2018年最新!おすすめクレカランキング→

【ルミネカード徹底解説】男女問わずファッション好きなら、年会費を払ってでも持っておいて損なしのカードです!


出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html

ルミネをよく使うという方に朗報です。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

ルミネではルミネカードというクレジットカードを発行しており、対象店舗であれば仮カードという形で即日発行してもらうことができます。このカード、ルミネでお得な割引を受けることができるほか、電車などの公共交通機関に乗ることもできてしまうすごいカードなのです。

今回はそんなルミネカードについて徹底解説しますので一緒に見てみましょう!

1. ルミネカードの基本情報


(引用元:http://www.lumine.ne.jp/card/)

1-1. ルミネカードとは

ルミネカードとは、ルミネで提示をするとお得な割引を受けることのできるクレジットカードです。いつでも全品5%オフという特典を受けることができるため、よくルミネを使うという方は持っておいて損はありません。

1-2. 年会費は953円かかる


(引用元:https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html)

ルミネカードは年会費が953円(税抜)かかるクレジットカードです。初年度は無料なのでお試しで持つという形で発行してみて、自身に合わないなどカードを持つメリットを感じにくかった場合は解約してしまうといいでしょう。

なお他社カードでよく見かける「〇〇円以上使ったら次年度無料」などといったキャンペーンは行われていません。

1-3. 国際ブランドは3種類から!

ルミネカードには3つの国際ブランドを搭載することができます。

1つ目はVISAです
VISAは世界中の加盟店で使うことができるため、このカード1枚で旅を楽しむことができます。

2つ目はMasterCard。
MasterCardもVISA同様、世界中の加盟店で利用できるため持っておいて損はありません。ちなみに、日本国内ではVISAとMasterCardのライセンスを三井住友カードがすべて持っていますので、どちらのブランドを選んでも使うことができます。

最後はJCBです。
JCBは日本発の国際ブランドとです。そのため、まだまだ海外に加盟店が少なく海外旅行で使えないという場合もあります。すでにVISAまたはMasterCardを持っている場合はサブカードとしてJCBを持つようにするといいかもしれません。

1-4. 支払い方法は4つある

ルミネカードには4つの支払い方法があります

1つ目は1回払いです
これは利用した代金を翌々月に一括で支払う方法で金利手数料はかかりません。

2つ目はボーナス一括払いです
1回あたり1万円以上使っている場合、夏と冬のボーナスに合わせて請求が行われます。こちらも手数料は一切かかりません。

3つ目は分割払いです
商品代金を自身が希望する回数(2回~24回)で割った金額を毎月支払っていくというものです。2回の分割払いであれば手数料は不要ですが、3回以上の場合は金利手数料がかかってきますので注意しましょう。

4つ目はいぼルビング払いです
リボ払いとも呼ばれており、毎月の請求額を定額に設定し支払いを行います。利用残高に応じて毎月支払う金額は変わってきますが、

  • 5,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 30,000円

のコースの中から自身でコースを選択し、支払いをします。
リボ払いは毎月支払う額が一定のため、家計をコントロールしやすいというメリットがありますが、金利手数料が実質年率13.2%かかってきます。

1-5. ルミネカードで電車にも乗れる


出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html

ルミネカードにはSuicaと定期券が搭載されています。ルミネカードに予めチャージをしておけば電車に乗ることができるほか、定期券を記載しておけば定期として利用することもできます。
万が一、落としてしまった場合でもクレジットカードとしての補償以外にも定期券やSuicaへのチャージ分をも補償してくれるので安心できますね。

1-6. 国内・海外旅行傷害保険が付いてる!

ルミネカードには国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。
国内旅行の場合はきっぷや旅行商品をルミネカードで購入すると補償の対象(利用付帯)となり、海外旅行の場合は自動的に付帯(自動付帯)となります。補償額は国内と海外で異なり、最高額は国内で1,000万円、海外で500万円です。

スポンサードリンク

2. ルミネのお買い物がいつでも5%オフ


(引用元:https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html)

2-1. 5%オフはルミネとNEWoManで受けられる

ルミネカードを持っていればルミネでのお買い物が全品5%オフになります。これは本やDVDさらにレストランでのお食事も対象となっており、制限がほとんどありません。
ルミネにはファッション系のお店も多く入っており、ファッション好きな方であれば持っておきたい一枚ではないでしょうか。

また夏冬のバーゲンなどでもセール価格からさら5%オフになるため、かなりお得にお買い物をすることができます。
また新宿駅直結NEWoMan(ニューマン)でも5%オフになります。ここは女性をターゲット層にした複合施設でファッションはもちろん、保育園やクリニックなどさまざまなお店が入っています。

2-2.年数回は10%オフセールを開催!

ルミネカードを持っているとルミネやNEWoManで年数回、10%オフの優待を受けることができます
通常時は5%オフですが期間中に限り全品10%オフになるのでさらにお得です。

またオンラインショップ「i LUMINE」でも5%オフ(年数回10%オフ)の対象になりますので、近くにルミネがないという方でも特典が受けられるようになっています。

3. 年会費を支払うのがもったいない?

ルミネカードは冒頭の方でもご紹介したように年会費が953円(税抜)かかるクレジットカードです。しかし、よくルミネを使うという方の場合、ルミネカードの有無によってお得額が大きく変わってくることもあります。

例えば毎月3,000円程度ルミネでお買い物をするという場合、
「3,000円×12カ月で36.000円」
の支出があります。

これをルミネカードで支払ったと仮定すると、5%オフされますので34,200円となり1,800円得した計算になります。ここからルミネカードの年会費を差し引いたとしても770円(2018年1月現在)のお得ということになります。

また10%オフ期間中に1万円以上使った場合はその時点で1,000円以上の割引が確定しますので、ルミネカードの年会費を上回る計算になります。

このようにルミネを頻繁に使う場合、年会費以上のお得を受けることができますので年会費を支払ってもお得感は残るのではないでしょうか。

4. ルミネカードを使ってポイントを貯めよう


(引用元:https://www.jreast.co.jp/card/first/lumine.html)

ルミネカードは1,000円につき2ポイント貯まります。
定期券の購入やオートチャージを利用した場合はポイントが3倍になるので6ポイント貯まりますね。ポイントは1ポイント2.5円相当として貯めることができ、貯まったポイントはルミネ商品券に交換したりSuicaへのチャージとして利用したりすることができます。

ちなみにルミネ商品券に交換する場合、1,250ポイントで4,000円相当(650ポイントで2,000円相当)というレートになりますので1ポイントあたりの価値が3.2円となり、Suicaへのチャージと比べると商品券に交換した方がお得といえます(商品券の場合、送料が別途160ポイント必要)。

5. 年間の利用額に応じて商品券ゲット!

ルミネ・NEWoManでの年間利用額に応じてルミネ商品券がプレゼントされます。

利用金額商品券の額
20万円以上50万円未満1,000円
50万円以上70万円未満2,000円
70万円以上100万円未満3,000円
100万円以上5,000円

 

この表によってもらえる商品券の額が変わってきますので、お得にお買い物を楽しみさらに楽しみたいという場合は参考にしてみてください。

なお、年間の利用額が100万円以上の場合は、商品券のほかに年に1度開催される「プレミアム体験キャンペーン」の抽選券をもらうことができます。
使えば使うほどお得になるルミネカード、ここまで紹介してきましたがすでにほしくなってきた方もいるのではないでしょうか?

6. まとめ

ルミネカードは年会費953円(税抜)がかかるクレジットカードです。JRと提携しているため、Suicaや定期券を搭載することができる上、オートチャージにも対応しているのでスムーズに電車に乗ることができます。

ルミネカードは提示するだけでいつでも全品5%オフの特典を受けることができるほか、年に数回10%オフという割引を受けることも可能。満18歳以上で収入がある人なら審査に通れば誰でも持つことができるので、ぜひ発行を検討してみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード