2018年最新!おすすめクレカランキング→

カードが使えない、引き落としされない、いきなり強制解約!?原因は住所変更忘れかも!

新生活などで引越しをするひとも多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

その時、公共料金や運転免許証などの”住所変更手続き”を行いますよね。住所変更時に忘れがちなのがクレジットカードの変更手続き。実は、クレジットカードの住所変更手続きを忘れてしまうと、悲惨な目に遭ってしまうことも少なくありません。今回は、クレジットカードの住所変更を忘れてしまったらどうなるのかについてご紹介します。

1.クレジットカードを強制解約されてしまう

クレジットカードは信用に基づいて発行されているカードです。そのため、信用を失ってしまえば強制解約という形で持っているクレジットカードが使えなくなってしまいます。とはいっても、すぐに強制解約になるというわけではありません。きちんと手順を踏んで手続きが行われます。まず、カード会社に毎月郵送されている利用明細書が戻されてきます。この時点でカード会社は転居した事実を把握します。

しかし、戻ってきたからといってすぐに停止手続きを取ることはありません。引越しをしたばかりで忙しいだろうという配慮ですね。この利用明細書が何か月かにわたって戻されてくると、事態は変わってきます。住所不明ということになり、信用が0になってしまうのでカードの強制解約に踏み切るというわけですね。最近のクレジットカードは口座振替で代金を引き落とすことが多いため、なかなか利用明細書が届いていないことに気づきにくいのですが、もし持参払いなどの場合は、延滞金が発生する上に個人信用情報に異動情報が記載され、全体的に影響が出かねませんので、注意しましょう。

2. 更新カードが届かなくなる

2-1. 更新カードとは


(出典:https://www.pakutaso.com/20140655160post-4212.html)

更新カードとは、カードの有効期限が更新された新しいクレジットカードのことです。クレジットカードには有効期限が存在します。有効期限は大抵5年といわれていますが、学生などの場合、一般カードに切り替えをしなければいけない都合上、5年以下の期間が設定されることも珍しくありません。なぜ有効期限が設定されているのかというと、「犯罪を防ぐため」です。クレジットカードを使う場合、対面であればカードをスキャンして暗証番号やサインをすることで決済ができますが、オンラインの場合はそうもいきません。カード番号・有効期限・セキュリティー番号の3つが合致することでカードの利用ができるようになります。どこかの番号が流出してしまうと悪用されてしまうこともありますし、防犯機能の向上を行うために定期的にカードの更新を行っているのです。

2-2. 住所変更を忘れるとカードは届かない

クレジットカードの住所変更を忘れていると、更新カードが届かなくなってしまいます。クレジットカードには有効期限が決められており、有効期限が切れているクレジットカードは使うことが出来ません。なお、公共料金などの決済にも対応できないので有効期限が切れているカードを持っていると、料金未払いとなり遅延損害金などが発生してしまう恐れもあります。そういったことを防ぐために、必ずカード会社は有効期限の1カ月ほど前に新しい「更新カード」を送付しています。しかし、住所変更手続きをしていないと更新カードを受け取ることが出来ません。カード会社にカードが戻ってくると「転居した」事実を知るため、カード会社は解約手続きを行い、知らない間にカードが使えなくなっているのです。

スポンサードリンク

3. 一度でも強制解約になると・・・

3-1. 強制解約になると再入会は難しい

一度でもクレジットカードを強制解約されてしまうと、同じ会社で再度発行することは、ほぼ出来ないと思っておいてください。自身の使い方を誤り利用規約に違反して、解約になっているものを、「もう一度信用してください」なんて都合の良い話はありません。強制解約されてから6カ月程度は再度申し込みをしても、すぐ否決されてしまいます。6カ月経過後からは審査自体は受け付けてくれますが、おそらく否決されます。その背景には”独自ブラックリスト”の存在があるとされています。独自ブラックリストとは、CICをはじめとする個人信用情報機関が所有する個人信用情報ではなく、社内のリストで半永久的にデータが消えることはありません。

そのため、過去一度でも強制解約になっている場合は、「なぜ強制解約になっているのか」を調べられ否決になってしまうのです。ちなみに、「楽天カードの利用規約には当社が必要と判断した場合には、カード利用の停止や会員資格の取消しが出来る(利用規約第19条)」と定められているので、カード会社の判断によって止められてしまうこともしばしばあるようです。

3-2. 延滞以外など強制解約になる理由は?

クレジットカードを強制解約になる理由は、「使っていないこと」です。延滞などもせずにただ持っているだけの場合、カード会社は余計なコストばかりかかってしまい、収益を上げることが出来ません。そもそも、カード会社の収益源はカードを利用することによる手数料ですので、使ってくれない会員を保有するのであれば解約して使ってくれている会員を優先するのは当然といえば当然でしょう。また、クレジットカードは発行するだけであれば”コスト”でしかありません。使ってくれなければ意味がないので、あまりにも利用頻度が低い会員はカード会社の判断により強制解約になってしまうようです。

4. クレジットカードの更新時に再審査があるって本当?


(出典:https://www.pakutaso.com/20150558127post-5472.html)

クレジットカードの更新時には「途上与信審査」と呼ばれる再審査が実施されています。有効期限到達前に、再度顧客の情報を確認し会員資格が適当かどうかを確認しています。その際に住所変更手続きがとられておらず、郵送物が戻ってきている場合、「この住所には住んでいない」と判断され更新カードは発行されません。更新カードが発行されなければ、当然、公共料金などの引き落としが実施されませんので延滞となります。

ちなみに、更新カードが到着した場合、有効期限やセキュリティー番号が変わりますが、公共料金などにその事実を伝える必要はありません。なぜならカード会社から各サービス提供会社に通達されるからです。ただし、全てのカード会社からサービス提供会社に通達されるわけではないので、不安な方は自身で変更手続きをとっておくといいでしょう。

5. 更新カードは転送不要の簡易書留で送られてくることもある

クレジットカードは宅配便のセキュリティーパックや日本郵便の簡易書留・本人限定郵便で送られてきます。郵便局に転送届を出していたとしても、更新カードに「転送不要」と明記されていた場合、新しい住所には転送されずカード会社へ返還されてしまいます。明細などは転送されていたとしても、クレジットカードだけは転送されませんので速やかに新しい住所をカード会社に通知するといいでしょう。

6. 新しい住所への変更は会員マイページより簡単にできる!

ここまでクレジットカードの住所変更を忘れていた場合に起きるデメリットについて紹介してきました。次に、住所変更の方法をご紹介します。クレジットカードの住所変更は、基本的に会員マイページから行うことができます。登録情報の確認から簡単に行うことができますのですぐに終わると思います。もし、会員マイページでのやり方がよくわからないという場合は、クレジットカードの裏面に記載されているサポートデスクに電話をして変更するといいでしょう。

7. まとめ

いかがでしたか?クレジットカードの住所変更を忘れてしまうと、強制解約になってしまったり、カードが使えなくなったりしてしまいます。特に強制解約になってしまうと、もう二度とそのカード会社のカードを持つことが出来なくなってしまいますので、なるべく早めに住所変更を行うようにしましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード