今すぐクレカが必要な方は→

新幹線のチケット(切符)がお得に買えるオススメクレジットカード!「スマートEX」(Suica・PiTaPaもOK)などの交通系ICカードも便利。予約・変更・払い戻しについても解説。

新幹線

「新幹線」は、飛行機と比べて本数は多く、待ち時間は少なく、空港よりアクセスも良くて大変便利です。

もうひと工夫するとさらに便利に利用することができます。

この記事の目次

今すぐできる便利な工夫!

スマホ

実は、新幹線のチケット(切符)はみどりの窓口に並ばなくてもスマホから買うこともできます!

たとえば、飲み会が終わりそうなタイミングを見計らってワインを片手に買うこともできます。

予定が変わって二次会に参加することになったとしても手数料無料何度でも変更ができるので、スマホの画面で別の新幹線に変更するだけで完了です。

おまけにチケットの値段は窓口で買うよりずっとお得で、ポイントが貯まれば夢のような乗り心地のグリーン車を楽しむこともできます。

便利で快適、お値打ちになった新幹線の上手な使い方と、お得にチケットを買うためのクレジットカード選びについて本日は徹底解説します。

ネット予約で新幹線を便利に乗りこなそう!!

PCとカード

新幹線のチケット購入というと「みどりの窓口」を連想する人が多いのではないでしょうか?

でも実は、もう「みどりの窓口」に並ぶ必要はありませんよ。

待ち時間は長くて大混雑!「みどりの窓口」で買ってた時代はひどかった・・・

新幹線の切符を販売している「みどりの窓口」

ひと昔前は新幹線の最終が近くなるとチケットを求める人の列で大混雑し、乗り遅れそうになることも何度かありました。

そんな不便極まりない時代もありましたが、今ではネットで予約することができるようになりました。

年末年始・お盆や連休などの繁忙期であっても予約・乗車をすることができます。

スマホ予約でできること!
  • 新幹線の種類(「のぞみ」や「こだまも」)
  • 座席の種類(自由席や指定席)
  • チケットレスだからそのまま改札口へ直行

    新幹線をネットで予約した場合、チケットを発券する必要はありません。

    Suicaなどの交通系ICカード(もしくは専用のICカード)を、改札機でいつものようにタッチ&ゴーするだけです。

    何度予約変更しても手数料は無料

    チケットをネット予約すると、好きな時に好きなだけ、手数料無料何度でも変更することできます。

    LINEでも相談受付中

    公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    時間があるときに、編集部がお答えします^^

    予定が早く終われば早目の新幹線に、もう一杯飲んでいきたい時は少し遅めの新幹線にいつでも変更することが可能!

    チケット代はもちろんお得!!

    新幹線のネット予約は便利なだけではありません。

    窓口で並んで買うよりずっとお得な価格です。

    たとえば東京~新大阪区間のグリーン車であれば、片道約8,000円もお得になります。

    東海道・山陰新幹線のネット予約は2種類

    スマホ

    東海道・山陰新幹線のチケットは、2種類の方法でネット予約することができます。

    1,年会費無料で今すぐでも気楽にネット予約できる「スマートEX」

    手持ちのクレジットカードとSuicaなどの交通系ICカードを登録するだけで、今すぐ手軽に始められるのが「スマートEX」です。

    年会費無料で窓口に並ばず、いつでもどこでもパッと予約が出来ます。もちろん新幹線の料金もお得になります。

    ポイント!
    登録するだけで今すぐ使えるようになります。
    手間も費用もかからず何のデメリットもありません。

    新幹線に乗る人も乗らない人も、とりあえず登録だけでもしておいた方がよいですよ!!

    2,会員価格でさらにお得に新幹線に乗りたいなら「エクスプレス予約」

    「スマートEX」よりもさらにお得な料金で新幹線に乗ってみたい人にオススメなのが「エクスプレス予約」です。

    専用のクレジットカードを用意しなければなりませんが、そのメリットは「スマートEX」のはるか上を行きます。

    ケロンくん

    「とにかくできるだけお得な料金で新幹線に乗りたい!」という人は、「エクスプレス予約」をオススメするよ!

    このようにJR東海・JR西日本の新幹線のネット予約には2種類の方法があります。

    次章ではまず「スマートEX」について、その特徴や使い方などをもう少し細かく見ていきます。

    窓口に並ばずいつでもどこでもパッと予約!「スマートEX」とは

    スマートEX
    出典:スマートEX(公式サイト)

    「とりあえず新幹線のネット予約を一度試してみたい」

    「今日の午後新幹線に乗るからさっそくやってみたい」

    このような人にオススメなのが「スマートEX」です。

    スマートEXとは

    スマートEX
    出典:スマートEX(公式サイト)

    スマートEXとは、年会費無料で今すぐ始められる東海道・山陽新幹線チケット(切符)のネット予約サービスです。

    スマホ片手にカンタンな登録をするだけで、今すぐ新幹線の予約ができるようになります。

    対象区間は?

    東海道・山陽新幹線の全区間で、終日の全列車どれでも予約することができます。

    利用方法は?

    スマートEXのサイトにアクセスし、会員登録します。

    手持ちの「クレジットカード」「交通系ICカード」を登録するだけで利用することができます。

    当日はあらかじめ登録しておいたSuicaなどの交通系ICカードでそのまま乗車することができるため、駅で切符を受け取る必要はありません。

    ▼例外

      2名以上やこどもを含む予約の場合
    • 会員以外の1名が利用する場合
    • 会員が交通系ICカードを未登録の場合

    上記に該当する場合は、会員本人分を含め、指定席券売機等でチケットを受け取って、新幹線に乗車しなければなりません。

    スマホを使って簡単操作、あっという間に予約完了

    チケットを予約するにはスマートEXのサイトにログインし、時間や列車の種類、座席などを指定すれば完了です。

    予約は出発の1ヶ月前から、発車4分前まですることができます。

    予約変更は何度でも無料

    交通系ICカードでの改札入場前、もしくはきっぷ受取前で、予約している列車の発車時刻前までであれば、何度でも手数料無料で変更することができます。

    払い戻しももちろん可能!

    「とりあえず新幹線を予約しておいたけど、今日は帰るのをやめてもう一泊しておこう」

    こんな時はもちろんチケットの払い戻しを受けてください。

    列車の発車時刻前まで払い戻しが可能ですが、手数料が必要になります。

    ▼払い戻し料金

    • 自由席・指定席・グリーン車ともに片道の場合:310円
    • 自由席・指定席・グリーン車ともに往復の場合:620円

    払い戻し方法はまず予約サイトへログインし、当該予約を表示させて「払戻」ボタンを選択すれば完了です。

    予約していた列車に万が一乗り遅れてしまったら?

    予約していた列車に乗り遅れた場合でも大丈夫!

    予約した列車と同一日出発・同一区間であれば、後続列車の自由席に乗車することができます。
    ※早特商品を除く

    ケロンくん

    万が一乗り遅れてしまっても、後続車に乗るから安心だね♪

    早目の予約でお得に乗れる!!

    3日前までの予約で、長距離区間の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車が割引料金になる「EX早特」を利用することが出来ます。

    土休日はさらにお得になるので、使わない手はありませんよ!

    ポイント!
    たとえば東京~広島区間の指定席(土日)であれば往復7,160円
    グリーン車であれば往復で何と12,020円もお得に乗車することが出来ます。

    スマートEXの便利さはそのままで、更にお得になった「エクスプレス予約」

    エクスプレス予約
    出典:スマートEX(公式サイト)

    では次は「エクスプレス予約」について見てみましょう。

    エクスプレス予約とは

    エクスプレス予約
    出典:スマートEX(公式サイト)

    エクスプレス予約とは、東海道・山陰新幹線の会員制予約サービスのこと。

    繁忙期でも値段の変わらないe特急券の予約がネット上ででき、特急券と乗車券が一体となったEX予約サービスの利用ができます。

    エクスプレス予約の対象区間

    エクスプレス予約の対象区間は、東京~博多区間が対象となります。

    エクスプレス予約の利用方法

    エクスプレス予約を利用する場合には、基本的に「JR東海エクスプレス・カード」か「J-WESTカード(エクスプレス)」へ入会が必要です。

    また乗車時には、専用のICカード(EX-ICカード)を利用します。

    365日いつでもお得な会員料金

    平日はもちろんのこと、自由席が混み合う年末年始やお盆などの連休も、「エクスプレス予約」ならお得な会員価格で利用することができます。

    乗車日当日の予約でも、もちろんお値打ち価格で新幹線を利用することができます。

    ケロンくん

    たとえば名古屋~博多区間をEX予約で往復予約をすると、片道で2,090円もお得!

    「早得」でさらにお得に!

    早割
    出典:スマートEX(公式サイト)

    エクスプレス予約には、6つの「早得予約」があります。

    それぞれに特徴がことなるため、一つずつその内容を確認してみましょう。

    EX早得

    早得
    出典:スマートEX(公式サイト)

    3日前までの予約で「のぞみ」普通車指定席とグリーン車を割引価格で利用することができます。

    とくに土休日はさらに割引率が高くなるため、週末の遠方への旅行にはピッタリです。

    たとえば東京~広島区間の土日(グリーン車)であれば6,010円(片道)お得な値段で乗車することができます。

    EX早得21

    早得
    出典:スマートEX(公式サイト)

    21日前までの予約で、早朝・日中の「のぞみ」普通車指定席をEX商品中もっとも安く利用することができます。

    たとえば名古屋~博多区間であれば通常料金と比べて5,540円(片道)お得な値段で乗車することができますよ。

    EXグリーン早得

    グリーン早得
    出典:スマートEX(公式サイト)

    3日前までの予約で、早朝の「のぞみ」と終日の「ひかり」のグリーン車を割引価格で利用することができます。

    たとえば東京~新神戸区間であれば、5,170円(片道)お得です。

    EXこだまグリーン早得

    こだまグリーン
    出典:スマートEX(公式サイト)

    3日前までの予約で、「こだま」のグリーン車を割引価格で利用することができます。

    たとえば東京~新大阪区間であれば、7,720円(片道)お得です。

    EXのぞみファミリー早得

    のぞみファミリー
    出典:スマートEX(公式サイト)

    3日前までの予約で、土休日の「のぞみ」普通車指定席とグリーン車を割引価格で利用することができます。

    2名以上で利用でき、こども用の設定もあるので週末の家族旅行などにオススメです。

    たとえば東京~新神戸区間であれば、5,180円(グリーン車・大人ひとりあたりの)お得です。

    EXこだまファミリー早得

    こだまファミリー
    出典:スマートEX(公式サイト)

    3日前までの予約で、「こだま」普通車指定席とグリーン車をEX商品でもっともお得に利用することができます。

    2名以上で利用でき、こども用の設定もあるため、家族や友人との旅行にはピッタリです。

    たとえば東京~新大阪区間であれば、8,020円(グリーン車・大人ひとりあたりの)お得です。

    ポイント!
    3つのポイントからどのお得プランで予約するか考えておきましょう!

  • 何日前の予約か
  • 「のぞみ」か「こだま」か
  • 1人での使用かファミリーでの使用か
  • ネットでいつでも簡単予約

    PC

    「エクスプレス予約HP」へアクセス。

    ログイン後に日付や列車名、乗車駅と降車駅などを入力し、最後に「OK」を押したら完了です。

    シートマップで空席を確認し、自分の好きな座席を指定することももちろん可能。

    1ヶ月前から発車4分前まで予約することができます。

    >>予約方法の詳細はこちら(公式サイト)から

    ▼このように座席指定まで行うことができます!
    新幹線シートマップ
    出典:エクスプレス予約(公式サイト)

    予約・変更は手数料無料で何度でも

    予約した新幹線の変更は何度でも可能で手数料も無料です。

    会議が長引いた時や飲み会が盛り上がってもう少し居たい時、その場で何度でも変更することができます。

    変更の受付時間は毎日5時30分から23時30分。列車発車の4分前まで変更することができます。

    注意
    ただしEX予約専用ICカードで自動改札機を通過してしまった後は、予約の変更をすることが出来ません。

    チケットレスでスムーズ乗車

    改札機にタッチするだけで新幹線に乗車することができます!

    エクスプレス予約専用のICカードを使えば、チケットレスでスムーズに乗車することが出来ます。

    エクスプレス予約の払い戻しについて

    エクスプレス予約はEX予約専用ICカードでの改札入場前(もしくは切符受取前)で、予約している列車の発車時刻前であれば払い戻しをすることが出来ます。

    払い戻しの方法について

    払い戻しをする場合、サイトにログイン後「予約確認/変更/払戻」を選択し、払い戻したい予約の「払戻」を選択するだけでOKです。

    なお払い戻しをする場合には払戻手数料が必要になります。

    列車出発時刻前の払い戻し手数料

    • EX予約サービス(片道商品)、早得商品の払戻手数料・・・普通車・普通車指定席・グリーン車ともに310円
    • e特急券(切符受取前)・・・普通車指定席・グリーン車ともに330円、普通車自由席220円
    • e特急券(切符受取後)・・・乗車日2日前までの普通車指定席・グリーン車は330円、乗車日前日・当日の普通車指定席・グリーン車は発売額の30%、普通車自由席は220円

    列車出発時刻後の払い戻し手数料

    • EX予約サービス(片道商品)、早得商品の払戻手数料・・・区間ごとに定められた特定額となります。EX予約サービス(片道商品)に関してはこちらを、早得商品に関してはこちらをご覧ください。普通車自由席に関しては310円です。
    • e特急券・・・普通車指定席・グリーン車ともに払い戻しなし。普通車自由席は220円です。

    往復商品の払い戻し手数料(列車出発時刻前)

    EX予約サービス(往復割引)・・・普通車指定席(グリーン特典含む)、グリーン車、普通車自由席ともに620円

    往復商品の払戻手数料(列車出発時刻後)

    • EX予約サービス(往復割引)・・・普通車指定席(グリーン特典含む)、グリーン車については区間ごとの特定額になります。くわしくはこちらをご覧ください。普通車自由席については区間ごとの復割取消手数料となります。くわしくはこちらをご覧ください。

    払い戻し手数料が無料になる場合もある

    台風が接近または上陸する恐れがある場合や列車の大幅な遅れ・運休などが発生した時など、払い戻し手数料が無料になる場合もあります。

    ポイントを貯めてグリーン車に乗ろう!!エクスプレス予約の「グリーンプログラム」とは

    グリーンプログラム
    出典:エクスプレス予約(公式サイト)

    「グリーンプログラム」は、JR東海・西日本が会員向けに提供している特典プログラム。

    航空会社のマイレージプログラムの新幹線版だと思っていただければイメージしやすいと思います。

    エクスプレス予約で乗車をすると、利用区間に応じて登録不要で自動的にポイントが貯まります。

    ポイントが貯まると普通車指定席の値段でグリーン車を利用することができます。

    グリーン車って実際どう?

    グリーン車
    出典:新幹線のご案内(公式サイト)

    グリーン車は飛行機のビジネス・ファーストクラスと同じで、一度乗ってしまうと、のぞみなどの普通車指定席では満足できなくなってしまう程の魅力があります。

    魅力その1.幅広く、さまざまな機能が備わっているシート

    グリーン車
    出典:新幹線のご案内(公式サイト)

    普通車は1列の座席数は3人席と2人席の計5人分が並びです。

    グリーン車は1列の座席数は2人席が2つしかありません。

    普通車のシートと比べるとシートの横幅が約10センチほど広いです。。

    スマホを充電するためのコンセントも全席に装備されています。

    座席のリクライニングレバーもグリーン車では電動式で、背もたれは最大32度(700系は34度)まで倒すことができるため、移動中はとにかく快適そのものです。

    魅力その2.床のふかふかさと静かさ
    グリーン車
    出典:新幹線のご案内(公式サイト)

    またすべての座席には上質なフットレストが装備されており、足元を暖かくすることができるヒーターや読書灯もついています。

    床にはふかふかのカーペットが敷きつめられているので人が通っても音がしなくて本当に静かです。

    魅力その3.小物などの置き場も充実

    通常のテーブル以外にもグリーン車には、ひじ掛け部分に小型のテーブルが収納されています。

    スマホなどの小物や飲み物を置いておくのに大変便利です。

    魅力その4.空調の風量調節が可能

    座席ごとに個別で空調の風量調節ができるため、微妙な温度調節も可能です。

    魅力その5.おしぼりがもらえます

    あまり大したことではないのですが、発車してしばらくするとおしぼりを出してもらえます。

    たったこれだけのことなのですが、手をふくだけでも随分とリラックスできます。

    ポイント!
    筆者は新幹線に乗る時は、いつもグリーン車です。
    エクスプレス予約の「EXこだまグリーン早得」であればそれ程高くない値段で、プチ贅沢気分が味わえるのでオススメです。

    グリーン車に乗るために必要なポイントは600ポイントから

    ▼グリーン車に乗るために必要なポイント

    • こだまのグリーン車の場合・・・600ポイント(おとな・こども同数)
    • ひかりのグリーン車の場合・・・800ポイント(おとな・こども同数)
    • のぞみのグリーン車の場合・・・1,000ポイント(おとな・こども同数)

    必要なポイント数は区間に関係ないため、できるだけ長距離のグリーン車を予約するのがオススメですよ!

    貯まるポイントはどれくらい?

    エクスプレス予約で購入のうえ乗車すると、たとえば下記の区間の場合これだけのポイントを貯めることができます。

    ▼乗車区間と貯まるポイント

    • 東京~新大阪区間・・・90ポイント(往復180ポイント)
    • 東京~広島区間・・・130ポイント(往復260ポイント)
    • 名古屋~博多区間・・・130ポイント(往復260ポイント)

    ケロンくん

    こだまのグリーン車であれば、数回利用する程度で簡単に貯まりそうだね。

    ポイントには有効期限があるので要注意!!

    グリーンプログラムのサービスは、毎年1月1日~12月31日の1年間を1期として計算します。

    各期のポイント有効期限(グリーン特典の予約申込期限)は、乗車日の翌年6月末日(23:30)までとなります。

    スマートEXとエクスプレス予約、どちらがオススメ?

    ?

    スマートEXとエクスプレス予約。

    どちらもネットで新幹線の予約をすることができます。

    どちらがオススメなのか両者をさまざまな点から比較してみます。

    登録方法の違い

    ・スマートEX・・・手持ちのクレジットカードと交通系ICカードを登録するだけで今すぐ利用できます。

    ・エクスプレス予約・・・まず「JR東海エクスプレスカード」もしくは「J-WESTカード」の会員にならなければなりません。どちらも年会費が1,000円(税別)必要です。

    ケロンくん

    手軽さではスマートEXの勝ち!

    値段の違い

    ・スマートEX・・・区間にもよりますが5%程度安く乗車することができます。

    ・エクスプレス予約・・・早得商品であれば2~3割程度は安くなります。

    ケロンくん

    値段はエクスプレス予約の圧勝!

    乗車方法の違い

    ・スマートEX・・・手持ちの交通系ICカードで乗車します。

    ・エクスプレス予約・・・専用のICカードで乗車します。

    ポイント特典

    ・スマートEX・・・何もありません。

    ・エクスプレス予約・・・乗車ごとにポイントが貯まる「グリーンプログラム」に手続き不要で加入できます。
    貯めたポイントでグリーン車に乗ることができます。

    ケロンくん

    ここもエクスプレス予約の勝ちだね♪

    結局どちらがオススメ?

    数年に1度しか新幹線を利用しない人、もしくは「とりあえず新幹線のネット予約の便利さを試してみたい!」と思われる方にはスマートEXをオススメします。

    それ以外の方であれば圧倒的にエクスプレス予約がオススメです。

    年会費として1,000円(税別)必要ですが、年に1度ていどの利用でも、年会費の元を取って、お釣りが来るほどお得です。

    エクスプレス予約のためのクレジットカード

    クレジットカード

    年に1度以上新幹線に乗る人であれば絶対に利用した方がよいエクスプレス予約。

    エクスプレス予約を利用するためには、これからご紹介する2枚のクレジットカードのどちらかの会員になる必要があります。

    そこでこの2枚のカードの特徴と、最終的にどちらを選べばよいのかを解説していきます。

    JR東海エクスプレス・カード

    JR東海エクスプレス・カード
    出典:JR東海エクスプレス・カード(公式サイト)

    ではまず1枚目はJR東海がセディナカードと提携して発行している「JR東海エクスプレス・カード」です。

    基本スペック

    カード名JR東海エクスプレスカード
    本人年会費1,000円(税別)
    家族会員年会費1,000円(税別)
    ETCカード年会費無料(新規発行手数料1,000円(税別))
    海外旅行傷害保険最高2,000万円
    国内旅行傷害保険最高1,000万円
    ショッピング保険最高150万円
    ポイント還元率0.5%
    発行会社セディナ
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB

    年会費無料ではありませんが、年に一度でも新幹線を利用する人であれば割引分で元は取れるのでそこは割り切りましょう。

    還元率は低いので、新幹線のチケット購入以外はこのクレジットカードを利用することはオススメできません。

    通常の決済は別のメインカードもしくはサブカードを用意して、そちらで行った方がよいでしょう。

    JR東海エクスプレス・カードの特徴

    JR東海エクスプレス・カードの会員になると、JR東海・JR西日本の新幹線が割引価格で予約できる「エクスプレス予約」を利用することができます。

    年会費無料ではありませんが、年に1度でも新幹線を利用する人であれば簡単にに元を取ることができます。

    スマホやパソコンなどでネット予約をすることができるため、いつでもどこからでも簡単に予約・変更をすることができます。

    優待特典が充実

    JR東海関係の商品を中心に、優待特典が充実しています。

    • JR東海ツアーズ各支店で国内旅行「ぷらっとフリープラン」が3%割引で購入できます
    • 全国のJRホテルグループのホテルが10%割引で宿泊できます
    • 駅直結の商業施設や駅構内の対象店舗で、割引サービスや優待特典を利用することができます

    JR東海エクスプレス・カードがオススメな人

    優待特典がJR東海沿線に集中しているため、東京~名古屋区間などのJR東海の区間の新幹線を利用する人にオススメです。

    J-WESTカード「エクスプレス」

    J-WESTカード
    出典:J-WESTカード(公式サイト)

    2枚目はJR西日本が三菱UFJニコスおよびJCBと提携して発行している「J-WESTカード」

    基本スペック

    カード名J-WESTカード「エクスプレス」
    本人年会費1,000円(税別)
    家族会員年会費1,000円(税別)
    ETCカード年会費年会費・発行手数料ともに無料
    海外旅行傷害保険最高2,000万円
    国内旅行傷害保険最高1,000万円
    ショッピング保険最高150万円
    ポイント還元率0.5%
    発行会社三菱UFJニコス
    JCB
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    JCB

    こちらもスペック的にはJR東海エクスプレス・カードとほぼ同じです。

    こちらも年会費は無料ではありませんが、年に一度でも新幹線を利用する人であれば年会費分の元くらいはすぐに取れてしまいます。

    こちらも還元率は低いので、新幹線のチケット購入以外でこのクレジットカードを利用することはオススメできません。

    こちらもJR東海エクスプレス・カードの場合と同じで、通常の決済は別のメインカードもしくはサブカードを用意し、そちらで行った方がよいでしょう。

    J-WESTカード「エクスプレス」の特徴

    新幹線のエクスプレス予約が出来るのはJR東海エクスプレス・カードと同じですが、それ以外にもさまざまな特徴があります。

    • J-WESTプレミア・プログラム・・・1年間のエクスプレス予約による山陽新幹線の乗車実績に対して、設定された優遇クラスに応じて、ボーナス分のJ-WESTポイントが付与されます
    • e5489(いーごよやく)・・・e5489は、山陽・九州・北陸新幹線や、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの主な特急列車などをケータイ・パソコン・スマートフォンから簡単に割引価格で予約することができるサービスです。このお陰で、東京~博多間以外にも広範囲で新幹線や特急列車に割引料金で乗ることができるようになっています。

    J-WESTカードの優待特典

    J-WESTカードにも、JR西日本ならではの特典が充実しています。

    • ホテルグランヴィアをはじめとするJR西日本ホテルズへの宿泊優待
    • 日本旅行で 「赤い風船、マッハ・ベスト」をJ-WESTカードで購入した場合、次回以降に利用できる金券をプレゼント
    • 関西国際空港の「KIXエアポートラウンジ」利用代金が20%OFF

    J-WESTカードがオススメな人

    J-WESTカードの会員になると、山陽・九州・北陸新幹線や、JR西日本・JR四国・JR九州エリアの主な特急列車などのチケットを割引価格で購入することができます。

    東海エリアでのみ新幹線を利用する人以外であれば、幅広く利用できるJ-WESTカードをオススメします。

    番外編 JQカード

    JQカード
    出典:JQカード(公式サイト)

    エクスプレス予約のためのカードではありませんが、九州から関西方面への新幹線を割引価格で乗車することができるJQカードのご紹介です。

    JQカードはエクスプレス予約とほぼ同じ機能を持った「eきっぷ」をオンライン予約することができます。

    JQカードには多くの種類がありますが、ここではETCカード年会費無料のJQカードセゾンをご紹介します。

    基本スペック

    カード名JQカード(セゾン)
    本人年会費1,250円(税別)
    ただし年1回以上の利用で無料。
    家族会員年会費家族カードの発行はなし
    ETCカード年会費年会費・発行手数料ともに無料
    海外旅行傷害保険なし
    国内旅行傷害保険なし
    ショッピング保険別途加入(有料)
    ポイント還元率0.5%
    発行会社クレディセゾン
    国際ブランドVISA
    Mastercard
    American Express
    JCB

    年会費は初年度無料で二年目からは1,250円(税別)ですが、年1回以上のカード利用で年会費無料になるので実質的には年会費無料といえるでしょう。

    こちらのカードも還元率が低いので通常の買い物での決済はオススメできません。

    新幹線のチケットを割引価格で購入する場合のみ利用するのがオススメです。

    • 九州から関西方面への新幹線の切符が10%以上安く購入できる「eきっぷ」「e早得」「スーパー早得きっぷ」などを購入することができます。
    • JR九州グループや駅ビルの施設を割引価格で利用することができます。
    • レストランや毎日の買い物など、セゾン系カードと共通の特典を受けられます。

    JQカードがオススメな人

    JQカードはJR九州グループでの特典が豊富なので、九州在住で九州および関西方面で新幹線を利用する機会のある人にオススメです。

    新幹線チケットを安く購入するコツ

    スマートEX、エクスプレス予約以外にも新幹線チケットを安く購入する方法はあります。

    それらを簡単にまとめてみました。

    回数券を購入する

    新幹線の回数券を購入すると、通常の3~5%程度安く済ませることができます。

    回数券は6枚つづりで有効期限は3ヶ月間のみのため、1,2枚程度であれば駅近くの金券ショップでばら売りされている回数券を購入することをオススメします。

    えきねっとトクだ値

    JR東日本・JR北海道の新幹線のチケットを購入する場合、割引価格で購入することができるサービスが「えきねっとトクだ値」です。

    えきねっとトクだ値を利用するためには、「えきねっと」の会員になる必要があります。

    割引率は5〜15%程度に設定されています。

    13日以上前に購入する場合であれば「お先にトクだ値」「お先にトクだ値スペシャル」を利用すると、同区間をさらに割引価格で購入することが可能です。

    株主優待

    JR各社は上場しているため、株主にたいして優待割引券(株主優待券)を発行しています。

    株主優待券を使うと、それぞれのJR線を割引価格で乗車することができます。

    ただしたとえばJR東海の株価は25,000円前後。

    100株単位での購入となるため株主になるためには250万円前後の費用がかかります。

    これは非現実的なため、金券ショップで売られている株主優待券を購入するのが一般的です。

    なお株主優待券はJR東海であれば1枚1,000円前後、JR西日本であれば1枚4,000円前後で購入する事ができます。

    ぷらっとこだま

    JR東海ツアーズで販売している「ぷらっとこだま」を購入すると、東海道新幹線こだま号の普通車指定席やグリーン車に安く乗ることができます。

    「普通車指定席プラン」と「グリーン車指定席プラン」の2種類のプランがあり、普通車で約25%ほど安く乗車することができますよ。

    ポイント!
    このように新幹線チケットを安く買うには、さまざまな方法があります。
    その中でも割引率やポイント還元などを考えると、エクスプレス予約がもっともオススメと言えます。

    JR各社の新幹線格安チケット支払方法

    新幹線

    では最後に、JR各社の新幹線の格安チケットの予約方法と支払方法をまとめてみます。

    JR東日本

    JR東日本

    • 予約方法・・・えきねっと内で「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」「モバイルSuica特急券(モバトク)」「スーパーモバイルSuica特急券(スーパーモバトク)」のどれかを購入
    • 支払方法・・・クレジットカードもしくは現金

    JR東海

    JR東海

    JR西日本

    JR西日本

    • 予約方法・・・JRおでかけネット内の「スマートEX」「エクスプレス予約」もしくは「e5489」
    • 支払方法・・・クレジットカード、現金もしくはコンビニ払い

    JR九州

    JR九州

    • 予約方法・・・JR九州のサイトから各種割引チケットを購入
    • 支払方法・・・クレジットカード、現金もしくはコンビニ払い
    ポイント!
    このようにJR各社とも新幹線割引チケットを販売しており、割引率も20%~50%ほどの割引率の高い商品を発売しています。
    こういった商品の大半は提携発行しているクレジットカードでの決済が必要な場合が多いため、よく利用する新幹線のカードは持っておいた方がよいでしょう。

    まとめ

    新幹線のネット予約は今、大変便利になっています。

    いつでもどこからでも予約・変更も自由自在に行え、座席指定すらできます。

    割引率も大変高いため、年に1度以上新幹線に乗る人であれば

    ネット予約のためのクレジットカードを作っておいた方が断然お得に新幹線を乗りこなすことができるでしょう。

    ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 マイルが貯まりやすいアメックス
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪