2018年最新!おすすめクレカランキング→

マイルのことをゼロからわかりやすく解説。貯め方から使い方まで総まとめ

飛行機

誰しも一度は耳にしたことがある「マイル」

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

貯めると航空券に交換できて、お得に旅行ができることはみんな知っていますが「実際にどうやって貯めるのか?」となると、ややこしいイメージがあってわからない人がたくさんいます。

今回はそんな「マイル」についてわかりやすく解説していきます。

少し難しい部分もありますが、一度貯め方や使い方がわかってしまえば、毎年ハワイへの無料航空券もゲットできるので、ぜひ学んでください^^

そもそもマイルとは?

飛行機とお金

まずは「そもそもマイルって?」というところから説明します。

マイルとマイレージの違い

マイルと同様に、マイレージという言葉も耳にしたことがあると思います。

「マイレージ」とはANAやJALなどの航空会社が実施しているポイントプログラムのことで、「マイル」はそのポイントのことです。

マイルは貯めることで、「航空券」や「各種商品」に交換することができます。

ちなみにマイレージを実施していない航空会社などもあり、ジェットスターなどのLCC(ローコストキャリア)は実施していないことがほとんどです

では、マイレージプログラムを実施している航空会社の飛行機にとにかく乗りまくればいいのでしょうか?というとそれは違います。

「ANAマイル」と「JALマイル」はまったくの別物で、一緒に使うことができないという点です。

A商店で貯めたポイントカードをB商店で使えないのは当然ですよね?
それと同じイメージです。

注意
JALで貯めたマイルをANAで使うことはできません。

そこで貯めるべきマイルを決めるのに知っておかなければいけないのが「アライアンス」というもの。

アライアンスのことも知っておこう

ケロンくん

アライアンスって名前は聞いたことがあるけど、なにかはよくわからないよね

アライアンスとは、複数の航空会社でマイレージサービス・ラウンジなどの共有等を行うチームのことです。

ほとんどの航空会社は大きく3つのアライアンスに属しています。

以下の3つのアライアンスです

  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • スカイチーム

日本の航空会社だと、ANAはスターアライアンス、JALはワンワールドに属しています。

たとえば、ANAのマイルを貯めていたとしましょう。
ANAはスターアライアンスのメンバーなので、ユナイテッド航空の飛行機に乗ってもANAマイルを貯めることができます。

つまり、マイルを貯めるにあたり「アライアンス選び」が大切となってきます。

ポイント!
マイルを貯めるときは、どの「アライアンス」を選ぶかが大事。
どのアライアンスにどんな航空会社が属しているかを確認しよう!

①スターアライアンス

27社が加盟している世界最大規模のアライアンスです。

ここが素敵!
世界初で世界最大の航空連合です。
なんと、加盟会社による就航国は190ヶ国余り!

主な航空会社としては以下のような会社です。

  • 全日空(ANA):日本
  • ユナイテッド航空:アメリカ
  • シンガポール航空:シンガポール
  • タイ航空:タイ
  • ニュージーランド航空:ニュージーランド
▼全27社


出典:http://www.staralliance.com/ja/member-airlines

②ワンワールド

15社が加盟しているアライアンスです。

ここが素敵!
「日本の翼」であるJALが加盟しているアライアンスです。

主な航空会社としては以下のような会社です。

  • 日本航空(JAL):日本
  • ブリティッシュエアウェイズ:イギリス
  • キャセイパシフィック:香港
  • カンタス航空:オーストラリア
  • カタール航空:カタール
▼全15社


出典:https://ja.oneworld.com/%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E8%88%AA%E7%A9%BA%E4%BC%9A%E7%A4%BE-26i/%E6%A6%82%E8%A6%81

③スカイチーム

20社が加盟しているアライアンスです。

ここが素敵!
アメリカの大手航空会社デルタ航空が加盟しています。
デルタは世界でも6大陸すべてに就航する数少ない航空会社です。

主な航空会社としては以下のような会社です。

  • デルタ航空:アメリカ
  • エールフランス:フランス
  • 大韓航空:韓国
  • チャイナエアライン:台湾
  • 中国東方航空:中国
  • 中国南方航空:中国
▼全20社


出典:https://www.skyteam.com/ja/

④アライアンスに加盟していない航空会社もある

ちなみにどのアライアンスにも属さない航空会社もあります。

たとえば、エミレーツ航空やハワイアンエアラインなどはアライアンスに加盟してないため、その会社のマイレージでマイルを貯める必要があります

アライアンスの選び方

3つあるアライアンスのうちのどこでマイルを貯めていくかを最初の段階で決めなければいけません。

もしハワイにいこうと思ったら、ANAマイル2万マイル・JALマイル2万マイルあったとしてもいくことができず、ANAもしくはJALマイルで4万マイルほど必要です。

つまりアライアンスのことを何も考えずにマイルを貯めてしまうと、純粋に航空券を取るのが遅くなってしまいます。

そこでアライアンスの選び方ですが、1番優先すべきは「渡航先」です

例えば、メキシコに頻繁に行きたいとしたらANAだと直行便チケットをマイルで獲得できますが、JALだとできません

なので「自分の行きたい国が多いアライアンス」を選びましょう!

もしも特にないという場合は「スターアライアンス」がおすすめです。

加盟している航空会社が一番多く、さらにメジャーな国を抑えているからです。

かくいう筆者も、スターアライアンスのマイルを貯めています!

1マイルっていくらなの?

電卓

さて、続いて1マイルの価値についてです。

私たちは普段気軽に「マイル、マイル」と言っていますが、「1マイル」はいったいいくらなのでしょうか?

ポイント!
「1マイル=1円」というように、マイルの価値は固定的のように思えますが、実はマイルの価値は変動します!

では、実際にマイルの価値が変動する様子を確認していきましょう。

「マイルの価値」を知ってしまうと、マイルを貯めることがどれだけお得なことかがわかります!

以下の2パターンにおいて、マイルの価値の変動を見ていきます!

  1. マイルを使ってエコノミークラスで東京〜那覇を往復
  2. マイルを使ってビジネスクラスで東京〜ハワイを往復

今回はANAを例として実際の変動具合を見ていきますね。

1マイルの価値を出すのに必要な情報は、下記の2点です。

  • 航空券の価格
  • その区間をマイルで行った場合の必要マイル数
1マイルの価値を出す公式!
「航空券の価格」÷「その区間をマイルで行った場合の必要マイル数」

それでは、これらの情報を調べながら、1マイルの価値を比べていきましょう。

①エコノミークラスで東京〜那覇の往復

まずは、「エコノミークラスで東京〜那覇の往復の費用」と「必要マイル数」を確認します。

普通に航空券を予約する場合だと「82,980円」です。
またエコノミークラス東京〜那覇間での必要マイル数は「18,000マイル」です。


出典:https://www.ana.co.jp/

なので、今回の場合だと82,980円÷18,000マイル=4.16です。

よって、【1マイル=4.61円】となります。

②ビジネスクラスで東京〜ハワイの往復

続いて「ビジネスクラスで東京〜ハワイの往復の費用」と「必要マイル数」を確認します。

普通に航空券を予約する場合だと「436,840円」です。
またビジネスクラス東京〜ハワイ間での必要マイル数は「65,000マイル」です。


出典:https://www.ana.co.jp/

今回の場合だと436,840円÷65,000マイル=6.72です。

よって、【1マイル=6.72円】となります。

1マイルの価値は4円にも20円にもなる!

ご覧の通り、1マイルあたりの価値は使う航空券によって変動します。

今回の検証では、1マイルの価値に2.56円の差が生まれました

もしも、ファーストクラスで検証するとなると、1マイルの価値は10円、20円にもなります

1マイル=1円と思ってしまっている方も多いのですが、実はマイルの価値は変動し、さらにその価値はかなり高いのです!

ケロンくん

マイルの価値はこんなに変動するんだね!知らなかったよ。
ポイント!
実は、楽天ポイントやTポイントもマイルにすることができます。
本当はマイルに交換できたのに、ポイントを失効させてしまい「損」をしている人が大勢いるかもしれません。
※後ほど細かいポイントの移行方法などをご説明します!

マイルがあったらできること

ビジネスクラス
出典:https://www.jal.co.jp/inter/service/business/seat/skysuite3.html

マイルを効率よく貯めることで、東京〜沖縄の往復分のチケット獲得することはもちろん、ハワイ往復分やビジネスクラス・ファーストクラスのチケットを獲得することもできます!

ちなみに筆者自身、マイルを効率的に貯めることで3ヶ月に1度のペースで沖縄旅行を実現しています!

スポンサードリンク

マイルを深く理解しようとするとそれなりに時間や労力がかかるため、なかなかマイルを貯めて航空券を獲得する人はいません。

ですが、実際マイルを貯めている人に目を向けると、筆者のようにタダで飛行機に乗っている人はかなりたくさんいます

当サイトでは、マイルで航空券獲得できるようになるまでのステップをわかりやすく、さらに情報を厳選してお届けしていきますので、一緒に学んでいきましょう。

ケロンくん

マイルを上手に使えれば交通費がとっても節約できそう~

マイルの使い方

パソコンを見る人

では続いてマイルの使い方についてです。

マイルは基本的に「航空券」に交換する場合が多いですが、他にも使い方があるのでご紹介します。

(1)マイルを航空券として使う

まずは一番メジャーな航空券。

ANAマイルを貯めれば、ANAの航空券をゲットでき、JALマイルを貯めればJALの航空券をゲットできます。

ANAやJALは一見同じように見えますが、渡航先が異なるので自分が行きたい場所によって貯めるマイルを考えましょう

▼ANA
出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

▼JAL 
出典:https://www.jal.co.jp/jmb/

(2)航空券以外のマイル使い方

実はマイルは航空券以外の使い方もできます。

注意!
ただし、ほとんどの場合はマイルを「航空券」として使うのが一番お得です。
当サイトとしては「航空券」への交換をオススメします。

①ホテルやツアーとして使う


出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/coupon/hotels/

ANAマイルの場合だと30ほどのホテルにマイルで宿泊することができますよ。

相場として【1マイル=1円】ほどです。

②ショッピングに使う


出典:https://www.astyle.jp/top/CSfANASelectionTop.jsp?asl=sso_aselectiontop4

ANAマイルの場合だと、ANAセレクションというカタログ通販のようなものでマイルを使ってお買い物ができます。

こちらもホテル同様【1マイル=1円】ほどです。

マイルを使うなら航空券が一番お得!

ご覧の通り、マイルは色々なものに交換できます。

他にもたくさんのものに交換できるのですが、マイルは航空券として使うのが一番お得です!

マイルの貯め方

では、マイルの価値や使い方わかったところで「貯め方」について説明します!

「マイルは飛行機に乗らなければ、貯まらないんでしょ?!」と思っている方が多いのですが、マイルの貯め方は大きく3パターンあります。

今回は全体像をサクッと説明していきますので、まずは「こういう風な簡単な貯め方もあるのか!」と知ってもらえたらと思います。

陸マイラーの存在

陸マイラー
出典:https://store.ana.co.jp/pickup/180507_okamiler_v6

いきなりですが「陸マイラー」をご存知ですか?

マイレージサービスにおいて、飛行機には乗らず、航空会社の提携する商店やクレジットカードなどを利用することでマイルをため、サービスを受ける人。

引用:コトバンク

マイルは基本的に飛行機に乗って貯めるもの、と認識されていることが多いのですが、陸マイラーと言って飛行機に乗ることなくマイルを貯める人が存在します。

それも、ただ飛行機に乗るだけではなく、ビジネスクラスやファーストクラスに乗ることもあるのです!

実はそれだけのマイル飛行機に乗ってマイルを貯めようとしても、毎週出張する人でもなかなか貯めることができないのが現実なのです。

なので、陸マイラーと呼ばれる人が存在しますが、その手法とくに難しい訳ではなく、誰にでも実践できる方法なのが驚き。

ちなみにその方法はクレジットカードを使って貯める方法と、ポイントサイトを使って貯める方法です!

ケロンくん

飛行機に乗る以外でマイルは貯まるんだね

(1)飛行機に乗ってマイルを貯める

まずは飛行機に乗ってマイルを方法です。

飛行機で移動する距離、使用するクラス(エコノミー・ビジネスなど)、予約プランなどによって加算されるマイルは異なります。

▼ANAの場合

国内線フライトマイレージは、搭乗区間の基本マイレージに、ご搭乗時の運賃種別ごとに所定の積算率をかけたマイル数が積算されます。

国内線フライトマイル = ご搭乗の区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率

引用:マイルの積算条件 [ANA国内線]

まず基本マイレージ。羽田〜那覇だと984マイルが基本マイレージです。
これは「距離」に由来します

続いて積算率です。
積算率はプランによって変動します。


出典:https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tameru/flightmile/dom/

たとえば、羽田〜那覇においてプレミアム運賃でチケットを取ったとすると【1476マイル】貯まります。

ちなみに東京〜那覇の往復に必要なマイルが9,000マイルほどなので、いかに飛行機に載るだけでマイルを貯めることが困難かがわかる例です。

ですが、航空会社によって相性のいいクレジットカードがあり、航空券の支払いなどにそのクレジットカードを使うことでマイルが何倍も貯まります。

それらについては別記事で詳しくご紹介しますね。

(2)クレジットカードでマイルを貯める

カード

では続いてクレジットカードでマイルを貯める方法です。

ご存知の通り、クレジットカードで支払いをすると、そのクレジットカード会社のポイントが何かしらつきます。

たとえば楽天カードなら楽天ポイントが、TカードならTポイントという具合です。

それらのポイントをマイルに交換することで、間接的にクレジットカードでマイルを貯められます。

楽天ポイントなら、1ポイントにつき0.5ANAマイルに交換できます。


出典:https://point.rakuten.co.jp/exchange/

楽天ポイントは楽天市場だと1ポイント1円の価値です。

ポイント!
これをANAマイルに交換すると0.5マイルになります。
しかし、1マイルあたり2円以上の価値になる航空券に交換すると、楽天ポイントのまま使うよりもANAマイルとして使った方がかなりお得なのがわかりますね。

この「クレジットカード」でマイルを貯める方法ですが、ふだんの支払いを現金からクレジットカードに変えるだけなので、ほぼ労力なく貯めることができる方法なのです!

一般的な普通の買い物などの支払いだけでも、東京〜沖縄でいうと1年に1~2往復分のマイルを貯められます

しかし、クレジットカードによってマイルの貯まりやすいカード、そうでないカードがあります!

場合によっては2~3倍もマイルの貯まり具合が変わるので、使うべきカードはしっかり考える必要があります。

ですが一度持ってしまえば、あとはふだんの支払いに使うだけなので、当サイトのマイルを貯めるのに適したクレジットカードについて書いた記事を読み、マイルの貯まりやすいカードを手に入れましょう!

(3)ポイントサイトでマイルを貯める

最後にポイントサイトを使ってマイルを貯める方法です。

ここでのポイントサイトというのは「キャッシュバックサイト」のようなものです。

わかりやすく例えると、あるものを購入するときに店舗で買ったらポイントはないけど、Amazonで買ったらポイントがつく、というようなイメージとなります。
※Amazonはポイントサイトではないですが。

マイルを貯めるのにオススメなポイントサイトでハピタスがあります。


出典:http://hapitas.jp/

こちらに書いてある通りハピタスは「ショッピングや旅行、サンプル利用やアンケート回答でポイントが貯まって現金・ギフトに交換できる」という仕組みです。

わずかではありますが、ハピタスのようなポイントサイトを通じてネットショッピングなどをすることでハピタスポイントが貯まり、それをマイルと交換することができます!

ポイントサイトを経由するので多少の手間はあるものの、うまく活用することでマイルを貯める手助けになるので、マイルを貯めるのにオススメの手法です。

ハピタス<公式サイト>

まとめ

マイルとはどういうものなのか?というところから、使い方、貯め方まで一気に説明しました。

マイルのことを一度で全部を理解しよう、というのは難しいので少しずつ知識をつけていきつつ、同時にマイルを貯めていきましょう。

マイルについて全部理解してから貯めようとすると、下手したら一生マイルを貯めるに至らない可能性もありますからね…。

支払いを現金からクレジットカードにすることで、今日からマイルを貯めることもできます!

この方法は労力をかけず、誰でもできる方法なのでぜひぜひ試してみてください。

ちなみにマイルが貯まりやすいカードを手に入れることで何倍も貯まるスピードが上がる可能性があるので、マイルが貯まりやすいオススメのクレジットカードの記事は必読です!

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード