2018年最新!おすすめクレカランキング→

【ATM手数料・振込手数料節約】銀行提携クレジットカードなら使うたびポイントも貯まる。電子マネー付帯タイプもあり!

銀行提携クレジットカードは実用性が抜群

銀行提携クレジットカードは「銀行キャッシュカード」+「クレジットカード」の一体型です。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

1枚のカードでキャッシュ機能とクレジット機能を使うことができ、カードによっては電子マネーまで搭載されているタイプもあります。

一体型の強みは機能性にある

キャッシュカード一体型は

・キャッシュカードとして使える
・クレジットカードで買い物ができる
・キャッシングも可能
・電子マネーも使える

という機能性の充実が強みです。

これは単体型のクレジットカードやキャッシュカードでは実現できないメリットなので、1枚にすべてを集約したいという方にオススメです。

銀行ならではの特典も魅力

キャッシュカード一体型は銀行ならではのメリットとして

ATM手数料無料月間として回数制限が設けられているケースが多い
振り込み手数料無料月間として回数制限が設けられているケースが多い
銀行の独自ポイント銀行の独自ポイントを貯められる

という3つの魅力があります。

これも単体型にはない魅力なので、「機能性」+「特典」という総合力は非常に高いものがあります。

「みずほマイレージクラブカードTHE POINT」は特典満載


出典:https://www.mizuhobank.co.jp/mmc/index.html

「みずほマイレージクラブカードTHE POINT」は、「みずほ銀行キャッシュカード」+「オリコカードTHE POINT」が一体となったカードです。

みずほ銀行を利用している方にとっては非常にメリットが高いカードであり、キャッシュカード一体型の魅力が分かりやすい代表的なカードでもあります。

「オリコカードTHE POINT」ってなに?


出典:http://www.orico.co.jp/creditcard/

「オリコカードTHE POINT」というのは、オリコがリリースしている「THE POINTシリーズ」のクレジットカードです。

このシリーズはポイント還元率が最低1.0%になっているので、クレジットカードの平均0.5%の約2倍でポイントを貯められることが魅力です。

特に審査が厳しいわけでもなくカードランクも「一般カード」が用意されており、しかも年会費は無料です。

大衆向けのハイスペックなクレジットカードとして人気が高いです。

「THE POINT徹底解説」

THE POINTシリーズは「オリコカードザポイント徹底解説!持っておいて損はない、年会費永年無料で圧倒的ポイント還元率はこのカードだけ!【2018年最新版】」を読んでみよう。

「みずほマイレージ」ってなに?

「みずほマイレージ」というのは、みずほ銀行のインターネットバンキングサービスの名称です。

最近、「みずほ銀行マイレージクラブ」→「みずほダイレクト」に名称が変更されましたが、インターネットバンキングはもちろん健在です。

みずほ銀行はサービスの利用状況に応じてATM手数料や振り込み手数料が無料となります。

また、みずほダイレクトは登録や年会費などがすべて無料なので、口座を開設したらみずほダイレクトを利用しておきましょう。

「みずほマイレージクラブカードTHE POINT」の特典

「みずほマイレージクラブカードTHE POINT」の基本情報は

・18歳以上の高校生不可
・年会費無料
・VISAかMaster Cardを選べる
・iDとQuicPayの電子マネー搭載

となっています。

このカードは上記のとおりキャッシュカード一体型なので、みずほ銀行に口座を持っていない方はカードの申し込みと合わせて口座開設することになります。

ATM手数料と振り込み手数料は

・みずほ銀行とイオン銀行のATM時間外手数料が無料
・コンビニのATM手数料と時間外手数料が月4回まで無料
・みずほ銀行宛ての振り込み手数料が無料
・他銀行宛ては年間100万円以上のカード利用で月4回まで無料

となっています。

ちなみにみずほ銀行のATM手数料は「通常108円」・「時間外216円」なので、これを無料にできると貯金が進みますね。

クレジットカードのポイントについては「THE POINT」のスペックがそのまま継承されているので、「1.0%=100円で1ポイント付与」です。

また、入会キャンペーンも継承されているので入会後6ヶ月はポイント2倍、さらにオリコモールの利用で0.5%加算も継承されています。

スポンサードリンク

「入会後6ヶ月はポイント2倍」

THE POINTのポイントは「オリコカードザポイントは入会後6ヶ月はポイント還元率2%、この期間にカードを使い倒す方法を紹介します!」を読んでおこう。

「みずほマイレージクラブカードセゾン」よりもポイントがお得!


出典:https://www.mizuhobank.co.jp/mmc/card/mmc_suica.html

みずほ銀行のキャッシュカード一体型といえば、「みずほマイレージクラブカードセゾン」が有名です。

このカードは「セゾンカード」と一体になっていますが、ポイント還元率が0.5%です。

永久不滅ポイントなので有効期限なく永遠とポイントを貯められるものの、ポイント還元率の低さが難点です。

もし、みずほ銀行でキャッシュカード一体型を検討しているなら「みずほマイレージクラブカードTHE POINT」の方がポイントがお得なので、クレジットカード側の恩恵を感じやすいでしょう。

りそな銀行は「りそなクラブポイント」が魅力


出典:http://www.resonacard.co.jp/clubpoint/

みずほ銀行では、銀行側の独自ポイントがありません。しかし、りそな銀行には「りそなクラブポイント」という独自ポイントが用意されています。

キャッシュカード一体型は基本的に銀行側のメリットとして

・ATM手数料
・振り込み手数料

の2点に注目するのがセオリーですが、りそな銀行のように独自ポイントが備わっている銀行もあることを知っておくとさらにお得なカードを見つけやすくなります。

りそなクラブポイントってなに?

りそな銀行には「りそなクラブ」というインターネットバンキング併用型のサービスがあります。

これに登録すると

・りそなで給与を受け取る
・投資信託する
・外貨預金する
・マイページにログインする
・クレジットカードを利用する

など、サービスの利用状況に応じてりそなクラブポイントが貯まるようになります。

りそなクラブポイントは

・Tポイント
・dポイント
・LINEポイント
・KiPSポイント
・WAONポイント

など様々なポイントへ移行して使うことができ、その対象ポイントが約20種類ほどあります。しかも、移行したいポイントプログラムがない場合は「1,000ポイント」→「700円」としてキャッシュバックすることができ、ポイント還元率としても優秀です。

ステータス制度でATM手数料無料も有り


出典:http://www.resonabank.co.jp/club/index.html

りそなクラブは毎月の利用状況によって「ステータスポイント」が貯まるようになっています。

ステータスは

パールりそなグループのATM手数料無料
ルビーコンビニのATM手数料も月3回無料
ダイヤモンド振り込み手数料も無料

というようにお得な特典に違いが出てきます。

ちょっとした遊び心でお得さを追求していくことができるのは、りそな銀行ならではの魅力です。

「りそな一般カード」でも十分にお得

りそな銀行のキャッシュカード一体型は

一般カードJCBとVISA初年度年会費無料、次年度はJCB1,000円のVISA1,250円
一般カードセゾン年会費無料
JCBゴールド年会費5,000円
VISAゴールド年会費10,000円

となっています。

この中でも「JCB」・「VISA」の一般カードはコスパが良く、年に一回カードを使うだけで「りそなクラブポイント1,000=700円の価値」がプレゼントされます。

また、日頃のショッピングは1,000円毎に5ポイントが貯まるので、ポイント還元率は平均的です。

それほどカードを使うことがないという方にとってはメリットを感じやすいスペックです。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード