2018年最新!おすすめクレカランキング→

解約済み&有効期限切れのクレジットカードの捨て方。正しい方法で安全に処分しよう。

クレジットカードには有効期限が存在します。そして有効期限が切れたクレジットカードは使うことはできません。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

なぜクレジットカードに有効期限が存在するのでしょうか。
また、有効期限が切れたクレジットカードはどうやって捨てれば良いのでしょうか。

今回は、そんなクレジットカードに有効期限がある理由と捨て方についてご紹介します。

1. クレジットカードに有効期限がある理由

1-1. 新しい素材と交換するため

クレジットカードの素材は基本プラスチックです。プラスチックは劣化しやすく、発行から時間が経てばたつほど劣化してしまい、使えなくなってしまう恐れがあります。

また、磁気ストライプの部分やICチップにもひどい傷が入ってしまうと、使えなくなってしまうこともあります。そういった不便さを少しでも低減するために有効期限を設けて定期的に交換を行うようにしているのです。

1-2. 防犯上の都合?

クレジットカードが進化する分、犯罪の方法も進化しています

元々、クレジットカードは磁気の部分に情報を詰め込んで使えるようにしていましたが、磁気は個人情報が読み取られてしまったので、偽造がされにくいICチップを搭載するようになりました。

しかし、時代が進化するに応じて、常に最新のセキュリティを搭載しておかなければ、高度な犯罪に対応することは難しくなりつつあります。そのため、有効期限を設けて新しいカードに交換する際に新しいセキュリティを搭載したカードを交付して、不正利用のリスクを減らしています

ケロンくん


三井住友VISAカードには顔写真を入れる事ができるんだって!これでセキュリティも強化できるね!

三井住友

三井住友VISAカードのお申し込みはこちらから

1-3. 再審査を実施するため

更新カードを交付する際、クレジットカード会社は会員の信用情報を再審査しています

クレジットカードは発行時に審査を行い、使っている最中にも途上与信を行っています。
なぜそんなに複数回も審査を行うのかというと、「クレジットカードは借金だから」です。

クレジットカードを使うとカード会社が加盟店に対し、立替払いを実施します。そしてカード会社は立て替えたお金を回収できなければ損失を出すことになります。

貸し倒れリスクを防ぐために、「この人は本当に信用できるの?」という審査を何度も実施します。更新カードを交付する前の審査で問題があれば、それを理由に交付せずに済むなどの利点があるので、再審査を実施しています。

1-4. 有効期限は基本5年間

クレジットカードの有効期限は5年間といわれています。

しかし、カード会社や会員の属性によって変わってきます。例えば、大学生が持つような学生カードは学生向けのクレジットカードなので有効期限が5年に満たない場合があります。
また、発行したクレジットカードのステータスが高い場合は有効期限が短い傾向にあるので有効期限は把握しておく必要があります。

ちなみに有効期限は「月/年」で記載されており、例えば「10/19」であれば、2019年10月末まで有効という意味です。

2. 期限切れのクレジットカードを持ち歩くリスク


出典:http://www.jcb.co.jp/service/safe-secure/notice/internet-shopping/#Anshin3

スポンサードリンク

クレジットカードに有効期限がある理由は先ほど紹介した通りです。ここでは、有効期限が切れたクレジットカードを持ち歩くリスクをご紹介します。

有効期限が切れたクレジットカードを持ち歩く場合の最大リスク、それは「紛失時の不正利用」です。

有効期限が切れたクレジットカードを拾って使うことはできませんが、クレジットカードの番号と名義人はそのまま引き継がれます。
実は、セキュリティコード(カード裏の3桁の番号)を入力しないと、クレジットカードを使うことはできないのですが、オンラインショッピングなど一部の加盟店ではセキュリティコードを入力せずに、カード番号・名義人・有効期限だけで決済を行うことができてしまいます。

有効期限は5年間が基本なので逆算して計算すればあっという間に暴き出されてしまいます。

つまり、期限が切れたクレジットカードを持ち歩くのは不正利用のリスクを自ら高めていることに変わりありません。これは、更新したカードにもいえることですが、クレジットカードを持ち歩く際には必ず肌身離さず管理するようにしましょう。

3. 期限が切れたクレジットカードの捨て方は2つ!

3-1. 捨て方1:シュレッダーにかけてしまおう

1番手っ取り早い方法はクレジットカードをシュレッダーにかけてしまう方法です。

ただし、「カードを切っても良いシュレッダー」に限ります。カードに対応していないシュレッダーでクレジットカードを裁断してしまうと、刃を傷つけてしまい使い物にならなくなってしまう恐れがあります。

シュレッダーにクレジットカードをセットしたならば、まずは1回目の裁断を行います。そうすると、カードが4・5等分されてきますので、そのうちの1つを取ってもう一回シュレッダーにかけます。
そうすると、かなり細かくなるので残りも同じようにシュレッダーにかけてください。

基本的にクレジットカードをシュレッダーで裁断する場合は2回以上繰り返すと良いでしょう。先述の通り、カード番号と名義人を知られてしまうと不正利用のリスクを高めてしまいます。かなり細かくしておくと復元するのも困難になるのでリスクを低減できます。

最後に細かくしたクレジットカードですが、2回のゴミに分けて捨てると確実です。1回のゴミで捨てると、破片を集められてしまい復元されてしまう恐れがありますが、2回以上のゴミに分けて出せば特に問題はないでしょう。

3-2. 捨て方2:ハサミで裁断する


(出典:https://www.pakutaso.com/20131212351post-3609.html

もしシュレッダーがない場合はハサミでも代用できますが、ハサミを使う場合は軍手をするなど怪我をしないようにしてください。クレジットカードの素材はプラスチックなので、切った断面などで怪我を防ぐためです。

では、まずクレジットカードを2分割します。その後、ハサミでどんどん細かくしていき、最終的に細かくなったなと思うところまで作業してください。

この時、磁気とICの部分も同じく裁断して復元できないように心がけます。表面に見えているカード番号や名義人のところを細かくしても、磁気やICチップが残っていると、そこから情報を読み取られてしまう恐れがあるからです。

特に磁気やICチップは物理的に破壊しておく必要があるので、この点だけ気を付けて作業をしましょう。ある程度細かくなったら、シュレッダー同様に2回に分けてゴミに出します。そうすれば復元することは困難になり、ほぼ安全な状態で破棄することができます。

3-3. 関連書類も併せて破棄しよう

クレジットカードの利用明細などの関連書類もきちんと処分しておきましょう。

特に不要になった利用明細書をそのまま破棄する方がいるのですが、利用明細書には個人情報が多数記載されています。利用明細書からカードの不正利用につながることはほとんどありませんが、住所や氏名などが記載されているので、そのまま破棄するのは望ましくありません
シュレッダーやハサミできちんと処理をしてから破棄するように心がけましょう。

4. まとめ

有効期限の切れたクレジットカードを持ち歩くことは不正利用のリスクを高めることになります。それらのクレジットカードはそのまま放置するのではなく、シュレッダーやハサミなどで細かく切り刻んで復元ができないようにしてから捨てるといいでしょう。

ちなみに今回のメインは有効期限が切れたクレジットカードですが、解約したクレジットカードも同様の方法で捨てることができます。解約したカードをいつまでも取っておくのではなく、早めに捨てると不正利用のリスクを減らすことができますよ!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 三井住友VISAカード
 3位 楽天カード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード