2018年最新!おすすめクレカランキング→

【審査の基本】個人信用情報機関って何?クレジットヒストリーって何?

クレジットカードを作る時に「信用情報」はとても大切な情報となります!

クレジットヒストリーというのは、クレジットカードを利用した歴史を述べる時に使われる造語です。その歴史というのは「クレジットカードを使ったことがあるかどうか」or「信用情報」or「利用実績」を指します。

「信用情報」というのは信用機関に登録されている情報のことであり、信用機関は「CIC=クレジット情報」・「JICC=消費者金融情報」・「KSC=銀行情報」の3つがあります。

「利用実績」というのは信用機関に登録されている情報を指すこともありますが、カード会社における利用実績を指すことが多いです。

クレヒスがないと審査に落ちます!

クレジットヒストリーという言葉が使われる記事は、大抵が審査に関する内容です。「クレヒスが無い方は注意!」など、クレジットカードを利用した歴史がないことからも、審査に通ることが難しいとされています。

クレジットカードは審査がありますが、その審査において申込者の情報を信用機関からチェックする作業があります。この時、クレジットカードを利用した情報がなければ、その方は遅延行為の傾向があるのかどうか、あるいはカードを使ってくれる方なのかどうかなど、歴史が不明なので合格を出しずらいわけです。

上記の内容は基本的に嘘です。クレジットカード審査とクレジットヒストリーを絡めるなら、この場合のクレジットヒストリーは「信用情報」を指すのが正しく、その情報にブラック情報があるかどうかで合否が決まります。クレジットカードを使ったことがないから審査に落ちるという説はなくもありませんが、それは「収入」や「年齢」など申込者の情報を絞って根拠を述べなければ説得力に欠けます

信用情報にブラック情報があると審査に落ちます!

「信用情報」というのは遅延行為や債務整理などの情報があるかどうかを確認され、こうした情報はブラック情報となります。

遅延行為や債務整理、あるいは多重申込などをすると、その情報が信用機関に保存されます。そうした情報はクレジットカードの審査で不利となるため、信用情報にブラック情報があると審査に落ちるという説は本当です

遅延行為をするということは、カード会社にとって貸し倒れのリスクがあります。債務整理の可能性がある場合も同様です。多重申込も最終的に同様の結論に至るのだと思いますが、これは申込者の管理能力の欠如という意味合いもあると思います。

利用実績があると合格しやすいです!

信用機関で積極的な「利用実績」が確認できると、それは審査で有利になるという説があります。これはそのままカード会社にとって利益をもたらすお客さまとなり得ることからも、合格をもらいやすい可能性はあります。しかし、個人的には同会社において効果があると思います。

「利用実績」といえば、やはりインビテーションや増枠が真っ先に浮かびます。A社で「利用実績」を積んでA社でカードを作るなら、やはり「利用実績」は一定の効果があります。「一般カード」→「ゴールドカード」の流れが分かりやすい例であり、自動増枠も典型的な例です

逆にA社で「利用実績」を積んでB社でカードを作る場合、A社で積んだ「利用実績」がどこまで審査に影響を及ぼすのかは未知数です。B社からすればA社の実績というのは他社の話なので、自社で同様にカードの利用実績を積んでくれるとは限りません。

どのカード会社も信用機関でブラック情報を確認するならば、真逆のホワイト情報も審査に影響すると考えることもできます。しかし、クレジットカードというのはブラック情報がないことが当たり前なので、逆にホワイト情報が過大評価されるという説は素直に「ブラック情報がない」→「返済が安定」→「合格を出しやすい」というブラック情報がないことによる合格を述べる方が根拠が分かりやすいです。

クレジットヒストリーという言葉は不要です!

クレジットヒストリーという言葉は、その言葉を使う人によって何を意味するのか異なり、一般的に確固たる定義が決まっていません。そのため、クレジットヒストリーという言葉は不要であり、「信用情報」や「利用実績」という言葉を使う方が相手に意味を伝えやすいです。

また、クレジットカード審査は合否に関して明確な根拠を述べるのが非常に難しく、ネット上にある殆どの情報はその記事を書いた人の「考察」による部分が大きいです。要するに1つの意見として捉えておくしかなく、正しく審査に関する知識を身に付けたいのであればクレジットヒストリーという言葉は本当に不要です。

ある意味、クレカマスター同士の話題において実用的な言葉であり、何を意味するのかを述べる必要がないシーンにおいて使える玄人向けの造語です。万人に対して発信する情報では、クレジットヒストリーとは何かを述べるところから始める必要があるため、使いどころが殆どありません。

信用情報や信用機関に関しては「会員規約」に記載されています

さて、クレジットカードの審査に影響大とされる信用情報や信用機関ですが、これは各カード会社の会員規約にしっかりと記述されています。また、それぞれの信用機関において自分の信用情報を閲覧することもできます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

楽天カードの場合


出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

以下、楽天カードの会員規約から「個人情報の取り扱い」の第3条「指定信用情報機関への登録・利用」からの抜粋です。

1.当社が加盟する個人信用情報機関(個人の支払能力・返済能力に関する情報の収集及び加盟会員に対する当該情報の提供を業とする者)及び当該機関と提携する個人信用情報機関に照会し、会員(家族会員は除く)及び当該会員の配偶者の個人情報が登録されている場合には、会員(家族会員は除く)の支払能力・返済能力の調査のために、当社がそれを利用することに同意します。

2.会員(家族会員は除く)及び当該会員の配偶者に係る本契約に基づく個人情報、客観的な取引事実が、当社の加盟する個人信用情報機関に下表に定める期間登録され、当社が加盟する個人信用情報機関及び当該機関と提携する個人信用情報機関の加盟会員により、会員(家族会員は除く)及び当該会員の配偶者の支払能力・返済能力に関する調査のために利用されることに同意します。

スポンサードリンク

引用元:https://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

上記を簡潔に説明すると、楽天カードへ申し込むなら「個人信用情報機関」の情報を審査で使うことに同意してください、という内容です。それは要するに信用情報が審査に影響することを意味しているので、やはり信用情報は大切ですね。

CICとJICCに情報が保存される年数

CIC
出典:http://www.cic.co.jp/

楽天カードの会員規約では、CICとJICCに登録される情報は3つの項目からそれぞれの保存年数の記述があります。

「本契約に係る申込みをした事実(入会審査の結果カードの発行を当社が認めなかった場合を含む)」は、CICとJISSの共に当社照会日から6ヶ月間となっています。要するに楽天カードへ申し込んだ事実が6ヶ月間残るという内容です。

「本契約に係る客観的な取引事実 」は、CICとJICCの共に5年間となっています。これは何を意味しているのか具体的な記述がありませんが、たぶん債務整理などの客観的な取引だと思われます。

「債務の支払を延滞した事実」は、CICとJICCの共に5年間となっています。これはたぶん遅延行為を指しているのだと思われます。

楽天カードがCICとJICCに登録する情報一覧


出典:https://www.jicc.co.jp/

楽天カードの申し込みにあたり、CICに登録される情報は以下となります。

本人を特定するための情報(氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等)及び会員(家族会員は除く)に配偶者がある場合の当該の婚姻関係に関する情報等、契約内容に関する情報(契約の種類、契約日、契約額、貸付額、商品名及びその数量/回数/期間、支払回数等)、及び返済状況に関する情報(利用残高、割賦残高、年間請求予定額、支払日、完済日、延滞等)。

引用元:https://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

楽天カードへ申し込むにあたり、JICCに登録される情報は以下となります。

本人を特定するための情報(氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、勤務先、勤務先電話番号、運転免許証等の記号番号等)及び会員(家族会員は含まない)とその配偶者との婚姻関係に係る情報、契約内容に関する情報(契約の種類、契約日、貸付日、契約金額、貸付金額、保証額、商品名及びその数量等、支払回数等)、返済状況に関する情報(入金日、入金予定日、残高金額、年間請求予定額、完済日、延滞等)、及び取引事実に関する情報(債権回収、債務整理、保証履行、強制解約、破産申立、債権譲渡等)。

引用元:https://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

3つの信用機関は相互に情報を共有しています


出典:http://www.cic.co.jp/

楽天カードの会員規約にも記述されていますが、「CIC=クレジット情報」・「JICC=消費者金融情報」・「KSC=銀行情報」の3つの信用機関は相互に情報を共有しています。要するにクレジットカードだからCICだけを気にしておけば良いというわけではなく、消費者金融や銀行に関する情報についても影響があるというわけです。これはクレジットカード以外の商品へ申し込む場合も同様のことが言えます。

「どの機関にどんな情報が登録されるのか?」、あるいは「審査においてどの機関の情報が閲覧されるのか?」、これについては上記のとおり、申込先において会員規約から情報を確認してください

実際にやるべきことは殆どない

「信用情報」というのは1つの知識として身に着けておくことが大切ですが、実際にクレジットカードへ申し込む際にやるべことは殆どありません。わざわざ、信用機関で自分の情報を閲覧する方は少ないと思いますし、それをやったところで審査結果が変わるわけでもありません。

重要なのは日々における金融機関やカード会社との付き合い方であり、相手のルールに合わせて正しく取引を行うことです。約定日に遅延することを避けておき、多重債務からの債務整理にならないように気を付けておきましょう。また、クレジットカードの申し込みは6ヶ月間記録が残るため、半年間で大量に申し込みをするのは避けるのが鉄則です。

多重申込の件数に関しては不明です

最後に多重申込についても解説しておきます。

多重申込というのは複数の会社に申し込むことを言います。これがどうしてダメなのかというと、それは返済能力の兼ね合いから申込先のすべてで合格すると、すべてのカード会社が貸し倒れのリスクを背負うことになるからです。要するに、他社の審査結果が分からない状態では合否の判断ができないというわけです。

多重申込の記録は6ヶ月間残るわけですが、何件までならセーフなのかは明確な答えがありません。ネット上では、多重申込は「3社まで!」という説がちらほらとありますが、それは特別な根拠があるわけでもなく、数件同時に申し込むなら3件程度にした方が良い!というセーフティーな情報です。

ちなみに4件や5件と同時に申し込みをしても、年収や他社借入の状況によってはすべての審査で合格できる可能性もあり得ます。しかしながら、一般的には1件ずつ丁寧に申し込む方が合格を含めて目的を達成しやすいと思います

クレジットカード審査は1週間~3週間が目安です

カレンダー

実際に複数のクレジットカードへ同時に申し込みをしたい方は、今申し込んでいるカードの審査結果がなかなか出ないからだと思います。

クレジットカードの審査はカード会社によって必要日数が異なり、最短即日や翌営業日発行可能な会社だと、当日中に審査結果が出ることも多いです。しかし、これも本当に申込者によって大きな違いがあることからも、大体1週間~3週間ほどを見ておくようにしてください

審査が実施されないデビットカードでも、発行までに3週間ほどかかるケースもあります。ゆとりのある申し込みを実践することで、多重申込からの審査落ちは回避できると思います。

合わせて読みたい

▶︎入会特典狙いでクレジットカードを作りまくるのは絶対NG。むやみやたらな申し込みは信用情報に悪影響!?

▶︎審査まとめ記事

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪