2018年最新!おすすめクレカランキング→

アメリカンエキスプレスカード(アメックス)のスペック年会費や特典を徹底解説!プロパー・ゴールド・プラチナ・デルタ・ANA・セゾン全部盛り。いつかハイクラスなカードを持ちたい、そんなあなたに。【2018年最新版】


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

はじめに

この記事はアメリカンエキスプレスの「すべて」を集約した記事です。随所にあるリンク先では、アメリカンエキスプレスをより深く調べられる構成になっています。アメリカンエキスプレスを検討する際に活用して頂ければ幸いです。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

アメリカンエキスプレスの歴史と特徴

アメリカンエキスプレスは1850年に宅配業者として創業、1882年に世界で初めて郵便為替業務を開始したと言われています。1958年にクレジットカード業を開始、その後は1970年代から世界中でクレジットカードを発行し事業を拡大させました。

アメリカンエキスプレスは「JCB」と提携していることで有名であり、日本においては双方のブランドにとって大きなメリットがあります。世界大不況の「サブプライムローン」問題を境に経営難に陥った経緯があり、「JCB」との提携も対応策の一環であると推測されています。

アメリカンエキスプレスは「高級ブランド」として名高く、今の時代もそのイメージは変わりません。しかし、近年では高所得者でなければ所持できないというわけでもなく、黄金期に比べると庶民でも取得しやすくなったと言われています。

アメリカンエキスプレス基本情報


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスの基本情報として絶対に抑えておきたいのが「ステータスカード」という点です。これはアメリカンエキスプレスのブランドイメージに由来するものであり、返済能力が高くなければ所持できないと言われることが多いです。

アメリカンエキスプレスのクレジットカードを所持できれば、それだけで自分の収入や返済能力の証明となり、他社の一般カードに比べると一線を画する「価値」があります。

アメリカンエキスプレスのクレジットカードは高所得者にオススメ!ステータスカードの最高峰!

アメリカンエキスプレスが「ステータスカード」と言われる理由は、単純に審査が難しいだけではありません。アメリカンエキスプレスにおける「一般カード」でも、他社のゴールドカードに匹敵するほど付帯特典が充実していることも1つの理由です。

また、世界各国の様々なお店で利用できる特典の数々、これをフル活用するためには海外旅行や買い物の頻度が高くなければなりません。そのため、日頃から出費が多い高所得者の方にとってはアメリカンエキスプレスは相性の良いカードとなります。

合わせて読みたい

▶︎『クレジットカード国際ブランドはそれぞれ何が違う?どれを選べばいい?比較のポイントを徹底解説

【年会費はいくら?】一般カードでも年会費は12,000円、年会費を取るかステータスを取るか


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスは年会費無料のカードが1枚もありません

最も安い年会費は「ANAアメリカン・エキスプレスカード」の7,000円、アメリカンエキスプレスのスタンダードカードである「グリーンカード」は年会費12,000円です。他社の場合は一般カードを選べば年会費無料や3,000円ほどのコストでカードを持てます。それに比べるとアメリカンエキスプレスは年会費相場が高くなっています。

アメリカンエキスプレスは年会費が高いですが、相応した特典が付帯されていることもしっかりと考慮しておきましょう。特典をすべてフル活用する場合、コスパは優秀となります。

アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典・還元率
(4.0)
マイル還元率
(4.5)
ステータス
(4.0)
総合評価
(4.0)

アメックスカード<公式サイト>

アメックスは学生でも専業主婦でも作れるって本当?

アメリカンエキスプレスの申込資格は20歳で安定して収入がある方です。そのため、学生や専業主婦が本会員としてカードを所持することができません。学生や専業主婦の方は、セゾンが発行する「アメックスシリーズ」・あるいはアメリカンエキスプレスの家族カードを検討しましょう。

パート・アルバイトでもカードの申し込みをすることはできますか?

申込基準は、20歳以上、定職がある方とさせていただいております。誠に申し訳ございませんが、パート・アルバイトの方のお申込みはお受けできません。あらかじめご了承ください。

引用元:http://u0u1.net/Czh9

内縁の妻から同性のパートナーまで!アメックスの家族カードは「家族」の範囲が広範囲!

アメリカンエキスプレスカードの家族カードは本会員が申し込む必要があります。家族カードの申し込み資格は「18歳以上のご子息・ご令嬢」・「配偶者やご両親」となっていますが、会員規約では以下のような記述があります。

「基本カード会員がその代理人として指定したものであって、自ら家族カード会員になることに同意し、 当社が入会を認めた個人をいいます。」

最終的にはアメリカンエキスプレスが入会を認めた方が「家族カード」を持てるわけですが、その家族の定義については幅が広いと言えます。

Americanexpressののロゴマークがなくても大丈夫!日本国内のJCB加盟店なら大体使える!

アメリカンエキスプレスは「JCB」と提携しており、これによって「JCB」の加盟店でもアメリカンエキスプレスカードを使えるケースがあります。

日本国内において加盟店が多いのは「VISA」と「Master Card」と「JCB」の3大ブランドであり、この3つのマークがあっても「Americanexpress」のマークがないことがあります。そんな時、「JCB」とアメリカンエキスプレスの提携により、「JCB」の加盟店でアメリカンエキスプレスカードを使えることがあるので、参考として覚えておいてください。

合わせて読みたい

▶︎『加盟店はたくさんあるの?どのくらいアメックスが使えるかを解説

アメックスは電子マネーやApple Payに対応している?

アメリカンエキスプレスは「Suica」・「ICOCA」・「楽天Edy」に対応しています。

・アメリカン・エキスプレスのカードをご登録ください。携帯電話の操作により、いつでもどこでもSF(電子マネー)をチャージしていただけます。

・アメリカン・エキスプレスのカードをご登録ください。JR西日本の入金機、一部の自動券売機や乗り越し精算機で現金を入れなくても簡単にチャージしていただけます。

・アメリカン・エキスプレスのカードをご登録ください。Edyにチャージすることができるデバイス(パソリ)をパソコンに接続するか、FeliCaポート搭載のパソコンでチャージすることができます。

引用元:https://www.americanexpress.com/japan/contents/guide/daily/life/emoney.shtml

アメリカンエキスプレスは「Apple Pay」も対応しています。また、2018年1月時点ではアメリカンエキスプレスの「Apple Pay」利用で5,000円の抽選キャッシュバックが実施中です。

<事前登録 先着20,000名様限定 / Apple Payのご利用で5,000円キャッシュバック!

引用元:https://www.americanexpress.com/jp/content/apple-pay/

申込から手元に届くまでどのくらいかかる?実際の口コミ情報まとめ

アメリカンエキスプレスの申し込みは「本人確認書類」が必要です。以下、申込時の規約からの引用です。また、申込時に郵便局の本人受取を希望する場合は以下の書類の提出は不要となり、カードを受け取る際に本人確認をします。

  • 運転免許証(住所変更の場合は両面)
  • 写真付き住民基本台帳カード(住所変更の場合は両面)
  • マイナンバーカード(表面のみ)
  • 特別永住者証明書(住所変更の場合は両面)
  • パスポート(氏名・生年月日・住所の記載面)
  • 在留カード(住所変更の場合は両面)
  • 各種健康保険証(氏名・生年月日・住所の記載面)
  • 住民票の写し(発行日より 6 ヶ月以内)

以下、クレファンの「アメックス・グリーンカード」の発行に関するまとめです。

・ 3月3日の13時頃に申し込み、翌日21時頃にウェルカムメール。3月9日午前中に特伝案内、すぐに郵便局でカードを受け取りました。

・2/23(22:00) webから申込(すぐに申込受付完了メール) → 2/27(16:25) Welcomeメール → 3/2 特伝着・当日受取

・02/08 ザ・ペニンシュラ東京提携ゴールドをグリーンに切替の電話、02/09 Webにて切替を確認、02/14 速達にて到着。

・2/1券面・プロパー・初年度無料に惹かれNET申込み、2/3Welcomeメール、2/5特伝着、2/6受け取り 以前AMEXゴールド時代迷惑かけたので無理だと思ってましたがまさかの合格 やはり審査は水物です

・1月30日web申し込み→2月3日特伝の通知→次の日受け取りです。昨年10月に初めてクレカを作ってこの4ヶ月で3枚作って4枚目です。さすがにクレヒスが少なすぎて無理だと思ったのですが、可決しました。

引用元:http://crefan.jp/shinsa-524.html

アメリカンエキスプレスの申し込みはカードを受け取るまで、大よそ1週間から3週間ほどを目安にしておきましょう。

ポイント


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスのポイントは「メンバーシップ・リワード」というポイントプログラムです。

「メンバーシップ・リワード」は100円の買い物に対して1ポイントが付与されます。ポイント還元率は約0.3%~0.5%であり、他社に比べると低い水準です。以下、アメリカンエキスプレスカードのポイント還元率の計算です。

「百貨店ギフトカード」は1,000円分を3,000ポイントで交換可能・「商品券」も1,000円分を3,000ポイントで交換可能・「モスバーガー・モスカード」も1,000円分を3,000ポイントで交換可能です。

アメリカンエキスプレスのポイント還元率は「1,000円÷3,000ポイント÷1,000×100」で0.3%となります。交換先のアイテムによっては0.5%ほどのポイント還元率になることもありますが、総評してもポイント還元率は低い部類だと言えます。

アメックスのポイントシステム「メンバーシップリワード」徹底解説!

アメリカンエキスプレスは「メンバーシップ・リワード」が搭載されており、日頃のショッピングで100円に対して1ポイントを貯められます。貯めたポイントはアメックス公式から「カタログ」を使って商品を選ぶことができ、好きな商品へ交換可能です。

クレジットカードのポイント還元率は0.5%が平均であり、それを基準に考えるとアメリカンエキスプレスカードはポイント還元率が低いです。そのため、少しでもポイント還元率をカバーするために「お得なポイントの貯め方」を熟知しておきたいところです。

合わせて読みたい

 ▶︎『アメリカンエキスプレスの魅力あるポイントを徹底検証

アメリカンエキスプレスカードでポイントをザクザク貯める方法まとめ


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスの「お得なポイントの貯め方」は以下のような方法があります。特に毎月の光熱費等をカード払いしておくのは効果的であり、クレジットカードでお得にポイントを貯める基本でもあります。

  • 公共料金のカード払い
  • ボーナスポイント提携店を利用する
  • ぐるなびのネット予約を活用する

合わせて読みたい

▶︎『アメックスポイントの最強利用ガイド

「ボーナスポイントサービス」なら通常よりお得にポイントたまる!

「ボーナスポイントサービス」では、通常よりもポイントがお得に貯まります。お店によってポイント率が異なりますが、以下のようなポイント率を目安にしておきましょう。こちらでポイント率が高い提携店を検索できます。

  • 100円で2ポイント
  • 100円で3ポイント
  • 100円で5ポイント
  • 100円で10ポイント

合わせて読みたい

▶︎『アメックスの使える特典5選!

貯まったポイントの使い道はたくさん!支払いに充当もできるしマイルや商品にも交換できる!

アメリカンエキスプレスのポイントの使い道は主に以下のような内容があります。ポイントの使い道が豊富なので、使い道に困ることはありません。他社とは異なる特徴として、「カードの支払いに充当」や「店頭の支払いに充当」は珍しいポイントの使い道でもあります。これといって欲しい商品がない場合、最終手段として「支払いに充当」できるのは便利です。

  • カードの支払に充当
  • 旅行系サービスに使う
  • 提携航空のマイルへ移行
  • アイテムへ交換
  • イベント参加に使う
  • 店頭の支払いに充当

審査

アメリカンエキスプレスはとにかく審査がポイントです。

アメリカンエキスプレスの審査基準は非公式なので、口コミ情報等を参考にしておくしかありません。また、「信用に傷を付けない」・「多重申込」を避けるなど、基本を抑えることも重要となります。

アメックスの審査の個性を徹底分析。重要なのは「安定して収入が得られること」!

アメリカンエキスプレスの申込資格では「安定した収入」という内容以外、審査の合否を推測するための情報がありません。また、「安定した収入」はいくらを指すのかも不明確です。しっかりと返済能力を評価してもらうために「年収を高める」・「他社借入を減らす」ことを意識しておきましょう。

以下、クレファンの「アメックス・グリーンカード」の審査情報です。

合格

・異動情報有りでしたが、試しにネットから申し込み。 同時に申し込んだイオンSuicaとファミマTカードは否決でした…。
・思いのほか早かった。真っ黒なのに可決でした。
・ 5月落選、6月落選、7月合格←new 直近、緑2回審査落ち、穴雨・穴雨金・スカトラ・雨金は1回ずつ落とされたけど なぜか今回合格w デスクに問い合わせると、目安額20万とのこと。
・ANAアメックス既存。6/10申込み、6/15本人限定受取郵便の通知着。 半年前にゴールドを申し込むも多重の為か否決。その後既存カードの決済を増やし、緑で再挑戦して可決。
・■7/7 Web申込/■7/7 申込完了メール/■7/14 本人限定受取郵便にて到着/目安枠はまだ確認していません/■AMEXプロパーゴールドカードと2枚持ちです

不合格

・1月喪明け、多重+他社キャッシングで撃沈。
・2012/6免責で喪中でしたが待ちきれずポチってしまいました。
・喪明け前でしたが、申込直前にマジカル可決。調子に乗り、直撃したが否決。1/18ネット申し込み(welcomeメールなし)→1/26TELにて審査状況確認→1/31手紙着。その後申込したOMCカードは可決。
・11/18の深夜に申し込み。次の日にCICを覗いてたのに不幸の手紙は2週間後でした。やっぱり喪中ではダメみたいです。

引用元:http://crefan.jp/shinsa-524?srt=11&ord=2&page=1#apl_list

ネット上の審査情報では、アメリカンエキスプレスの審査に合格した情報が多いです。これはアメリカンエキスプレスの申込条件である「安定した収入」という点を踏まえて、収入が不安定な方が申し込みをしているケースが少ないからだと思われます。

ちなみに「安定した収入」の定義が不明確であることから、非正規雇用であっても合格できる可能性はなくもありません。申込資格では「パート等は不可」と記載されているものの、ケースバイケースだと予想されます。

合わせて読みたい

▶︎『アメリカンエキスプレスの審査を徹底検証

過去の信用ブラックがあっても審査に通る可能性はあり!まずはアメックスに申し込むべし

アメリカンエキスプレスの審査は「信用ブラック」は不利となります。ただし、信用にも様々な情報があり、さらに申込者の返済能力も考慮されることから、「信用ブラック=絶対に不合格」になるとは限りません。

過去において債務整理などから信用ブラックになっており、今は収入が安定して年収も高いという状況なら、合格できる可能性の方が高いと考えることもできます。

申し込みの基本は「信用回復」まで待つことですが、意外と合格できる可能性もあるので悩んだときは申し込んでみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

▶︎『アメリカンエキスプレスの審査を徹底検証

特典

アメリカンエキスプレスは特典が非常に充実しており、これがアメックスの最大の魅力です。

アメリカンエキスプレスは一般カードでも他社のゴールドカードに匹敵するという表現が良く使われますが、これは本当にその通りです。年会費が高いカードがラインナップされているものの、相応した特典の数々からコスパは優秀です。

「アメリカンエキスプレスコネクト」ならショッピングからエンタメまで優待特典がたくさん見つかる!

「アメリカンエキスプレスコネクト」は以下のジャンルから、様々なお店やサービスで優待等の特典を得られます。こちらで特典情報をチェックしてみてください。

  • ショッピング
  • ダイニング
  • トラベル
  • エンターテイメント
  • ライフスタイル

合わせて読みたい

▶︎『アメックスを持つことによって使える優待を徹底解説

近所でも各地でも。「アメリカンエキスプレスセレクト」で探せば必ず特典豊富な加盟店が見つかる


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「アメリカンエキスプレスセレクト」は以下のジャンルから、様々なお店やサービスで優待等の特典を得られます。こちらで特典情報をチェックしてみてください。

  • ダイニング
  • ショッピング
  • トラベルレジャー

合わせて読みたい

▶︎『アメックスを持つことによって使える優待を徹底解説

グルメな方は見逃せない!ぐるなびとの共同サービス「ダイニング・トレンド」が便利です!


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「ダイニング・トレンド」は「アメリカンエキスプレス」と「ぐるなび」の共同サービスです。

お得なお店を探す他、食のレポートとしてオススメのレストランが紹介されるなど、アメリカンエキスプレスの魅力的な特典の1つです。

こちらで「ダイニング・トレンド」をチェックしてみてください。

合わせて読みたい

▶︎『アメックスを持つことによって使える優待を徹底解説

空港ラウンジから旅行損害保険まで。アメックスのトラベルサービスはかなり充実しています!

アメリカンエキスプレスは「空港ラウンジ利用」が無料付帯されており、国内の主要空港・海外は「ハワイホノルル」と「韓国・仁川国際空港」に対応しています。

また、カード別から「旅行傷害保険」や「トラベルサービス」が備わっているため、旅行に特化したカードとしても実用性が高いです。

合わせて読みたい

▶︎『アメックスを持つことによって使える優待を徹底解説

▶︎『旅行好き必須。アメックスがあると旅行に便利な5つの理由

▶︎『アメリカンエクスプレスカードに付帯している海外旅行保険はどうなの?他と徹底比較

▶︎『アメックスで使える空港ラウンジを徹底比較

アメリカンエキスプレスは一流ホテルの割引優待が手厚い!


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスは「コネクト」から「ザ・リッツ・カールトン・ホテルズ」や「ハイアット・ホテルズ&リゾーツ」など、一流ホテルの優待割引が充実しています。また、「セレクト」では「ザ・ルイガンズ・スパ&リゾーツ」や「シェラトンホテル&リゾート」などの優待割引が見つかります。

アメリカンエキスプレスが高級ブランドである理由は、こうした一流ホテルにおいて優待特典が充実しているのも1つの理由です。また、それはホテルだけではなくレストランなど、他のジャンルにおいても同様のことが言えます。

合わせて読みたい

▶︎『アメックスのホテル優待・割引を徹底解説

入会金が重いと悩んでいるあなたに、入会特典キャンペーンを利用すれば年会費を無料にできる!?

セゾン アメックス
出典:http://www.saisoncard.co.jp/amex/

アメリカンエキスプレスは「年会費」が重いです。スタンダードの「グリーンカード」でも、年会費が12,000円かかります。アメリカンエキスプレスは年会費優遇の特典がないため、そのままストレートに年会費を支払う必要があります。

どうしても年会費が重いという方は「セゾン・アメックスシリーズ」を検討するか、あるいは入会キャンペーンで「初年度年会費無料」が開催されるまで待つしかありません。ちなみに新規入会キャンペーンが実施されたとしても、必ず「初年度年会費無料」が付帯されるとは限りません。

以下、アメリカンエキスプレスに対する1つの考え方です。

アメリカンエキスプレスは年会費を含めて高所得者向けのブランドです。また、「コネクト」や「セレクト」から充実した特典を見ると分かりますが、アメリカンエキスプレスは特典を活用することでコスパが良いカードに化けます。

他社のカードのように低コストで日々の買い物からポイントを貯めるだけではコスパが悪いです。アメリカンエキスプレスは「年会費が高い」・「ポイント還元率が低い」というデメリットがあり、それをカバーするのは「他社を圧倒する特典」となります。

特典をフルに使うためには出費に余裕がなければなりません。年会費が重いことに悩むようでは、特典を使い倒すことが難しい可能性もあり得ます。その場合、単に年会費がかかるだけのカードになってしまうので、年会費よりも「いかに特典を使えるか?」に重点を置く方が自分にとって最適かどうかを判断しやすいと思います。

「アメリカンエキスプレス」はどんなキャンペーンがあるの?


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

2018年1月時点では、各カードにおいて異なるキャンペーンが開催中です。

「グリーンカード」なら、カード入会後3ヶ月以内のカード利用で「最大10,000ポイント」がプレゼントされます。

「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」なら、カード入会後3ヶ月以内のカード利用で「最大20,000ポイント」がプレゼントされます。

残念ながら今のキャンペーンでは「年会費無料」の特典がありませんが、その代わりとして大量ポイントが配布されています。1ポイントを0.5円で計算すると、5,000円~10,000円が還元されるので「ポイントプレゼント」のキャンペーンも悪くありません。

また、新規入会キャンペーンはランダム開催なので、どのタイミングから「アメリカンエキスプレス」に申し込むにしても必ずキャンペーン情報をチェックしておくようにしましょう。

合わせて読みたい

▶︎『アメリカンエクスプレスカードの入会キャンペーンを徹底解説

アメックス会員だけの特典、「チケットアクセス」を利用すれば先行抽選・先行予約できる!


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスの特典の1つに「チケットアクセス」があります。これは会員限定の特典で、「先行予約」や「抽選特典」などがあります。自分の好きなアーティス等のイベント情報がアメリカンエキスプレスにおいて配信されている場合、先行してチケットを予約できる可能性があります。

スポンサードリンク

カードを発行したら、こちらから情報をチェックしてみてください。

合わせて読みたい

▶︎『アメックスの使える特典5選!

アメックスはコストコで使える唯一のクレジットカードって本当!?


出典:http://www.costco.co.jp/p/

コストコでは使えるクレジットカードの種類が限られており、その対象カードは「アメリカンエキスプレス」と「コストコ・オリコマスターカード」の2種のみとなっています。後者は1枚しか該当せず、前者の「アメリカンエキスプレス」はアメックスブランドがすべて該当します。そのため、コストコを愛用している方にとっては「アメリカンエキスプレス」はとても相性の良いカードとなります。

コストコで「アメリカンエキスプレス」を使えると何がお得なの?

コストコは使えるクレジットカードの種類が少ないため、「アメリカンエキスプレス」か「コストコ・オリコマスターカード」を持っていない限りはキャッシュ払いとなります。

現金で買い物をすると何も還元がありませんが、クレジットカードで買い物をするとポイントが付与されます。一回の買い物だけを見ると殆ど大差がありませんが、何度もコストコで買い物することを考慮するとポイントが付くかどうかは大きな差となります。

コストコ目的で「アメリカンエキスプレス」を作るもありですし、逆に「アメリカンエキスプレス」のカードを発行した延長として、コストコで買い物をしてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい

▶︎『コストコで使えるカードはアメリカンエキスプレスだけ!?コストコで使えるアメックスの提携カードを紹介します!

▶︎『アメリカンエキスプレスは持ってない!支払に困った方でも大丈夫、『コストコ』のATMならVISAもJCBも使える!

券種一覧

2018年1月時点において、アメリカンエキスプレスは16種類のカードをリリースしています。また、セゾンでは「アメックスシリーズ」で4種のカードがリリースされています。

アメリカンエキスプレスのスタンダードカードは「アメリカンエキスプレスカード・グリーンカード」です。提携カードを希望しない限り、真っ先に申し込みの候補となるのは「グリーンカード」です。

「グリーンカード」を軸にして、さらに至極の1枚を求めるなら上位互換の「アメリカンエキスプレスカード・ゴールドカード」が候補となります。

提携カードについては最も年会費が安い「ANA・アメリカンエキスプレスカード」など、いろんなタイプがリリースされています。各提携先においてメリットがあるかどうかを判断しながら申し込みを検討しましょう。

セゾンの「アメックスシリーズ」は発行元がセゾンであり、一般的にアメリカンエキスプレスがリリースしているカードとは分別されます。セゾンの「アメックスシリーズ」は「コネクト」や「セレクト」の特典が利用できるため、スペックはアメリカンエキスプレスカードにかなり近いものがあります。また、年会費はセゾンの「アメックスシリーズ」の方が安く、審査基準も低いことで評判です。

ここでは、1つの選択肢としてセゾンの「アメックスシリーズ」についても合わせて紹介しておきます。アメリカンエキスプレスでは審査突破が厳しい、そんな方にとってセゾンの「アメックスシリーズ」は良い申込先となります。

グリーンカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「グリーンカード」とは、「アメリカンエキスプレスカード」のことです。デザインがグリーンであることから、多種のカードと区別するために通称「グリーンカード」と呼ばれます。

「グリーンカード」はアメリカンエキスプレスのスタンダードカードです。完全なるアメリカンエキスプレスのプロパーカードとなるため、ステータスという意味合いも含めて最も選びやすいカードです。

「グリーンカード」の特徴や魅力はそのまま「アメリカンエキスプレス」の特徴や魅力となり、「コネクト」や「セレクト」などの特典はすべて付帯されています。

「グリーンカード」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費12,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険5,000万円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

合わせて読みたい

▶︎『【年会費別】アメリカン・エキスプレスカードを徹底比較

▶︎『アメリカンエクスプレスカードの割引率を徹底検証

アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典・還元率
(4.0)
マイル還元率
(4.5)
ステータス
(4.0)
総合評価
(4.0)

アメックスカード<公式サイト>

ANAアメリカンエキスプレスカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「ANAアメリカンエキスプレスカード」の特徴はアメリカンエキスプレスカードの中でも最も年会費が安いことです。

このカードは「アメリカンエキスプレス」と「ANA」の提携カードです。そのため、「ANA」を利用するかどうかによってメリットが大きく変わります。

「アメリカンエキスプレス」における特典は「グリーンカード」と同様、「ANA」における特典は「ANAグループ便の利用でポイント1.5倍」や「ボーナスマイル」などがあります。
また、貯めたポイントは1ポイント=1マイルで移行可能です。ポイントのマイル移行については「ポイント移行コース=年会費6,000円」が必要なので、これも合わせて検討しておく必要があります。

「ANAアメリカンエキスプレスカード」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費7,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険3,000万円、国内旅行傷害保険2,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

ANAアメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
ANAマイルとの相性
(5.0)
ステータス
(4.0)
総合評価
(4.5)

ANAアメックスカード<公式サイト>

デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスカード」は「デルタ航空」を利用する方に最適です。

100円のカード利用で1マイルが貯まり、「継続ボーナスマイル」や「フライトボーナスマイル」が魅力的です。最大の特徴となるのが「シルバーメダリオン」が付帯されていることであり、カードへ入会するだけでスカイマイル会員の「シルバーメダリオン」になれます。

「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスカード」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費12,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険5,000万円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1マイル

デルタスカイマイルアメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

<公式サイト>
カード評価
特典・ステータス
(4.5)
マイル還元率
(5.0)
海外旅行・出張時のカード利便性と威力
(4.5)
総合評価
(4.5)

デルタ・アメックス・カード<公式サイト>

ガンガンマイルが貯まる!しかも無期限にマイル貯蓄できます。

アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード」は世界の航空会社を利用する方に最適です。

世界の有名な航空会社27社を対象として、対象商品において「ポイントが3倍になる」、提携航空会社15社において「マイル移行が可能」など、その名の通り「スカイトラベラー」に嬉しい特典が備わっています。

「アメリカンエキスプレス・スカイトラベラーカード」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費10,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険3,000万円、国内旅行傷害保険2,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カードの申し込みは、こちらから。

アメックス・スカイ・トラベラー・カード<公式サイト>

アメリカンエキスプレス・ビジネスカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「アメリカンエキスプレス・ビジネスカード」は「法人向け」と「個人事業主向け」がリリースされており、どちらもベースは「グリーンカード」となっています。また、「歯科医院経営者向け」や「動物病院経営者向け」として申込ページが用意されているので、それも合わせて申し込みの際に検討しておいてください。

公式サイトでは、「ビジネスカード」に関する特典が細かく記述されていますが、それらは「グリーンカード」の幅広い特典を細分化して紹介している内容が多いため、「グリーンカード」のビジネスカード版という認識で問題ありません。通常の「グリーンカード」に「ミーティング・スクエア」や「ビジネスコンサルティング・サービス」など、「ビジネスカード」ならではの特典が付帯されているといったスペックです。

総評すると、年会費12,000円で幅広い特典を活用できることを考えたら、他社のビジネスカードよりもコスパが良いと言えます。相場としては、同様の特典のボリュームから他社のビジネスカードを「ゴールドカード」や「プラチナカード」で検討すると、年会費20,000以上はかかりそうです。このカードは一般ランクで年会費12,000円です。

「アメリカンエキスプレス・ビジネスカード」の特典に関しては、こちらを参考にしてください。

ペルソナSTACIA・アメリカンエキスプレスカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「ペルソナSTACIA・アメリカンエキスプレスカード」は「阪急百貨店・阪神百貨店」を愛用している方に最適です。

このカードは「STACIA」ポイントプログラムが搭載されており、どこでカードを使っても200円で2ポイントが貯まります。1ポイントを1円で使うことができるので、ポイント還元率は高いです。「阪急百貨店・阪神百貨店」ではいつでも10%、「阪急阪神グループ」なら0.5%から3%など、ポイント優遇措置があるのも魅力です。

他にも「阪急百貨店・阪神百貨店」の対象店舗において、「手荷物預かり」・「キッズルーム」など特典が色々と付帯されています。ポイント還元率から考えても、「阪急百貨店・阪神百貨店」でアメックスカードを使うなら「グリーンカード」よりもメリットが高いことは間違いありません。

「ペルソナSTACIA・アメリカンエキスプレスカード」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費14,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険5,000万円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率200円で2ポイント(Sポイント)

アメリカンエキスプレス・ゴールドカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」は「グリーンカード」の上位互換となります。

「グリーンカード」でも他社のゴールドカードのような特典が付帯されていますが、「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」になるとさらに特典が充実します。「プライオリティパス」や「ゴールド限定の優待・保険」から特典のボリュームが増すため、「グリーンカード」では物足りない方に最適です。

「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」のスペックは以下となります。

申込資格25歳以上
年会費29,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
マイル還元率
(4.5)
ステータス
(4.5)
総合評価
(4.5)

アメックス・ゴールドカード<公式サイト>

デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールドカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールドカード」は「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスカード」の上位互換です。

基本的なスペックや特典は下位カードと同じですが、上位カードならではの特典として「ゴールドメダリオン」があります。この「ゴールドメダリオン」だけでも「スカイチーム・ラウンジ」・「優先チェックイン」など嬉しい特典が備わっているため、スカイマイル会員の最高クラスを目指すなら最適なカードです。ちなにみ「ゴールドメダリオン」は入会特典なので、普通に「ゴールドメダリオン」を目指すよりはカードを発行する方が早いです。

「デルタスカイマイル・アメリカンエキスプレスゴールドカード」のスペックは以下となります。

申込資格25歳以上
年会費26,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1マイル

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典・ステータス
(5.0)
マイル還元率・期限
(5.0)
海外旅行・出張時のカード利便性と威力
(4.5)
総合評価
(4.5)

デルタ・アメックス・ゴールドカード<公式サイト>

ザ・ペニンシュラ東京・アメリカンエキスプレスゴールドカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「ザ・ペニンシュラ東京・アメリカンエキスプレスゴールドカード」は「ザ・ペニンシュラホテルズ」を利用する方に最適です。

「ザ・ペニンシュラホテルズ」を利用する時、「お部屋のアップグレード」や直営レストランの「優待特典」を利用できます。通常の25%OFFになるなど、特別な待遇が用意されているのは大きな魅力です。また、日本国内だけではなく海外の「ザ・ペニンシュラホテルズ」にも同様の特典が用意されています。それに加えて「アメックス特典」が使えるため、幅広いシーンでお得な生活を堪能できます。

「ザ・ペニンシュラ東京・アメリカンエキスプレスゴールドカード」のスペックは以下となります。

申込資格25歳以上
年会費29,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

「アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード」は「グリーンカード・ビジネス」の上位互換です。このカードもベースとなるのは「アメリカンエキスプレス・ゴールドカード」です。ただし、個人向けの「ゴールドカード」は年会費29,000円なのに対して、「法人向け」&「個人事業主向け」は年会費が31,000円となります。

特典内容は「ミーティング・スクエア」や「JALオンライン」など、下位カードの「グリーンカード・ビジネス」よりも特典ボリュームが厚くなっています。

「アメリカンエキスプレス・ビジネスゴールドカード」の付帯特典については、こちらを参考にしてください。

アメリカン・エキスプレス(R)・ビジネス・ゴールド・カードの申し込みは、こちらから。

<公式サイト>
カード評価
特典・ステータス
(4.5)
マイル還元率
(4.5)
出張時のカード利便性と威力
(4.5)
総合評価
(4.0)
年会費がやや高めですが、マイル還元率・特典・保険のグレードが高くバランスが良いハイステータスカード。国内外への出張が多い社長さんにはオススメの1枚です。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード<公式サイト>

アメリカンエキスプレス・プラチナカード


出典:https://www.americanexpress.com/japan/

アメリカンエキスプレスの公式では公開されていませんが、「アメリカンエキスプレス・プラチナカード」という「ゴールドカード」の上位互換が存在します。インビテーション制なので、実績を積むことで取得できる可能性があります。また、実績によっては今のカードを解約する際にグレードアップを勧められるケースがあるようです。もし、なかなか招待を受けられないなら、直談判してみるのも1つの方法です。

特典内容は「プライオリティパス」をはじめとして、クレジットカードで良くある上位ランクの特典内容は当たり前、それに加えてアメックスが用意している「隠し要素」が満載に用意されていそうです。

「アメリカンエキスプレス・プラチナカード」のスペックは以下となります。

>基本のポイント率
申込資格インビテーション
年会費130,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険1億万円
ブランドアメリカンエキスプレス
100円で1ポイント

合わせて読みたい

▶︎『誰にふさわしい?基準はどのくらい?アメックスプラチナカードへの挑戦目安

アメリカンエキスプレス・ブラックカード(センチュリオン)

アメリカンエキスプレスの公式では公開されていませんが、上記で紹介した「プラチナカード」の上位互換として「アメリカンエキスプレス・ブラックカード」が存在します。通称、このカードは「センチュリオン」と呼ばれています。

「センチュリオン」の特典は無限です。所持した人でなければ分かり得ない、プラチナを超える隠された特典がたくさん用意されていそうです。日頃の様々なシーンにおいて「VIP待遇」から至れり尽くせり、そんな光景が簡単に想像できる最強のカードです。

「センチュリオン」のスペックは以下となります。

申込資格インビテーション
年会費350,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険1億万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率100円で1ポイント

セゾン・アメリカンエキスプレスカード

アメリカンエキスプレスカードは年会費が高く、しかも審査基準も高いと予想されます。庶民にとってはなかなか手の届かないケースも多いため、合わせて検討しておきたいのがセゾンの「アメックスシリーズ」です。

セゾンがリリースしている「アメックスシリーズ」は4種類、その中でも超庶民向けなのが「ブルー」と「パール」です。これらのカードは年会費が安い上に特典が充実しており、さらには審査も攻略しやすいため人気が高いです。

「アメックスシリーズ」の序列は年会費を含めて「パール」→「ブルー」→「ゴールド」となり、「プラチナ」はビジネスカードです。

セゾンの「アメックスシリーズ」はポイントプログラムが「永久不滅ポイント」となり、ポイントの有効期限なしでポイントの還元率が平均0.5%となります。使い方や考え方、あるいはコスパという観点から見ると、特典を除外すれば「グリーンカード」よりもメリットが高くなるケースもあります。一概に「アメリカンエキスプレス」の下位カードとは言えません。

以下の記事では、「セゾンカード」のすべてが解説されています。セゾンの「アメックスシリーズ」を検討する際に合わせて読んでみてください。

▶︎『【2018年最新版】セゾンカード徹底解説!選べる4大国際ブランドで最短即日発行可能!何と言っても有効期限なしの永久不滅ポイントが魅力です!

セゾンパール

セゾン アメックス
出典:http://www.saisoncard.co.jp/amex/

「セゾンパール」は年会費が1,000円です。超低コストでありながらも「コネクト」や「セレクト」など、アメリカンエキスプレスの特典の一部が利用可能です。また、セゾン特典から「西友&リヴィン」の5%OFFが用意されているなど、コスパがとても良いです。

「セゾンパール」のスペックは以下となります。

申込資格18歳以上
年会費初年度無料(キャンペーン)、通常1,000円
旅行傷害保険なし
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率1,000円で1ポイント、海外は1,000円で2ポイント(永久不滅ポイント)

セゾンブルー

セゾン アメックス
出典:http://www.saisoncard.co.jp/amex/

「セゾンブルー」も年会費が安く、通常3,000円です。「パール」との違いは旅行傷害保険にあります。安いコストで海外に強いアメックスカードを作るなら、このカードは最適となります。

「セゾンブルー」のスペックは以下となります。

申込資格18歳以上
年会費初年度無料(キャンペーン)、通常3,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険3,000万円、国内旅行傷害保険3,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率1,000円で1ポイント、海外は1,000円で2ポイント(永久不滅ポイント)

セゾンゴールド


出典:http://www.saisoncard.co.jp/amex/

「セゾンゴールド」の年会費は10,000円、「パール」と「ブルー」の上位互換のカードとなります。

ポイント還元率が優秀、空港ラウンジありなど、特典が充実していることが魅力です。特典を全体的にみると、海外向けというよりは国内で使える特典が多い印象です。また、それに加えて「コネクト」や「セレクト」の特典もあるため、似たような年会費である「グリーンカード」のライバル的存在になります。

「セゾンゴールド」のスペックは以下となります。

申込資格20歳以上
年会費初年度無料(キャンペーン)、通常10,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険5,000万円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率国内1,000円で1.5ポイント、海外1,000円で2ポイント

セゾンプラチナ・ビジネス


出典:http://www.saisoncard.co.jp/amex/

「セゾンプラチナ」はビジネスカードです。アメリカンエキスプレスに例えると、「法人向け」や「個人事業主向け」の「グリーンカード」or「ゴールドカード」にあたります。

年会費が20,000円という設定ですが、特典はビジネスに関する内容から「セゾン」や「アメックス」の特典まで、非常に幅が広いです。典型的な「THE・ビジネスカード」であり、その最高峰の位置づけなので、ビジネスカードを検討しているならチェックしておきたいカードの1つです。

アメリカンエキスプレスの「グリーンカード」と比較しても、付帯特典から旅行傷害保険までほぼ互角と言えます。どちらが優秀なのかは答えが出ず、それぞれの特典内容を1つ1つ熟考していくしかありません。

アメリカンエキスプレスの「ゴールドカード」と比較した場合、これは「セゾンプラチナ」の方がやや特典が薄い印象です。年会費が「20,000円」VS「31,000円」となるので、コスパをしっかりと見出だすことがポイントとなりそうです。

「セゾンプラチナ」のスペックは以下となります。

>年会費
申込資格法人専用
初年度10,000円(キャンペーン)、通常20,000円
旅行傷害保険海外旅行傷害保険1億円、国内旅行傷害保険5,000万円
ブランドアメリカンエキスプレス
基本のポイント率国内1,000円で1ポイント、海外1,000円で2ポイント(永久不滅ポイント)

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
審査・発行スピード
(5.0)
特典
(4.5)
法人カード・特に新設企業やスタートアップでの申し込みやすさ・使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

セゾンプラチナ・アメックスカード<公式サイト>

※はじめての法人カードにもオススメ!

問い合わせ

アメリカンエキスプレスの「お問い合わせ」&「よくある質問」はこちらです。

アメリカンエキスプレスは電話からの問い合わせに関して、窓口が細分化されて非常に多くの窓口が設置されています。そのため、上記リンクから各種問い合わせ先の電話番号を調べてください。

カードを紛失した時、盗難被害にあった際の問合わせ先一覧

アメリカンエキスプレスのカードを発行したら、こちらから各会員の窓口へ連絡をしてください。

基本的に自分の会員専用窓口の電話番号をメモしておくのが理想です。窓口へ連絡をすると、カードの利用停止措置や再発行の支持を仰ぐことができます。特に不正使用を防止するのが最優先となるため、必ず連絡先を控えておきましょう。

発行元・会社情報一覧

アメリカンエキスプレスの会社概要は以下となります。

社名アメリカンエキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
日本オフィス1917年設立(横浜)
事業内容カード事業・金融事業・旅行事業など
関連会社アメリカンエキスプレス・ジャパン

本社のアメリカンエキスプレスの会社概要は以下となります。

社名AMEX
本社1850年設立・ニューヨーク州マンハッタン
事業内容カード事業・金融事業・旅行事業など
関連会社主な子会社はアメリカンエキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード