2018年最新!おすすめクレカランキング→

VIASOカードのポイント事情。有効期限に要注意?

ポイント目的に最適!の三菱UFJニコス VIASOカード

VIASOカードは三菱UFJニコスが提供している、特に「ポイントを貯めること」に注目したクレジットカードです。
デザインも多岐に渡り、いつものカードに加え、「弱虫ペダルデザイン」「ぐでたまデザイン」など、クレジットカードらしからぬ親しみやすいデザインのカードも登場しています。

近年、各カード会社ではこの「ポイント特化型」が増えて来ました。
「各ショップで買い物をする」→「支払いをカードにする」→「ポイントを貯める」→「貯まったポイントで欲しいものを手に入れる」という流れが主流となり、このVIASOカードも、多くのポイントを貯めたい人には魅力的なカードとなっています。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

工夫することで高いポイント還元率が可能

VIASOカードのポイントシステムは利用代金1000円に付き5ポイント。 貯まったポイントは1ポイント1円の計算でキャッシュバックされます。

通常のお買い物での利用のほか、楽天市場やyahooショッピングなど大手ショッピングサイトの多くが提携関係にあります。

0.5%の還元率は他社のカードと比較して、高くなく低く無く・・ですが、VIASOカードは提携先によってはボーナス加算があります。

例えば、VIASOカードのWEB会員サービスサイト「VIASO eショップ」を経由して購入すると、最大10%還元されることも。ひと手間を経ることでポイントさらなる加算が可能となります。ぜひ会員登録を忘れずに行っておきましょう。

ショッピングだけでなく毎月の支払いでポイントゲット

電気代は電話代、プロバイダー代、新聞代など「いつものお支払い」として銀行引き落としをしているものなどは、カード支払いに変更しましょう。これらも1000円に付き5ポイントつきますので、例えば電気代が8000円の場合は40ポイント。これが1年間で480ポイント貯まることにあります。
月払いにしているものをまとめてカード払いにすることで、知らず知らずの間にポイントが貯まっていた・・という嬉しい状況に。
また、携帯会社によってはボーナス加算がつきます。別の方法で支払いをしている場合は、ポイント還元率を見比べながら、VIASOカードでの支払いに統一させると良いでしょう。

結婚式も税金も引越し料金もポイントに

また、引越しやふるさと納税と言った、いつもなら現金で支払うものに対しても、VIASOカードが利用可能です。 結婚式の費用もカード払いが可能な場合があり、このような大きな金額でのカード利用はポイント還元もメリット感の強いものになります。

ポイントの上手な貯め方の例

1ヶ月のお金の流れをVIASOカードを利用する形でシミュレーションしてみましょう。
まず、月々、「必ず必要な項目」の支払いをカードで行います。

  • 新聞代・・・3000円
  • 電気代・・・8000円
  • プロバイダー代・・・5000円
  • 携帯料金・・・10000円
  • ガソリン代・・・5000円

合計31000円となり、ポイントは155ポイントとなります。

そして、ある月に

  • 「VIASO eショップ」経由で洋服を20000円
  • 「VIASO eショップ」経由で旅行30000円

を利用し、50000円分のポイントが250ポイント獲得したとします。
「VIASO eショップ」経由ではボーナス加算が着きますので10%加算されたとして275ポイントのゲットです。

この時点で430ポイントとなります。

また、携帯料金やプロバイダー料金などポイントが2倍になるジャンルもあり、ポイント加算となります。

その他、食費やコンビニでの支払い。高速道路などカードで支払えるものはどんどん支払っていきましょう。

毎月のポイント還元を700ポイントとすると、1年間で8400円。
少し頑張れば10000円の還元も現実的なものとなりますね。

スポンサードリンク

このように1年間貯め続けたポイントが、指定の銀行口座にて「現金振込」されます。 カード会社によってはポイントと「商品」「金券」などへの交換のみの場合があるので、現金での還元を好む人にとっては嬉しいシステムですね。

キャッシングは対象外

VIASOカードにはキャッシング機能もついています。このキャッシングにはポイントは加算されないので注意しましょう。
また、ショッピング枠、2回払いなどの分割払い、リボ払い、ボーナス一括払いをカードで設定した場合は、最初の請求月にポイントが付与されます。

年会費は無料。ETC機能もついている

VIASOカードの年会費は、本人、家族ともに0円となっています。
初年度のみ無料というカードも多い中、VIASOカードにおいては永年無料となっています。
家族で使用していくとポイントも多く獲得することができます。

また、ETCカードも発券可能です。手数料として1000円かかりますが、高速料金も自然とポイントが貯まりますので、旅行や仕事などで高速道路を使うことが多い人は、忘れずにETCカードも作成しておくと良いですね。

家族に出張などが多い人は、特に家族カードの作成は必須ですね。

海外旅行にも安心「海外旅行傷害保険サービス」

また海外旅行が好きな人には嬉しい、傷害保険も付帯されています。旅行中のケガはもちろん、ホテル内の物を壊してしまったり、携行品を壊してしまったり・・などの旅先のトラブルに対して、最大2000万円の補償がついています。
この保険サービスを利用するにあたって、旅行代金をあらかじめVIASOカードで支払う必要があるものの、ポイントや海外旅行の補償と安心かつお得なカードの使い方が可能になります。

ポイントの還元は1年に1度。端数や最低ポイント数に注意

このようにコツコツと日常のお金のやりとりにVIASOカードを挟むことにより、ポイントの獲得が楽しみになっていく人も多いでしょう。
この貯まったポイントは、自由に受け取れるわけでは無く、「入会した月」を基準に1年間累積させるというシステムになっています。

例えば

2月に入会した場合、3月のポイント獲得 ~ 翌年2月のポイント獲得の合計分が、翌年の2月に振り込まれるという形です。
オートキャッシュバックの形でその時に1000ポイント以上あることが条件。
上手な使い方をすれば1000ポイントはあっという間に貯まりますが、端数が生じることもあります。100ポイント未満のものは、1年たつとリセットされます。

1年間せっせとため続け、1年後に「現金」として入金されるのは、ちょっとしたお小遣いになりますね。

すぐにキャッシュバックして欲しい人にとっては待ち遠しくてたまりませんが、1年後の楽しみにカードを計画的に使い、たまったポイントでご褒美旅行などを検討するのも楽しいかもしれません。

ポイントはVIASOカード内のみ。他カードとの合算はできない

VIASOカードの他に三菱UFJニコスが発行したカードを持っており、そのカードで支払いなども行っている場合、ポイントの合算はできません。
カードを一元化することにより、分散されているポイントが集約できます。多くカードを持っていて困る・・・という方は、一つに絞ってみましょう。

まとめ 上手に使えば1年後にお楽しみが

いかがでしたか? 近年クレジットカードを上手に使う人が増えてきました。貯まったポイントで旅行に行く場合、飛行機代分を浮かす事も可能ですね。
ポイント還元率の高いショッピングサイトでお買い物をする。毎月現金払いをしている場合クレジットカード支払いが可能かどうかを調べて可能であればカード払いにする。
一つ一つは少ないポイント数であっても、1年間の積み重ねで驚くほどのポイント数になっている場合も。
ポイントを上手に貯めて、楽しいカードライフを送りましょう。

VIASOカードの申し込みは、こちらから。

499801
カード評価
入会特典
(4.5)
保険
(4.0)
還元率とポイントの使いやすさ
(4.5)
ユニークなデザイン揃え
(5.0)
総合評価
(4.5)

VIASOカード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード