2018年最新!おすすめクレカランキング→

1回払いにしたけどやっぱり分割したい、でもリボ払いは怖い。そんな方には「後から分割」がおすすめ!楽天カードならネットで簡単手続き!

「思ったよりもクレジットカードを使ってしまった」という経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。
そして支払えそうにない。そんな時、あなたならどうしますか?

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

多くの方はお金を借りるなどで凌ぐのではないでしょうか。

今回は、お金を借りるのではなく、「あとから分割する」方法についてご紹介します。

1. リボ払いよりも分割払いのほうがおすすめ

1-1. リボ払いとは

リボ払いとは、リボルビング払いという支払い方法で、毎月のお支払額を自身で決めて支払いを行います
予め設定している場合は、クレジットカードを利用する際には、「1回払い」といえば自動的にリボ払いになり決済が実行されます。

毎月の支払い額を一定にすることができるため、収支のバランスを取りやすくなる一方、リボ払いには手数料(大抵のカード会社は年率15.0%)がかかってしまうため、無計画に利用すると支払い残高が増えてしまい、首が回らなくなってしまう恐れがあります。

例えば、毎月3万円ずつ返しているからといって3万円使ってしまうと、利息分が上乗せされていってしまうため、元金が全く減らず気づいたら膨れ上がっていたということもあります。

このようにリボ払いには「支払い状況をつかみづらい」というデメリットが存在しており、お金の管理が苦手という方には不向きな支払い方法となっています。

1-2. リボ払いには2種類ある

リボ払いには2つの種類が存在します。

ひとつ目は「残高スライド方式」です
これは、予め決められている残高に応じて支払い額が変動する方式で、使えば使うほど支払い額が増えていきます。

お買い物をしなければ、支払い額から元本に充当されていきますが、使えば元本に利用分が上乗せされてしまうため、しばらくの間、支払い残高が0円になることはありません。毎月の返済とは別に追加返済を行うことで支払い期間を短くすることができ、利息額を減らすことは可能です。

2つ目は「定額方式」です。
支払い残高に応じて毎月一定額を支払う方式で、利用額に応じて返済額が増減するということはありません。

こちらも残高スライド方式と同様、お買い物をすればするほど元本に利用分が上乗せされていきます。しかし、支払い額は一定のため、支払い残高によっては支払いが長期化する恐れがあります。こちらも追加返済で多く返していくと期間を短縮することができ手数料を減らすことができます。

ちなみに、方式はカード会社が指定していますので自身で選ぶことはできません。選べる場合は自身の収支状況によって選ぶと良いでしょう。

リボ払い専用カードもあります!

アコムACマスターカードの詳細はこちらから

1-3. 分割払いは計画が立てやすい


(出典:ぱくたそ

次に分割払いですが、分割払いは予め決められている手数料が上乗せされ、それを回数で割って支払いをするため、リボ払いのように支払い状況が不透明化するということはありません

カード会社によって、「100円あたりの手数料額」というものが決められています。

例えば、10万円を10回払いで支払う場合、100,000円+100,000円×(6.8円/100円)で算出することができ、総額106,800円となります。
これを10回で割るため、月々のお支払いは10,680円と求めることができます。

(参考:JACCS

リボ払いのように利用額に上乗せして請求されるということはありませんが、毎月のお支払い額は1回払いの支払いなどと合算されるため、支払い額は一定ではありません。
そのため、毎月のカード支払い額は自身で把握しておく必要があります。

スポンサードリンク

2. なぜ「後から分割」がおすすめ?


出典:https://www.smbc-card.com/mem/revo/atobunkatsu.jsp

クレジットカード会社は利用者からお金の回収ができなければその分、損失を計上しなければならず赤字になってしまいます。そのため、少しでもお金を回収するために「後から」支払い方法を変えることを多くのカード会社が認めています。

この「後から」には分割とリボ払いの2種類が存在します

分割とリボの違いは上述した通りで、「後から」でも基本的に変わりはありません。そのため、「後から」を利用する場合は分割払いを利用した方がお得だといえます。

ただし、後から分割払いを利用する場合、手数料がかからない2回払いを利用することはできず、3回以上の分割になりますので注意しましょう。

3. 楽天カードで後から分割を利用する


出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

3-1. 楽天カードの「後から分割」とは

楽天カードでも後から分割サービスを提供しています。

ョッピング利用分を翌月1回払いから分割払いに変更する方法で、3回払いから36回払いまでの中で好きな回数を選ぶことができます。
なお、分割払いにあたって毎月所定の手数料が発生しますので注意しましょう。変更期限は、支払い予定月の最長20日までです。

お支払い月の5日までに変更すると、当月の請求金額を分割払いに、6日から20日22時までに変更した場合は、当月の請求額を翌月に繰り越して分割払いにすることができます。

ただし、金融機関にデータを送る都合上、15日までが期限というユーザーも存在するため、なるべく15日までに変更手続きを行っておきましょう。

3-2. 変更手続きはどうやってやるの?

楽天カードの後から分割は、楽天e-NAVIで簡単に変更手続きをとることができます

楽天e-NAVIにログインをした後、お支払いサポートに記載されている「あとから分割」をクリックします。そうすると、利用データが出てきますので、分割払いにしたいお買い物を選び、支払い回数の変更を行いましょう。

その後は画面の指示に従っていけば分割手続きは完了です。意外と簡単に後から分割への変更を行うことができます。

ちなみに、1回払いから分割払いに変更する際に、手数料は発生しませんが一度変更してしまうと、1回払いに戻したり別の支払い方法に変更することはできません。

3-3. 楽天の場合の手数料は?

楽天カードの場合、発生する手数料は以下の表(一部抜粋)によって計算されます。

支払回数3回5回6回10回12回15回24回30回36回
実質年率(%)12.2513.5013.7514.5014.7515.0015.0015.0015.00
100円あたりの分割手数料(円)2.043.404.086.808.1610.2016.3220.4024.48

参考:楽天カード分割手数料

実質年率は12.25%から15.0%となっており、支払い回数によって変わってきます。

先ほども説明したように、100円あたりの分割払い手数料に基づいて手数料の額が算出されますので、実質年率通りに請求されない場合もあります。


楽天カードの詳細はこちら

3-4. あとから分割が利用できないケース

大抵の利用分であれば、あとから分割を利用することができるのですが、実は一部加盟店は分割払いに対応していません

例えば、新幹線のチケットです。
新幹線のチケットを楽天カードで支払った場合、これは1回払いのみの請求になります。なぜなら換金性が高いからです。

換金性が高い場合、クレジットカードの現金化が行われやすいため、分割払いでの支払いは認められていません。
またカードの年会費や語学学校の授業料なども分割払いができない場合があります。

詳しくは楽天カードのカードデスクに問い合わせてみてください。

4. まとめ

予想以上にクレジットカードの出費が多い場合、あとから分割という方法に変更してしまいましょう。

手数料がかかってしまいますが、リボ払いより支払い状況を把握することができ、お金を管理しやすくなります

今回は楽天カードでのご案内でしたが、他社カードでも行っている場合があります。詳しくはお持ちのクレジットカードの裏面に記載されているカードデスクに電話して聞いてみてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード