2018年最新!おすすめクレカランキング→

JCBクレジットカードの魅力ポイントを徹底検証

JCBクレジットカードの魅力ポイントを徹底検証

JCBクレジットカードの魅力ポイントとは?

JCBカードの特徴は、

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!
  • 国内に強い
  • 保険が優れている
  • 高ランクカードの年会費が安い

という三点です。
特に日本国内で使う場合に優れた特徴を発揮するクレジットカードがJCBのカードなのです。
具体的にどのように優れているかポイントごとに解説いたしましょう。

旅行からショッピングまで!とにかく国内に強い

JCBは日本国内で生まれたカードブランドです。
今やクレジット会社の中でもトップクラスの会社に成長し、国際ブランドとして国内・海外問わず決済に利用することができます。しかし、大元は日本のブランドですから、サービスも日本国内に住んでいる人に嬉しいものがそろっています。
コンセルジュサービスは各カードブランドの中でも繋がりやすいと評判がいいですし、緊急時にも早急に対応してくれます。実際、筆者も金融機関に勤めていて各カード会社と連絡を取ることが頻繁にあったのですが、JCBは非常に繋がりやすい会社でした。繋がりやすいと言うことは、「カードを落とした!」「不正利用された!」「心配事がある!」という時に、その分早く安心感を与えてくれるということです。
カードランクが上がればグルメサービスや、東京ディズニーランドでの優待など、国内向けのレジャー・グルメ・旅行に嬉しいサービスを受けることができます。
日本国内には他にもカードブランドがいくつかありますが、日本国内向けのサービスや国内での決済の広さにおいて、JCBはとても優れたカードであると言えるでしょう。アメリカンエキスプレスなどは海外に強いカードですので、自分は国内で多く使うのか?それとも海外旅行や海外出張が多いのか?というライフスタイルに合わせて、国内での移動や決済が多い方は、JCBを選択することも一つの賢い選択方法であり、JCBの魅力ポイントを理解して活用する方法であると言えるでしょう。

最近は提携カードを解約し、プロパーカードに切り替えてます。
このカードは皆様が言っておられるように、とてもカードフェイスが格好いいです。(写真ではよくわからないと思いますが・・・。)
早速、事前に確認していたQUICPay搭載カードへの切替の為、デスクに電話してみましたが、対応がとても丁寧です!
アメックスのデスクも対応はいいですが、JCBもやっぱりいいですね。
このカードは、コンビニ(セブン)とネットが主な舞台と考えていましたが、素敵なフェイスなので、お店での決済にも使ってみようかなぁ~と考えています。

海外で出しても恥ずかしくないカードデザインも魅力

口コミでもよく見かけますが、JCBのプロパーカードは日本庭園を思わせるデザインが美しいカードです。一般カードはシルバーの光沢があり、ゴールドにランクアップすると金色に、プラチナランクのカードであるザ・プレミアになると黒混じりになりさらに高級感が増します。
和を思わせるデザインカードは決して安っぽくなくどこで出しても恥ずかしくないため、とても人気があります。確かに、落ち着いた綺麗なデザインですよね。

 

ちなみに、最高ランクであるブラックカードはゴールドも文字とロゴにペガサスの紋章です。ブラックに金という組み合わせも高級感がありながらまさに最高位カードという感じで、憧れてしまいます。

保険が優れている

JCBの特典としてついている旅行に関する保険が優れているだけでなく、JCBカード所持者が加入できる保険も、保険料が格安でありながら補償内容に優れた保険です。

補償期間内にJCB会員がJCBカードを利用して購入した物品(補償の対象とならない物品については下記をご確認ください)で購入日(配送等による場合には物品の到着日)から90日以内に偶然な事故によって損害を被った場合

こちらは一般カードに付属する保険ですが、保険内容に含まれる買い物に対し無料で補償をつけてくれます。もちろん、ゴールドやブラックにランクアップすれば、それだけ特典保険の中身もランクアップします。

4.日常生活賠償プラン <月々120円で、最高1億円の賠償補償>
日常の賠償責任につき、ご本人様のみでなくご家族全員を補償するプランです。
賠償補償が1億円の他、訴訟費用などの費用も補償。
自転車搭乗時の賠償責任も補償します。
※死亡・後遺障害はご本人様のみの補償となります。
補償内容
死亡・後遺障害(交通事故のみ) 100万円
個人賠償責任 1億円
保険料 月々120円

引用:
http://www.jcb.co.jp/life/toppinghoken/

JCBカードの加入者だけが申し込みできる個人賠償責任保険は保険料が格安で、保障内容もしっかりしています。他に自転車タイプなど、保障内容の種類や差によって料金が数百円程度変わりますが、賠償責任保険としては保険料が格安でとても優秀な保険だと思います。
特典に無料で優秀な保険が付帯している。また、格安保険に加入できる。これもJCBカードの大きな魅力です。

高ランクカードの年会費が安い

JCBクレジットカードの特徴として、高ランクカードの年会費が安いという特徴があります。
特にブラックカードは特典も高品質で高リターンながら、ブラックカードの中でも手頃な年会費になっています。ブラックカードまでランクアップを目指す方は、狙い目カードの一つと言えるでしょう。

そんなJCB THE CLASSを保有するためにかかるお金ですが、実は5万円(税別)とそれほど高いわけではありません。月額にすれば4000円ちょっとで保有できるので、社会人として働いている方であればそれほど大きな負担というわけでもないですよね。
年間5万円(税別)が必要だが、月額換算すれば4000円ちょっとで保有できる
更にJCB THE CLASSを保有してれば、年に1回ほど2万円相当のプレゼントが貰える特典もあるので、実質的な年会費負担は3万円くらいだと言えます(5万円-2万円の特典で、実質3万円負担)。

引用:
http://cards.hateblo.jp/entry/jcbtheclass-review-matome/

スポンサードリンク

他にもブランドならではの魅力ポイントあり

 

実はこの三点以外にもJCBカードには大きな魅力があるのです。その魅力とは「作れる場所が拾い」こと。カード自体の特典やサービスは上記の通りですが、特典やサービスを抜きにして、「JCB」というカード全体に言える大きな特徴、そして魅力があるのです。

加盟店が多いことも魅力

大きな特徴であり、魅力的な面。……それは、「作りやすい」ということ。
JCBのクレジットカードが、特別審査が優しいというわけではありません。JCBオリジナルブランドのゴールドカードや、銀行で発行している各行独自のJCBカードなどは、やはり、預金を見られたり、安定収入の有無を確認されたりと、そう簡単に審査が通るわけではありません。それはVISAやマスターカードも同じです。どこのクレジットカードブランドでも独自の審査基準を用いて、審査基準から外れる方はお断りとなってしまいます。
ここでいうJCBの魅力の一つはそういった意味ではありません。
色々な量販店でクレジットカードを作りませんか?
メンバーズカードにクレジットカード機能を付けると年会費無料な上にポイントが倍になってお得ですよ!という勧誘を受けることがありますよね。その時に、じゃあ作りますと申込書を書くと、カードのロゴはVISAとJCB、マスターカードから選んでくださいということが多いと思います。この三つのブランドは頻出で、目にする機会はアメリカンエキスプレスやダイナースより遥かに多いことでしょう。JCBは申し込み窓口が非常に多いカードブランドなのです。
とりあえず決済機能がついていてカードブランドはJCBがいいという方は、アメリカンエキスプレスやダイナースより窓口を探しやすいという魅力があります。

JCBならどれでもいいの?特典でトクするなら?

同じJCBでも、クレジットカードをどこで作るかによって特徴が大きく変化します。これは、どのカードブランドでも同じです。
VISAというロゴがついていても、大手スーパーマーケットでクレジットカードを作ると、そのスーパーでは大きな特典を得ることができますが、VISA本来の特徴はあまり感じることができないのではないかと思います。なぜならそういったカードは、VISAで決済できるクレジットカードでありながら、VISAのオリジナルブランド(プロパーカード)ではないため、スーパーの特典を利用することには向きますが、クレジットカードブランドそれぞれの特徴はほとんどなくなってしまうからです。
JCBも同じで、JCBというクレジットカードの本来の特典や機能を最大限活用したいと考えるのであれば、JCBが発行の大元になるプロパーカードを申し込む必要があります。
JCBそのものが発行母体になるカードとしては、オルジナルブランドのクレジットカードである「オリジナルシリーズ」があります。オリジナルシリーズはブラックまでランクアップする特徴豊かで優秀なクレジットカードです。
こうした特徴はイオンなどの量販店や銀行でJCBのカードを作ってしまうと利用できない場合が多いため、JCBそのものの優秀な特徴や特典を把握して使いたいという方は、オリジナルシリーズのカードを一枚用意することをお勧めします。
申し込み窓口が多いことは確かに「作りやすい」という魅力ではあるのですが、JCBというカードのポイントを押さえて使いこなすには、どうしても知っておかなければならないことがあります。決済機能だけでなくJCBの特典やサービスを使いこなすにはコツが必要なのです。

発行場所を選ぶことが魅力ポイントを活かすこと!

JCBは作ることのできる窓口が多くあることも魅力の一つです。すぐにクレジットカードが欲しい!という人は、量販店の窓口に行ってJCBロゴのポイントカード兼クレジットカードを作ってしまえば、早ければ一週間もしないうちに決済に活用できてしまいます。しかし、こうした量販店や銀行のJCBカードの中の多くは、JCB本来の特典が使えないことが多いと前項で説明しました。
例としてイオンカードですが、こちらもJCBのロゴでクレジットカードを作ることが可能です。しかし、JCBの加入者特典である格安の個人賠償責任保険には加入することができません。代わりに、イオン特有のポイントサービスなどが付属しています。イオン独自で保険も募集していますので、イオンカードを持つことによってイオンで提供しているクレジットカード特典を活用することができるわけです。しかし、その代わりに、JCBが独自で提供しているサービスが制限され、使えないものがでてきてしまうのです。
地銀でもJCBロゴのクレジットカードを作ることができます。キャッシュカードと一体型になっており、VISAまたはJCBどちらかを選択して決済機能を付けることになるはずです(別のブランドをつけることのできる金融機関もあります)。地銀で作ったクレジットカードでは、JCBの加入者特典である格安の個人賠償責任保険に加入できるという場合も多いです。量販店で作ったJCBカードと地銀で作ったJCBカードにはJCB独自のサービスを使えるかどうか、そして使えるものと使えないものがあると覚えておきましょう。同じJCBでも発行元で作るか、地銀で作るか、量販店で作るかによってJCB独自のサービスの制限度合いが異なります。
どこで作るとどんなサービスがあって、どんなサービスが使えないか。
これは、JCBの優れたポイントを最大限活用するためにとても大切なことです。申し込み窓口にはよく注意してください。

最後に

JCBのクレジットカードは優れたカードです。また、量販店などでポイントカード付属のクレジットカードを作る時に選択肢に含まれていることが多いため、作れる窓口が広く、日本国内では特に活用の場が広いことでしょう。
同じJCBロゴのカードでも、どこのカードか、そしてどこで作るかによって特典や機能が違ってきます。量販店や銀行のJCBカードはJCBそのものの特典が使えない代わりに、それぞれのお店や銀行独自の特典を付けていることもあります。
JCBは作れる窓口が広いことから、作る時も簡単に選んでしまいがちです。しかし、同じJCBのカードでも、どこで作るかによって特典や審査が変わってきますので、そこは要注意です。
JCBカードの魅力を最大限使いこなすためのポイントは「どこで作るかよく考える!」この格言に尽きるのではないでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード