2018年最新!おすすめクレカランキング→

クレジットカードが届いたらまずは裏面にペンでサインをしよう。裏署名の書き方とポイント!

クレジットカードの裏面にはサインをする箇所があり、そこには署名をしなければなりません。

本来はクレジットカードが手元に届いたらまずサインをしなければならなのですが、意外と忘れているという人も多いのではないでしょうか。

しかしクレジットカードの裏署名を忘れると、実は大変なことに巻き込まれてしまう可能性が高くなってしまいます。

例えるのであれば

「裏署名のないクレジットカードは札束と同じ」

と言っても過言ではありません。

この記事では、クレジットカードの裏署名の必要性と疑問について詳しく解説していきます。

注意
クレジットカードが手元に届いたら必ず裏面にサインをしましょう

クレジットカードが届いたらすぐに裏署名をする必要性

それではまずクレジットカードが届いたら、すぐに裏署名をする必要性について解説していきます。

冒頭でも「裏署名のないクレジットカードは札束と同じ」という表現を用いましたが、署名のないクレジットカードは本当に危険です。

どのような危険があるのか、具体例を見ていきましょう。

裏署名のないクレジットカードは使用不可

まず、裏署名のないクレジットカードはそもそも利用することができません。

店舗は裏署名のないクレジットカードの利用を断ることができるのです。

クレジットカードは利用者がクレジットカード会社の審査をクリアし、支払いが後々されるという信頼のもと利用がされています。

そのためクレジットカード利用者が本人であると確認できない場合は、店舗としてもその利用を断ることができるようになっています。

本人であるという証明の1つがカード裏面の署名なのです。

もちろん、本人であるという確認は利用時のサインや暗証番号入力によっても確認はとれますが、ルールとして裏署名がないクレジットカードは使用できないと決まっています。

店舗ではそこまで確認がされないかもしれませんが、本来は裏署名のないクレジットカードであれば利用を断られても何も文句は言えません。

memo
「毎回、裏面の確認なんてしないでしょ?」と思われるかもしれませんが、百貨店・ホテル等ではサインを確認するよう教育されおり筆者も使用を断られたことがあります。

裏署名がない場合不正利用し放題になってしまう

裏署名のないクレジットカード1番の問題と言える点が、不正利用がやり放題になってしまうという点です。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問・相談してみませんか?

ケロンくん

時間があるときに、編集部が質問にお答えします^^

スポンサードリンク

もし、所持しているクレジットカードを落としてしまい、それを他人に拾われた場合どうなるでしょうか。

その人が署名をして、あなたになりすまし、クレジットカードを不正利用するということが簡単にできてしまいます。

店舗側も裏署名がしてあるクレジットカードであれば、本人と認識しますので利用を断ることもありません。

裏署名をしていないがために、不正利用されたクレジットカードの支払いを自分がしなければならないケースがあるということです。

クレジットカードの盗難保険について

「クレジットカードを不正利用されたら、盗難保険が適用されるのではないですか?」

そんな疑問をもつ人もいるかと思いますが、実はこの盗難保険には適用されないケースがあります。

そのケースの1つが、裏面に署名がされていないというケースです。

クレジットカードが不正利用された場合は、盗難保険が適用されますが会員側が規約に違反していた場合や故意・過失の場合は、盗難保険が適用されないことがあります。

クレジットカードの裏面に署名をすることは、会員規約に定められていますので不正利用をされても、盗難保険が適用されないケースがあるということです。

保険会社としても本人が署名したことが証明できない以上、保険を適用できないという認識なのでしょう。

スポンサードリンク

これが「裏署名のないクレジットカードは札束と同じ」という意味です。

たとえば利用限度額100万円のクレジットカードを裏署名なしで所有していた場合、それを紛失したら100万円分自由に利用されてもおかしくありません。

今持っているクレジットカードに署名がされていないのであれば、今すぐ署名をしてください。

注意!
カード裏面の署名がない場合、不正利用の保証が受けられない可能性があります。

ケロンくん

裏署名のないクレジットカードをもつリスクはとっても大きいんだね。
裏署名はすぐにしよう!

裏署名の疑問にすべて回答

カードを手にもつ

クレジットカードに裏署名をしないことが、どれほど危険があるのかおわかりいただけたかと思います。

ここからはクレジットカードの裏署名について、基本知識を解説していきます。

裏署名は漢字?英語?

まず裏署名を書く時の言語なのですが、どんな言語でも利用することが可能です。

先ほど説明したように署名をする目的は、本人確認をするためですので本人が書いたことがわかれば、言語はなんでも問題ありません。

そのため署名は漢字でも英語でも構いませんが、迷っているのであれば漢字で書くほうがいいでしょう

理由としては2点挙げられます。

ポイント!
  • 漢字のサインは自分が書き慣れている
  • 他人に偽装されにくい
  • 海外でクレジットカードを多く利用するという人であれば、外国人が書きにくい漢字でサインをするのがいいでしょう。

    見栄えを重視して筆記体などで書いても、普段下記慣れていないと署名にブレが出てしまいます。

    外国人に偽装されにくく、日常で下記慣れている「漢字での署名」が圧倒的にオススメです。

    裏署名を書くのにオススメの筆記用具

    筆記用具

    裏署名は消えてしまうと意味がありません。

    よって裏署名に使う筆記用具は「消すことができないペン」である必要があります。

    裏署名にお勧めの筆記用具は以下の3種類です。

  • ボールペン:綺麗に書けます。ペン先は太目の方が書きやすいです。
  • 油性マジック:ほぼ消えないです。ただ、ペン先が太すぎると文字が潰れる可能性があります。
  • サインペン:自宅にない可能性がありますが、程よい太さで書きやすいです。
  •  
    水性ペンで書いてしまうと、にじんだり、消えたりした場合、他人によっていとも簡単に書き換えられてしまいます。

    そうならないためにも、消えない筆記用具で裏署名を書くようにしましょう。

    もし書き損じた場合は?

    また万が一裏署名を書き損じてしまった場合、速やかにクレジットカード会社に連絡をして再発行してもらいましょう。

    手が滑って変な字を書いてしまったり、間違えて他の人の名前を書いてしまった場合がこれに該当します。

    不正利用防止のために、裏署名に訂正があったり上書きしたりされていると、そのクレジットカードは利用することができません。

    再発行までに時間はかかりますが、不正利用のリスクを考えるのであれば、すぐに再発行すべきです。

    ケロンくん

    裏署名は本人確認のための証拠。間違いないように丁寧に書きましょう。

    今すぐクレジットカードに裏署名をしよう

    ここまでクレジットカードの裏署名について解説してきました。

    裏署名のないクレジットカードが不正利用された場合、裏署名をしていないかった人の責任となります。

    その場合は、盗難保険が適用されないケースもあります。

    裏署名がないのは一見たいしたことがなさそうですが、紐解いていくといかに危険なことかがわかったかと思います。

    注意
    今すぐクレジットカードに裏署名をするようにしましょう。

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
      ■総合人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 三井住友VISAカード

      ■お得な高還元率の人気カード
     1位 オリコカード・ザ・ポイント
     2位 リーダーズカード
     3位 JCB CARD W

      ■急ぎでカードが必要な方には
     1位 ACマスターカード
     2位 セゾンカード

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」がスタートしました! 更新情報を不定期でお送りしております。


    また、皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 記事についてのご質問
    • 記事リクエスト
    • クレカの券種レビュー
    • その他雑談
    をお待ちしています!なんでも気軽にお送りください^^

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪