2018年最新!おすすめクレカランキング→

楽天カードの審査落ち理由4選!審査落ちの基準・取るべき対策など徹底解説

楽天カードに限らずクレジットカードを作りたいなら、審査は必ず受ける必要があります。では、審査では一体何がみられているのでしょうか。多くの人は気にせずに生活していると思います。しかし、知らず知らずのうちに審査というよりも信用情報に対してマイナスの行動を起こしてしまっているという状況があります。ここでは、ほかのカードと比較しても特別難しくはないといわれている楽天カードの審査基準や対策について言及していきます。

審査の基準

審査はまともな金融機関なら必ず行うものであり、カードの申し込みとは切っても切れないものです。むしろ、審査がないなどと謳う金融機関は利用しないでください。審査基準はカード発行に直接関わる重大なものです。しかし、具体的な審査基準は公開している金融機関はありません。年収がどのくらいあり、勤続年数がどのくらいあれば受かるかなどは秘匿されています。そして、金融機関は申し込み情報をもとに信用情報機関の情報を参照するので、どちらかに問題があれば審査落ちという流れになるでしょう。ちなみに、信用情報機関の実績や情報というのは本人が特定できるほどの情報であり、分割払いや公共料金の支払いなどに関するすべての情報が記録されています。また、ブラックはともかく30歳を過ぎたスーパーホワイトの方も審査が通りにくくなるので注意しましょう。ブラックは破産などの金融事故を起こした人、スーパーホワイトは信用情報機関に今まで全く記録の残っていない方を指します。金融事故を起こした人でも何年か経つと記録が消去されるので、スーパーホワイトと元ブラックの見分けがつきにくくなるのが理由です。その為、携帯電話の分割なども信用情報機関の実績となるのでスーパーホワイトの方は実践してみましょう。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

楽天カードの入会条件は、公式サイトでは満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除くと規定されています。つまり、高校生以外の18歳以上なら誰でも申し込み可能なカードということです。
また、年収などの基準はアルバイトやパートのように100万円前後の収入でも十分に可能であり、年金などの定期的な収入を得ている方もOKとなっています。正社員のみでなく、パートやアルバイト、派遣などの立場の人でも申し込みが可能であり、審査において立場がマイナスになるということはありません。銀行などになると、勤続年数に加え会社での立場なども考慮した審査になりますのでこの段階で楽天カードの審査基準は一般的なレベルであることが窺われます。

また、会社員でなくとも個人事業主として生計を立てている方も申し込みが可能であり、楽天カードは企業に所属していなくても審査通過が期待できるカードと言えるでしょう。勤続年数や会社員であるかどうかは、限度額に影響してくるかもしれませんが収入に対してちゃんと返済できる限度額というものを楽天カード側も設定してくるのでカード申し込み時はそこまで気にしなくていい項目です。使い続ければ、信用情報が積み重ねられ楽天カードの方から上限を増やす案内がきます。
そして楽天カードの申し込み対象は未成年でもOKであり、保護者の承諾さえあれば審査を行うことことができます。

また専業主婦の方も申し込みできるので自分自身が無収入でもあきらめる必要は全くないということです。具体的には、世帯年収によって返済能力を見られるということになりますので、自身の生計を共にする方の年収などははっきりと把握しておくといいでしょう。

審査落ちする理由

比較的、審査の基準が特段厳しくないのではないかと噂されている楽天カードですが、それでも審査に落ちてしまう方はいます。中には、自分では、気付かないうちにマイナスの状況を作ってしまっているなどの状況もあり、特定の難しい場合もあります。ここでは具体的にどういった場合が、審査落ちの理由になってしまうのか解説していきます。

年収などの項目が不自然

楽天カードに限らず、年収は自己申告制であり、わざわざ銀行の方で年収調査などは行うことはありません。会社情報や統計を調べ、自己申告額との違いを比較し無理や不自然ではない額ならば年収に関する項目はクリアしています。
楽天カードに限って言えば、年収はそれほど問題ではありません。年金受給者の方、障害者年金受給の方でもカードが発行されるぐらいなのでクリアしなければならない壁自体がとても低く設定されています。その為、年収に関してはさほど心配する必要はありません。では、年収で引っかかる場合は何が問題になるのかというと、明らかに不自然な場合です。例えば、学生なのに収入欄に記載がありその額が高額であるなど、審査では不自然さがない額を正直に記入しましょう。ちなみに、嘘の申告後カードが発行されても強制解約になるのでご注意ください。その場合は、クレジット・キャッシング関係なく全て一括での返還請求となります。

スポンサードリンク

ブラックの要素がある

ブラックとは、破産や差し押さえなど延滞でもかなりひどい状態の金融事故を起こした状態です。金融事故は審査落ちの理由として最も有力な要素です。これは楽天カードに限らず、どのカード審査においてももっとも大事な要素であり、延滞などの事実は現在・未来にわたり暗い影を落とします。もし、ブラックの状態にあるとしたらまともな審査をする金融機関の審査は何一つ通らないと思ってください。また、カード申込で通らないからと言って多数の会社に対して申込をすることも申込ブラックとなり、いざというときに「作りたいカードがつくれない」「ローンというローンに全く通らない」という状態になりかねないので、マイナスの原因は極力作らないでください。公的料金、携帯電話の料金の遅延などもマイナス要因ですので必ず滞納することのないような資金計画をしてください。また、忘れていたで済まされないダメージを受けるのは申込者のみであり、金融機関や信用状機関に申入れや問い合わせなどをしても更にマイナスになるのみですので絶対に審査に落ちても問い合わせはしないでください。

同時期の多重申し込みはNG

クレジット・キャッシング機能を併せ持つカードは、言わばその両方が借金です。自分自身の信用情報を参照した上でカード会社が貸してくれるものであり、決してそれらの額は自分のお金というわけではありません。また、その人にいくら貸せるのかという情報は信用情報機関ではしっかりと記録されています。つまり、他社で申し込んでも見られる項目は同じであり、1つのカードの申込で審査落ちという結果になったら、しばらくは申込を控える必要があります。その為、申込をする会社のカード審査の難易度を調べてから申込をする必要があります。「1つに弾かれたから、次に」という考えは捨ててください。間違いなく、数社に申し込んだ時点で審査には通りません。それだけ金額的に多く借り入れたいという意思表示と捉えられるのに加え、信用情報機関に申込をしたこと自体がかなりの期間残ります。

ブラックとは正反対。しかし、スーパーホワイトという属性に注意

スーパーホワイトという属性は、信用情報機関に全く情報のない方を指します。つまり、車や家などを購入する際にローンを組んだことがない方、公共料金の支払いなとが全て他人名義だとかそういった特殊な事情の方です。特に30歳以上でスーパーホワイトの方はスーパーホワイトだと特に審査が通りにくくなります。むしろ、実績がないため審査落ちしやすいです。非常に稀なケースですが、30年以上支払いに関して全く分割を組んだことがないった方は公共料金などを自分名義にすれば信用情報機関に対する信用を積み上げられるのでそこから取り組んでいきましょう。ちなみに、スーパーホワイトという属性が忌避されるのはブラックリストに載った方と見分けがつかなくなるからです。例えば、20代でブラックリストに載り、その金融事故から5年経つと信用情報機関からブラックリスト扱いされなくなり金融事故を起こしたという状況が消去されます。そうすると、データ上は一見過去のブラックリストに載った方とスーパーホワイトの方との見分けがつかなくなるからです。

楽天カードに審査落ちしないための対策

固定電話は省略しない

意外と見落としがちですが、固定電話番号を申込時に書くのは信頼度に関わってきます。つまり、携帯番号とちがい、すぐに変えることのできない番号を楽天カード側に教えることは個人情報の信用度を上げることができます。

信用情報機関に対して信頼度をあげる

公共料金や携帯料金などの支払い漏れがなければ、信頼度は自然と上がっていきます。しかし、税金などの支払い方法によっては支払い忘れなどもありがちであり、もし滞納したり延滞した場合は信用情報に大きく響きます。場合によっては、差し押さえや裁判などの金融事故に陥りブラックリスト扱いになる可能性は大いにあります。

利用額やキャッシング額は必要最低限に

クレジットカードの発行のみが目的なら、キャッシング枠は多額を望まないというのもポイントです。ローンが目的ならばまた別のカードに申込をした方がいいですし、多額を望めば望むほどカードの審査基準が難しくなります。また、発行後キャッシング・クレジット枠は増額という手段も取ることができるのでそこまでシビアに考えなくて大丈夫です。特に、安定収入のない方は多額の限度額を望むことはマイナスの要因しか生みませんので気を付けてください。

虚偽情報は書かない

当たり前のことですが、虚偽情報は書かないでください。虚偽情報を書くことによって貴方の信用度は著しく下がります。勤続年数や年収なども調査そのものはしませんが、嘘が発覚した時にはクレジット・キャッシング枠の借り入れ金額を一括で支払うことが強制されます。もし、支払わなければ裁判や差し押さえなどもあり得ない話ではないので、そうならないように自分の他社借入額なども含め嘘の記述は避けましょう。

まとめ

楽天カードの審査基準は普通の金融機関と変わりません。ですが、何らかの噂により審査が甘いのではないか?といわれています。しかし、金融機関が見るべき審査基準はもれなく全て見ているので自身の現在の状態を考慮しつつ楽天カードの使い勝手を調べた上で虚偽のない申込をしてください。また、楽天カードで審査落ちという事態になった場合は、ほかの金融機関でもクレジットカードやキャッシングなどの申込は厳しいと考えていいでしょう。そのような事態にならないためにも、しっかりとした対策と申込をお願いします。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード