今すぐクレカが必要な方は→

クレジットカード審査基準を徹底解説!3Cとは?なぜ落ちたの?カードの作り方・更新での審査もこれを読めば全てがわかる!【2019年最新版】

審査

クレジットカードには審査がつきものです。

どれほど「カードを作りたい!」と思っていても、審査が通らなければカードを持つことはできません。

クレジットカード会社の審査内容やその過程はどのカード会社も公表していないため、正確な内容やそのプロセスを知ることはできません。

そのため審査に通過できなかった理由を知ることができず大変困ります。

このように「クレジットカードの審査」は内容は非常に複雑なため、多くの人にとっては「なんだかよくわからないもの」になっている場合が多く見受けられます。

しかし実はクレジットカードの審査には「通るコツ」のようなものが存在し、それを理解しているだけで審査通過の可能性をグッと上げることができます。

ちょっとしたコツを知っているだけで欲しいカードを手に入れる確率をグッと上げることができますよ。

少し長いですが最後までお読みいただければ、一生モノの役立つ知識を身につけることができるでしょう。

ケロンくん

この記事はとっても長いよ!
興味のあるコンテンツを「目次」から探して飛んでみてね。

この記事の目次

クレジットカードと審査

カード複数枚

クレジットカードには審査が必要です。

「どうして審査が必要なのでしょうか?」

「そもそもクレジットカードとは何なのでしょうか?」

そもそもクレジットカードとは?

クレジットとは英語で「信用」を意味します。

クレジットカード会社が入会申込者を審査し、審査を通過するとその会員はカード会社の加盟店でカード決済が可能になります。

カード決済に関する相関図

このように、カード会社と私たち利用者のあいだの信用に基づいた「あと払い」による商品やサービスの購入が、クレジットカード決済によって可能になるわけです。

ポイント!
この「あと払い」システムのおかげで社会に莫大なお金が回るようになりました。
たとえば住宅ローンやマイカーローンがなければ、ほとんどの人は住宅の購入や自動車の購入ができません。
これらをすべて可能にしているのが「あと払い」や「分割払い」であり、市場経済を拡大する大切なエンジンの役割を担っています。

クレジットカードの審査とは

ツケ払いを認めた会員が支払日に支払いができなければ、カード会社に損失が発生してしまいます。

そのためクレジットカード会社は会員の入会申し込みにあたり入会審査を行っています。

クレジットカード審査の概念

クレジットカードの審査において「絶対」はありません。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

審査基準は各社によりそれぞれ異なります。

またカードランクによっても審査基準が異なるため、「ゴールド―カードであれば審査が通るがプラチナカードであれば不合格」となる場合もあります。

注意
クレジットカードにおいて「絶対に審査に通過する!」ということはありえません。
クレジットカード審査は数値化された絶対的なものではなく、複数の要素によりある程度の幅が持たされている基準であると言えます。

クレジットカードの審査の流れ

PC

クレジットカードの申し込みをする場合、以前は申込用紙を郵送する方法が主でしたが、現在ではほとんどがオンライン入会となっています。

そこでオンラインでの申し込みの場合の審査方法について、その流れを簡単にご説明いたします。

  • STEP.1
    入会希望者がオンライン上で入会申し込みを行う
  • STEP.2
    カード会社による自動審査
    カード会社側のPCで自動的に審査が行われる
  • STEP.3
    客観的要素による確認
    クレヒス※や外部の個人信用情報機関での確認
  • STEP.4
    自動審査では判断しきれない部分の目視チェック
    ここで最終的なカード発行の承認・否決を決定
※クレヒスとはクレジットヒストリーの略で今までのカードの使用履歴などを意味します。

ネット上の審査口コミの使い方

SNS

ネットで探すと、クレジットカードの審査に関する口コミを簡単に見つけることができます。

ただし、個人の年収などがバラバラなため「審査に通った」という情報はあまり役に立ちません。

しかし、「審査に通らなかった人」の口コミは参考になります。

審査に通らなかった場合には必ず明確な理由があるため、それさえ避けることで審査通過にぐっと近づくことができるでしょう。

ポイント!
成功には「まぐれ」や「運」による場合もありますが、失敗には必ず理由があります。
その理由を取り除くのに、ネット上の審査口コミはとても役に立ちます。

個人信用情報機関とは

「個人信用情報機関」とは、銀行やクレジットカード会社などが共同出資して設立した個人信用情報を取り扱う会社のことをいいます。

具体的には下記の3社をさします。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)
CIC

おもにクレジットカード会社に関する個人情報を取り扱っています。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

おもに貸金業者系(消費者金融など)の個人信用情報を取り扱っています。

一般社団法人全国銀行協会(KSC)

おもに銀行関係の個人信用情報を取り扱っています。

3社のうちどれが一番大切か

クレジットカードの自動審査は、3社すべてのデータをチェックするわけではありません。

多くのクレジットカード会社は審査の段階で、CICとJICCの個人情報を参照しています。

ただし銀行系情報で過去にトラブルがあった場合、銀行の提携カードにおける社内ブラック情報には載ってしまう恐れがあるため、最終的にはCICやJICCの情報にも悪影響を及ぼす可能性があります。

これら3社の情報はお互いに綿密に絡み合っているため、どれも等しく大切であるといえます。

▼「社内ブラック」という概念について詳しくはこちら

クレジットカードの社内ブラック情報・クレヒスはグループ会社内で共有されるの?個人信用情報機関とは異動の取り扱いが違う?

クレジットカードの「3C」とは

3C

クレジットカードの審査は、申込者の年収や職業、家族構成などのさまざまな項目から総合的に判断されています。

審査で見られる具体的な項目をわかりやすく3つに分類したものが「3C」です。

3Cとは、この3つから成り立っています。

ポイント!
「3C」とは
・Capacity(キャパシティ)→返済能力
・Character(キャラクター)→信頼性
・Capital(キャピタル)→資産

それぞれの詳しい内容を解説していきます。

Capacity(キャパシティ)

▼Capacity(キャパシティ)

  • 返済能力を判断するもの。
  • 職業、勤務先、年収、勤続年数といった項目が対象。

キャパシティとは、カードを利用してから返済を継続できるかどうかを判断するための項目です。

カード会社は、安定して返済をしてくれる人にカードを申し込んでほしいと考えているので、職業や勤務先はとくに重要視されています。

会社員や公務員は、会社や国という後ろ盾があるので評価が良くなります。

勤続年数は長ければ長いほどいいです。

勤務先の評価が高ければ(大企業である、上場しているなど)問題なくカードを作れることが多いです。

注意!
申込書に年収を記入する際は、「300万円」や「350万円」など端数を切り捨てても問題ありません。
ただし、明らかに詐称すると信用が落ちますので正確に申告しましょう。

Character(キャラクター)

▼Character(キャラクター)

  • 信頼性を判断するもの。
  • 過去のクレジットカードヒストリーから判断される。

キャラクターとは、あなたが期日までにきちんと返済する性格かどうか、その信頼性を判断する項目です。

カード会社は、きちんと定期的に返済してくれる人にカードを持ってほしいと思っています。

そのため、計画的な利用ができたり、継続して期限を守れたりする性格はとても重要です。

さて、キャラクターは申込書の内容ではなく、過去の「クレジットカードヒストリー」というものから判断されます。

クレジットカードヒストリーは一般的に「クレヒス」と呼ばれるものです。

今までのあなたのカード利用履歴が載っており、返済遅延などがあった場合はそこにマイナス評価が記載されています。

ポイント!
これまでもカードを定期的に利用していて、返済をきちんと行なっているなら、カードは問題なく作成できます。
逆に、今までにカード返済を数ヶ月延滞している場合は、信用度が落ちるため、カードを作れない可能性があります。

Capital(キャピタル)

▼Capital(キャピタル)

  • 保有資産を確認するもの。
  • 家族構成、住居、預貯金額から判断される。

キャピタルとは、預貯金や不動産などの資産や住宅ローンなどの負債などあなたの資産を判断する項目です。

資産が多いと、万が一返済が滞った場合でも、資産を換金して返済に充てることが可能ですよね。

よってこのキャピタルの評価が高い方は、カードの限度額が高くなったり、グレードの高いカードが作成しやすくなります。

逆に、すでに負債が多い場合には、カードの極度額が低くなる傾向があります。

ポイント!
自営業の方は一般的にカード審査を通すのが難しいと言われていますが、預貯金や不動産などの資産があればより評価が高くなりますよ。

クレジットカードの審査を突破するために必要なのはズバリこの3つ!

コーヒーとノート

クレジットカードの自動審査は、個人信用情報機関に集められたデータをもとに行われます。

その審査を突破するために必要なものは以下の3つとなります。

審査突破に必要なもの その1.良質なクレヒス

クレヒスとは正式には「クレジット・ヒストリー」といいます。

クレジット・ヒストリーとは、個人信用情報機関にあつめられた取引の履歴をさします。

支払遅延等が発生した場合の情報は、そのカードの利用期間中はずっと、契約解消後は5年ほど個人信用情報機関によって管理され続けます。

61日以上の支払遅延などで一度クレヒスに傷がついてしまうと、カード解約後も最長で5年ほどその傷が消えることはありません。

この期間中はクレジットカードの発行がきわめて不利になってしまうため、気をつけなければなりません。

ポイント!
たとえば10年前に61日以上の支払遅延を起こしてしまったクレジットカードを使い続けている場合、そのクレジット情報には過去の金融事故の記録が残り続けてしまいます。
もしも新規でクレジットカードを発行する場合は、これらのカードを一度解約しクレヒスをきれいにしてから審査にのぞむことをオススメします。

審査突破に必要なもの その2.高い属性

クレジットカードに入会を申し込む人が上場企業に勤務(もしくは公務員)などの場合や、年収が多い場合などのいわゆる「高い属性」であればあるほど、審査突破の可能性は高くなります。

クレジットカードは会員の与信能力を担保として成り立っているため、これは当然といえます。

ポイント!
こただしこの属性は、ある程度努力で伸ばすことが出来ます。
その方法についてはのちほど詳しくご紹介します。

審査突破に必要なもの その3.募集時期

クレジットカード会社は年に何度か入会キャンペーンを行っています。

入会キャンペーンだからといって自動審査による入会基準を緩めることは考えられませんが、目視審査による判断が緩むことは十分に考えられます。

事実ネットなどの審査に関する口コミを調べてみると、入会キャンペーンによる審査の方が緩いという情報が複数よせられていますよ。

審査突破は3つの合計点で決まる

最終的に審査が通過するかどうかは、これら3つ合計点によって決まります。

どれか一つが優れていたとしても、必ず審査に通過するわけではありません。

これら3つがバランスよく、かつクレヒスなどに減点項目がないことが審査突破には必要です。

ポイント!
たとえば年収が1千万円を超える高い属性であったとしても、クレヒスに傷がついていれば審査突破ができない場合もあります。
どれもほどほどにバランスよく整っていた方が審査突破の可能性はぐっと高くなります。

審査突破のためのクレヒスとは?

?

クレジットカードの審査を突破する上で、もっとも大切なものはクレヒスといっても過言ではありません。

クレジットカード会社とその会員は、会員の「信用」を担保に取引を行っています。

ここではクレヒスについての基本的な事項やクレヒスの変わった作り方などの解説を通して、審査突破のために必要なクレヒスについて考えてみたいと思います。

クレジットカードの「スーパーホワイト」とは

スーパーホワイト

クレジットカードやスマホ・家電などの購入時に分割払いを利用したことがない人を「スーパーホワイト」といいます。

個人信用情報機関に「一切の情報を登録されない=白紙(ホワイト)」であるところからその名前がつきました。

スーパーホワイトが必ずしも有利とはいえない

スーパーホワイトであれば個人信用情報機関のクレヒスに一切傷がついていません。

であればクレジットカードを作る時に有利か、というと必ずしもそうとはいえません。

スーパーホワイトとは、クレヒスに傷がついていない状態をいうのではなくクレヒスそのものがまったくない状態をいうからです。

クレジットカードが会員との信用によって成り立っているということは以前にお話ししました。

その信用を裏付けるものがクレヒスなのですが、スーパーホワイトはそのクレヒスそのものがないわけです。

カード会社からみると信用に足る人物かどうかを判断できませんよね。

ポイント!
一般的にはスーパーホワイトの人よりも、過去にスマホなどを分割購入して遅滞なく完済した履歴がクレヒスに残っている人の方が、支払実績が残るだけに審査に有利に働く場合が多いと言われています。

ブラックリストは本当にあるのか?

クレジットカードの審査の上で重要な役割を果たす個人信用情報機関には「ブラックリスト」は実際に存在するのでしょうか?

審査4コマ

ブラックリストと呼ばれるものは存在しない

実は「ブラックリスト」と呼ばれるものは個人信用情報機関には存在しません。

ただし支払遅延等の金融事故を起こした場合には、それらの情報は下図の期間にわたり管理・登録されます。

金融事故情報掲載条件CICJICCKSC
61日以上延滞5年1年5年
3ヶ月以上連続延滞5年5年5年
債務整理5年5年5年
自己破産7年5年10年

ご覧のとおり、支払遅延は最長5年自己破産は最長で10年の、個人信用情報機関に登録されることになります。

注意
これらは「ブラックリスト」という名前で管理されているわけではありませんが、こういった金融事故情報は個人信用情報機関に登録しているクレジットカード会社の間で共有されています。

ブラックリストよりも怖い社内ブラック

ブラックリストは存在しませんが、「社内ブラック」は存在します。

社内ブラックとは、クレジットカード会社が社内だけの情報として持っている顧客に対するネガティブな情報を登録しているリストのことをいいます。

社内ブラック情報は、クレジットカード会社およびその関連会社と共有するため、社内ブラックの情報は思った以上に広範囲に登録されることになります。

また個人信用情報機関の金融事故情報とはことなり、社内ブラックの登録情報には保有期間がありません。

つまり永久に社内ブラック情報は消えないため、一度社内ブラックになってしまうと一生そのカード会社(および関連会社)のカードは作れなくなります。

注意
クレジットカード会社は広範囲に数多くの会社と資本関係を結んでいます。
一度社内ブラックになってしまうと、その情報は幅広いグループ会社に共有されてしまいます。

クレヒスの変わった作り方

米国のAmazonは2019年6月10日に新しいクレジットカード(米国での提供)を発表しました。

「Amazon Credit Builder」という名前で、デポジットが必要なのが特徴的です。

通常のクレジットカードは、申込者の信用に応じて限度額が決まりますが、このカードは「保証金(払い戻し可能)=限度額」という考えになります。

この仕組みにより、日本でいうところのクレヒスがない人でもクレジットカードを作ることができるようになったわけです。
※参考:アマゾン、クレジットスコアが低い人向けの新たなクレジットカードを提供開始

ブラック状態でもクレヒスが作れる!

日本でも似たようなカードとして「ライフカード(dp)」があります。

ライフカードdp

クレジットカードを作るためにクレヒスを積みたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

デポジット型クレジットカード「ライフカード(dp)」が登場!審査に不安がある方も申し込みやすくて安心。デビットカードと異なりクレヒスがつめる。

ライフカードdp(デポジット)

ライフカードdp<公式サイト>

求められるのは高額決済ではない

良質なクレヒスを作り上げようとする場合、高額決済を繰り返す必要はありません。

毎月定期的に利用し、支払日に遅滞なく支払うことを繰り返しさえすれば、それが高額であるかどうかはあまり重要ではありません。

クレヒスは加点主義ではなく減点主義です。

減点(=支払遅延)を起こさず継続的に利用して実績を積み上げていくことが大切です。

注意
ただし、決済金額が高額であるかどうかは、申し込むクレジットカードのグレードによっては影響する場合があります。
たとえばアメックスのプラチナなどのステータスカードを申し込む場合には、これまで決済した金額の多寡が審査に影響することは十分に考えられます。

どこで使うかはクレヒスに影響するのか?

飲食店ばかりで決済をしたクレヒスと、海外の高級ホテルばかりで決済をしたクレヒスとでは何か違いはあるのでしょうか?

結論から言えば、審査の段階での違いはありません。

どこで利用したとしても、支払日に支払ってさえいれば良質なクレヒスを積み上げていくことはできます。

ただしインビテーションを受ける場合には一部影響が出るといわれています。

ケロンくん

たとえばアメックスのブラックカード(センチュリオン)の場合、アメックスが想定するセンチュリオンホルダー像に近い決済を行うとインビテーションが届くという噂があるよ!

審査突破のための属性とは?

働く人

クレヒスに続き、次は属性についてです。クレジットカードの審査を突破するためにはどのような「属性」が必要なのでしょうか?

一部上場企業勤めで高収入という人は、クレジットカードの審査に大変有利です。

しかしこのような属性の人はごく一部ですよね。

それ以外の人はどのようにして審査に重要な「属性」を向上させればいいのでしょうか?

1,勤務年数が増えると属性が上がる

PC

勤務年数が増えれば安定した収入が長期間にわたり得られるとみなされます。

そのため勤務年数が増えれば属性を上げることができます。

ポイント!
勤務年数は一般的には3年以上あれば十分です。
もちろん長ければ長いほどよいのはいうまでもありません。

2,固定電話を契約すると属性が上がる

コールセンター

ひと昔前までは、クレジットカードの申込用紙には固定電話の番号も記載する欄が必ずありました。

現在では本人の年収に関わらず固定電話を架線していない人が多いため携帯番号だけでもOKです。

しかし、カード会社によっては今でも固定電話があることで審査が有利になることがあります。

3,自宅を購入すると属性が上がる

家

自宅を購入すると不動産という資産を持つことになるため、本人の属性が上がることになります。

もちろん住宅ローンという負債も同時に抱えるわけですが、住宅ローンを抱えられるだけの経済的信用がその人にはあるわけです。

よって、カードの審査にも有利に働きます。

4,結婚すると属性が上がる

結婚

結婚をすると世帯の構成人数が増えるため、本人に何かあったとしてもカードの利用代金の回収がしやすくなると判断されます。

クレジットカードの種類によっては、本人の収入ではなく「世帯収入(家族全員の収入の合計)」で審査をしてくれる場合がありますよ。

ポイント!
「クレヒス」は減点法式ですが、「属性」は加点方式です。
たとえ今の属性が高くなかったとしても諦める必要はまったくありません。
ここでご紹介した方法を実践し、少しずつ属性を上げていくことからはじめてみましょう。

審査突破のための募集時期とは?

カレンダー

クレヒス・属性とならび、クレジットカードの審査を突破するためにもう一つ必要なものがあります。

それはクレジットカードの募集時期です。

カード会社が会員を増やしたいと思う場合・思わない場合

クレジットカード会社といえども普通の会社と同じで、利益を出す必要があります。

カード会社の場合であれば、新規会員の獲得はカード会社の存続にとってもっとも重要なミッションです。

つまり、カード会社が「新規入会者を増やしたい!」と思うときは、カード申込者にとってはチャンスです!

ケロンくん

新規入会者数を増やしたい時期に「ギリギリ審査通過」を狙うのが、審査突破のための最短距離だよ!

狙い目は年に一度の大規模な募集キャンペーン

ここまで読んでいただけばおわかりのとおり、クレジットカード会社が自社の会員を増やしたいと思う時に必ず行うのが「入会キャンペーン」です。

通常どのクレジットカード会社も、年に何度かは入会キャンペーンを行っています。

その中でもとくに審査をもっとも突破しやすい時期としてオススメなのが、年に一度の大キャンペーンの時です。

どのキャンペーンの規模が大きいのかを見極めるために、普段から気になるカードの情報はチェックしておきましょう。

カード会社の審査に異変が起きた!?

本

クレジットカードの審査には、「クレヒス」「属性」「募集時期」の3つが大切であるというお話をこれまでしてきました。

しかしそれとは別に、最近カード会社の審査に変化が起こりはじめています。

プラチナカードやブラックカードですら申し込み制へ

ブラックカード

これまではどのカード会社も、上位カードであるブラックカードやプラチナカードは基本的にインビテーション(招待)制でした。

カード会社が認める上顧客に対してのみ招待状を送り、自己申し込みによる受付は行っていませんでした。

しかし最上級カードの1枚であるアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードですら、今では自己申し込み制をとっています。

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

つまりアメックスで何の実績を積んでいなかったとしても、いきなりプラチナカードを持つことができるようになりました。

「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード(アメックス)」は最強の1枚。メリット・特典・保険とあわせてインビテーションについても徹底解説

アメックス・プラチナ<公式サイト>

日本のクレジットカード会社の収益


出典:クレディセゾン 2019年3月期 決算資料(公式サイト)

カードショッピング収益の内訳は、加盟店収益が55.3%、リボ残高収益が38.5%、年会費が6.2%という結果になっています。

▼カードショッピング収益の内訳

  • 加盟店収益:55.3%
  • リボ残高収益:38.5%
  • 年会費:6.2%

カードショッピング収益については、加盟店収益が半数を占めています。

またリボ残高収益も4割弱と多いです。

年会費については6.2%と、意外と少ない割合であることがわかります。

ポイント!
現在のカード会社の収益構造は、カードショッピング収益が大きな柱となっています。
カードショッピング収益の内訳としては、加盟店収益とリボ残高収益で9割超です。

現在の主流は利用限度額の個別設定によるリスクヘッジ型

これまでカードの利用限度額は、「レギュラーカードであれば〇〇円」「ゴールドカードであれば〇〇円」と一律に設定されていました。

しかし今では、個別に利用限度額を設定するタイプが主流になっています。

同じカードの審査に通ったAさんとBさんとでは、はじめから利用限度額が違うわけです。

クレジットカード会社がこのように利用限度額を個別に設定することにより、カード発行のリスクを減らしたくさんの人にカードを発行できるようになりました。

「クレヒス」「属性」「募集時期」の3点の合計点が低い人が入会申し込みをした場合、それに応じて利用限度額を低く設定さえすれば、カード会社は会員数増大によるリスクを減らすことが可能になるからです。

カード会社の審査が緩くなっているといわれているのは、決して緩くなっているのではなく、利用限度額を下げることによりその金額に応じた審査基準になっているだけの話なのです。

カードの審査は入会時だけではない

カードとレシート

クレジットカードの審査といえば入会申し込み時の審査を思い浮かべる人が大半だと思いますが、実はカード更新時にも審査は必ず行われています。

ある時送られてきた「利用限度額減額通知書」

筆者がかつてメインカードして利用していたカードは、利用限度額が300万円でした。

しばらくして別のカードをメインカードとして利用することとなったため、メインカードからサブカードに格下げし、一切使わないまま年会費だけを支払い続けていました。

そんなとき、カードの契約更新時に「利用限度額減額通知書」が郵送されてきました。

利用限度額はなんと10万円!

開封して中身を確認すると、300万円あった利用限度額を次の更新以後は10万円に変更するとのことでした。

これではかなりの減額であり、残念ながらこのサブカードは解約することにしました。

注意
筆者の例のように、支払い遅延などがなくてもまったく利用していない場合には限度額が減額される場合があります。
場合によっては、カードの更新すら認められないこともあります。

カード更新時の審査項目

ではカードの更新時には、おもにどのような項目が審査対象となるのでしょうか?

1,毎月の利用実績

カードが毎月どれくらい利用されているのかがチェックされます。

定期的に利用されていれば限度額の減少や更新不可になることはありませんが、まったく利用されていなければ最悪の場合更新できない可能性もあります。

2,クレヒスに傷がついているかどうか

利用期間中に支払遅延などが起きていないかどうかは必ずチェックされます。

他カードで支払遅延を起こしてしまった場合でもクレヒスに傷がつくため、更新ができなくなることがあります。

3,与信枠が減っていないかどうか

転職による年収の減少や銀行からの借り入れの増加などは必ずチェックされます。

その場合支払限度額が減少する可能性があります。

それ以外にもクレジットカードを作り過ぎてしまっても限度額の減少や更新不可などが起こる可能性があります。

更新時の審査のための対処法

カード更新時の審査で大幅に限度額が減らされたり更新できなくならないようにするためには、何に気を付けておけばよいのでしょうか?

1,使わないカードは解約しておく

年会費が無料のカードであっても、利用しないカードはできるだけ解約しておきましょう。

カードを作り過ぎてしまうと個人の与信に影響を与える場合があります。使わないカードがあれば解約しておく方がベターです。

ケロンくん

クレジットカードは一般的に3枚持ちが一番ベストだと言われているよ!

▼多すぎるクレジットカードは解約しよう!

【ミニマリストにもオススメ】クレジットカードの枚数、5枚以上は減らした方がいいかも。断捨離(解約)してスッキリする方法。

2,定期的に利用すること

メインカードばかりを使い過ぎてサブカードを利用しないことのないように気をつけましょう。

サブカードであっても年に何度かは利用し、ある程度の実績は残しておきましょう。

審査に落ちた場合の対処法

クレジットカード

カードの入会・更新審査に落ちたとしても、気にすることはありません。

一生カードが作れないわけではありませんから、次のチャンスまでの間に時間をかけて準備をしておきましょう。

クレヒスが原因で審査に落ちたと思われる場合の対処法

クレヒスが原因で審査に落ちたと思われる場合、残念ながら完全に回復させるためには時間がかかります。

クレヒスに傷をつけてしまった原因のカードを持っているなら解約し、それ以外のカードを持っている場合はそのカードを利用して良質なクレヒスを作り上げておきましょう。

ポイント!
カードがまったく作れない場合でも、デビットカードを作ることはできます。
万が一そのようなことになってしまったら、クレヒスが正常に戻るまでの間はデビットカードを利用して乗り切りましょう!

【初心者・超入門編】デビットカードとは?賢い・上手な使い方・還元率を徹底解説。

属性が原因で審査に落ちたと思われる場合の対処法

クレヒスにとくに問題がなければ、属性が原因である可能性が高いです。

この場合は上でご紹介した属性を上げる方法をいくつか実践し、属性を上げたうえで審査に再トライしてみてください。

まとめ

クレジットカードの審査内容は正式に公表されていないため、その内容のすべてを正確に知ることはできません。

だからといって何の準備もなく審査を受けると、審査を通過できないことがあります。

審査についてはある程度の情報を手に入れることができるため、対策を立てることは十分に可能です。

これからカードを作りたい人、審査通過が不安な人、残念ながらクレヒスに傷がついてしまった人などは、審査の実態を把握すれば十分に対策を立てることができます。

カードの申し込みをする前には一度立ち止まり、準備を整えてから審査に臨みましょう。

憧れのカードを手に入れるのも決して夢ではありませんよ。

オススメ記事

クレジットカードは3枚持ちがオススメ!それぞれのカードの良いとこを組み合わせて上手に使い分けよう。世間の平均保有枚数は〇枚

【絶対に失敗しない】年会費無料でポイント還元率が高いオススメクレジットカード5選!初心者も2枚目もカバーできる万能タイプ。

画像の出典

出典:http://www.cic.co.jp/
出典:https://www.jicc.co.jp/
出典:https://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

ケロンくん

ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


※クリックだけで完了します!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
■随時更新!リアルな人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 イオンカード・ミニオンズ
    ※キングボブデザインはこちら
 3位 楽天カード
 ※当サイトの申込データを随時参照

  ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

  ■急ぎでカードが必要な方には
【店舗数No.1】 ACマスターカード
 まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

その他、注目のコンテンツも要チェック!

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 「おすすめカードを教えて」という質問
  • クレカの券種レビュー
をお待ちしています!気軽にお送りください^^

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪