2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードのポイント二重取り・三重取りの裏技 。電子マネーとクレカからのチャージを有効活用すべし!


クレジットカードを利用するうえで大きなメリットはポイントがプレゼントされることですよね。買い物をしたり、サービスを利用するだけで、ポイントが貯まるのは、現金支払いに比べてクレジットカードが優れている点です。

そんなクレジットカードのポイントをもっとサクサク貯められる裏技をいくつかご紹介します。コストをかけずにポイントが増えていくものばかりです。ぜひお得に活用してください。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

ポイント二重取り漫画

さまざまなサービスがラインアップしたポイントサイトでポイントしっかり二重取り

ポイントサイトってどんなサービス?

ポイントサイトを経由して、ショッピングしたり、サービスに加入するとポイントサイトのポイントがもらえます。

例えば、ポイントサイトを経由して楽天市場でショッピングすると、楽天スーパーポイントに加えてポイントサイトのポイントがもらえるようになっています。まさにポイントの二重取りですね。

一般的には、ポイントサイトのポイントは楽天スーパーポイントやTポイントなどの他のポイントやAmazonギフト券に交換できます。使いやすいポイントに交換できるので、とてもお得なんです。

ポイントサイトにはどんなサービスがあるの?

ポイントサイト経由でお買い物

ポイントサイトの代表的なサービスが「経由ショッピング」です。つまり、ポイントサイトを経由して、そこからショッピングサイトに行って買い物をするわけです。先ほどご説明した楽天市場のようなケースです。

ポイントサイト経由でサービス加入

ポイントサイトを経由してサービスに加入してもポイントが貯まります。クレジットカードに入会したり、光回線・スマホを申し込むなどさまざまなサービスがあります。

旅行や引越し、美容・エステなどもあるので、さまざまなシーンでポイントが貯まっていきます。

クレジットカードやスマホの申し込みなどは、長期間の契約になることが多いので、もらえるポイントが高額になる傾向があります。

ポイント移行でも、ポイントアップのチャンス!

ポイントサイトでもらえるポイントは、ポイントサイト独自であることが多いです。そのため、利用しやすいポイントとはいえません。

しかし、ポイントサイトのポイントは他の共通ポイントなどに移行できます。こうして利用しやすくするんですね。

さらにメリットなのはポイント移行でもポイントがもらえるようになっていることです。交換先のポイントによってポイントアップ率は異なることも多いので、利用しやすくポイントアップ率の高いポイントを選んで交換すると便利でお得です。

またポイント移行先はたびたび交換終了になることが多いので、こまめにチェックすると安心です。

ポイント!

クレジットカードサイトが運営する「ポイントUPモール」も有効活用すべし!

JCBであればOki Dokiランド、三井住友VISAカードであればポイントUPモールなど、各社経由ショッピングでポイントを貯めることをオススメしています。

電子マネーチャージを活用するとポイント二重獲得のチャンス!

クレジットカードを利用していても、コンビニやファストフードなどでの数百円程度の少額の支払いは現金で済ませるという方も多いのではないでしょうか。そのような方は電子マネーを活用してポイントをもらうようにしたらいかがでしょうか。

電子マネーにチャージ(入金)してポイントがもらえて、電子マネーで支払うとさらにポイントがもらえます。つまり、電子マネーを使うと2重でポイントがもらえるわけです。

一方、通常は現金支払いではポイントはもらえません。日常的におこなう、こまごまとした出費だからこそ長い目でみれば大きな大きな差になってしまいますよね。

電子マネー利用でお得なクレジットカードは?

スポンサードリンク

使いやすい電子マネーSuicaチャージがお得なビックカメラSuicaカード


ビックカメラSuicaカードは家電量販店ビックカメラとビューカード(JR東日本)が提携したクレジットカードです。電子マネーSuicaを搭載。

年会費は初年度無料。2年目以降は477円(税抜)ですが、年1回でもカードを利用すれば、翌年度の年会費が無料になる、実質年会費無料のカードです。

入会資格は「日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方(高校生は除く)」。なお、未成年は親権者の同意が必要。比較的誰にでも入会しやすいカードといえます。

ビックカメラSuicaカードは国内・海外旅行傷害保険付き!

ビックカメラSuicaカードは年会費実質無料であるにもかかわらず、国内・海外旅行傷害保険がついています。海外は自動付帯ですが、国内は利用付帯なので、ツアー料金等はカードで支払う必要があります。

年会費無料の場合は、旅行傷害保険が付いていないクレジットカードも少なくありません。国内・海外旅行ともに対応しているビックカメラSuicaカードは優秀といえます。

ビックカメラSuicaカード<公式サイト>

ビックカメラSuicaカードのポイントプログラムは?


ビックカメラSuicaカードはビックポイントとビューサンクスポイントが両方貯められるカードです

ショッピングや公共料金支払いでカードを利用すると、1,000円ごとにビックポイント5ポイント(5円相当)とビューサンクスポイント2ポイント(5円相当)がもらえます。合計で10円相当なので、ポイント還元率は1%です。基本の還元率としては高水準。ビックカメラSuicaカードのハイスペックの証しです。

ビューサンクスポイントはビックポイントに手数料なしで移行できます。またビックポイントを使ってSuicaにチャージすることも可能です。

オートチャージや電車を利用するたびにポイントがサクサク貯まる


通勤・通学などで日常的にJR東日本を利用する方にとって、ビックカメラSuicaカードは大変お得なカードです。電車賃は定期的に発生する費用。だからコツコツ使うと長期的には大きな節約効果が期待できます。

定期券購入やSuicaのクレジットチャージするとビューサンクスポイントが3倍。1,000円チャージで6ポイント(15円相当)のポイントがもらえます。ポイント還元率は、なんと1.5%という高さです。

しかも、貯まったビューサンクスポイントは、手数料なしでSuicaにチャージできます。電車賃節約のためにはうれしい機能です。

普段、現金でSuicaにチャージしている方は、ぜひビックカメラSuicaカードをチェックされることをおすすめします。

還元率なんと11.5%! ビックカメラでの買い物もSuicaを使った支払いがお得!

出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/
ビックカメラSuicaカードは家電品やパソコンのショッピングでも、大変お得なカードです。

  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ

以上の加盟店でビックカメラSuicaカードを利用してショッピングすると、現金と同様に10%のビックポイントがもらえます。

さらに、チャージしたSuicaで支払うと、ビューサンクスポイント1.5%が加算されて、合計11.5%相当のポイントが貯まります。

値段が高額になることが多い家電品やパソコン・カメラ。ビックカメラSuicaカードを利用すると、ポイントがどんどん貯まりますね。

ケロンくん

nanacoもチャージしてポイント獲得、使ってポイント獲得できるカードの代表格です。

いいことばっかり! クレジットカードのポイントアップ裏技

今回ご紹介した裏技は、どれもデメリットがなくメリットばかり。投資の世界でいう「ノーリスク・ハイリターン」ですね。

ただ単にポイントサイトを経由してショッピングするだけでポイントが二重取りできちゃうんですからね。

さらに、電子マネーSuicaにクレジットカードからチャージするだけでポイントアップするのも注目のポイント。JR東日本を利用する方は絶対見逃せないですよね。

ご自分のライフスタイルに合わせて、利用しやすい裏技を選んで活用してください。ポイントがサクサクたまります。

ビックカメラSuicaカード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード