2018年最新!おすすめクレカランキング→

JCBから非接触IC決済サービス「J/Speedy」誕生!対応カードは?Apple Payと何が違う?


出典:http://www.jcb.co.jp/merchant/services/payment/j-speedy.html

「J/Speedy」とは?

「J/Speedy」はJCBがリリースしている非接触IC決済サービスです。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

JCBカードやスマートフォンなどを端末にかざすだけでショッピングができるJCBブランドの決済サービスです。

JCBブランドカードやスマートフォンをはじめとするさまざまなデバイス(モバイルウォレットやウェアラブル端末)で利用できる非接触IC決済サービスです。国内外のお客様のお支払いを素早く便利に行えます。
引用元:http://www.jcb.co.jp/merchant/services/payment/j-speedy.html

「J/Speedy」のメリットは

・スピーディーな決済:端末にかざすだけで決済可能
・世界で使える:「NFC=非接触ICの国際規格」なので世界で使える
・セキュリティが高い:「EMV=ICカードの国際規格」なので安全性が高い

の3つがあります。

難しい言葉が色々と出ていますが、要するにJCBカードかスマホを端末にかざすだけで決済可能となるのが「J/Speedy」です。

また、上記のJCB情報では「JCBカードやスマートフォンを端末にかざすだけで~」とありますが、JCBカードをそのまま端末にかざして決済できるのは「ジャックス・J/Speedyカード」のようにJ/Speedyマークのあるカードのみとなります。

それ以外のカードについてはスマートフォンからApple PayでJ/Speedyの設定をしておく必要があります

対応カードは?


出典:http://www.jcb.co.jp/card/add/apple-pay/index.html

「J/Speedy」に対応しているカードは

JCBブランド=Apple Payを経由する
J/Speedyマークのあるカード=そのままカードを端末にかざして決済可能

です。

イオンカードやセゾンカードなど発行会社を問わずに「JCB」のマークがあればOKです。

ちなみに他ブランドの非接触IC決済サービスは

VISA PAYWAVEVISAブランドMaster CardコンタクトレスMaster Cardブランド

というようにそれぞれのブランドのカードが対象です。

「J/Speedy」の使い方

「J/Speedy」が使えるお店は

・J/Speedyの加盟店:加盟店には「J/Speedy」のマークがある

です。

加盟店を見つけたら、そのお店で買い物をする時にレジで「J/Speedyでお願いします」と伝えます。

あとは、定員さんが提示する端末にJ/Speedyカードかスマホをかざすだけで決済完了となります。

Apple Payの「J/Speedy」設定方法

Apple PayでJ/Speedyを設定するためには

対象機種は以下の通りです。
・「iPhone X」
・「iPhone 8」
・「iPhone 8 Plus」
・「iPhone 7」
・「iPhone 7 Plus」
・「Apple Watch Series 3」
・「Apple Watch Series 2」

においてiOS 11.0以降にアップデートする必要があります。

そうすると、Apple Payの設定画面でJCBブランドのカードをJ/Speedyに設定できるようになります。

スポンサードリンク

また、今回のiOS 11.0以降にアップデートではMaster Cardコンタクトレスも利用可能となったようなので、Master CardについてはMaster Cardコンタクトレスに割り振れるようになります。

この流れからするとVISA PAYWAVEが利用可能となる日もそう遠くはないかもしれませんね。

「Apple Pay」と「J/Speedy」の違いは?


出典:https://www.jaccs.co.jp/service/card_lineup/jaccscard/j-speedy/detail.html

Apple Payというのは、クレジットカードや電子マネーなどカード情報を登録することでスマホをかざして決済できるアプリです。

J/Speedyというのは、JCBカードを対象として「JCBカード=Apple Pay経由」・「J/Speedyカード」をJ/Speedy端末にかざすだけで決済できる決済システムです。

Apple Payが使えるお店 ・「Apple Pay」
・「iD」
・「QUICPay」
・「Suica」
のマークがあるお店
J/Speedyが使えるお店「J/Speedy」のマークがあるお店

両者を使えるお店は上記となっていますが、今回のアップデートによって

Apple Payが使えるお店は
・「Apple Pay」
・「iD」
・「QUICPay」
・「Suica」
・「Master Cardコンタクトレス」
・「J/Speedy」のマークがあるお店

となります。

Apple Payは加盟店や対象カードなどの情報が統一されていないので、使えるカードがあったりなかったりとかなり複雑です。

Apple Payが進化するほど対応カードや加盟店が増えるので、今回のアップデートのようにさらなる進化に期待を持ちたいところですね。

「Apple Payの基本情報」

Apple Payが分からない方は「超便利!乗り遅れてるあなたに、Apple Payの仕組み・対応カードを徹底解説!【Edy・iD・Suica】」を読んでおこう。

「J/Speedy」は使える決済手段なの?

今のところ「J/Speedyで決済できるのは助かる!」と思う方は殆どいないでしょう。

Apple Payが日本に登場してから約1年ほどが経ちますが、爆発的に普及しているという印象も特にありません。

やはり、初心者にとっては仕組みが分かりずらいというのが難点であり、それを理解する労力を考えたら普通にカードを提示する方が早いですね。

今後は非接触IC決済が増えていく

今回のテーマである「非接触IC決済」はキャッシュレスとの関係が非常に深いです。

カード大国と呼ばれる海外の先進国では、どちらかというと非接触IC決済がスタンダードです。その理由は、現金ではなくカードを使う機会が多いからです。

日本は政府がキャッシュレス政策を実行中であるものの、2020年のオリンピックまでにどこまでキャッシュレス化が進むのかも未知数な部分が多いです。

目標である2020年に多くの観光客がやってくることが分かっているので、それに向けて非接触IC決済が可能なお店は増加すると予想されます。

「どこまで非接触IC決済を導入しているお店が増えるのか?」、これによってJ/Speedyの命運も決まりそうです。

キャンペーンに注目しておこう

Apple PayやJ/Speedyなどスマホ経由の決済が便利かどうかは個人差が大きいです。

シンプルにメリットが明確であれば使う人も増えそうですが、通常のカード決済を上回るようなメリットは今のところありません。

ただし、1つ注目しておきたいのはキャンペーンです。

2017年の前半は各社においてApple Payキャンペーンがよく開催されており、Apple Payで決済するとポイント増量やキャッシュバックを受けられるなど魅力が多かったです。

J/Speedyも結局は需要を高める必要があり、その為には多くの方に認知してもらう必要があります。その方法として最も簡単なのがキャンペーンなので、どこかのタイミングで「J/Speedy利用で抽選プレゼント」や「一定額以上の利用で○○円キャッシュバック」というイベントが開催される可能性は高いです。

JCBユーザーの方は今後のJ/Speedyの動向に注目しておくと、お得な特典を得られるかもしれませんね。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード