のスペックは皆無に等しいです。公式で確認できるのは以下の内容だけです。

  • ザ・クラス・コンシェルジュ=秘書が付くという感覚のサービス
  • ザ・クラスメンバーズ・セレクション=JCBからのプレゼント
  • グルメ・ベネフィット=レストランの優待サービス
  • 他にも多くのサービスを用意しています=グルメや旅行に関する特典もある模様

「クラブ33」だけでも謎だらけなのに「JCB・THE・CLASS」もベールに包まれています。

「JCBゴールド」と「JCBゴールドザ・プレミア」

JCB
出典:http://www.jcb-originalseries.jp/premier/

「JCB・THE・CLASS」の年会費は50,000円とされています。スペックについては「JCB」のオリジナル特典と「JCB・THE・CLASS」の下位カードにあたる「JCBゴールド」や「JCBゴールドザ・プレミア」を参考にしておきましょう。

「JCB」ではプロパーカードと提携カードがリリースされていますが、「JCBゴールド」や「JCBゴールドザ・プレミア」はプロパーカードとなります。

スポンサードリンク

「JCBゴールド」の利用実績に応じて「JCBゴールドザ・プレミア」の招待を受けられます。その上に「JCB・THE・CLASS」が待っているというイメージを持つと分かりやすいです。そのため、これから「JCB・THE・CLASS」を目指す方は「JCBゴールド」を発行することから始めるのがオススメです。

他社カードからの入会はほぼ不可能

イオンカードや三井住友VISAカードなど、他社のクレジットカードを使いながらも「JCB・THE・CLASS」を目指すのは不可能に近いです。「JCB」のプロパーカードを持っていなくても、コネを通して「JCB・THE・CLASS」を発行できるという噂がありますが、それが可能だとしても限られた一部の人だけの特権です。

審査は”きっと”ありません


出典:http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold.html

クレジットカード界でも「JCB・THE・CLASS」は伝説のブラックカードの1つとされています。「JCBゴールド」と「JCBゴールドザ・プレミア」の特典、JCBが用意している特典のすべてが詰まった最高の1枚であり、審査も厳しいイメージがあります。

「JCB・THE・CLASS」は審査が実施されるのかどうかも謎ですが、審査はないと思っておいても問題ありません。このカードはインビテーションカードなので、審査に落ちるであろう人にわざわざ招待は送らないと思います。要するに合格できる人を選んで招待を送っていると予想しておく方が現実的です。

とにかく実績を積み重ねたい

「JCB・THE・CLASS」の招待を受けるためには利用実績が重要なポイントです。

「JCB・THE・CLASS」までの手順としては、まず「JCBゴールド」を取得して利用実績を高める。そうすると「JCBゴールドザ・プレミア」の招待がいずれ届きます。その後、「JCBゴールドザ・プレミア」を利用して実績を高めて「JCB・THE・CLASS」の招待を待つという流れになります。

「JCBゴールドザ・プレミア」の招待条件

ディズニーファンにとって朗報が1つあります。JCBの公式サイトでは以下のように「JCBゴールドザ・プレミア」の招待条件が明記されています。

<JCBゴールド ザ・プレミアのご招待条件>

MyJCBにメールアドレスのご登録があり、JCBゴールドのショッピングご利用合計金額(集計期間:12月16日~翌年12月15日)が2年連続で100万円(税込)以上の方を対象に、Eメールでお申し込みのご案内をしています。

引用元:http://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/gold.html

年間100万円という条件を効率良く達成する方法

「JCBゴールドザ・プレミア」の招待を受けるためには2年連続で年間100万円を使う必要があります。この条件を達成するために賢いカードの使い方があります。

①「JCBゴールド」を発行したら光熱費や携帯電話の料金など、毎月の固定をカード払いに設定します。

②次に毎月の各種税金を口座からの引き落としではなく、クレジットカード払いにします。

クレジットカードで光熱費等を支払う方法は、各サービス会社の元で支払方法を変更するだけです。

税金のクレジットカード払いはこちらの国税庁が指定しているサイトにおいて支払いが可能です。

上記の2つを実践すると、これだけでも年間の利用代金は結構高くなるはずです。後は、毎月の食費や趣味の買い物など、出来るだけカードを使うようにすると年間100万円はそれほど難しくないと思います。

「JCBゴールドザ・プレミア」を取得後もやることは同じ

昔は「JCB・THE・CLASS」が公に募集されていた時代があるそうです。その時の条件は以下の内容だったようです。

  • 年収・1,200万円以上
  • 勤続年数・10年以上の勤続年数があり、役職を持っている方(自営業も対象)
  • JCBの入会履歴が3年以上
  • 年間100万円以上の実績を2年以上

今となっては事実確認ができないため、1つの参考程度に留めておいてください。

また、年収については本当に考慮されるかどうかも未知数です。カードにもよりますが、クレジットカードを発行後に年収調査を実施されることは殆どありません。年間の利用実績をクリアして招待が届き、「JCB・THE・CLASS」へ入会する際に年収を確認されるのかもしれませんし、何とも言えません。

ただ1つ言えることは「JCBゴールドザ・プレミア」を取得後も、基本的にやるべきことは何も変わらないという点です。年間で100万円以上を使うことを目標にしておけば、招待を受けられる可能性は高まると思います。

家族のために!仕事のモチベーションが上がるかも?!


出典:http://www.jcb-originalseries.jp/premier/

「JCB・THE・CLASS」は子持ちのパパさんにオススメです。

「クラブ33」に家族で行けたら間違いなく一生の想い出になります。30歳や40歳の年齢でも「JCB・THE・CLASS」を取得するのは難しいですが、もっと先の将来で自分が60歳くらいになっても家族で「クラブ33」に行くことができると人生に大きな影響を与えるビッグイベントになるかもしれません。

親子の関係とか家族の絆ってどうしても途切れてしまうことがあります。特に子供が成人して大きくなると、それぞれの道に進むことになり会話をする機会も減ります。そんな時に「クラブ33」へ家族で行くことができたら再び家族の絆が深まると思います。

また、家族で「クラブ33」へ行くことを目標にするのも夢があって素敵ですね。

まとめ

ディズニーランドは本当にいろんな隠し要素がありますが、その1つが「クラブ33」です。都市伝説のテレビ番組でも紹介されたことがあり、今では「クラブ33」の知名度はかなり高くなっています。

「クラブ33」は「JCB・THE・CLASS」を通せば自力でも実現可能です。ディズニーファンの方で本気で「クラブ33」に行きたいなら、「JCB・THE・CLASS」を目指してみてはいかがでしょうか?

ディズニーカード

JCB、ディズニー
出典:http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/disney_card.html

最後にディズニーカードについても簡単に紹介しておきます。

ディズニーカードはJCBから「オフィシャルカード」がたくさんリリースされています。カードの種類は「一般ランク」と「ゴールドランク」の2つです。デザインは本当に様々なデザインがあるので、ディズニーファンは必見です!

Apple Payで「クリスタルミッキー」が現れる?!


出典:http://www.jcb.co.jp/ordercard/teikei/disney_card.html

ディズニーカードはApple Payに対応しているので、カード情報を登録するとスマホをかざすだけで決済できます。

「一般ランク」のディズニーカードをApple Payに登録すると、スマホの画面に「クリスタルミッキー」が現れます。普通はそのままカードのデザインが映るのですが、これもディズニーの魔法でしょうか?!

ちなみに「ゴールドランク」については「ミッキー&フレンズ」が現れるようです。

JCB公式で各種デザインとApple Payの表示画面を確認できるので、ファンの方はチェックしてみてくださいね。

合わせて読みたい

ディズニーファンの方はこちらもオススメです→『当選率を上げる方法とは?JCBマジカルを徹底分析!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500