2018年最新!おすすめクレカランキング→

ビューカードは種類が豊富。Suica・定期券としても、ルミネやアトレで少しでも安く買い物したい人にもお得なクレジットカードです。

ビューカード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

「Suica」「PASMO」「ICOCA」「Kitaca」「TOICA」「SUGOCA」など数多くある交通機関系の電子マネー。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

その中で1番使いやすいのが、Suicaと一体型になっているビューカードと言っても過言ではないでしょう。

既に利用している人もたくさんいますが、ビューカードには実はいくつもの種類があります。

ビューカードにはそれぞれの特徴があるため、使う人のライフスタイルによって最適なビューカードも変わってきます

そこで今回は、ビューカードの年会費や特徴、還元率などを比較し、あなたにとってどれが一番ベストのビューカードなのかを探していきましょう。

今ごろ聞くのも恥ずかしいけど、そもそもビューカードって??

携帯で改札を通る人
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

「ビューカード」とは、JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行しているクレジットカードです。

このカードが他のクレジットカードと大きく異なる点は、Suica機能だけでなくオートチャージ機能がついているところです!
(オートチャージ機能についてはのちほど詳しく解説します)

普通のSuicaカードを使うよりもずっと便利で、なおかつポイント等もついてお得に使うことができますよ。

電車を利用するなら絶対に持っておくべきカードですが、「私はJR東日本には乗らないので、関係ないや」という人にとっても実は大変便利なカードなんです。

互換性があるから大丈夫!

Suicaをはじめとする交通機関系の電子マネーはそれぞれに互換性があるため、JR東日本圏内でなくても利用する事が出来ます。

具体的には、

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR西日本)
  • PASMO(首都圏の大手鉄道・交通事業者100社以上)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • manaca(名古屋市交通局)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市交通局)
で利用可能です。

これでほぼ日本中の交通網が網羅されています。

東京在住の人が大阪に転勤になろうと、北海道に旅行しようと全国で使用できます。

もちろんこれらの電子マネーの表示がされている場所であれば、百貨店でもタクシーでもどこでも、このSuicaビューカードで支払いできます。

ケロンくん

クレジットカードと交通カードが一体化になってるから、財布も薄くなるね

オートチャージは超便利!残高を気にする必要なし

Suicaの機能がついたビューカードは、Suicaオートチャージサービスを利用することができます。

このサービスを利用すると、Suicaのチャージ残額が自分が設定した金額を下回ると、改札にタッチした際に自動であらかじめ設定しておいた金額分をチャージしてくれます。便利ですね。

このオートチャージサービスのおかげで、残高を気にしたり、いちいちチャージする必要がなくなります。

チャージするだけでポイントゲット!

Suicaのついたビューカードであれば、オートチャージのたびにビューサンクスポイントが付与されます。

また、普段の支払いなどに使ってもポイントは付与されます。

ビューカードの使い方獲得ポイント
オートチャージ1,000円で6ポイント(15円相当)
普段の買い物1,000円で2ポイント(5円相当)
毎月の利用明細をWEB明細に切り替え毎月20ポイント(50円相当)

貯まったポイントはSuicaチャージや商品券に交換できる!

ビューカードで貯まったサンクスポイントは、400ポイントを1,000円分としてSuica・モバイルSuicaへとチャージすることができます。

また、それ以外にもJR東日本系列の商品券や数々のお取り寄せグルメなどに交換できます。

種類が豊富なので「せっかくポイントが貯まっても使い道がないなぁ」と悩むことはありません。

ビューカードならではの便利機能

カード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/thankspoint/use.html

ビューカードならではの便利な機能について代表的なものを、一つ一つじっくりと見ていきましょう。

Suicaチャージで還元率1.5%

すべてのビューカードに共通ですが、Suicaでチャージ(またはオートチャージ)をすると、通常の買い物などと比べて3倍のサンクスポイントが貯まります。

たとえば10,000円をチャージした場合、60サンクスポイントが貯まります。
60サンクスポイントは150円に相当するため、還元率は1.5%です。

還元率1%台で優秀と言われるクレジットカード界において、1.5%はかなり優秀な還元率です。

買い物もSuicaでポイント二重取り!

Suica加盟店にてSuicaで買い物をすると、100円で1ポイント(もしくは200円で1ポイント)が貯まります。

チャージをすると1.5%のポイントが貯まる訳ですから、チャージして使用すると、100円あたり1.5+0.5~1.0=2.0~2.5ポイントが貯まります。

チャージして貯まり、使っても貯まり、ポイントの二重取りができるわけですね。

Web明細で毎月20ポイント

毎月の利用明細をWeb明細にしておくと、毎月20ポイント(50円相当)が貯まります。

何もしないで1年間で240ポイント(600円相当)が貯まるわけですから、ぜひWeb明細にしておきたいですね。

モバイルSuicaを使いこなそう!

ビューカードをモバイルSuicaに登録すると、オートチャージが利用できますが、定期券機能を持たせることもできるため、スマホから簡単に定期券を購入する事ができます。

また、JR東海の新幹線のエクスプレス予約ができ、モバイルSuica特急券を利用するとJR東日本の新幹線の切符が割引価格で購入する事ができるため大変便利です。

せっかくの機能ですからぜひ使いこなしましょう!

ビューカードは何がオススメ?

スイカで買い物
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/viewsuica.html

調べてみると意外にもたくさんの種類があるビューカード。

Suicaが使えて便利なのは共通ですが、それぞれにそれぞれなりの特徴があります。
では主なビューカードの特徴を一覧表で比較してみましょう。

カード名年会費(税抜)還元率(通常の買い物)還元率(チャージ)
ビューSuicaカード477円0.5%1.5%
ビューゴールドプラスカード10,000円0.5%1.5%
ビックカメラSuicaカード実質0円(477円ですが1回でも利用すれば次年度年会費無料)最大10%(通常は1%ですがビックカメラで利用すると10%)1.5%
アトレビューSuicaカード477円最大4.5%(通常は0.5%ですが「アトレ」や「アトレヴィ」では3.5%)1.5%
ルミネカード953円最大5%(通常は0.5%、ルミネだと5%オフ)1.5%
JALカードSuica2,000円最大200円で4マイル1.5%

それでは次に、一つずつじっくりと検討してみましょう。

Suica、定期券、クレジットカードが1枚に!ビューカードの定番、ビューSuicaカード

ビューカード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

Suicaと定期券とクレジットカード機能が一体となった定番のビューカードです。

国際ブランドとしてはVISA,Mastercard,JCBが選べます。
海外での利用なども考えるとVISAかMastercardを選択するのが無難でしょう。

ビューサンクスポイントの有効期限は2年で、Suicaのチャージ、ルミネの商品券などに交換することもできます。

また、JR東日本の「えきねっと」に登録後ビューSuicaカードで決済をすると、えきねっとポイントとビューサンクスポイントの両方を貯める事ができます。

この「えきねっと」を使ったポイントの二重取りをすることが出来るのは、数あるスイカカードの中でもビューSuicaカードだけです。

ゴールドカードは伊達じゃない!ビューカード唯一のゴールドカード、ビューゴールドプラスカード

ビューゴールド
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

Suicaと定期券、クレジットカード機能が一体となったところはビューSuicaカードと同じです。

しかし、鉄道系のゴールドカードだけあって、新幹線グリーン車利用券などの利用特典がもらえます。
ただ、選べる国際ブランドがJCBのみというのがネック。海外での使用には不安が残るため、決して万能とは言えません。

なお新規入会の場合、8つのコースから特典が選べ、その後1年間のカード利用が100万円以上あると、その翌年ももらうことが出来ます。

ちなみに特典のうち、代表的なものは以下と通りです。

・新幹線・特急グリーン車利用券&普通列車グリーン車利用券(各2枚)

・普通列車グリーン車利用券10枚

・普通列車グリーン車利用券6枚&JR東日本新幹線車内販売コーヒー無料券7枚

この内容であれば、新幹線の利用が多い人であれば、年会費10,000円+消費税でも十分に元は取れるでしょう。

スポンサードリンク

また、このカードの所有者は、東京駅構内の「ビューゴールドラウンジ」を利用する事が出来ます。

新幹線などの待ち時間をラウンジで疲れることなく優雅に過ごす事ができますよ。

ビックポイントカード、Suica,クレジットが1枚に。ぶっちぎりの還元率はビューカードの大本命!ビックカメラSuicaカード

ビックカメラビューカード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

数あるビューカードの中でも大本命がこのビックカメラSuicaカードです。

選べるブランドはVISAとJCBですが、余程でない限りVISAを選んでおいた方が無難でしょう。

基本的な使い勝手はビューSuicaカードと同じですが、ビックカメラならではのオリジナル特典が満載です。

ここが素敵!
年会費は実質無料!

一覧表でわかるように、主なビューカードの中で、ビックカメラSuicaカードだけが実質年会費を無料にすることが出来ます。

条件は、金額に関係なく1度以上使うことが条件で、1度でも使うと翌年1年間の年会費が無料になります。
これだと条件が低いため誰でもクリアできますね。

ここが素敵!
驚異の還元率は何と11.5%!!

他のビューカードが通常の買い物利用の還元率0.5%なのに対し、ビックカメラSuicaカードの還元率は1.0%の設定です。

ビックカメラSuicaカードは他のビューカードと比べると倍のポイントを貯めることができます。

その上ビックカメラにてSuicaで買い物をすると、還元率は10%+Suicaチャージ1.5%=11.5%と驚異の還元率が魅力です。

ビックカメラと言えば家電販売で有名ですが、TVやPCをはじめ、家電の買い物は高額になる場合が多いため、この11.5%の還元率は驚異的とも言えます。

ここが素敵!
実は家電以外もOKです!!

ビックカメラ=家電、と思われている方も多いと思いますが、近年ビックカメラ.comは扱う商品をどんどん増やしています。

家電以外を見てみると、医薬品や日常品、化粧品からお酒や食品ギフトまで取り扱っているんですよ。

こういった普段使いのものもビックカメラで購入すると、11.5%の還元率でポイントを貯めることが出来ます。

ケロンくん

ビックカメラをよく利用する人はこれで決まりだね

「アトレ」「アトレヴィ」での買い物が多い人にオススメ!アトレビューSuicaカード

アトレビューカード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

都内16の駅にある駅ビル「アトレ」と「アトレヴィ」。

山手線、中央線、京浜東北線などを利用している人にとっては毎度お馴染の駅ビルです。
この「アトレ」や「アトレヴィ」をよく使う人にオススメなのが、アトレビューSuicaカードです。

選べる国際ブランドはVISAのみですが、これがデメリットになることはとくにないでしょう。
JRE POINTカード、Suica、定期券が一体となったカードです。

ここが素敵!
買い物しだいで最大還元率4.5%

「アトレ」や「アトレヴィ」での買い物に、このアトレビューSuicaカードを利用すると、100円ごとにJRE POINTが3ポイント(3ポイント=3円=還元率3%)が貯まります。

また、1,000円の利用ごとにビューサンクスポイントが2ポイント(2ポイント=Suicaポイント5円分=還元率0.5%)貯まるため、実質還元率は3.0%+0.5%=3.5%です。

さらに「アトレカードハッピーWポイント」開催日には100円ごとに3ポイントだったJRE POINTが4ポイントに増えるため、還元率はさらに1%増えて4.5%になります。

「アトレ」や「アトレヴィ」にはコンビニやスーパーからユニクロ、各種飲食店など多種多様な店舗が入店しているため、日々の生活でこういった場所を利用することが多い人に便利なのがビューカードです。

「ルミネ」をよくご利用の人との相性バッチリ!ルミネカード

ルミネ
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

新宿ルミネなど首都圏を中心に展開している駅ビル型ショッピングセンターのルミネ。

駅ビルという立地の良さから利用している人も多いと思います。
そんな人がもつビューカードとしてお勧めできるのがこのルミネカード!

選べる国際ブランドは、VISA,Mastercard,JCBの3種類と豊富です。
Suica、クレジット、定期券が一体となったカードです。

ここが素敵!
いつでも5%オフ

ルミネカードで買い物をすると、ルミネ系列のお店ではいつでも5%オフ

年に数回行われる10%オフのキャンペーンの日には、何と10%オフ
ルミネでの買い物時にはぜひ使いたいカードですね。

ここが素敵!
年間利用額に応じてお買物券がもらえます!

ルミネカードは年間の利用金額に応じてルミネで使える商品券がプレゼントされます。

年間利用額ルミネ商品券
20万円から50万円未満1,000円
50~70万円未満2,000円
70~100万円未満3,000円
100万円以上5,000円
ここが素敵!
ポイントをルミネ商品券に交換して還元率最高1.7%

ルミネカードを利用して貯まったポイントは、Suicaへのチャージ分などに交換することがきますが、還元率を考えるとルミネ商品券への交換がいいです。

ポイントの還元率は1度に交換するポイント数が高いほど高くなり、最高で1.7%になります。

陸マイラー御用達!JALマイルが貯まるビューカード

ジャルビューカード
出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/

JALカードSuicaはJALのマイルを貯めている陸マイラー向けのビューカードです。

JMBカード、クレジットカード、Suicaの3種類の機能を搭載した三位一体のカードです。
ただし国際ブランドがJCBのみのため、国内での使用のみに限定される可能性があります。

ここが素敵!
通常のお買い物で最大還元率は2%

通常の買い物で貯まるマイルは200円あたりで1マイルです。

ただし、年額3,000円+消費税を追加で支払いショッピングマイル・プレミアムに加入すると200円で2マイルが貯まり、全国52,000店舗の特約店で買い物をすると200円で4マイルと還元率は2%(1マイル=1円で計算)となります。

ここが素敵!
6,000マイルから航空券に交換可能!使い道いろいろJALマイル

貯めたJALマイルは6,000マイルから交換可能。

6,000マイルあれば国内線の特典航空券(片道)と交換する事ができます。

また、貯めたマイルをSuicaへチャージするのもOK。10,000マイル=10,000円の交換レートでチャージできます。

気になる入会特典一覧

ここまでご紹介してきた主要ビューカード。気になる入会特典はどうでしょうか?

カードの種類主な入会特典
ビューSuicaカード最大8,000円相当のポイントプレゼント
ビューゴールドプラスカード最大38,000円相当のポイントプレゼント
ビックカメラSuicaカード最大6,000円相当のポイントプレゼント
アトレビューSuicaカード最大6,000円相当のポイントプレゼント
ルミネカード特になし
JALカードSuica特になし

それでは、それぞれのビューカード入会特典を得るための条件はどうなっているでしょうか?

ビューSuicaカードで8,000ポイントの条件
・期限内に2万円の利用ごとにJRE POINTが1,000ポイント(最大5,000ポイントまで)

・3,000円以上のオートチャージでJRE POINTが1,000ポイント

・家族カードの発行でJRE POINTが2,000ポイント

ケロンくん

これはそんなに難しくなさそう
ビューカードゴールドプラスカードで38,000ポイントの条件
・期限内に10万円の利用ごとにJRE POINTが7,000ポイント(最大35,000ポイントまで)

・3,000円以上のオートチャージでJRE POINTが1,000ポイント

・家族カードの発行でJRE POINTが2,000ポイント

ビューカードゴールドプラスカードをメインカードにするのなら可能かもしれませんが、かなりハードルが上がりますね。

ビックカメラSuicaカードで6,000ポイントの条件

・新規入会でJRE POINTが1,000ポイント
・期限内に3万円の利用ごとにJRE POINTが1,000ポイント(最大3,000ポイントまで)

・3,000円以上のオートチャージでJRE POINTが1,000ポイント

・JCBブランド限定で抽選にて1,500名に1,000ビックポイント

これも十分に達成可能ですね。

アトレビューSuicaカードで6,000ポイントの条件

・新規入会でJRE POINTが2,000ポイント

・3,000円以上のオートチャージでJRE POINTが500ポイント
・アトレ、アトレヴィ各館で5,000円以上の利用でJRE POINTが1,000ポイント

・期限内に合計50,000円以上の利用でJRE POINTが2,500ポイント

こちらもハードルは低いので十分に達成可能ですね。

まとめ

意外と種類が多いビューカード。
主に鉄道を利用する人向けのカードですが、それぞれのライフスタイルに応じたカードを選ぶのが肝心です。

それぞれに独自の特徴を持ったカードですが、その中でもとくにビックカメラSuicaカードは際立って還元率が高いため、どれにしようか迷ったとき、まず第一候補に選んでおいて間違いはないでしょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード