2018年最新!おすすめクレカランキング→

イオンカード徹底解説!イオンカードならお客様感謝デー5%オフ+ときめきポイント最大21倍!ディズニーデザインもあります!【2018年最新版】


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

この記事の目次

はじめに

この記事はイオンカードの「すべて」を集約した記事となります。随所にあるリンク先では、それぞれの項目に関して深く知識を得られる構成になっています。

「あなたに最適なイオンカードが見つかりますように。」

イオンの特徴と歴史


出典:http://www.aeon.info/

イオンは1758年に三重県の四日市で「岡田屋」を創業します。1969年に「ジャスコ」が誕生し、これがイオンの母体となります。1980年に「ミニストップ株式会社」を設立、1981年に「日本クレジットサービス株式会社」を設立します。

1989年に「ジャスコグループ」から「イオングループ」へ、2001年に社名が変更されて今のイオンの始まりはここからとなります。2007年にはイオンカードの代名詞である「WAON」が誕生し、これはイオンの歴史の中でも大きな特徴です。

イオンの歴史自体はまだまだ浅いですが、その前進となる「ジャスコ」や「岡田屋」を含めると200年以上の歴史があるのは驚きです。

イオンカード基本情報

イオンカードは「家族カード」や「ETCカード」など、追加オプションが充実しています。オプションを追加することで、カードの実用性が高くなります。特に「家族カード」や「ETCカード」は日頃の生活で活躍するオプションでもあるため、基本情報として抑えておきましょう。

年会費無料・ときめきポイント合算でお得!家族カードは絶対発行するべき!


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

家族カードは審査がありません。申込資格を満たせれば誰でも発行可能です。

家族カードを発行すると、「ときめきポイント」を本会員の元に合算できます。本会員にとってはポイントを貯めやすくなりますし、家族会員にとっては簡単にクレジットカードを発行できることがメリットです。

家族でクレジットカードを作れない方がいる場合、あるいは本会員の方でポイントをスピーディーに貯めたい場合に家族カードを検討してみてください。

合わせて読みたい

イオンETCカードを作る4つのメリットとは?


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

ETCカードを発行すると、イオンカードを「ETCカード」としても使えます。それによるメリットは

  • 「入会費・年会費無料」
  • 「最短即日発行」
  • 「お見舞金制度」
  • 「ときめきポイント付与」

の4つが代表的なメリットです。

毎日のように高速道路を利用する方にとって、ETCカードは必須なアイテムです。料金所は混雑しがちなので、ETCカードがあることで快適なカーライフを送れることは間違いありません。

カードを作る時の国際ブランド。VISA・Master・JCBどれを選べば良い?

イオンカードは国際ブランドの選択肢が豊富です。カードによって選べる国際ブランドに違いがあるものの、3大ブランドを選べるカードが殆どです。

「VISA」と「Master Card」は世界に対して強い万能ブランドであり、「JCB」は日本において凄まじい強さを発揮します。イオンカードを世界で使うか日本で使うか、用途別から国際ブランドを選びましょう。

他のイオンカードへの切り替え方法【審査・ポイント・手続き】

イオンカードはリリース数が多いですが、他のイオンカードへ切り替えする場合、これは切り替え可能かどうかを確認しておきましょう。カードによっては「解約」→「新規入会」となりますし、切り替えが可能な場合はそのまま「切り替え」となります。特に「イオンカードセレクト」や「イオンカード」、あるいは「WAON一体型」を作りたい場合はしっかりと確認しておきたいところです。

カードの切り替えでも審査は実施され、ポイントが継承されるかどうかはカードの種類によります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

合わせて読みたい

ポイント

イオンカードのポイント還元率は、殆どのカードが0.5%です。ポイント還元率はポイントの交換先によって変動するため、「お得にポイントを貯める」・「お得な交換先を選ぶ」ことが基本です。

200円で1ポイントが付与され、1ポイントの価値は交換先の商品によって変わります。以下、ポイント還元率の例です。

ポイント還元率の例


出典:https://www.aeonretail.jp/campaign/shohinken/

「イオン商品券」は交換手数料が250ポイント必要ですが、これを除外すると「1,000円分=1,000ポイント」や「500円分=500ポイント」とポイントの価値は1円となります。この場合、200円のカード利用に対して1円が還元されるため、ポイント還元率は0.5%です。

「ワタミグループ」の食事券2,000円分を1,000ポイントで交換できますが、この場合のポイント還元率は「2,000円÷1,000ポイント=2円」・「2円÷1,000×100=0.2%」となり、ポイント還元率は0.2%です。

イオンカードはポイント還元率が優秀なカードではありません。しかし、注目しておきたいのが「イオンカードセレクト」などに付帯されている「ときめきポイント2倍」の特典です。これによってポイント還元率が救われます。

ときめきポイントのお得な貯め方6選!


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンカードはベースのポイント還元率が低いだけにお得な貯め方を把握しておきたいところです。主に以下の6つの方法があります。

  • いつでも2倍特典(カード特典に注目)
  • 毎月10日「ときめきWポイントデー」
  • 毎月5日「お客さまわくわくデー」
  • ときめきポイントクラブの優待加盟店を利用する
  • ネットショッピングは「ときめきポイントTOWN」で最大21倍
  • 毎月の固定費をカード払いする

貯まったポイントは無駄にしたくない!ときめきポイントの使い方・交換先


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

貯まったポイントを無駄にしたくない時は「WAONポイント」や「dポイント」など、ポイント移行を検討しましょう。他にも「Suica」や「ETC無料通行」など、様々な移行先があります。

合わせて読みたい

イオンカードの新規入会キャンペーン特典で最大5000ポイント!?


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンカードは1年間を通しても、ほぼ年中なにかしらの「新規入会キャンペーン」が実施されています。2018年1月時点を紹介しておくと、「最大5,000円相当分のときめきポイントプレゼント」が実施されています。

イオンカードで新規入会キャンペーンを利用するなら、利用条件における特典に注目しましょう。

家族・友人にイオンカードを紹介するだけでポイントザクザク

「新規入会キャンペーン」と同様にタイミングによっては「紹介キャンペーン」が実施されています。2017年3月時点では、「春のご家族・ご友人ご紹介キャンペーン」が開催中です。

これは周囲の方にイオンカードを紹介すると、1名につき1,000ポイントが貰えるというお得なキャンペーンです。また、さらに抽選特典まで用意されているので、家族や友達でクレジットカードを検討しているなら活用してみてください。

合わせて読みたい

支払い

イオンカードの支払いは他社と同じであり、「分割払い」や「ボーナス払い」などメジャーな支払方法が用意されています。特別な支払方法があるわけでもなく、超スタンダードな支払方法です。

イオンカードの各種支払方法や手数料についてはこちらを見ておきましょう。

イオンカードの分割払いを徹底解説!

イオンカードの分割払いは「1回払い=一括払い」は手数料無料です。また、分割払いの「2回払い」も手数料無料です。

イオンカードの分割払いで手数料が発生するのは「3回払い」からです。その場合の手数料計算は以下、イオン公式サイトからの引用です。

分割手数料の計算は「100,000円×(5.6円/100円)=5,600円」。

支払総額は「100,000円+5,600円=105,600円」。

分割支払金は「105,600円÷10回=10,560円」。

上記の計算でややこしいのが「分割手数料計算」の(5.6円/100円)という部分です。これは各回数における100円あたりの分割手数料の金額を調べる必要があるため、これはイオンの公式サイトで確認しましょう。こちらで確認可能です。

イオンカードでボーナス払いする時の注意点とは?


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンカードのボーナス払いは利用不可の空白期間がなく、1年中利用できます。また、支払日は「1月2日」と「8月2日」です。

イオンカードのボーナス払いは「1回と2回」を選択できます。1回払いでボーナス払いを利用する場合は無利息、2回払いでボーナス払いを利用する時は「5万円以上」から利用可能・手数料は3%です。そのため、ボーナス払いで2回払いを利用する時だけは注意をしておきましょう。

キャッシングの手数料計算から、返済方法まで

イオンカードはキャッシングを付帯できます。キャッシングの利率は7.8%~18.0%となっていますが、一般的な利用枠で推測すると18.0%が採用利率です。

さて、キャッシングの手数料計算は「借入額×利率÷365日×借入日数」です。あるいは「利率÷12ヶ月」を計算しておき、「借入額×月利」でもOKです。5万円を18.0%で借りた場合を計算してみます。

5万円×18.0%÷365日×30日で720円です。18.0%÷12ヶ月=1.5%となり、5万円×1.5%=750円です。初回の約定日にかかる手数料は750円です。次回の約定日の手数料は元金が変化するだけであり、利息の計算方法は同じです。

合わせて読みたい

イオンカードの電子マネー『WAON』とは?WAON一体型を持つメリット


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「WAON」というのはイオンの電子マネーの名称です。他社でいうところの「nanaco」や「楽天Edy」のイオン版と捉えると理解しやすいです。

WAONは「WAONポイント」を貯められます。また、カードによっては「WAON」が搭載されているため、その場合は1枚のカードで「ときめきポイント」と「WAONポイント」を貯められます。

基本的にWAONというのは「イオングループ」がフィールドとなるため、イオングループでイオンカードを使うなら「WAON」が搭載されている方が実用性からメリットまで高くなります。

合わせて読みたい

特典

イオンカードは特典が非常に多いです。特に「イオンカード」など、イオンを代表するカードは至れり尽くせりです。

一般的にイオンカードを選ぶ方の多くは「イオン」で買い物することが多いと思います。その点を考慮すると、スタンダードカードを選び「お客さま感謝デー」から5%割引を狙うなど、実用的な特典が付帯されているカードをチョイスするのがベターです。

イオンカードの割引【割引施設・優待特典】


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンカードはとにかくカードのリリース数が非常に多く、提携カードなら提携先における優待特典も検討できます。そのため、カード選びのスタンスはしっかりと各種カードの付帯特典に注目してください。

さて、イオンカードで代表的なのは「お客さま感謝デー」です。これは「イオングループ」を対象として5%の割引を受けられる特典です。「お客さま感謝デー」は毎月の20日と30日に実施され、55歳以上を対象とした「G・G感謝デー」は毎月の15日です。

「イオングループ」は全国のイオンやマックスバリューなどが該当しますが、割引施設も幅広いです。カード発行後、「こんな施設でも割引を受けられるのか」と気が付くこともあります。

お客さま感謝デーとは?

全国のイオン、ビブレ、マックスバリュ、メガマート、イオンスーパーセンターの各店舗で毎月20日・30日にイオンバンクカード/キャッシュ+デビット/イオンカードセレクトのWAONをご利用いただくと、お買物代金が5%OFFになります。※一部、対象外店舗および対象外商品がございます。

引用元:http://faq.aeonbank.co.jp/faq_detail.html?id=5

イオンカードでガゾリンを入れるとお得!ポイントも二重取り!


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンの提携カードを検索すると「ガソリン系」のカードが見つかります。それらのカードを利用すると、ガソリン補給時にキャッシュバックを受けられるなどメリットがあります。また、それに加えて「お客さま感謝デー」等の特典を得られるなど、多方面でお得にカードを使えます。

ガソリン系のカードは「ETCカード」と相性が良く、「カーライフ」と「イオン生活」の両面で活躍するカードが欲しい方にとっては理想のクレジットカードとなります。

イオンカードを持ったらイオンスクエアは登録必須!


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンスクエアは「イオンのインターネットサービス」です。カードを発行後、イオンスクエアに登録すると会員向けのコンテンツから特典情報を取得できたりします。また、イオンカードでお得にポイントを貯める際に欠かせない「ときめきポイントTOWN」もイオンスクエアの関連サービスとなるので、いろんな意味でイオンスクエアは登録が必須です。

イオンカードのクーポンを活用すべし!

イオンカードを発行したら、会員向けのコンテンツから「クーポン」を取得できます。これは定期配信型のサービスなので、小まめに情報をチェックしておくのが理想です。

「お客さま感謝デー」は日にち指定から5%割引ですが、「クーポン」は対象店舗が指定されており、割引率は5%以上になることがあります。そのため、「お客さま感謝デー」と併用しておけば、お得なイオンライフを送れます。

ダイエー通はイオンカードを絶対持つべき


出典:http://www.daiei.co.jp/index.php

天下のダイエーは今やイオングループの一員となっているわけですが、ダイエー通にとってはイオンカードは選びやすいと思います。

まず、「お客さま感謝デー」はダイエーに適用されませんが、「ときめきポイント」はダイエーの買い物でも付与されます。これはイオンカードの「いつでもときめきポイント2倍」の対象でもあるので、適用されない特典があるものの、その一方では適用される特典もあります。

また、上記で紹介した会員向けの「クーポン」などから、ダイエーを狙い撃ちしたキャンペーンにも期待が持てます。

合わせて読みたい

審査


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

スポンサードリンク

イオンカードの審査は平均的だと予測されます。

クレジットカードで審査が難しいと言われるのは「高所得者向けのクレジットカード」であり、その代表的なカードは「アメリカンエキスプレス」や「ダイナースクラブ」です。そのブランド自体が高級と言われ、審査が厳しい傾向があります。その点、イオンカードは高級ブランドでもなく庶民向けのブランドです。

また、イオンカードは上位ランクの「ゴールド」や「プラチナ」がありません。すべてのカードが「一般ランク」であり、唯一の上位カードとしてインビテーション制の「ゴールドカード」が1枚だけ存在するだけです。この点からも、イオンカードの審査基準が低く、庶民にとって需要が高いカードであることが分かります。

イオンカードの審査の難易度は?クレファンから審査通過・審査落ちの口コミをまとめてみました!

イオンカードの審査は「基本を抑えること」が最も大切です。

クレジットカードの審査における基本とは、「同時申込」を避けて「他社借入を極力減らす」ことです。一般的な収入で「信用情報」や「借金」に問題がなければ、余裕で合格できると予想されます。

以下、クレファンのイオンカードの審査に関する口コミ情報です。

合格

・ゴールドカード取得のためにネット経由で申込みました。 キャッシング枠はカード到着当日にゼロへ減額しました。
・S枠はともかくとして、C枠の50万円には驚きました。こんなに多額は個人的には不要。旅行時のバックアップ用がせいぜいなので、近々、C枠:10~20万円程度に減額する予定です。ネット申し込み後の本人確認書類提出は、画像アップロード方式でした。
・WEB申し込み 2日後メールにて本確書類upロードのお願い&up 本日到着まで連絡無し セレクトよりc枠多し・・・・謎
・C枠無しがなかったので最低の30で申し込み
・ 多重4

不合格

・まさかの落選です。調子乗りすぎの結果でしょうか?
・なぜかイオンカードは相性が悪いです。。
・多重否決30件ほど 否決
・2回目のチャレンジでしたが、イオンカードだけいつまでも作れないです。

引用元:http://crefan.jp/shinsa-1526.html

イオンカードは人気が高いクレジットカードなので、特にスタンダードカードである「イオンカード」や「イオンカードセレクト」はネット上の口コミが非常に多いです。不合格になっている方は「多重申込」など問題有りが多いため、しっかりと準備をすれば誰でも作れるクレジットカードです。

イオンカードの限度額は?上限突破完全ガイド

イオンカードの限度額は各種カードによって上限が異なります。イオンのスタンスとして、商品概要で「限度額の上限」は基本的に非公開となっているため、審査を受けてみなければ分からない点が多いです。また、一般的にクレジットカードは商品概要で「限度額の上限」が明記されていても、実は非公式でそれ以上の限度額が与えられるケースもあります。

さて、イオンカードを発行してから限度額の上限を突破するなら、とにかく実績を作ります。これはカードを利用すれば良いだけなので、積極的にカードを使いましょう。次に「遅延行為」を避けるようにして、ルールを守ったカード生活を送ると実績次第で上限を突破できます。

初めてのクレジットカードに最適!大学生でも審査に通るための方法

イオンカードは大学生でも申し込めます。殆どのカードは「18歳以上」の「高校生不可」が申込条件なので、大学生にとっては自由にカードを探しやすいです。

大学生がイオンカードの審査に通るためには、アルバイトをして勤務先を持つことが最も大事です。これは在籍確認という意味合いもありますし、アルバイトをすることで返済能力が評価されます。後は、「同時申込」を避けておけばあっさりと合格できると思います。

社会人の場合はすでに1枚目のカードを持っているケース、あるいは他社で借り入れしているケースなど、様々な状況があります。大学生はこうしたケースが少なく、1枚目として初めて申し込むなら上記のポイントを抑えておくだけで問題なく合格を目指せます。

合わせて読みたい

イオンカードの種類一覧

2017年3月時点で、イオンカードは52種類がヒットします。

52種類のイオンカードを大別すると、「プロパーカード」と「提携カード」に分かれます。リリース数が多いのは圧倒的に「提携カード」です。

提携カードは「電子マネー系」や「フライト系」、「高速道路系」や「ガソリン系」、あとは各サービスや企業に特化したシンプルな「THE・提携カード」に分けられます。

「プロパーカード」と「提携カード」の選び方は、スタンダードなクレジットカードが欲しいなら「プロパーカード」・何かに特化したクレジットカードが欲しいなら「提携カード」を選びます。

「提携カード」の選び方は、目的から辿ると最適なカードが見つかります。特にサブカードを探している方に「提携カード」はオススメです。

※イオンカードを選ぶ前に「イオンゴールドカード」について詳細を確認しておいてください。利用実績に応じて発行が決まり、インビテーションの対象カードが決まっています。

以下の記事を参考にしてみてください

イオンゴールドカード


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

イオンゴールドカードはインビテーション制です。

招待を受けるためには「直近年間カードショッピング100万円以上の方」と明言されているため、これを目安に利用実績を高めましょう。

イオンゴールドカードのインビテーション対象は「イオンカード」と「イオンカードセレクト」です。WAON一体型などは関係なく、この2種のカードにおける利用実績で決まります。

1つ注意をしておきたいのが、ゴールドカードのデザインは「イオンカード」と「イオンカードセレクト」のデザインがそのまま反映されます。そのため、ディズニーデザインを希望するなら、「イオンカード」と「イオンカードセレクト」を発行する時点でディズニーデザインを選んでおく必要があります。

イオンゴールドカードの主なゴールド特典は以下となります。

  • 年会費無料
  • 羽田空港のラウンジ無料
  • イオンラウンジ無料
  • 各種保険の補償額が高い

他社のゴールドカードに比べると特典がかなり薄いです。その反面、ゴールドカードを年会費無料で持つことができ、旅行傷害保険やショッピング保険の補償額が高いことが魅力です。「是が非でもほしい!」と思うカードではありませんが、普通にイオンカード生活を送る延長で無料発行できるなら「悪くはない」といった感じです。

「イオンゴールドカード」は特別な特典がこれといって無いので、「貴重価値」という意味ではディズニーデザインを発行しておくのがオススメです。そのためには上記のとおり、下位カードでディズニーデザインを選択しておく必要があります。

「イオンゴールドカード」の基本スペックは以下となります。

申込資格 年間100万円が目安
年会費 永年無料
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険3,000万円、国内旅行傷害保険3,000万円
ブランド VISAとMaster CardとJCB(デザインと同じで元が継承されます)
基本のポイント率 200円で1ポイント(WAONありならそれも200円で1ポイント)

イオンカード・プロパー編

イオンカードのプロパーカードは以下の3つのタイプがあります。

  • イオンカード
  • イオンカード・GGマーク付き(55歳以上の方)
  • イオンカードセレクト

これらのプロパーカードをさらに細分化すると、「ディズニーデザイン」と「WAON一体型」に分けられます。

「ディズニーデザイン」は好みの問題以外にも、将来的にゴールドカードをディズニーデザインで発行したいかどうかも考慮しておきましょう。

「WAON一体型」はそのままWAON機能を使いたいかどうかで選びます。

イオンカード


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

数あるイオンカードの中でも、「イオンカード」が最もスタンダードな1枚です。イオンならではの特典がぎっしりと詰まっているので、プロパーで迷った時はこれで決まりです。主な特典は以下のとおりです。

  • イオングループならいつでもポイント2倍
  • 毎月20日と30日は「お客さま感謝デー」で5%OFF
  • 毎月10日は「ときめきWポイントデー」でときめきポイント2倍

「イオンカード」のスペックは以下となります。

申込資格 18歳以上
年会費 永年無料
旅行傷害保険 なし
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1ポイント(WAONありならそれも同様)

イオンカードはWeb入会がお得!

イオンカードに入会するなら「Web申込」がお得です!

キャンペーン内容によっては、イオン店頭での申込より獲得ポイントが増えるチャンスも。
※キャンペーン内容は変更となる可能性があります。

現在(2018年9月現在)のキャンペーン内容は以下の通りです。

▼イオンカード(WAON一体型)最大6,000ポイント!
イオンカードキャンペーン
出典:イオンカードキャンペーン(公式HP)

  • 新規入会:ときめきポイント1,000ポイント
  • カード利用①:20,000円(税込)以上でときめきポイント2,000ポイント
  • カード利用②:50,000円(税込)以上でときめきポイント5,000ポイント

※カード利用特典は①or②のいずれかとなります。

イオンカードの申し込みは、こちらから。

カード評価
割引・特典
(4.5)
イオン系列によく行く方へのオススメ度
(5.0)
総合評価
(4.0)

イオンカード<公式サイト>

イオンカード・GGマーク付き


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「イオンカード・GGマーク付き」は「イオンカード」の55歳以上の方向けのカードであり、スペックは「イオンカード」と全く同じです。イオンにおける「G・G」というのは55以上の方を指しており、特典のボリュームは「イオンカード」よりもG・Gマーク付きの方が「G・G特典」においてやや有利となります。

  • イオングループならいつでもポイント2倍
  • 毎月20日と30日は「お客さま感謝デー」で5%OFF
  • 毎月15日は「G・G感謝デー」で5%OFF
  • 毎月10日は「ときめきWポイントデー」でときめきポイント2倍

「イオンカード・GGマーク付き」のスペックは以下となります。

申込資格 55歳以上
年会費 永年無料
旅行傷害保険 なし
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1ポイント(WAONありならそれも同様)

イオンカードセレクト


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「イオンカードセレクト」は「イオンカード」と「イオンキャッシュカード」と「電子マネーWAON」が一緒になったカードです。いわゆる「キャッシュカード一体型」というタイプになります。特典内容は「イオンカード」に付帯されている特典とほぼ同じ、それに加えて「イオンカードセレクト」ならではの特典が付帯されています。主な特典は以下となります。

  • イオングループならいつでもポイント2倍
  • 毎月20日と30日は「お客さま感謝デー」で5%OFF
  • イオン銀行で給与を受け取ると毎月10WAON獲得
  • イオン銀行普通預金金利が年0.12%になる
  • 公共料金の支払いで1件に付き毎月5WAON獲得
  • WAONのオートチャージが可能、これによってポイント二重取り可能

基本的にイオン銀行をメインバンクとして使っている方は迷わずに「イオンカードセレクト」で決まりです。毎月、イオン銀行で給与を受け取るだけでも勝手にWAONポイントが貯まります。また、「イオンカードセレクト」1枚で銀行とクレジットカードと電子マネーの3つの役割を果たせるため、実用的なクレジットカードとなります。

「イオンカードセレクト」のスペックは以下となります。

申込資格 18歳以上

年会費 永年無料
旅行傷害保険 なし
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1ポイント、WAONも200円で1ポイント

イオンカードセレクトはWeb入会がお得!

イオンカードセレクトに入会するなら「Web申込」がお得です!

キャンペーン内容によっては、イオン店頭での申込より獲得ポイントが増えるチャンスも。
※キャンペーン内容は変更となる可能性があります。

現在(2018年9月現在)のキャンペーン内容は以下の通りです。

▼イオンカードセレクト 最大8,000ポイント!
イオンキャンペーン
出典:イオンカードキャンペーン(公式HP)

  • 新規入会:ときめきポイント1,500ポイント
  • カード利用①:20,000円(税込)以上でときめきポイント2,000ポイント
  • カード利用②:50,000円(税込)以上でときめきポイント5,000ポイント
  • カード利用③:65,000円(税込)以上でときめきポイント6,500ポイント

※カード利用特典は①or②or③のいずれかとなります。

合わせて読みたい

イオンカード・提携編

イオンカードは「提携カード」が非常に多く、ピンポイントに活躍するカードが欲しい方にとって嬉しい環境です。

他社と比較すると、イオンカードの「提携カード」は「カーライフ」に特化したカードがあるのが印象的です。また、フライトなら「JAL」、交通なら「Suica」と定番なタイプもしっかりとリリースされています。

提携カード・電子マネー系

イオンカードの電子マネーといえば「WAON」ですが、それ以外にも「提携カード」として以下のようなカードがリリースされています。

  • イオンSuicaカード
  • イオンカード・Kitaca
  • イオンSugocaカード
  • JQ・Sugoca
  • JMB・JQ・Sugoca
  • イオンsaQwaカード

電子マネー系のイオンカードは、それぞれの名称どおりに各電子マネーが搭載されているカードです。予め目的の電子マネーがハッキリとしていると思うので、カード選びで迷うことは少ないです。

イオンSuicaカード


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「イオンSuicaカード」は「イオンカード」に「Suica」が搭載されたカードです。

基本的に付帯特典は「イオンカード」と同じであり、そこに「Suica」が搭載されただけのカードです。追加オプションで「WAON」も可能となっているので、これを追加すると実用性がさらに増します。また、旅行傷害保険が付帯されていることも注目しておきたいポイントです。カードスペックは以下となります。

申込資格 18歳以上
年会費 永年無料
旅行傷害保険 海外旅行傷害保険500万円、国内旅行傷害保険1,000万円
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1ポイント

提携カード・フライト系

フライト系のイオンカードは「JAL提携カード」がリリースされています。

  • イオンJMBカード
  • イオンJMBカード・GGマーク付き
  • JMB・JQ・Sugoca
イオンJMBカード


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

JALが発行しているクレジットカードは「JALカード」と「JMBカード」があります。前者は有料でスペック充実、後者は無料でスペックが薄い、といった感じです。

「イオンJMBカード」はJALグループ便のフライトでJALマイレージを貯めることができ、さらにイオンにおいては割引を受けられるカードです。どちらかと言うと、フライトに対する恩恵が高いカードであり、ときめきポイントが付与されないなど、イオンの特典が薄い印象があります。

また、フライト系のカードなのに旅行傷害保険が付帯されていない点も残念であり、中途半端なスペックは否めません。「サブカードでマイルを貯めたい!」という方でない限り、メインカードとしては実力不足です。ただし、メリットを挙げると年会費が永年無料なので、使い方次第では日々のショッピングでマイルを貯めて無料で旅行に出かける計画も立てられます。

「イオンJMBカード」のスペックは以下となります。

申込資格 18歳以上
年会費 永年無料
旅行傷害保険 なし
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1マイル

提携カード・高速道路系

「高速道路系」の提携カードは以下のようなカードがリリースされています。

  • イオン・E-NEXCO・pass・カード
  • イオン首都高カード
  • イオン・NEXCO中日本カード
  • イオンTHRU・WAYカード
  • イオンETCカード

上記のような「高速道路系」のクレジットカードはとても珍しいため、ドライブが多い方にとっては嬉しい環境ではないでしょうか?

イオン首都高カード


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「イオン首都高カード」は「イオンカード」のメリットに首都高における特典が付帯されたカードであり、ETCカードが自動付帯しています。首都高特典は以下となります。

  • 毎週日曜日の首都高が20%OFF
  • タイムズポイントが貯まる
  • 首都高パーキングでときめきポイント5倍
  • 宿泊施設やレストランなど、優待特典あり

非常にバランスの良い特典が備わっており、宿泊施設やレストランにおいて優待特典まで付いています。万人向けのカードではありませんが、特典は非常に魅力が高いです。毎日のように首都高を利用する方なら、メインカードとしても活躍に期待が持てます。

「イオン首都高カード」のスペックは以下となります。

申込資格 18歳以上
年会費 永年無料
旅行傷害保険 なし
ブランド VISAとMaster CardとJCB
基本のポイント率 200円で1ポイント

提携カード・ガソリン系

「ガソリン系」の提携カードは以下のようなカードがリリースされています。

  • コスモカード・ザ・オートパス
  • コスモカード・ザ・オートパスエコ
  • 三菱商事石油・イオンカード

コスモカード・ザ・オートパス


出典:http://www.aeon.co.jp/creditcard/

「コスモカード・ザ・オートパス」はガソリン系のクレジットカードの中でも定番カードです。以下のような特典があります。

  • 入会特典で50リットルまでキャッシュバック(最大500円)
  • コスモ石油で会員価格で給油が可能

上記の特典以外には、「イオンカード」の特典である「お客さま感謝デー」等の特典も備わっています。そのため、イオンでお得にポイントを貯めながら、コスモ石油でお得に給油できるなど、実用性が高いカードです。また、WAONが搭載されているのも嬉しいポイントです。ちなみに、このカードは「ETCカード」と相性が抜群なので、合わせて検討しておきましょう。

「コスモカード・ザ・オートパス」のスペックは以下となります。

  • 申込資格 18歳以上
    年会費 永年無料
    旅行傷害保険 なし
    ブランド VISAとMaster CardとJCB
    基本のポイント率 200円で1ポイント

    提携カード・「THE・提携カード」

    イオンの提携カードは上記で紹介した以外にも、「KASUMIカード」や「ナンバカード」など、様々な提携カードがあります。

    日頃から愛用しているお店やサービスに特化した提携カードが見つかると、そのカードによる恩恵は非常に高くなります。例えば、「KASUMIカード」なら「KASUMI」で5%OFFから買い物ができます。

    イオンカードの「提携カード」一覧はこちらでチェックできます。

    イオンルネサンスカード

    「イオンルネサンスカード」は「スポーツクラブ・ルネサンス」と「イオン」の提携カードです。イオン公式のカード一覧でもヒットせず、隠れたイオン提携カードとなっています。

    「イオンルネサンスカード」のベースはイオンのプロパーカードとなっているため、「ときめきポイント」が貯まり「お客さま感謝デー」の恩恵も受けられます。しかし、「スポーツクラブ・ルネサンス」に対する特典がなく、入会キャンペーンに注目しておきたいところです。

    2017年3月時点では、「スポーツクラブ・ルネサンス」へ紹介すると「月会費を1,080円割引」というキャンペーンが実施中です。また、紹介された方も「1,000ポイント」を獲得できるなど、双方にとって嬉しいキャンペーンとなっています。「スポーツクラブ・ルネサンス」を利用する方は、そのタイミングで入会キャンペーンをチェックしておきましょう。

    「イオンルネサンスカード」のスペックは以下となります。

    申込資格 ルネサンスの入会者のみ
    年会費 永年無料、ただしルネサンスの会費は必要
    旅行傷害保険 なし
    ブランド VISA
    基本のポイント率 200円で1ポイント、ルネサンスの会費でもポイントは付与
    合わせて読みたい

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪