2018年最新!おすすめクレカランキング→

ミライノカード・ミライノカード Travelers Goldは住信SBIネット銀行と一緒に使おう!ポイント高還元率が魅力。

ミライノカード
出典:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

2017年11月住信SBIネット銀行が、新たに「ミライノカード」というクレジットカードを発行しました。

過去に住信SBIネット銀行はSBIカードというクレジットカードを発行していましたが、名称の変更とともにポイントプログラムなども変更になりました。

ミライノカードは銀行系クレジットカードの中でもポイント還元率が高く、使いやすいクレジットカードです。

▼「銀行系クレジットカード」について詳しくはこちら

銀行系クレジットカードは損かも?気になる種類や審査、ポイント還元率について解説!

ミライノカードの種類

ミライノカード
出典:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

まずミライノカードの種類ですが、国際ブランドによって種類がことなりますが「スタンダードカード」「ゴールドカード」「プラチナカード(JCBのみ)」の3種類です。

今回は3種類のカードのうち、もっとも基本的なスタンダードカードの「ミライノカード」の基本情報について詳しく解説していきます。

ミライノカードの基本情報

ミライノカード
出典:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

ポイントプログラムや審査については他のクレジットカードと異なる点があるので、しっかり確認しておきましょう。

ミライノカードの年会費

まずミライノカードの年会費ですが、初年度は年会費無料に設定されています。

次年度以降は年会費900円(税抜)ですが、年間10万円以上の利用で無料となります。

ETCカードは年会費、発行手数料無料で利用することができます。

車を乗る人にはありがたいカードですね。

年会費のかかるカードではありますが、メインで利用する分には問題になりません。

ポイント!
年間10万円以上ということは月8000円ほどの利用が必要になります。
携帯代や光熱費など固定支払費の支払カードにすれば楽にクリアできるはずです!

ミライノカードで選べる国際ブランド

国際ブランドはJCBとMastercardの2つから選ぶことができます。

両方のブランドともに、日本国内ではまったく問題なく使えます。

海外旅行や出張が多い方はMastercardがオススメですが、最近はJCBも海外に力を入れており有名観光地では他ブランドと遜色なく使用できます。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

ミライノカードの電子マネーについて

ミライノカードの特徴として電子マネーの「QUICPay(クイックペイ)」と一体化している点が挙げられます。

電子マネーを利用している人にとって、嬉しいサービスなのではないでしょうか。

また同様にApple Payを利用することも可能です。

ケロンくん

Apple PayもQUICPayも使えて便利だね!

ミライノカードの旅行傷害保険

最後にミライノカードの「海外・国内旅行傷害保険」について解説します。

海外旅行傷害保険

▼ミライノカードの海外旅行傷害保険

  • 死亡・後遺障害保険金が最高2,000万円
  • 傷害治療保険金が最高200万円
  • 賠償責任保険金が最高1,000万円
  • 救援者費用保険金が最高100万円

同じく、国内旅行傷害保険も利用付帯でついています。

年会費が安いクレジットカードの中では、旅行保険が充実しているクレジットカードです。

注意
ただし、ミライノカードの旅行傷害保険は自動付帯ではなく、「利用付帯」であるという点は注意しておきましょう。

ミライノカードのポイント

ミライノカードポイント
出典:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

続いてはミライノカードのポイント制度についてです。

ミライノカードでは「ミライノポイント」というポイントが付与されます。

特徴的なのが、ミライノカードは選ぶ国際ブランドによってポイント付与率が異なる点です。

国際ブランドがJCBの場合

JCB
出典:https://www.jcb.co.jp/

まずJCBを選んだ場合ですが、ポイントは還元率0.5%です。

このミライノポイントは支払い総額から減額する場合は0.5%還元です。

しかし、スマプロポイントというポイントに交換するとポイント還元率が倍になります。

スマプロポイントは住信SBIネット銀行の現金交換可能なポイント。

ポイント!
お得な利用方法はスマプロポイントに交換して現金に交換する方法です。
ポイント交換をするためには1,000ミライノポイントが最低単位なので20万円以上利用する必要があります。

国際ブランドがMastercardの場合


出典:https://www.mastercard.co.jp/

Mastercardを選んだ場合、国内利用で0.6%・海外利用で1.2%のスマプロポイントが還元されます。

そのため海外利用が多い場合、スマプロポイントの還元率が高くなるのでMastercardを国際ブランドで選ぶといいでしょう。

逆に国内での利用が多い場合は、JCBの還元率が1%でMastercardの還元率が0.6%なのでJCBを国際ブランドに選ぶ方がオススメです。

少し複雑ですが以上がミライノカードのポイント制度です。

ミライノカードの上位カード

カードとレシート

スポンサードリンク

ミライノカードには上位カードもあります。

好きなタイトル
国際ブランドによって、展開している上位カードが異なりますのでご注意ください。

▼各国際ブランドの特徴など

クレジットカード国際ブランドはそれぞれ何が違う?どれを選べばいい?比較のポイントを徹底解説

【JCB】ミライノカードGOLD・ミライノカードPLATINUM

ミライノカード
出典:https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/creditcard

ミライノカードGOLD ミライノカ―ドPLATINUM
年会費 3,000円(税抜)
※年間100万円以上のご利用で次年度無料
25,000円(税抜)
申込資格 20歳以上(学生不可) 20歳以上(学生不可)
ポイント還元率 最大1.0% 最大1.0%
付帯サービス ・旅行保険(自動付帯) ・旅行保険(自動付帯)
・コンシェルジュ
・空港ラウンジetc

JCBが展開する上位カードは全部で2種類。

コンシェルジュサービスなどがつくPLATINUMクラスまであります。

保険は自動付帯がいいけど、そこまで多くの付帯サービスはいらいないという人がGOLDがちょうどいいでしょう。

ポイント!
ミライノカードGOLDは年間利用額によっては、年会費が無料となるため持ちやすいゴールドカードです。

【MasterCard】ミライノカードTravelers Gold

ミライノカード
出典:https://www.miraino-card.com/mirainocard/master/card/gold.html

一方、MasterCardからは「ミライノカードTravelers Gold」が出ています。

ミライノカードTravelers Gold
年会費 10,000円(税抜)
申込資格 高校生を除く18歳以上、収入のあるかた
※大学・短期大学・専門学校生可
ポイント還元率 1.2%
付帯サービス ・旅行保険(自動付帯)
・空港ラウンジ

基本スペックを見ていると、JCBが展開する2種類のカードの中間ステータスというところでしょうか。

特筆すべきは圧倒的なポイント還元率の高さで、なんと1.2%です。
※国内外問わず。

カード名の通り旅行に強いカードで、「空港ラウンジサービス」「海外・国内旅行保険(自動付帯)」がついてきます。

旅行に強くポイント還元率も高い、非常にバランスのいいカードです。

ポイント!
JCBのGOLD等と異なり、18歳以上(学生を除く)から申し込めるのも魅力です。

ミライノカードの審査について

PC

続いてはミライノカードの審査についてです。

ミライノカードは住信SBIネット銀行のクレジットカードなので、銀行系クレジットカードに分類されます。

一般的に銀行系クレジットカードは審査が厳しいとされています。

しかし、ミライノカード今ならもしかすると作りやすいのでは予想されます。

理由としてはミライノカードが、まだ発行されてから間もないクレジットカードであるからです。
※ミライノカード発行開始時期は2017年11月。調査は2018年5月に行っております。

発行されて間もないクレジットカードは、会員数を増やしたいと考えているからです。

そのためミライノカードも今なら作りやすいと考えられます。

ただし、今後ミライノカードの発行数が伸びていけば、審査が厳しくなる可能性はあります。

審査の面を考えるのであれば、発行は早めに行っておいた方がいいでしょう。

住信SBIネット銀行とミライノカードを併用するメリット

ここまでミライノカードについて解説してきましたが、ミライノカードは住信SBIネット銀行の口座と併用することでよりメリットが大きくなります。

ミライノカードをメインカードとして使いこなすには、住信SBIネット口座の開設が必須です!

ここからは住信SBIネット銀行とミライノカードの併用について解説していきます。

スマートプログラムで優遇される

まず住信SBIネット銀行の口座とミライノカードを併用することで、住信SBIネット銀行のスマートプログラムで優遇を受けることができます。

住信SBIネット銀行にはスマートプログラムというものが設定されており、ランクが上がるとATM手数料や他行宛振込手数料の無料回数が増えるという仕組みがあります。

通常のミライノカードの場合はミライノカードを利用して住信SBIネット銀行から引き落としされた金額が、1万円以上引落で1つ、5万円以上で2つランクアップします。

また、ミライノカードGOLD、ミライノカードPLATINUMを作成すると、自動で2つランクアップするという特典があります。

ケロンくん

ATMや振込手数料が無料なのは嬉しいね

ランクアップで受けられる特典

住信SBIネット銀行のスマートプログラムはランクが4段階あり、それぞれにATM手数料や他行宛振込手数料の無料回数が設定されています。

ランクごとのATM手数料無料回数、他行宛振込手数料無料回数は以下の通りです。

ランク ATM手数料無料回数 他行宛振込手数料無料回数
ランク1 2回 1回
ランク2 5回 3回
ランク3 7回 7回
ランク4 15回 15回

住信SBIネット銀行のスマートプログラムでランク3以上になるためには、総預金残高が300万円以上などの条件をクリアする必要があるのでランクアップすることが難しいです。

しかし、ミライノカードを月5万円以上利用すれば、ランクを2つ上げることができるのです。
これだけで、ATM手数料と他行宛振込手数料についてはほとんど心配がなくなります。

ATM利用手数料や他行宛振込手数料はどの銀行も条件が厳しくなりつつありますので、ミライノカードと住信SBIネット銀行の口座を利用して節約をしていきましょう。

ミライノカードと住信SBIネット銀行を活用しよう

ここまでミライノカードについて詳しく解説してきました。

ミライノカード単独でもポイント還元率が1%あり、それが現金でキャッシュバックされるというのは大きなメリットです。

これに加えて住信SBIネット銀行の口座と併用すれば、月々のATM利用手数料と他行宛振込手数料を節約することができます。

新たにどのクレジットカードを作るか考えている人は、ミライノカードと住信SBIネット銀行の口座について検討してみてはいかがでしょうか。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード

ケロンくん

ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
クレカの相談、受け付けます!

ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


また、皆さんからの

  • クレカについてのご相談
  • 記事についてのご質問
  • 記事リクエスト
  • クレカの券種レビュー
  • その他雑談
をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

ケロンくん

ぜひ気軽にお話ししましょう~♪