2018年最新!おすすめクレカランキング→

ライフアシストポイント制度完全まとめ。日本クレジットカード社会へ

creditcards

ライフアシストポイントとは

 ライフアシストポイントという言葉を聞いたことがありますか。アベノミクスによる成長戦略の1つで、クレジットカードの利用金額に応じて政府がポイントを付与するという政策です。従来の政策では「家電エコポイント」や「エコカー減税」など1部の商品のみが対象でした。しかし、今回のライフアシストポイントでは商品が対象であり、すべての小売業者が恩恵を受けることができます。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

 具体的に内容を見ていきましょう。クレジットカードの年間利用額が50万円を超えた利用者が対象です。利用額の5%がキャッシュバックされます。つまり50万円利用したならその5%である2万5000円がキャッシュバックされます。100万円なら5万円ですね。この政策によって、今後クレジットカードを持つ人が増え、いずれはクレジットカード社会とも呼ばれる日が来るかもしれません。

スポンサードリンク

ライフアシストポイントのメリット・デメリット

 この政策の目的は普段お金を使わないような層にお金を使ってもらうことです。年間で50万円という金額が設定されていますが、公共料金の支払いなどにカードを利用すると意外とあとちょっとでクリアできるラインです。また利用が多くなるほどキャッシュバックされる金額も多くなるので、カードのポイントなどと合わせて利用すればかなりの金額がお得になります。

 しかしデメリットもあります。韓国ではクレジットカードの普及率、利用率を上げようと、様々なクレジットカードに関する政策を行ってきました。その結果普及率は非常に高くなったのですが、その分利用しすぎて債務を抱えてしまう人も増えてしまいました。日本でもこのことは懸念されていて、キャッシュバックの上限額を10万円までに定めています。

 この政策では、消費量が増えることは確実であるといわれています。セブン&アイホールディングスやイオン、楽天など大手の企業はライフアシストポイントを推奨しており、導入の実現は時間の問題とも言われています。しかしその一方で、キャッシュバックの財源はどうするのか、中小企業にはカード会社に支払う手数料が負担にならないのかなど、まだまだ懸念すべき材料もたくさんあります。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

【1位】楽天カード【楽天ユーザーは絶対に】

raku

楽天ユーザーで持ってないなら、とても勿体ないことです!

賢く使えば還元率は最大4%に!※楽天市場(ポイント4倍)、年会費無料、ネット不正あんしん制度:インターネット上でクレジットカードを不正に利用されても金額保証!という保証もありはじめてのクレジットカードとしても使いやすいカードです。

more-or500

【2位】三井住友VISAカード

msvc

有名すぎるカード。初めてクレジットカードを持つ人にもオススメ、老舗のクレジットカードです。

インターネット入会なら初年度年会費無料、翌年以降も条件付きで無料に。

最短3営業日発行!Apple Payにももちろん対応しています。

more-or500

【3位】セゾンブルー・アメックス【海外旅行の強い味方】

saisoncard_001

初年度年会費0円でアメックスが持てる!?若い人にもオススメ!なんと26歳まで年会費無料で持てるカードです。

何より海外旅行への強さが際立つこのカード。海外・国内旅行傷害保険 傷害死亡・後遺障害付き、最高3,000万円、疾病治療費用 300万円 、携行品損害保険最高30万円と、充実した補償。

また、「セゾン手荷物宅配サービス」や「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」などのサービスがあります。

海外旅行に年3回行くなら、セゾンブルーアメックスはもうあなたの強い味方です。

more-or500

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です