2018年最新!おすすめクレカランキング→

ニコスカードを海外で使用できる付帯保険について

ニコスカードを海外で使用できる付帯保険について

海外旅行へ出かけることが多いなら、ニコスカードを選ぶ時に付帯保険に注目しておきましょう。海外保険が付帯されていることで、様々なシチュエーションに合わせて補償を受けることが出来ます。病気や盗難など、いろんな補償内容が用意されているので安心できるニコスカードを探してみて下さい。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

保険金額と保障項目の種類をチェック

ニコスカードの海外保険は補償項目が5種類あります。これによっていろんなトラブルに対応出来るようになっています。家族で旅行へ出かける場合でも、万が一にしっかりと備えることが可能です。保険金額については一般会員やゴールド会員など、会員クラスによって金額が異なる内容となっています。

補償項目から最適なカードを見つけよう

ニコスカード海外保険の補償項目は主に5種類あります。傷害による死亡・後遺障害、傷害・疾病による治療費用、賠償責任、携行品の損害、救援者費用の5つです。カードを選ぶ上で考えておきたいことは、どんなシチュエーションに対して保険があると安心なのか?これをしっかりと考慮しなければなりません。例えば、家族で海外旅行へ出かけた時に何かの事件に巻き込まれてしまい怪我を負う可能性があります。それに対してニコスカードの海外保険を適用させたいなら、傷害による死亡・後遺障害の保険や傷害・疾病による治療費用に対応できるニコスカードを選んでおくと安心です。身近に起こる可能性が高いトラブルは携行品の破損や盗難です。海外旅行の観光地で記念写真を撮る時にカメラを落として破損してしまうことは良くあるケースです。また、海外によっては盗難が多発する国があるので、破損や盗難に対応している海外保険を付帯させておくのはとても安心です。

保険金額が高いのはゴールドカード

海外保険が付帯しているニコスカードは会員のランクによって補償額が変わってきます。最も補償額が高いのはゴールド会員となっています。次に補償額が高いのがプレミオ会員です。一般カード会員が一番補償額が低くなっています。やはり、補償額が高いほど安心度が高くなるので、ニコスカードを選ぶ際に会員ランクについても検討しておくと良いですね。一般カード会員の場合でも、比較的補償額は高くなっています。例えば、傷害による死亡・後遺障害の補償額は一般カード会員でも最高で2000万円まで保険金が降ります。ゴールド会員の場合は最高で5000万円となっています。携行品の損害限度額なら、一般カード会員で1旅行につき20万円、ゴールド会員なら50万円となっています。ゴールド会員でなければ安心できないというわけでもなく、一般カード会員でも割と高い補償額が設定されているのは嬉しいポイントです。

家族も補償の対象となるカードがある

ニコスカードの海外保険は本人だけではなく、家族も補償の対象となっているカードがあります。本人と家族が同じ内容から補償されているカードがあるので、これなら家族で海外旅行へ出かける時も安心です。家族で良く海外旅行へ出かけるなら、自分だけに保険が適用されていても家族のことが心配になります。家族も補償対象となっているニコスカードは選択肢が多いので、他のメリットを含めて最適なカードを探しておきましょう。

保険の適用条件を抑えておこう

ニコスカードの海外保険の適用条件は各種カードによって条件が異なる内容となっています。これを念頭に置いた上で、基本となる適用条件を一つ覚えておいて下さい。海外旅行へ出かける際にその一部の代金をカードで支払う、これが一つの条件となっています。例えば、自宅から空港までのタクシー代金、空港から海外へ行く際の航空券など、出国までの代金をカードで支払うことが適用条件となっています。また、海外保険は補償項目が5つありますが、各保険項目が適用される条件についても各種カードに依存しています。しっかりと海外保険を適用させるためにも、各カードごとに海外保険の適用条件を確認しておくことが重要です。

スポンサードリンク

ニコスカードの保険専用ヘルプデスクを活用

ニコスカードの海外保険の適用条件を正確に調べる方法として、ニコスカードのお問い合わせを活用して下さい。ニコスカードは様々なヘルプデスクがありますが、保険に関する部署が設置されています。そこへお問い合わせをすると、どんな種類のニコスカードでもしっかりと海外保険の適用条件を教えてもらうことが出来ます。カードを選ぶ時、あるいはカード契約後に海外旅行へ出かける際にお問い合わせ先を抑えておくと便利です。

ニコスカードで海外保険は必要?

ニコスカードで海外保険が必要かどうかはライフスタイルによってかなり変わってきます。やはり、家族旅行やビジネスで海外へ行く機会が多々ある場合、ニコスカードに海外保険を付帯させておく方が確実に安心できます。また、海外保険の必要性に迷った時はそこまで意識する必要はありません。ニコスカードはかなり種類が多いです。現状として100種類以上のニコスカードがあり、海外保険が付帯されているカードも多いです。利用枠やポイント還元率など、他のステータスを見ながら最適なカードを探していく上で自然と海外保険が付帯されているカードに出会うこともあると思います。それほど海外保険を重視しない場合は、海外保険があれば安心という感覚でカード探しをしてみてはいかがでしょうか。

国内旅行の方が多いなら

海外旅行よりも国内旅行の方が多いという人は国内保険が付帯されているニコスカードを検討しておきましょう。国内旅行をしている際に起こった様々なアクシデントを補償してもらうことが出来ます。

ライフスタイルに合った保険を見つけよう

ニコスカードは海外保険だけではなく国内保険を付帯することも出来ます。やはり、ニコスカードを選ぶ上で海外へ行く機会が少ない人にとってはどれだけ充実した海外保険が付帯されていても、ライフスタイルに合っていなければ殆どメリットがありません。国内保険なら、国内旅行のアクシデントに対応することが出来るので、誰にとってもメリットを得やすくなります。また、ニコスカードによっては海外保険と国内保険の両方に対応しているカードもあります。プライベートで海外と国内の両方において旅行へ出かけることが多い人は、双方の保険が付帯されているニコスカードを選ぶのが最も安心です。自分のプライベートに合った保険が付帯されているニコスカードを見つけましょう。

まとめ

ニコスカードは海外保険や国内保険を付帯させておく方がいろんなシチュエーションにおいて安心を手に入れることが出来ます。保険を付帯させる上で海外や国内において旅行へ出かけることが多いかどうか、ここが一つのポイントとなります。また、単身旅行ではなく家族と一緒に旅行へ出かけることが多いなら、家族の補償まで考慮してニコスカードを選びましょう。補償項目が豊富なニコスカードなら対応できるアクシデントが多いので安心出来ますし、補償額も少なからず考慮しておく必要があります。もし、海外保険や国内保険が付帯されているニコスカードを持つなら、しっかりと保険を適用させるためにも保険の適用条件は熟知しておかなければなりません。疑問点がある場合は各種ニコスカードにおいて保険の適用条件を確認する必要があるので、しっかりと疑問を解決しておいて下さい。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード