2018年最新!おすすめクレカランキング→

VIASOカードのメリット・デメリットについて

VIASOカードのメリット・デメリットについて

VIASOカードの申し込みに向けてメリットとデメリットを把握しておきましょう。どんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのかを整理しておくことで、自分に適したカードかどうかを判断できるようになります。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

VIASOカードの5つのメリット

VIASOカードのメリットは主に5つあります。申込条件から入会キャンペーンまで、5つのメリットを参考にして下さい。人によってはかなり大きなメリットとなるので、自分に適したカードかどうかを判断してみましょう。

申し込みの条件がとても優しい

VIASOカードは多くの人が申込対象となっています。申込条件では、学生を除く18歳以上が対象となっているので、年齢をクリアすることが出来るなら誰でも申し込むことが出来ます。年齢が18歳を超えている学生に関しては両親の同意が必要となっています。学生にとっては少し申込条件が厳しいニュアンスがありますが、逆に言えば同意者があれば申し込めるので、VIASOカードは学生でも十分に申し込みの良い候補となります。学生生活を送るなかで、やっぱりクレジットカードがある方が何かと便利です。ネットショッピングをする場合でも、カード払いを使えるようになります。クレジットカードを検討しているなら、両親に相談をしてみて下さい。

審査で合格を目指しやすい

VIASOカードの審査は優しいです。クレジットカードによっては高所得者でなければ合格を目指すことが難しい場合があります。しかしながら、VIASOカードの場合は本人確認書類だけで申し込むことが出来るので、そこまで返済能力を気にする必要もありません。また、利用枠が少額設定になっているので、一般的な収入を持っている人なら簡単に合格を目指すことが出来ます。毎月、一定の収入を確保しており、他社で借入がない場合ならほぼ確実に審査で合格を貰えます。アルバイトや派遣など、収入に波がある人でも十分に合格を狙うことが出来ます。とにかく審査に通れるクレジットカードを探しているなら、VIASOカードはおすすめです。

年会費が無料

VIASOカードは年会費が無料なので、維持費が掛かりません。VIASOカードを契約後、一切維持費を支払うことなく持ち続けることが出来ます。基本的にクレジットカードは維持費が掛からない方がお得ですが、ゴールドカードなど特典が豊富なカードにおいては年会費が掛かってもメリットになることがあります。しかし、VIASOカードのステータスはゴールドカードに匹敵するほどの特典があるわけでもありません。年会費無料という設定は妥当であり、これによって誰にとっても申し込みをしやすい状況となっています。

還元率アップでポイントを貯めやすい

クレジットカードと言えば、やっぱりポイントに関する情報が気になるところですね。VIASOカードのポイントは1ポイント=1円です。ポイントが貯まったらキャッシュバックすることが可能です。VIASOカードのポイントは通常の還元率は平均的ですが、VIASOeショップを利用したり、特定加盟店でカードを使う事で還元率アップでポイントを貯めることが出来ます。また、ポイントアップのためにVIASOeショップを利用する場合など、日頃から目にすることが多いブランドのショップが多数揃っているのは嬉しいポイントです。無理をしてポイントアップを狙うことなく、しっかりと用途に応じて高還元率からポイントを貯めていくことが出来ます。

スポンサードリンク

入会キャンペーンがある

VIASOカードは入会キャンペーンが実施されています。入会キャンペーンの期間中に申し込みをすれば、トータルで1万円相当のポイントを貰うことが出来ます。年会費が無料なことからも、ポイントを狙って申し込みをしておくのはアリです。基本的に入会キャンペーンをフル活用するためには入会後にカードを使わなければなりません。15万円以上を使うことでポイントを貰うことが出来ますが、もう1つの条件としては楽Payへ登録するという条件があります。こちらの条件の方が簡単にクリアすることが出来ますし、楽Payへ登録するだけで1000ポイントを貰うことが出来ます。しっかりと入会キャンペーンに関する情報を抑えておきましょう。

VIASOカードの申し込みは、こちらから。

499801
カード評価
入会特典
(4.5)
保険
(4.0)
還元率とポイントの使いやすさ
(4.5)
ユニークなデザイン揃え
(5.0)
総合評価
(4.5)

VIASOカード<公式サイト>

VIASOカードの2つのデメリット

VIASOカードのデメリットは利用枠とポイントの有効期限にあります。それぞれのデメリットの詳細を把握しておき、自分にとって大きなデメリットとなるかどうかを判断することが大切です。

利用枠が物足りない

VIASOカードの利用枠は10万円から100万円となっています。クレジットカードの利用枠としては少し物足りなさを感じます。最高で100万円の利用枠となっているので、割とカードを活用する機会が多い人にとっては利用枠が足りなくなる可能性があります。もし、VIASOカードの利用枠が100万円で足りないと感じた場合、これは他のクレジットカードを併用して利用枠を増やすしかありません。他社のクレジットカードを持つことによって、カードの管理がややこしくなります。高額な利用枠を希望している人にとっては、VIASOカードの利用枠はデメリットとなります。

ポイントに有効期限がある

VIASOカードはポイントを貯めることができ、貯まったポイントをキャッシュバックすることが出来ます。使い方によってはかなりお得となりますが、残念なのが有効期限が決まっていることです。有効期限を過ぎるとポイントが失効してしまいます。そのため、有効期限までにポイントを消費しておく必要があります。しかし、VIASOカードのポイントシステムとしてなかなか都合良くポイントを消費できない状況があります。1000ポイントを貯めることでポイントを消費することが出来ますが、1000円分カードを使っても還元率としては5ポイントしかポイントを貯めることが出来ません。計画的にポイントを考慮しながらカードを使わなければ、いくらかのポイントが無駄になる可能性が高いです。ポイントの有効期限は1年となっているので、毎年ポイントを考慮しながらカードを使うことが必須となってきます。

クレジットカードの魅力はポイントにある

VIASOカードに限らずクレジットカードというのはポイントが一つの魅力です。例えば、キャッシングやカードローンの場合はポイントを貯められるサービスが殆どありません。逆にクレジットカードの場合はポイントシステムが導入されている商品が大半です。カードを使ってポイントからいかに得することができるか?これがクレジットカードの醍醐味でもあります。そう考えると、VIASOカードのポイントシステムは大きなデメリットでもあります。キャッシュバックシステムがあることは嬉しいですが、何よりも有効期限が大きなネックとなります。また、1000円以下ではポイントを消費することが出来ないので、都合良くポイントを消費しずらいことは否めません。

VIASOカードは気軽にカードを持ちたい人にオススメ

VIASOカードはメリットがあればデメリットもあります。良しあしを総合的に考慮すると、VIASOカードは気軽にクレジットカードを持ちたい人に向いていると言えます。年会費が無料というのが大きなメリットであり、これによって気軽にクレジットカードを所持することが出来ます。ポイントに関しては計画的にカードを使うことが余儀なくされるため、あまりポイントを意識せずに自分なりのカードの活用方法を見出せる人にとって使いやすいカードです。将来的にいろんなクレジットカードを利用するとしても、初心者にとって初めの第一歩として選びやすいカードなのは間違いありません。

VIASOカードの申し込みは、こちらから。

499801
カード評価
入会特典
(4.5)
保険
(4.0)
還元率とポイントの使いやすさ
(4.5)
ユニークなデザイン揃え
(5.0)
総合評価
(4.5)

VIASOカード<公式サイト>

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード