2018年最新!おすすめクレカランキング→

銀行系クレジットカードは損かも?気になる種類や審査、ポイント還元率について解説!

クレカを持つ人

こちらの記事は「銀行系クレジットカードって何?」

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

「これから新しくクレジットカードを作ろうと思っているがオススメのクレジットカードを知りたい」

という人に向けて書いていきます。

三井住友VISAカードをはじめ、銀行が発行しているクレジットカードはたくさんあります。

銀行が発行しているクレジットカードを銀行系クレジットカードと言いますが、はたして銀行系クレジットカードを作ったほうがいいのでしょうか?

こちらの記事では銀行系クレジットカードについて詳しく解説していきます。

銀行系クレジットカードとは?クレジットカード3つの分類

クレジットカード
まずクレジットカードの3つの分類について解説していきます。

どのタイプのクレジットカードが自分に合っているのか確認しながら読んでいきましょう。

銀行系クレジットカード

まずはこちらの記事で主に取り上げる銀行系クレジットカードです。

銀行系クレジットカードはその名の通り銀行が発行しているクレジットカードを指します。

CMや広告でよく見るもの三井住友VISAカードやMUFGカードといったものが、代表的な銀行系クレジットカードです。

詳しくは後程解説しますが、キャッシュカードと一体となって利用できたり将来ローンを組むときに有利に働くメリットがあるといわれています。

信販系クレジットカード

続いては信販系クレジットカード。

クレジットカードが誕生するまで月賦支払いが主流でしたが、その業務を担当していたのが信販系の会社です。

代表的なものとしては、JCBカード・オリコカード・ライフカードといった有名ブランドがあげられます。

信販系クレジットカードは国際ブランドのプロパーカードが含まれているので、ステータスが高いものが多くカードの種類も豊富です。

また、ポイントサービスも充実したものが多いので、メインのクレジットカードとして所持していている人も多い種別のクレジットカードです。

流通系クレジットカード

最後に紹介するのは流通系クレジットカード。

流通系クレジットカードは楽天カードやイオンカードに代表されるように、小売業や流通業をメインとしている会社が発行しているクレジットカードです。

小売業や流通業の会社が発行しているので、発行会社で割引やポイント優待を受けられたり、基本となるポイント還元率が高かったりといったメリットがあります。

ステータスとしてはあまり高く見られませんが、実利をとるのであれば流通系クレジットカードは優秀なものが多いです。

ケロンくん

全部同じだと思っていたけど、いろいろな発行会社があるんだね!

銀行系クレジットカードのメリット

Credit History

それでは銀行系クレジットカードにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

キャッシュカードと一体化できる

銀行系クレジットカードのメリットとしてまず挙げられるのがキャッシュカードと一体化できるという点です。

銀行系クレジットカードはキャッシュカードと一体化しているものが多く、わざわざキャッシュカードとクレジットカードの2枚を持ち歩く必要がありません。

クレジットカードを複数枚所持しているとキャッシュカードも含めると、財布がかなり分厚くなってしまいますよね。
銀行系クレジットカードを持てば、今まで2枚持っていたのが1枚で済みます。
財布がすっきりしますね。

注意
ただし、盗難・紛失してしまった時は一度に2枚分を失ってしまうので注意です!
特に、盗難時は暗証番号がバレてしまうとキャッシュカードとしても利用される懸念があります。

即日発行がしやすい

クレジットカードの中にはアコムACマスターカードやエポスカードのように即日発行できるものもあります。

ただしこういったクレジットカードは、即日発行してもらうためには店舗に受け取りに行く必要があります。
店舗が近くにいる場合は問題ないのですが、時間がなかったり店舗が遠かったりする場合こういったクレジットカードを即日で受け取ることができません。

銀行系クレジットカードの中には、即日発行可能で翌営業日に郵送で受け取ることができるものがあります。
よく銀行の支店ではカードの勧誘も行われてるので、口座開設に行きがてら話を聞いてみましょう。

即日発行がしやすいという点は、銀行系クレジットカードを利用するメリットです。

将来ローンを組むときに審査が有利になる

また、銀行系クレジットカードを利用していると、将来ローンを組むときに審査が有利になるという点もメリットです。

スポンサードリンク

実は、住宅ローンや自動車ローンのような金額の大きなローンを組むときは、今までのクレジットカード支払い履歴などが見られます。
そんなときにローンを組む銀行のクレジットカードを利用してしっかり支払いをしていると、いい印象が与えられますよね。

このように、銀行系クレジットカードの利用歴を作っておくことは、将来大きな金額を借りる時にプラスに働きます。

ポイント!
たとえば、将来三井住友銀行で住宅ローンを組むという考えがあるのであれば、三井住友VISAカードを利用しておくと住宅ローンを組む時に有利です。

銀行系クレジットカードのデメリット

クレカたくさん
ここまで銀行系クレジットカードのメリットを紹介してきましたが、続いてはデメリットを紹介していきます。

審査が少し厳しめ

銀行系クレジットカードのデメリットとして挙げられるのは審査が少し厳しめだという点です。

銀行系クレジットカードは銀行が発行しているクレジットカードということもあり、審査するときに社会的な信用をかなり見られます。

そのため他のクレジットカードの支払いが遅れている場合は銀行系クレジットカードを作るのは難しいかもしれません。
また、年収についても他のカードより厳しく審査されるといわれています。

はじめてクレジットカードを作る人であれば審査のハードルが多少下がりますが、2枚目以降にクレジットカードを作るという人は審査には気をつけましょう。

ポイント還元率が低いものが多い

また銀行系クレジットカードはポイント還元率が低いものが多い点もデメリットです。

たとえば、代表的な銀行系クレジットカードである三井住友VISAカードは、基本のポイント還元率は0.5%です。

三井住友VISAカードの場合はマイ・ペイすリボに登録しリボ払いの手数料が発生すれば、ポイント還元率は1%になりますが、ポイント還元率が高いJCBカードW・オリコカード・ザ・ポイント・楽天カードといったカードはそういった制約なしでポイント還元率が1%に設定されています。

ポイント還元はクレジットカードを利用する大きなメリットです。

ポイント還元率に重きを置いてクレジットカードを作りたいのであれば、銀行系クレジットカードはあまり向きません。

銀行系クレジットカードも1枚は持っておきたい

ここまで銀行系クレジットカードのメリット・デメリットについて紹介してきました。

ポイント還元率が低いという点は、クレジットカードとしての魅力としては少々乏しいと言わざるを得ません。

ただ銀行系クレジットカードはATM手数料が割引になったり、将来ローンを組むときに役に立つ可能性があります。

短期的に見ればメリットは少ないかもしれませんが、長期的に見てメリットが多くなるのが銀行系クレジットカードです。

将来的なことも考えるのであればメインバンクのクレジットカード1枚は持っておきたいですね。

最後に:銀行系クレジットカードのメリットが自分に合わないと感じる場合は

最後にここまで銀行系クレジットカードについて触れてきましたが、自分に合わないと感じた場合にオススメするクレジットカードを紹介していきます。

JCBカードW

JCB_w
JCBカードWは国際ブランドであるJCBのプロパーカードです。

ステータスが高く、年会費無料で基本ポイント還元率が1%というのは大きなメリットと言えます。

申し込み資格が39歳以下という点は少し残念ですが、ステータスとお得度を両立したクレジットカードとなっています。

メインのクレジットカードとしても利用しやすいクレジットカードですので、はじめてクレジットカードを作る人にもオススメのクレジットカードです。

JCB CARD Wの申し込みは、こちらから。

カード評価
特典
(4.5)
還元率
(4.5)
メインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

JCB CARD W<公式サイト>

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカードザポイント
続いて紹介するのはオリコカード・ザ・ポイントです。

オリコカード・ザ・ポイントは基本ポイント還元率が1%な上、入会後6ヶ月はポイント還元率が倍になるという大きな強みを持っています。

それ以外にもオリコモールを経由して買い物をすると、通常のポイント分に0.5%が加算されるというメリットもあります。

オリコモールの中にはAmazonなど日常的に利用できるサイトもたくさんありますので、ポイント還元率重視でクレジットカードを選びたい人に向きです。

オリコカード・ザ・ポイントの申し込みは、こちらから。

カード評価
入会特典
(4.5)
還元率
(5.0)
ポイントの使いやすさ
(4.5)
日々の買い物やメインカードでの使いやすさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

オリコカード<公式サイト>

年会費無料・入会から6カ月は還元率2.0%のスペック、すごすぎます…。

楽天カード

楽天カード
最後に紹介するのはCMや広告でもおなじみの楽天カードです。

楽天カードは基本ポイント還元率が1%なのに加えて、楽天市場で利用するとさらにポイント還元率がアップするなどポイント還元の面でとても優れたクレジットカードです。

広告メールがたくさん届いてしまうというデメリットはありますが、とにかくたくさんポイントが欲しいという人にぴったりのクレジットカードです。

楽天カードの申し込みは、こちらから。

カード評価
ポイント還元率
(4.5)
特典
(4.5)
メインでの使いやすさ
(4.5)
総合評価
(4.5)

楽天カード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード