2018年最新!おすすめクレカランキング→

楽天ビジネスカードのメリットまとめ。どんな人がおすすめ?前もって知っておくべきこと。

はじめに

楽天カードには一般カードのほかに女性向けの「楽天PINKカード」、「楽天ANAマイレージカード」、「楽天カードアカデミー(学生専用)」などいろいろな種類があります。またグレードの高い「楽天プレミアムカード(ゴールドカード)」もありますが、個人カード以外にも法人代表者や個人事業主向けの「楽天ビジネスカード」もあります。

今回はその中でも事業者向けの楽天ビジネスカードについて、そのメリットやデメリットを解説します。事業主の方でまだ法人カードを持っていない方は是非参考にしてください。

楽天ビジネスカードの概要

楽天ビジネスカードは法人代表者または個人事業主を対象としたビジネスカードです。ただし楽天ビジネスカード単独では作ることができません。前提として楽天プレミアムカードの会員である必要があります。

楽天ビジネスカードの作り方

楽天プレミアムカード会員で法人代表者または個人事業主だけが楽天ビジネスカードに申し込みをすることができます。もちろん同時申し込みも可能です。年会費は楽天プレミアムカードが年会費税別10000円、楽天ビジネスカードは年会費税別2000円となっています。

楽天ビジネスカードの引き落とし口座は法人名義で楽天プレミアムカードの口座は個人口座にする必要があります。これによって個人消費と会社経費の使い分けをすることができます。また、カード利用枠は2枚合わせて300万円が上限となります。

楽天ビジネスカードの審査

一般的な法人カードの場合、会社の決算書や申告書2期分の提出を求められることがありますが、楽天ビジネスカードにはそうした申込条件はありません。また入会基準も「20歳以上で安定した収入のある法人代表者様(会社登記上、代表権を有する方)、及び個人事業主の方」とあるだけです。

これらのことから類推すると楽天ビジネスカードの審査基準はそれほど高くなく、一般的なレベルダと思われます。設立して間もない法人などでも審査を通過する可能性があります。
楽天プレミアムカードというゴールドカードに審査があるので、その審査を通過すれば作ることができる追加カードのような位置づけと考えてもいいでしょう。

楽天ビジネスカードのサービス

海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険といった付帯サービスは楽天プレミアムカードにのみ付帯されているので、楽天ビジネスカードでは付帯保険は適用されません。しかし、楽天プレミアムカードと共通のサービスもいくつかあります。

誕生月ポイント3倍

楽天プレミアムカードにもあるサービスですが、誕生月に楽天ビジネスカードを利用してもポイントが3倍になります(楽天市場、楽天ブックスのみ)。

プライオリティ・パス

プライオリティ・パスは海外800か所以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスです。会員にはいくつか種類がありますが、プレステージ会員は年会費399ドル(約4万円)で、空港ラウンジを無料で利用できます。この会員登録が無料でできるサービスが付いています。

選べる三つのポイントコース

「楽天市場コース」・・・楽天市場の利用でポイントが貯まり、毎月プレミアムカードデーで1ポイントプラス
「トラベルコース」・・・空港から手荷物無料配達、楽天トラベルオンライン利用で1ポイントプラス
「エンタメコース」・・・楽天ブックス、楽天SHOWTIME、楽天レンタルで1ポイントプラス

楽天ビジネスカードのメリット

楽天ビジネスカードは海外旅行傷害保険といった付帯保険がないなど、クレジットカードとしてはそれほど充実したサービスとは言えませんが、法人カードとしてのメリットは豊富です。

法人カードとしてのメリット

楽天ビジネスカードに限らず法人カードやビジネスカードのメリットは、経費をクレジットカード決済することで支払いの一本化ができることです。これによって経理処理が簡便化されるという点が最大のメリットになります。これは経費を現金払いする場合と比べるとよくわかります。

現金払いの場合は社員や従業員が立て替え払いをするか、経理に小払いの請求をしてからオフィス用品や備品などを購入します。その後さらに領収証を添付して精算する必要があります。クレジットカード決済に切り替えるとこれらの処理は全く不要になり、さらにバラバラだった支払日も統一されるメリットがあります。

楽天ビジネスカードで「楽天市場コース」を選択すると、会社のオフィス用品や備品などをオンラインで購入することができます。これらの購入金額100円に対してポイントも付与されるので、貯まったポイントを備品購入時に使用すると経費の節約につながります。

楽天プレミアムカードとの使い分けによるメリット

楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカード会員になることが申込条件ですが、口座は楽天プレミアムカードが個人口座、楽天ビジネスカードは法人口座にすることも条件となっています。これは個人消費と経費を区別するという目的があります。

スポンサードリンク

法人カードのメリットの一つに経費をまとめてクレジットカード決済できるという点があります。しかし、法人カードを個人消費に使ってしまうと税務署から指摘されることになるので注意が必要です。その点楽天プレミアムカードを個人消費、楽天ビジネスカードを経費利用として使い分けをすることで、間違って法人カードで個人利用することを防ぐことができます。

特に個人事業主の場合は経費と個人消費を混同しやすいので、クレジットカードを使い分けすることで申告時に振り分けする手間が省けます。

ETCカードの複数発行で車両経費の管理が楽

楽天ビジネスカードではETCカードの複数波高が可能です。年会費は1枚目無料、2枚目以降は1枚につき税別500円かかります。また楽天ビジネスカードを申し込みするときは最大9枚までETCカードの申し込みもできますが、10枚以上の申し込みもカードが届いてから申し込み可能です。

ETCカードを車両台数分発行することで、高速料金の経費が車両単位で管理できるメリットがあります。個人で利用する場合は楽天プレミアムカードの追加カードとしてETCカードを発行すれば、経費と個人利用の使い分けも簡単になります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

楽天ビジネスカードのデメリット

一般的な法人カードは個別に入会申し込みができますが、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードへの入会が条件となっています。この点はほかの法人カードにはないデメリットといえるでしょう。

楽天ビジネスカードとしての独自サービスがない

楽天ビジネスカードのサービスは基本的に楽天プレミアムカードと共通のサービスです。それなのにさらに年会費として年2000円かかるというのはデメリットのひとつといえるでしょう。特にすでに他社のゴールドカードを持っている法人代表者や個人事業主にとってはわざわざもう一枚のゴールドカードを作る意味はありません。実質的に年会費は12000円となってしまうので、法人向けゴールドカードを作るほうがサービス面ではメリットがあるでしょう。

楽天市場を利用しない法人や個人事業主へのメリットがない

楽天ビジネスカードのメリットとしては豊富な品ぞろえの楽天市場を利用することでポイントが貯まり、経費節減につながるという点です。しかし、設立の古い法人や個人事業主は、すでにオフィス用品や備品購入先といった取引先とも長い付き合いになっていることが多いでしょう。それをいきなりすべて楽天市場での購入に切り替えるというのは無理があります。

楽天としては楽天市場でオフィス用品を購入して欲しいという思惑があるでしょう。しかし、設立間もない法人以外では思惑通り備品購入先を楽天市場に切り替えるのは難しいでしょう。

ほかの楽天カードは使えなくなる

楽天カードをすでに持っている場合は、楽天プレミアムカードが届いた時点で使えなくなるので、自分で処分する必要があります。また、楽天銀行カードをすでに持っている場合は解約をしないと楽天ビジネスカードの申し込みができません。楽天カードの場合は楽天プレミアムカードに切り替わるのでそれほどデメリットはありませんが、楽天銀行カードはキャッシュカードも兼ねているので多少面倒になります。

楽天銀行カードを解約すると新規のキャッシュカードが届くまで一時的にATMなどの利用ができなくなります。また、普通預金の利息2倍というメリットもなくなるので注意が必要です。

楽天ビジネスカードをおすすめしたい人

楽天ビジネスカードでは楽天市場を利用するということが大前提でメリットが生じます。そのため楽天ビジネスカードは、まだオフィス用品などを購入する取引先が特定されていない、比較的新しい法人や個人事業主におすすめです。

楽天市場自体は日本最大のネット上のショッピングモールです。品数も豊富で一般店舗で購入するより安い価格で購入できるケースも多くなります。オンラインで購入できるので、どこに拠点があっても関係なく購入することができます。さらに楽天スーパーポイントも貯まりやすくなっているので、貯まったポインを1ポイント1円で楽天市場での購入に使えるメリットがあります。

楽天ビジネスカードは入会基準からもそれほど審査基準は特段高くないと推測できるので、比較的営業年数の浅い法人や個人事業主向けのビジネスカードといえます。

まとめ

まだ法人カードを利用していない個人事業主は楽天ビジネスカードをおすすめします。楽天プレミアムカードをすでに利用している人には特におすすめです。また、楽天カードや楽天銀行カード、他社のゴールドカードも利用していなければ、楽天ビジネスカードをスムーズに作ることができます。

個人事業主は経費と個人消費の混同が税務署に指摘される原因となります。楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードをしっかり使い分けることでそうした不安はなくなります。オフィス用品を楽天市場一本で購入することで、ポイントも貯まり経費の節約にもつなげることができます。法人カードを検討している個人事業主の方は、ぜひ選択肢の一つに加えてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪