2018年最新!おすすめクレカランキング→

ライフカードのポイント制度や還元率を徹底解説!誕生日月はポイント3倍が魅力的。

ライフカードとは?

ライフカード
出典:http://www.lifecard.co.jp/card/credit/lifemsr/3-02.html

ライフカードは、ライフカードが発行するクレジットカードです。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

ライフカードは人気の高いクレジットカードの一つ。

年会費無料であったり、豊富なポイントボーナスがあったりと、様々なサービスが充実していて、上手く使えば数万円単位での節約が可能なカードです。

とくに誕生日月にポイントが3倍になる特典は、他のクレジットカードにはない圧倒的な強みですね。

今回はライフカードの還元率についてまとめましたので、順を追って見ていきましょう。

memo
ライフカードは日本の大手信販会社です。
旧長銀やアイフルの傘下となっていた時代を経て、また新たに信販業界で力を発揮しています。

基本スペック

まずは、ライフカードの基本スペックを見ていきましょう。

    ・年会費:無料
    ・申込条件:日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。
    ※18歳以上の大学生・短期大学生・専門学校生には、学生専用ライフカードがあります。
    ・ポイント制度:1,000円につき1ポイント

ライフカードは利用額1,000円につき1ポイントずつ貯まっていきます。

「還元率が低いなあ!」と思うかもしれませんが、1ポイントには約5円相当の価値があります。

そのため、1000円につき5円、つまり還元率は約0.5%です。

ポイント制度の解説

ライフカード
出典:http://www.lifecard.co.jp/card/service/point/point.html

ここではライフカードのポイント制度について徹底解説していきます。

この章を読んで、ライフカードでザクザクポイントを貯めてください!

ポイントを効率的に貯めるには、「ステージ制プログラム」を利用しよう

ここが素敵①!
ライフカードは使えば使うほど、ポイント還元率が上がり最大2倍!

ライフカードのポイントにはステージ制度というものがあります。

ライフカードでは上記で説明の通り、基本は1,000円=1ポイントですが、年間利用額によって翌年度の還元率がアップします。

ポイント制度
出典:http://www.lifecard.co.jp/card/service/point/point.html

    ・50万未満のとき:レギュラーステージ(還元率0.5%)
    ・50万以上:スペシャルステージ(還元率0.75%)
    ・150万以上:プレミアムステージ(還元率1.0%)

ポイント還元率が0.5%のときは、ちょっと物足りない気持ちがしますね。

でも、年間利用額が150万円までいけば還元率は当初の2倍、1.0%にまで増加します。

年会費無料でポイント還元率1.0%は、クレジットカードの中でもトップクラスの還元率です。

ポイント!
年間150万円は月間にすると10万円ちょっとです。
公共料金や日常の品、家電などをライフカード決済にすれば簡単にクリアできますよ。

入会後一年間はスペシャルステージ

ここが素敵②!
初年度はポイント1.5倍!

ライフカードにステージ制プログラムがあるとはいえ、初年度はポイント還元率をあげられないなあ、と考えている人もいると思います。

しかし、心配無用です!ライフカードは、入会して最初の一年間はポイントが1.5倍(つまりスペシャルステージ) になるのです。

つまり、この間にたくさんカード決済をすれば、還元率0.5%に低下することなく、還元率1.0%で翌年度も過ごすことができます

年間50万以上の利用で300Pのボーナスが!

ここが素敵③!
年間50万以上の利用で300ポイントGET!

年間50万以上の利用で、翌年のスペシャルステージ入りが確定します。

すると、同時に300ポイントのボーナスが入ります。スペシャルステージに入ったお祝いですね。

ライフカードで年間利用額50万円は、1つの目標です。

スペシャルステージとこのボーナスポイント獲得を初年度の目標にしてみるのもいいですね。

ポイント!
300ポイントといえば1,500円相当の価値があります。
このボーナスポイントに限って言えば、還元率0.3%を実現しています。

大本命!誕生月のポイント3倍

ケーキ

スポンサードリンク

ここが素敵④!
誕生日月は基本ポイントが3倍に!

ライフカード最大の特徴がこれ!誕生月、誕生月といえばライフカード。

そう言っても差し支えないほど、誕生月の還元率は魅力的です。

なんと基本ポイント3倍!しかも、特定の店だけでなく、カードを使えるところならどこでも特典が受けられます。

この「どこでも」というのがミソです。

この誕生日特典時の還元率より高いカードもありますが(それでも限られますが)、高還元率になればなるほど使える店が限られてきたりします。

しかし、ライフカードにその制限はないのです。この数値、このサービス性の高さは、業界でも間違いなくトップレベルと言えますね。

注意
誕生月サービスは、ステージ制度と併用することはできません。

L-Mallを利用すると効果は倍増!

ここが素敵⑤!
L-Mall経由でさらにポイントアップ!

ライフカード会員限定のL-Mallと呼ばれるショッピングモールを経由してお買い物をすると、さらにポイントは加算されます。

lmall
出典:http://www.lifecard.co.jp/card/service/point/point.html

楽天、Amazon、Yahooショッピングなどのほか、旅行予約サイトでも利用することが可能です。

具体的にどれほど変わるのか。たとえば、L-Mall経由で5倍のポイントがつき、1万円の利用をした場合、以下のようになります。

基本ポイント10P
L-Mallポイント40P
合計50P

ポイントは2倍以上、最大25倍までつきます。

普段の買い物は、すべてL-Mall経由にしてさらにポイントをザクザク貯めちゃいましょう。

L-Mallの嬉しいところ

L-Mallは、なんと誕生月の場合でもポイントが加算されます。

L-Mallと誕生月のポイントを併用すれば結果は倍増……どころか、最大で25倍の還元率を実現することができるのです。

自分の誕生日月にその年の分の旅行を予約する、家電を買うなど大きな金額の決済をするのがオススメです。

ケロンくん

自分へのプレゼントはL-mallで買っちゃおう!

ライフカード ポイント制度の疑問点

カード複数枚

ここでは、ライフカードを使用してポイントを貯める上で出てきそうな疑問点を解説していきます。

誤った知識をもっているとポイントを失効させてしまったり、損してしまったりすることもあり得ます。

疑問点はしっかり解消してから、ポイントを貯めましょう。

ポイントの有効期限

ライフカードのポイントの有効期限は最長5年。

かなり長い設定で、とても使い勝手の良いカードと言えるかもしれません。

注意
ただし、注意点があります。
実は初期段階での有効期限は2年です
5年にするためには、ネットもしくは電話でポイントの繰り越し手続きを行わなければなりません。

ポイントは何に交換できるの?

ポイントは各種商品やギフトカードに交換可能です。

最低100ポイントから交換できるので、「今のポイントじゃ何にも交換できないよ」ということは少ないと思います。

特に、食品関係は充実しており、「全国のお米厳選コース」「築地お取り寄せコース」などは大変魅力的です。

商品はたくさんありますので、詳しくはこちら(公式サイト)をご覧ください!

利用額が1,000円に満たない場合

利用額が1,000円に満たない場合でも、100円につき0.1ポイントが付与されます。

端数が出る場合や少額決済時にポイントがつかないカードもありますが、ライフカードではその心配はなく、安心して使うことができるのです。

たとえ、少額のコンビニやスーパーの決済であっても積極的にライフカードを使っていきましょう。

日頃からたくさん使うことで、翌年度のプレミアムステージ(還元率1.0%)を実現させることができますよ。

まとめ

いかがでしたか。

ライフカードは平均的な還元率ですが、さまざまなサービスを活用することで、驚くほど魅力的なカードに変貌することがご理解いただけたと思います。

なお本記事の締めくくりとして、以下にこれまで述べてきた要点をまとめましたので、よろしければ参考にしてください。

    ・ライフカードの還元率は標準で0.5%
    ・年間利用額が50万以上で0.75%、150万以上で1.0%になる
    ・年間50万以上の利用で300Pのボーナス
    ・誕生月の還元率は3倍
    ・L-Mallを利用すれば最大25倍に!

ライフカードを利用して、よりよい生活を送りましょう!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード