2018年最新!おすすめクレカランキング→

エポス・ゴールドのメリットとデメリット!審査・限度額・年会費・ボーナスポイント・特典は?実質の年会費無料に!?

エポスカードとは?

エポスカードは、百貨店の丸井グループのカードです。丸井グループは小売業を中心とした事業展開をすすめていて、丸井グループを利用する顧客の満足度を高めるために、カード事業の発展やカードに付帯するサービスの拡大を行っています。

丸井のエポスカードは年会費が永年無料のカードで、カードを作って仮に未使用のままでもお金は一切かかりません。また、エポスゴールドカードは、年会費が掛かっても、カードを使う人にとって特典が多いカードです。年会費を多少払っても余裕で元が取れるのではと思わせるような特典もたくさんあります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

エポスカードはゴールドでも年会費無料?

エポスカードは、今すぐクレジットカードが欲しいと思っている時に、審査に通りさえすれば、その日のうちにカードを手に入れることができて、丸井でお買い物する時にあると便利ですよね。

エポスカードより特典の多い、エポスゴールドカードは、実は年会費を永年無料にできるカードなのです。新規申し込み時に掛かる年会費は5,000円です。ここまでは他社のゴールドカードと大差ありません。

ただ、実質年会費無料にする方法が・・・。

ポイント!
ゴールドカード申し込み後1年間の利用金額が50万円を突破すると、年会費を無料にできます。

そんなエポスゴールドカードを実際に発行するには審査に通らなくてはいけません。申し込み時の注意点からカードの取得方法までを次にまとめました。今後、エポスカードが必要になった時に参考にしていただければ幸いです。

エポスゴールドカード申し込み時の注意点 ①

エポスゴールドカードを発行したいなら、ネットで新規申し込みをする時に知っておきたい項目があります。それは年齢と収入制限です。

エポスカードの通常カードなら高校生を除く18歳以上の方なら申し込み可能ですが、エポスゴールドカードは20歳以上(学生不可)の方となりますので、年齢による申し込み制限があります。

新規で申し込みを行う場合の収入の目安としては、年収400万円~500万円以上、勤続年数2年~3年以上の安定した収入を得ている方が対象と考えられます。ただ、申し込みから審査結果の連絡までは、申し込みをした方の信用力によって審査期間が異なることがあります。

エポスカードの通常カードでは、年間50万円以上のクレジットカード利用があれば、エポスゴールドカードへのインビテーション(招待)が届くはずです。

エポスカードからの招待でエポスゴールドカードに入会する際には、ほぼ審査に落ちることはありませんので、通常のエポスカードに入会後、エポスゴールドカードを取得する流れが理想的です!

エポスカードの申し込みは、こちらから。

エポスカード<公式サイト>

エポスゴールドカード申し込み時の注意点 ②

一般的にクレジットカードの発行審査では、安定した収入があり、毎月の返済についても特に問題がなければ、審査にかかる時間も短くなりますが、やはり通常は数日~1週間程度かかります。

しかし、既にエポスカードを所有していて、エポスゴールドカードのインビテーションが届いた方は、審査は完了していますので、そのままエポスゴールドカードに入会することができます。エポスカードからのインビテーションによる入会では、通常のカード申し込みとは異なりますので、エポスカードのインビテーションからエポスゴールドカードの審査に落ちるということはまずないといっていいでしょう。

また、丸井グループの店舗や丸井がサービスを行う施設でのエポスゴールドカードの利用は、会員のお得な優待サービスの1つとなります。そのため、通常のエポスカードの利用実績がない状態で申し込みをしても、場合によってはエポスゴールドカードの審査に落ちてしまうといったことが起こるのです。

スポンサードリンク

エポスゴールドカード申し込み時の注意点 ③

エポスゴールドカードに新規で申し込みをして審査に通った場合には、年会費として5,000円がかかります。エポスゴールドカードの年会費の支払いは、入会3ヶ月後に請求されることとなります。しかし、エポスカードからのインビテーションでエポスゴールドカードに入会すると、初年度も含めて年会費が永年無料になるのです。

エポスゴールドカードは、エポスカードからのインビテーションによる入会と、新規申し込みによる入会では、極端に審査基準が異なりますので、エポスゴールドカードの取得は、エポスカードからのインビテーションで取得されることをおすすめします。

エポスカードの利用限度額について

通常のエポスカードからゴールドに切り替えた場合、利用限度額は当然上がります。ここも人によって違いますが、限度額が80万円から100万円になったというケースや、50万円から80万円になったというケースがあるようです。エポスゴールドカードの利用限度枠は最大で300万円ですが、この限度額は一律ではなく、カードの利用状況やカード所有者の信用力によって変わります。どういった基準で限度額が決まっているのかは明確にされていないようです。

エポスゴールドカードの特典について ①

ゴールドカードのポイント還元率は通常のエポスカードと同じで0.5%です。リボ払い(3回以上の分割払い)を選択すると200円ごとに2ポイント、還元率1%となります。
ただし、丸井でのお買い物では、1回払い・ボーナス一括払いでも200円ごとに2ポイントと還元率が倍の1%になります。

リボ払い(3回以上の分割払い)では、200円ごとに3ポイントのエポスポイントが貯まります。丸井でのお買い物には、通販サイト(マルイウェブチャンネル)での買い物も含まれますので、ポイントの有効期限もなくてかなり貯めやすくなっていると言えます。

さらに、通常ポイントに加え、年間利用額に応じてボーナスポイントが貰えます。年間50万円以上で2,500ポイント、年間100万円以上で10,000ポイントが付与され、ゴールドカードをたくさん使うと還元率が上がる仕組みになっています。

また、「選べるポイントアップショップ」という丸井の店舗や通販以外でもポイントがザクザク貯まる仕組みがあります。対象ショップはVISA加盟店の中から指定されていて、イオンやイトーヨーカドーなどの日常よく利用するスーパーから、ビックカメラ・ヨドバシカメラ・ユニクロ・GAP・しまむらなどの人気ショップも登録できます。

よく利用するショップを最大3つ選んで登録しておくと、そのショップでのカード利用でポイントが最大3倍になるというものです。電力やガスなど公共料金の支払いでもショップで登録できますので、充実したラインナップとなっていて、ゴールドカードの利用者には嬉しい特典ですね。

エポスゴールドカードの特典について ②

エポスゴールドカードには、海外旅行傷害保険が自動で付帯されています。海外旅行での怪我や病気、賠償責任、携行品の盗難にも補償がついています。また、エポスゴールドカードの提示で、旅行での待ち時間に空港のラウンジでゆったりと過ごすことができる特典、Visaゴールドカードなら国際線や海外利用の際の、手荷物の預かりサービスや宅配、WiFi機器レンタルの優待もゴールドカードならではのきめ細かいサービスといえます。

いかがでしたでしょうか?エポスゴールドカードは、エポスカードを利用していると招待され、年会費も永年無料で、楽にカードを取得できるカードといえます。提携している店舗数も多くあり、エポスカードを提示するだけで人気の温泉宿やレストラン・ホテルなどが特別優待価格で予約できる特典もあります。海外旅行がより身近に安心になりそうなサービスを受けられ、カード取得の際にはエポスカードを検討してみるとお得な選択といえるでしょう。

エポスカードの申し込みは、こちらから。

エポスカード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード