今すぐクレカが必要な方は→

マイル初心者はこれを読めばOK。貯め方から使い方までわかりやすく総まとめ!

飛行機

誰しも一度は耳にしたことがある「マイル」

貯めると航空券に交換できて、お得に旅行ができることはみんな知っていますが「実際にどうやって貯めるのか?」となると、ややこしいイメージがあってわからない人がたくさんいます。

今回はそんな「マイル」についてわかりやすく解説していきます。

少し難しい部分もありますが、一度貯め方や使い方がわかってしまえば、毎年ハワイへの無料航空券もゲットできるので、ぜひ学んでください^^

ケロンくん

一緒にマイルを貯めてみよう♪

この記事の目次

そもそもマイルとは?

飛行機とお金

まずは「そもそもマイルって?」というところから説明します。

「マイル」と「マイレージ」の違い

マイルと同様に、マイレージという言葉も耳にしたことがあると思います。

  • マイレージ:ANAやJALなどの航空会社が実施しているポイントプログラムのこと
  • マイル:マイレージプログラムで貯めるポイントのこと

マイルは貯めることで、「航空券」や「各種商品」に交換することができます。

ちなみにマイレージを実施していない航空会社などもあり、ジェットスターなどのLCC(ローコストキャリア)は実施していないことがほとんどです

では、マイレージプログラムを実施している航空会社の飛行機にとにかく乗りまくればいいのでしょうか?というとそれは違います。

「ANAマイル」と「JALマイル」はまったくの別物で、一緒に使うことができないという点です。

A商店で貯めたポイントカードをB商店で使えないのは当然ですよね?

それと同じイメージです。

注意
JALで貯めたマイルをANAで使うことはできません。
そこで貯めるべきマイルを決めるのに知っておかなければいけないのが「アライアンス」というもの。

アライアンスのことも知っておこう

ケロンくん

アライアンスって名前は聞いたことがあるけど、なにかはよくわからないよね

アライアンスとは、複数の航空会社でマイレージサービス・ラウンジなどの共有等を行うチームのことです。

ほとんどの航空会社は大きく3つのアライアンスに属しています。

  1. スターアライアンス
  2. ワンワールド
  3. スカイチーム

日本の航空会社だと、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに属しています。

たとえば、ANAのマイルを貯めていたとしましょう。

ANAはスターアライアンスのメンバーなので、ユナイテッド航空の飛行機に乗ってもANAマイルを貯めることができます。

つまり、マイルを貯めるにあたり「アライアンス選び」が大切となってきます。

ポイント!
マイルを貯めるときは、どの「アライアンス」を選ぶかが大事。
どのアライアンスにどんな航空会社が属しているかを確認しよう!

①スターアライアンス

ここが素敵!
世界初で世界最大の航空連合です。
なんと、加盟会社による就航国は190ヶ国余り!

27社が加盟している世界最大規模のアライアンスです。

▼主な航空会社

  • 全日空(ANA):日本
  • ユナイテッド航空:アメリカ
  • シンガポール航空:シンガポール
  • タイ航空:タイ
  • ニュージーランド航空:ニュージーランド
▼全27社


出典:スターアライアンス(公式サイト)

②ワンワールド

ここが素敵!
「日本の翼」であるJALが加盟しているアライアンスです。

13社が加盟しているアライアンスです。

▼主な航空会社

  • 日本航空(JAL):日本
  • ブリティッシュエアウェイズ:イギリス
  • キャセイパシフィック:香港
  • カタール航空:カタール
▼全13社


出典:ワンワールド(公式サイト)

③スカイチーム

ここが素敵!
アメリカの大手航空会社デルタ航空が加盟しています。
デルタは世界でも6大陸すべてに就航する数少ない航空会社です。

19社が加盟しているアライアンスです。

▼主な航空会社

  • デルタ航空:アメリカ
  • エールフランス:フランス
  • 大韓航空:韓国
  • チャイナエアライン:台湾
▼全19社


出典:スカイチーム(公式サイト)

④アライアンスに加盟していない航空会社もある

ちなみにどのアライアンスにも属さない航空会社もあります。

たとえば、エミレーツ航空やハワイアンエアラインなどはアライアンスに加盟してないため、その会社のマイレージでマイルを貯める必要があります。

ポイント!
アライアンスに加盟していなくても、企業ごとに独自に提携してポイントを共有している航空会社も存在します。

アライアンスの選び方

3つあるアライアンスのうちのどこでマイルを貯めていくかを最初の段階で決めなければいけません。

アライアンスの選び方ですが、1番優先すべきは「渡航先」です。

例えば、メキシコに頻繁に行きたいとしたらANAだと直行便チケットをマイルで獲得できますが、JALだとできません

なので「自分の行きたい国が多いアライアンス」を選びましょう!

もしも特にないという場合は「スターアライアンス」がおすすめです。

加盟している航空会社が一番多く、さらにメジャーな国を抑えているからです。

かくいう筆者も、スターアライアンスのマイルを貯めています!

1マイルっていくらなの?

電卓

さて、続いて1マイルの価値についてです。

私たちは普段気軽に「マイル、マイル」と言っていますが、「1マイル」はいったいいくらなのでしょうか?

ポイント!
「1マイル=1円」というように、マイルの価値は固定的のように思えますが、実はマイルの価値は変動します!

マイル価格の変動パターン

以下の2パターンにおいて、マイルの価値の変動を見ていきます!

  1. マイルを使ってエコノミークラスで東京~那覇を往復
  2. マイルを使ってビジネスクラスで東京~ハワイを往復

今回はANAを例として実際の変動具合を見ていきますね。

1マイルの価値を出すのに必要な情報は、下記の2点です。

  1. 航空券の価格
  2. その区間をマイルで行った場合の必要マイル数
1マイルの価値を出す公式!
「航空券の価格」÷「その区間をマイルで行った場合の必要マイル数」

①エコノミークラスで東京~那覇の往復

まずは、「エコノミークラスで東京~那覇の往復の費用」と「必要マイル数」を確認します。

普通に航空券を予約する場合だと「91,620円」です。
またエコノミークラス東京~那覇間での必要マイル数は「18,000マイル」です。


出典:ANA(公式サイト)

なので、今回の場合だと91,620円÷18,000マイル=5.09円です。

よって、【1マイル=5.09円】となります。

②ビジネスクラスで東京~ハワイの往復

続いて「ビジネスクラスで東京~ハワイの往復の費用」と「必要マイル数」を確認します。

普通に航空券を予約する場合だと「462,750円」です。

またビジネスクラス東京~ハワイ間での必要マイル数は「65,000マイル」です。


出典:ANA(公式サイト)

今回の場合だと462,750円÷65,000マイル=7.11円です。

よって、【1マイル=7.11円】となります。

1マイルの価値は4円にも20円にもなる!

ご覧の通り、1マイルあたりの価値は使う航空券によって変動します。

今回の検証では、1マイルの価値に2.02円の差が生まれました。

もしも、ファーストクラスで検証するとなると、1マイルの価値は10円、20円にもなります。

1マイル=1円と思ってしまっている方も多いのですが、実はマイルの価値は変動し、さらにその価値はかなり高いのです!

ケロンくん

マイルの価値はこんなに変動するんだね!知らなかったよ。
ポイント!
実は、楽天ポイントやTポイントもマイルにすることができます。
本当はマイルに交換できたのに、ポイントを失効させてしまい「損」をしている人が大勢いるかもしれません。
※後ほど細かいポイントの移行方法などをご説明します!

マイルがあったらできること

ビジネスクラス
出典:JAL(公式サイト)

マイルを効率よく貯めることで、東京~沖縄の往復分のチケット獲得することはもちろん、ハワイ往復分やビジネスクラスクラスのチケットを獲得することもできます!

ちなみに筆者自身、マイルを効率的に貯めることで3ヶ月に1度のペースで沖縄旅行を実現しています!

当サイトでは、マイルで航空券獲得できるようになるまでのステップをわかりやすく、さらに情報を厳選してお届けしていきますので、一緒に学んでいきましょう。

ケロンくん

マイルを上手に使えれば交通費がとっても節約できそう~!

マイルの使い方

パソコンを見る人

では続いてマイルの使い方についてです。

マイルは基本的に「航空券」に交換する場合が多いですが、他にも使い方があるのでご紹介します。

(1)マイルを航空券として使う

まずは一番メジャーな航空券。

ANAマイルを貯めれば、ANAの航空券をゲットでき、JALマイルを貯めればJALの航空券をゲットできます。

ANAやJALは一見同じように見えますが、渡航先が異なるので自分が行きたい場所によって貯めるマイルを考えましょう。

▼ANA

出典:ANA(公式サイト)

▼JAL

出典:JAL(公式サイト)

(2)航空券以外のマイル使い方

実はマイルは航空券以外の使い方もできます。

注意!
ただし、ほとんどの場合はマイルを「航空券」として使うのが一番お得です。
当サイトとしては「航空券」への交換をオススメします。

①ホテルやツアーとして使う


出典:ANA(公式サイト)

ANAマイルの場合だと30ほどのホテルにマイルで宿泊することができますよ。

相場として【1マイル=1円】ほどです。

②ショッピングに使う


出典:ANA(公式サイト)

ANAマイルの場合だと、ANAセレクションというカタログ通販のようなものでマイルを使ってお買い物ができます。

こちらもホテル同様【1マイル=1円】ほどです。

マイルを使うなら航空券が一番お得!

ご覧の通り、マイルは色々なものに交換できます。

他にもたくさんのものに交換できるのですが、マイルは航空券として使うのが一番お得です!

マイルとカード

マイルといえば特典航空券(飛行機のチケット)に交換するのが一般的ですが、それ以外にも交換できるものがあります。

今回はマイルを航空券以外のどのようなものに交換できるかと、その交換方法などについてお伝えしていきます。

マイルの交換先として一番オススメなのは「特典航空券」

チケット

ここが素敵!
一番オススメの交換先はあくまで「特典航空券」!

1マイル毎の価値が変動することは理解していると思いますが、航空券として使うことが1マイルあたりの価値を一番高められます

たとえば、航空券にしたら1マイルあたり5円の価値だけど、景品などと交換すると1マイルあたり1円の価値になってしまうというイメージです。

ケロンくん

航空券のお得さを理解せずに、マイルを景品などと交換して後悔してる人がチラホラいるから注意してね!

それを踏まえた上で、航空券以外の交換先をご紹介します。

マイルの交換先(使い道)

分かれ道

では、さっそくマイルの交換先(使い道)をご紹介していきます。今回ご紹介するのは特典航空券も含めて以下の5つです。

  • 特典航空券
  • ホテル宿泊
  • ツアー
  • 景品類
  • 他ポイントへの移行
memo
今回は「マイルの使い道」というテーマですが、例としてANAマイルの使い方をメインで解説していきます。
しかし、JALマイルをはじめ他のマイルでも「マイルの使い道」はそれほど変わりませんよ。

マイルの使い道①特典航空券

空港ラウンジ

まずは、マイルの王道の使い方である「特典航空券」です。

この部分については、ぜひともしっかり知っておいて欲しいのでより細かく説明します。

1マイルあたりの価値を算出して、どのようにマイルを使うとお得なのか可視化していきますよ!

マイルを特典航空券として使う価値

まず「マイルは特典航空券で使うのが一番オススメでありお得」とお伝えしていますが、その理由をご紹介します。

マイルの価値が変動することは再三お伝えしてきました。

5パターンで比較

たとえば、同じ特典航空券でも

  • エコノミークラスで羽田~中部国際空港
  • エコノミークラスで羽田~那覇
  • エコノミークラスで成田~NY
  • ビジネスクラスで成田~NY
  • ファーストクラスで成田~NY

5つのパターンでは1マイルあたりの価値(日本円換算)が変わってきます

▼今回の検証の条件

  • ANAマイルでANAの航空券を発行すると仮定する
  • マイルを使うシーズンはR(レギュラー)シーズン(繁閑のない通常の時期)
  • マイルの使用と対比する購入航空券は一番安いもの(予約変更ができてないプランなど)

ケロンくん

5つのパターンでどうのようにマイルの価値が変わっていくか見てみてね!

①エコノミークラスで羽田~中部国際空港の場合

▼マイル使用時

出典:ANA(公式サイト)

▼航空券購入時

出典:ANA(公式サイト)

まずはエコノミークラスで羽田~中部国際空港ですが、9,300円のチケットに6,000マイル使うので【1マイル=1.55円】の価値です。

②エコノミークラスで羽田~那覇

▼マイル使用時

出典:ANA(公式サイト)

▼航空券購入時

出典:ANA(公式サイト)

続いてエコノミークラスで羽田~那覇ですが、25,890円のチケットに9,000マイル使うので【1マイル=2.88円】の価値です。

③エコノミークラスで成田~NY

▼マイル使用時

出典:ANA(公式サイト)

▼航空券購入時

出典:ANA(公式サイト)

続いてエコノミークラスで成田~NYですが、204,500円のチケットに55,000マイル使うので【1マイル=3.17円】の価値です。

④ビジネスクラスで成田~NY

▼マイル使用時

出典:ANA(公式サイト)

▼航空券購入時

出典:ANA(公式サイト)

続いてビジネスクラスで成田~NYですが、863,000円のチケットに90,000マイル使うので【1マイル=9.59円】の価値です。

⑤ファーストクラスで成田~NY

▼マイル使用時

出典:ANA(公式サイト)

▼航空券購入時

出典:ANA(公式サイト)

続いてファーストクラスで成田~NYですが、2,257,810円のチケットに165,000マイル使うので【1マイル=13.68円】の価値です。

マイルの価値の変動具合がすごい

ご覧の通り、「⑤のファーストクラスで成田~NYだと1マイルあたりの価値が13.68円」になります!

これがマイルの本当にすごいところで、使い方によってマイルはすごい威力を発揮するのがお分りいただけたと思います。

ちなみに特典航空券以外では、①のエコノミーで羽田~中部国際空港のマイルの価値である「1マイル=1.55円」にすら及ばないです…。

マイルの使い道②ホテル宿泊

ホテル

続いて「マイルをホテル宿泊に使う場合」です。

筆者は(マイルは航空券として使うのが一番お得だと知っているので)、ホテル宿泊にマイルを使ったことがありません。

ただし、ホテル自体は好きで見漁っていたのでご紹介していきますね。

ANAの場合だと、以下のような提携ホテルにマイルを使って宿泊することが可能です。

    • ザ・ペニンシュラホテルズ
    • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ
    • ザ・リッツ・カールトン
    • セント レジス ホテル&リゾート
    • ホテルナゴヤキャッスル
    • オークラ ホテルズ & リゾーツ
    • ハイアット ホテルズ&リゾーツ
    • プリンスホテルズ&リゾーツ
    • 東急ホテルズ
    • KIZASHI THE SUITE

使うANAマイルがもっとも少なくて20,000マイル、もっとも多いと100,000マイルまで交換先のホテルがあります。

ではせっかくなので、ホテルでANAマイルを使ったときの価値についても確認しておきます。

セントレジスホテル大阪

まずは「セントレジスホテル大阪」から。

こちらは大阪の中央区にある5つ星ホテルです。

▼マイル使用時(100,000マイル「セントレジスホテル大阪(グランドデラックススイート)」)

出典:ANA(公式サイト)

▼通常宿泊
出典:Marriott Bonvoy

ホテル宿泊は時期によってかなり変動はあると思いますが、2019年11月8日泊(金曜 泊)で「Marriott Bonvoy」にて価格を見てみると84,150円です。

ANAマイルを使う場合は必要マイル数が100,000マイル。普通に宿泊したときの価格が84,150円なので、【1マイル=0.84円】となります。

ケロンくん

航空券としてマイルを使うときに比べると、1マイルあたりの価値はだいぶ落ちちゃうね…。

マイルの使い道③レストラン

料理

続いて「マイルをレストランで使う場合」です。

ホテルと同じく、高級なお店(ホテルの系列など)と提携しています。

かの有名な「ロブション」も含まれているのには驚きました!

    • ザ・ペニンシュラホテルズ
    • シャングリ・ラ ホテルズ&リゾーツ
    • ジョエル・ロブション
    • オークラ ホテルズ & リゾーツ
    • 東急ホテルズ
    • INTERSECT BY LEXUS – TOKYO
    • メルセデス ミー
    • プリンスホテルズ&リゾーツ
    • セントレジス ホテル & リゾート
    • ザ・リッツ・カールトン
    • グランド ハイアット 福岡
    • ホテルナゴヤキャッスル

この中で「ジョエル・ロブション」でマイルを使って食事をした場合のマイルの価値を見ていきます。


出典:ANA(公式サイト)

ジョエル・ロブションでANAクーポンを利用すると「ANAスペシャルコースディナー」がでてきます。
※前菜2品、メイン2品・デザート

普通にジョエル・ロブションで食事をするなら20,160円~47,040円(消費税・サービス料込)のコースがあるそうなので、今回は40,000円として1マイルあたりの価値を計算していきます。

60,000マイルで2名分なので、60,000マイルで80,000円分の食事ができるとなると【1マイル=価値は1.3円】になります!

ポイント!
意外と1マイルあたりの価値も悪くないので「なかなか旅行には行かない、行けない」という方で食事やグルメに興味がある方にはオススメです。

マイルの使い方④景品類(商品類)

PC

続いて「景品類への交換」です。

ANAの場合だと「ANAセレクション」と「ANAショッピング A-style」でマイルと景品類を交換できます。

ANAセレクション


出典:ANAセレクション(公式サイト)

まずはANAセレクションを見ていきましょう。

ご覧の通り、2019年7月現在で440件もの商品があります。

マイルが少ないもので5,000マイルから、多いものだと230,000マイルの商品まで幅広いです。

カテゴリーでいうと

    • ANAオリジナル
    • 体験メニュー
    • キャリー&バック
    • グルメ
    • ワイン・その他酒類
    • 時計・財布・アクセサリー
    • 生活雑貨&家電
    • タカシマヤセレクト

と幅広い商品があります。

また、これに加えて「ANAマイレージクラブのランク」によって交換できる商品の幅が広がります

出典:ANAプレミアムメンバー限定サイト(公式サイト)

▼ANAマイレージクラブのランクについて

たくさん飛行機に乗ること(マイル使用分は含まず)で得られるステータスのこと。全3種類。

  • ブロンズ
  • プラチナ
  • ダイヤモンド

クレジットカードを活用したり、ポイントサイトを活用することでマイルを貯めている人は取得が難しいランクです。

ですので、今回はこのランクで得られる商品についてか割愛しますね。

memo
実はランクを取るとかなり得ができる特典が盛りだくさんです。
中には、お金(かなり安くて50万円+時間がかかる)をかけてランクを取得する人もいます!
その人たちを「修行僧」と呼んでいます。

では、ANAマイルで交換できる商品がどのような価値があるか見ていきます。

10,000マイル「全自動コーヒーメーカー ガラスサーバー」


出典:ANAセレクション(公式サイト)

こちらをAmazonで調べて見ると「8,100円」です。

出典:Amazon.co.jp(公式サイト)

10,000マイルで8,100円なので1マイルあたりの価値は【1マイル=0.81円】となります。

今度は必要マイル数が高い商品でマイルの価値を調べてみます。

140,000マイル「マグニフイカSカプチーノ スマート コンパクト全自動エスプレッソマシン」


出典:ANAセレクション(公式サイト)

こちらをAmazonで調べて見ると「117,590円」です。


出典:Amazon.co.jp(公式サイト)

140,000マイルで117,590円なので、1マイルあたりの価値は【1マイル=0.83円】です。

ポイント!
他にもいくつか1マイルあたりの価値を調べてみたけど、大体【1マイル=1円】で設定されているようでした。

「ANA限定」のコラボ商品

市販の商品だけでなく限定品とも交換できます!


出典:ANAセレクション(公式サイト)

このような商品はお金をいくら払っても手に入れられない「限定商品」はマイルを使っても交換して見る価値はありそうですね。

ANAショッピング A-style


出典:A-style(公式サイト)

続いて「ANAショッピング A-style」です。

ANAショッピング A-styleはANAセレクションとは違い、最低で1マイルから交換することができます。

正確にいうと、ANAマイルをANAショッピングポイントに交換することによってANAマイルで商品と交換できるというイメージです。

ちなみに交換比率は【1マイル=1ANAショッピングポイント=1円】です。


出典:A-Style(公式サイト)

ちなみにこのANAショッピングポイントには有効期限があるなど注意点があります。

注意点
  • 商品のお届け先は日本国内に限ります。
  • お申し込み後は、取り消しならびにポイントからマイル口座へのお戻しはできません。
  • ポイントの有効期限は、ポイント獲得月の翌年同月末日までです。
  • 交換レートなどは変更になる場合があります。

引用元:https://cam.ana.co.jp/psz/amcj/jsp/amcastyle.jsp?link=sidecontents1_all_03

A-styleでもANAマイルと交換できる商品ジャンルについてはANAセレクションと似ています。

    • ANAオリジナル
    • バック&トラベル
    • ファッション
    • ライフスタイル
    • グルメ&ワイン
    • ヘスス&ビューティー

マイルの使い道⑤他ポイントへの移行

change

では、最後に「他ポイントへの交換」です。

    • 電子マネー「楽天Edy」
    • 10楽天スーパーポイント
    • Tポイント
    • nanacoポイント

をはじめ、25ものポイント交換先があります。


出典:ANA(公式サイト)

このポイント交換は少しややこしく、累計で20,000マイル分のポイント交換だと1マイル=1ポイントで大体1マイル=1円の価値で交換することが可能です。
※4月1日~翌年3月31日の1年間で区切られます。

注意
しかし、累計で30,000マイル以上のポイント交換からはなんとレートが下がります。
1マイル=0.5ポイント、つまり1マイルあたり大体0.5円の価値での交換になります。

ケロンくん

交換レートの変更のイメージとしては以下の通りだよ!
    • 6月1日 10,000マイル(1口)を「Edy」に交換 ⇒ Edy10,000円分
    • 8月1日 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒ 10,000ポイント

※ここまで年度内に20,000マイル(2口)を交換済

  • 10月1日 10,000マイル(1口)を「Edy」に交換 ⇒~Edy5,000円分
  • 12月1日 10,000マイル(1口)を「Tポイント」に交換 ⇒~5,000ポイント

つまり、もしも他ポイントへの交換を考えているのであれば少し考えてからのポイント交換をオススメします。

20,000マイル以上ポイント交換した後のポイント交換率は50%はかなり厳しいです…。

ケロンくん

また、10,000ポイント(一口)からの交換しかできないというのも注意してね!

そして、他ポイントの交換の時に見逃してはいけないのが提携航空会社でマイルを使うこと、つまり「提携航空会社特典航空券」です!

提携航空会社特典航空券

たとえばANAマイルの場合、ANAがスターアライアンスに加盟(JALならワンワールド)しているのでスターアライアンス加盟航空会社運航便を利用することができます!

ちなみに、スターアライアンス加盟航空会社は以下の通りです。


出典:ANA提携先一覧(公式サイト)

これだけ多くの航空会社の飛行機にANAマイルを使って乗ることができるのです。

つまり世界中だいたいどこでもスターアライアンスの飛行機で移動できます。

ポイント!
これがJALが加盟するワンワールドだと加盟航空会社数が15です。
ANAマイルを貯めている方がJALマイルを貯めるよりも後々旅行の行き先が広がります。

ちなみにANAマイルの場合だと

注意
  • 往復15,000マイル~
  • 片道では利用できない
  • 幼児・小児が特典航空券を利用する場合、大人と同じマイル数が必要

など注意点もあるのでご注意ください。

また、今回は割愛しますが、スターアライアンスやワンワールドには「世界一周旅行券」というものがあります。

時間に余裕がないと、なかなか世界一周など難しいかもしれませんが、かなりお得に(少ないマイルで)旅行できるので、気になる場合はチェックしてみてください。

▼スターアライアンス「世界一周旅行券」

まとめ

以上、マイルの使い道を5パターン解説しました。

5つご紹介しましたが、一番のオススメであり、一番お得な使い道は「特典航空券」です。

ですが、ちょっと余ったマイルで景品と交換するなど使い道は豊富です。

ホテルにもマイルを使って旅行を格安で済ませたりもできるので、機会があればぜひマイルを色々と使ってみてください。

マイルの貯め方

では、マイルの価値や使い方わかったところで「貯め方」について説明します!

「マイルは飛行機に乗らなければ、貯まらないんでしょ?!」と思っている方が多いのですが、マイルの貯め方は大きく3パターンあります。

今回は全体像をサクッと説明していきますので、まずは「こういう風な簡単な貯め方もあるのか!」と知ってもらえたらと思います。

陸マイラーの存在

陸マイラー
出典:ANA-STORE(公式サイト)

いきなりですが「陸マイラー」をご存知ですか?

マイレージサービスにおいて、飛行機には乗らず、航空会社の提携する商店やクレジットカードなどを利用することでマイルをため、サービスを受ける人。

引用元:コトバンク

マイルは基本的に飛行機に乗って貯めるもの、と認識されていることが多いのですが、陸マイラーと言って飛行機に乗ることなくマイルを貯める人が存在します。

その手法とくに難しい訳ではなく、誰にでも実践できる方法なのが驚き。

主な方法は「クレジットカードを使って貯める方法」「ポイントサイトを使って貯める方法」です!

ケロンくん

飛行機に乗る以外でマイルは貯まるんだね

(1)飛行機に乗ってマイルを貯める

まずは飛行機に乗ってマイルを方法です。

飛行機で移動する距離、使用するクラス(エコノミー・ビジネスなど)、予約プランなどによって加算されるマイルは異なります。

▼ANAの場合

国内線フライトマイレージは、搭乗区間の基本マイレージに、ご搭乗時の運賃種別ごとに所定の積算率をかけたマイル数が積算されます。

国内線フライトマイル = ご搭乗の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率

引用:マイルの積算条件 [ANA国内線]

まず基本マイレージ。羽田~那覇だと984マイルが基本マイレージです。

これは「距離」に由来します

続いて積算率です。

積算率はプランによって変動します。


出典:ANA(公式サイト)

たとえば、羽田~那覇においてプレミアム運賃でチケットを取ったとすると【約1500マイル】貯まります。
※プレミアムメンバーステイタスやクレジットカードによって還元マイル数は異なります。

ちなみに東京~那覇の往復に必要なマイルが9,000マイルほどなので、いかに飛行機に載るだけでマイルを貯めることが困難かがわかる例です。

ですが、航空会社によって相性のいいクレジットカードがあり、航空券の支払いなどにそのクレジットカードを使うことでマイルが何倍も貯まります。

それらについては別記事で詳しくご紹介しますね。

(2)クレジットカードでマイルを貯める

カード複数枚

では続いてクレジットカードでマイルを貯める方法です。

ご存知の通り、クレジットカードで支払いをすると、そのクレジットカード会社のポイントが何かしらつきます。

たとえば楽天カードなら楽天ポイントが、TカードならTポイントという具合です。

それらのポイントをマイルに交換することで、間接的にクレジットカードでマイルを貯められます。

楽天ポイントなら、2ポイントにつき1マイルに交換できます。


出典:楽天カード(公式サイト)

楽天ポイントは楽天市場だと1ポイント1円の価値です。

ポイント!
これをANAマイルに交換すると0.5マイルになります。
しかし、1マイルあたり2円以上の価値になる航空券に交換すると、楽天ポイントのまま使うよりもANAマイルとして使った方がかなりお得なのがわかりますね。

ふだんの支払いを現金からクレジットカードに変えるだけなので、ほぼ労力なく貯めることができる方法なのです!

ポイント!

しかし、クレジットカードによってマイルの貯まりやすいカード、そうでないカードがあります!

場合によっては2~3倍もマイルの貯まり具合が変わるので、使うべきカードはしっかり考える必要があります。

ですが一度持ってしまえば、あとはふだんの支払いに使うだけなので、当サイトのマイルを貯めるのに適したクレジットカードについて書いた記事を読み、マイルの貯まりやすいカードを手に入れましょう!

(3)ポイントサイトでマイルを貯める

最後にポイントサイトを使ってマイルを貯める方法です。

ここでのポイントサイトというのは「キャッシュバックサイト」のようなものです。

わかりやすく例えると、あるものを購入するときに店舗で買ったらポイントはないけど、Amazonで買ったらポイントがつく、というようなイメージとなります。
※Amazonはポイントサイトではないですが。

マイルを貯めるのにオススメなポイントサイトでハピタスがあります。


出典:ハピタス(公式サイト)

こちらに書いてある通りハピタスは「ショッピングや旅行、サンプル利用やアンケート回答でポイントが貯まって現金・ギフトに交換できる」という仕組みです。

わずかではありますが、ハピタスのようなポイントサイトを通じてネットショッピングなどをすることでハピタスポイントが貯まり、それをマイルと交換することができます!

ポイントサイトを経由するので多少の手間はあるものの、うまく活用することでマイルを貯める手助けになるので、マイルを貯めるのにオススメの手法です。

ハピタス<公式サイト>

まとめ

マイルとはどういうものなのか?というところから、使い方、貯め方まで一気に説明しました。

マイルのことを一度で全部を理解しよう、というのは難しいので少しずつ知識をつけていきつつ、同時にマイルを貯めていきましょう。

マイルについて全部理解してから貯めようとすると、下手したら一生マイルを貯めるに至らない可能性もありますからね…。

支払いを現金からクレジットカードにすることで、今日からマイルを貯めることもできます!

この方法は労力をかけず、誰でもできる方法なのでぜひぜひ試してみてください。

ちなみにマイルが貯まりやすいカードを手に入れることで何倍も貯まるスピードが上がる可能性があるので、マイルが貯まりやすいオススメのクレジットカードの記事は必読です!

貯めたマイルで沖縄旅行に行ってみた!

シーサー

タダの航空券を使って旅行できたらかなり魅力的だとは思いませか?

筆者自身、ANAのマイルを集め出して1年ほど経つのですが、ついに念願のタダ航空券(特典航空券)を獲得しまして沖縄旅行(宮古島)に行ってきました!

ANAマイルを活用することで驚いくほど旅費を浮かすことができた様子をご覧ください。
※筆者が実際に旅行したのはGWあたりです

また、筆者が名古屋~宮古島間の特典航空券を獲得できるだけのANAマイルを貯めた過程もご紹介します!

ANAマイルで名古屋~沖縄間の航空券代が8万円浮いた!

ハイビスカス

旅行するときに切っても切り離せないのが「移動費」。

その中でもとくに飛行機代はかなり大きいので、ここがなくなるだけでも旅行のハードルはかなり下がりますよね。

では実際にANAマイルを使うことでどれだけお得に旅行ができたのかご覧ください!

ANAでの名古屋~沖縄間の通常航空券代

まずは普通に航空券を購入する場合です。
※筆者が実際に旅行した名古屋発で確認してみましょう。

格安チケットを探すことができるサイトがあったり、ANAのチケットでも何ヶ月も前に予約すれば安くなります。

今回は2018年の7月26日~8月2日に旅行したということで見ていきます。
(おそらく筆者が実際に旅行したGWあたりの方が料金的には高いです)


出典:ANA(公式サイト)

実際に航空券を探してみると、名古屋~宮古島間は大体が片道40,000~50,000円ほどです!

ANAでの名古屋~沖縄間の特典航空券に必要なマイルなど

では続いてANAマイルを使って名古屋~宮古島間のチケットを取った場合です。


出典:ANA(公式サイト)/

ANAマイルを使うとき、同じ区間だったとしても時期によって必要なマイル数が変わってきます。

実際にANAのシーズン・必要マイルチャートをご覧ください


出典:ANA(公式サイト)

今回の場合だと「R(レギュラーシーズン)」にあたります。

ポイント!
Rシーズンでの名古屋~宮古島間の必要マイル数は18,000マイル。
これがHシーズンになると21,000マイル、Lシーズンだと14,000マイルです。

ANAマイルのおかげで9万円ほどお得に!

ご覧いただいた通り、ANAマイルを使うことによって9万円ほどの移動費を節約することができました!

ANAマイルを効率的に貯めるには多少の知識が必要となります。

筆者は、クレジットカードでマイルを貯めたり、ポイントサイトでマイルを貯めたりして、今回の旅行を実現させました。

詳しい方法については、本記事の最後で解説しています!

筆者は今回の浮いた9万円分を全部とは言わないまでも

    • 泊まるホテルをアップグレード
    • ディナーをアップグレード

などなどに充てることができ、より充実した旅行にすることができました。

ANAマイルを使うことでLCCなどの煩わしさから脱せた!

空港ラウンジ

航空券代をタダにできるのが一番の恩恵であることには間違い無いですが、実は他にも大きな恩恵がありました!

それは「LCCなどの煩わしさからの脱却」です。

LCCで沖縄(宮古島)に行くなら乗り継ぎが必須

LCCはかなり安いので、旅費をできる限り下げるために利用していました。

ですが、もしも名古屋からLCCで宮古島に行こうと思うと乗り継ぎが必須です。

「名古屋→那覇→宮古島」です。

少ない休みの中での旅行なので、できれば旅行先での時間をたくさん作りたいものです。

しかし、LCCとANAを比較すると往復で4~5万円変わってくるのでどうしてもLCC頼りになってしまっていました。

注意!
2019年7月現在では、宮古島への直行便がいくつか出ています。

ANAならLCC特有の遅れ、疲れなどから抜け出せる

LCCで宮古島に行くのに、那覇を経由すると乗り継ぎだけで3時間くらいのムダ時間が発生します。

しかも、そもそも乗り継ぎは乗って降りてで大変です。

ANAの場合だと乗ったら宮古島に直接行ってくれるので、時間もたくさんえられます。

乗り継ぎの労力もかからないので、LCC特有のフラストレーションが一切溜まらず宮古島に行くことができるわけです!

ポイント!
ANAならLCCと比べて座席もかなり広く、なんならwifiも使えるのでかなり快適に空の旅ができます。

筆者のANAマイルの貯め方

コーヒーとノート

今回、航空券代9万円を浮かすことができ、さらに快適な空の旅を楽しめた筆者がどのようにマイルを貯めたかを解説します!

ANAマイルを貯めるためにクレジットカードを保有して使い始める

カード

まず筆者はマイルが貯まりやすいカードを保有し始めて、できる限りの支払いをクレジットカードにすることから始めました。

しかし、筆者はその時カードの選び方がわからず、何となくでANAマイルへの還元率が0.5%のカードを選んでしまいました。

この還元率はかなり悪く、今思うと何をやっていたのか…という感じです。

マイルへの還元率が高く、自分にあったクレジットカードの探し方は下記記事でご紹介しています!

飛行機によく乗るあなたが持つべきクレジットカードを紹介。マイルが3倍貯まることも!

ANAマイルへの還元率がいいクレジットカードを保有し始める

ちょっとずつ勉強していくうちにはじめのカードがイマイチなことに気づきました。

そこで、新たにクレジットカードを保有し始めました。


そのカードが今でも筆者のメインカードである「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。

このクレジットカードは還元率を最大で1.648%にすることができます。

筆者自身は一部条件が満たせず還元率が1.405%なのですが、それでも0.5%のカードとは雲泥の差です!

筆者はだいたい1年間で200万円ほど決済しました。

もしも還元率0.5%だったら10,000マイルしか貯まりませんが、ANA VISA ワイドゴールドカードなら28,000マイルほど貯まります。

その差は【18,000マイル】です!

ポイント!
18,000マイルといえば、ちょうどRシーズンの名古屋~宮古島間の必要マイル数です…!
使うカードによっては航空券分くらいのマイル差になってしまいます。

ANAワイドゴールドカードの申し込みは、こちらから。

ANA系カード<公式サイト>

▼ANA VISA ワイドゴールドカードについてさらに詳しい情報はこちら

「ANA VISA ワイドゴールドカード」はANAマイルを貯める最強のカード!陸マイラーのオススメ。

ポイントサイトもちょっとずつ使ってANAマイルを貯めた

クレジットカード決済だけでも、時期によっては年に2回も名古屋から宮古島にいけるだけのマイルが貯まります。

しかし、欲張りな筆者は「ポイントサイト」も活用してマイルを貯めました!

ポイントサイトとは、サイトが募集する案件をこなしてポイントを貯めるサイトのことです。

筆者は、ハピタスというポイントサイトを使ってそこで得たポイントをANAマイルに交換しています。

ハピタス

1ヶ月に1~2時間ほどの作業で10,000マイルほど貯めました。

詳しい使い方は下記記事をごらんください!

【2019年最新】ハピタスオススメの案件とポイントをマイルに変える方法をわかりやすく解説

ハピタス<公式サイト>

クレジットカードとポイントサイトの活用で年間10万マイルも可能!

筆者は、クレジットカードの支払いによるポイントとポイントサイトで獲得したポイントを合計100,000マイルほどを貯めています。

▼筆者のマイル数

クレジットカードの支払いでマイルを貯めるのは、普段の支払いをクレジットカードにするだけなので簡単です。

また、ポイントサイトの活用も簡単な作業だけで、毎月10,000マイル相当のポイント獲得が可能です。

▼筆者が獲得したポイント数

こちらはハピタスでライフカードを1枚発行したことで獲得できたポイントです。

ハピタスで獲得したポイントは、還元率80%でANAマイルにできるので一発で9,600マイルの獲得です。

このように考えると、年間で10万マイルも夢ではありません。

10万マイルあれば東京~ハワイも2回行っても、東京~沖縄が1回行けるほどで、近場であればビジネスクラスにもタダで乗ることができますよ!

まとめ

実際にマイルを貯めて旅行した、というのをまじかで見て「貯めてみようかな!」と思っていただけたら嬉しいです。

筆者はマイルのおかげで大好きな旅行に気軽に行けるようになったので、ぜひ筆者のようにマイルを貯めてみてください!

60万マイル保有者が書く、本気のマイル攻略ガイド「マイルの聖書」もどうぞ。
マイルの貯め方・使い方・おすすめカードを知るなら「マイルの聖書」
マイルだけでなく空港ラウンジ、そしてお得な旅行術などを配信中。