2018年最新!おすすめクレカランキング→

オリコカードの学費サポートって?審査基準や金利、評判や、申し込む前に知っておきたいこと

オリコカードの学費サポートって?審査基準や金利、評判や、申し込む前に知っておきたいこと

オリコカードの学費サポートは教育ローンのことです。教育ローンとは?学費に特化したローンであり、学費や教材費などでお金が必要になった際に融資を受けることが出来ます。それ以外の目的ではお金を借りることが出来ません。オリコカードの学費サポートは他社の教育ローンは少し特徴が異なります。

スポンサードリンク

【PR】当サイト一番人気の楽天カード!最新キャンペーンはこちら←Check!

学費サポートの2つの特徴

オリコカードの学費サポートを利用するなら、2つの特徴を覚えておいて下さい。1つ目の特徴はオリコが学校へ入金してくれることです。一般的な教育ローンは利用者の元へ融資が振り込まれますが、オリコカードの学費サポートはオリコが学校へ入金してくれるので支払いがスムーズです。2つ目の特徴は申込時に書類が一切不要なことです。もちろん、審査結果によっては身分証明書や収入証明書が必要となるケースがありますが、原則は一切書類不要となっているので簡単に申し込むことが出来ます。申込方法はインターネット対応なので、何も準備をすることなく学費サポートへ申し込めます。

学費サポートの基本情報

学費サポートを検討する上で、基本情報は抑えておかなければなりません。資金使途は入学金・授業料・教材費・実習費・留学費・寮費等、学校へお支払いする費用となっています。学校に関する費用は他にも色々とありますが、教材費、留学費、寮費などを学校以外の業者へ支払いをする場合は利用出来ません。要するに子供が通学する学校へ直接お金を支払う場合に限り、学費サポートを使えるというわけです。そのため、交通費や生活費も対応していません。次に極度額についてですが、これ10万円以上の500万円以下となっています。支払方法はオリコから学校指定口座へ直接振込なので、支払方法は考慮する必要がありません。

融資はその都度申し込みが必要

学費サポートで融資を受ける場合、お金が必要になる度に申し込むことになります。一度契約をすると、次回からの申し込みで融資額は加算されていくことになります。毎回の申し込みでは、特に何も書類が必要ありません。学費の領収書や教材費用の明細など、書類なしで簡単に融資の申し込みをすることが出来ます。また、融資額というのは1円単位でお金を借りることが出来ます。10万円以上からの利用となっていますが、学費が10万円9658円だった場合でも、その金額を丸々借りることが出来ます。

学費サポートの金利は一律ではない

教育ローンというのは基本的に金利が決まっていますが、オリコカードの学費サポートの金利は学校によって利率が異なるシステムです。そのため、子供が入学する学校において金利を調べなければなりません。金利を調べるためにはオリコの学費サポートの公式サイトが必須となります。公式サイト内では、オリコカードの学費サポートが対応している全国の学校を検索できます。学校を検索すると金利が分かるので、申込前に必ず金利を検索しておくようにしましょう。

学費サポートの利息の計算方法は複雑

オリコカードの学費サポートを利用する上で、返済における利息は最も気になるポイントだと思います。学費サポートの利息計算の方法は少し複雑です。先に計算方式を紹介しておきますと、元金×利率÷12=1回目の利息額となります。学費サポートは元金に応じて最低の返済額が決まっており、上記の計算方式から算出した利息額を返済額から引きます。返済額-一回目の利息額=元金に充てる金額となります。この元金に充てる金額というのは借金を減らせる金額となります。2回目の返済以降も計算の仕方は同じです。最初に利息額を算出して返済額から利息額を引き、これによって算出された金額が借金から減ることになります。子供が入学する学校の金利を調べておけば、上記の計算方式から自分でも利息計算できるようになるので参考にしておいて下さい。

スポンサードリンク

返済プランはシミュレーションを活用すること

オリコカードの学費サポートの利息計算は少々複雑なので、返済プランを立てる時は公式サイトの返済シミュレーションを活用しておきましょう。これは返済額などを入力するだけで自動的に返済内容を計算することが出来るので便利です。

返済開始日と返済日

オリコカードの学費サポートでお金を借りたら、その翌月から返済開始となります。返済日は毎月の27日となっています。この返済日に関してはしっかりと覚えておかなければなりません。返済日の27日が土日祝なら、翌週の営業日が支払日となります。また、返済日はオリコ社が途中で変更する可能性があるので、契約後は必ず返済日を確認しておいて下さい。

返済方法でステップアップ返済はダメ

学費サポートの返済方法は2つあります。通常返済とステップアップ返済が用意されていますが、必ず通常返済を選択してください。学費サポートの利息計算の項目を読んでもらうと分かりますが、学費サポートは元金によって利息が変わります。ステップアップ返済というのは毎月の返済において分割手数料だけを支払う返済方法です。ステップアップ返済のメリットは何か?それは元金代を支払わないことから、月々の返済額を抑えられることです。しかし、デメリットとなるのは元金が一切減らないことです。元金が減らないということは毎月の利息額も減ることはありません。返済というのはどんなローンであっても元金を減らさなければ負担を軽減出来ないので、必ず通常返済から返済をしましょう。ステップアップ返済はオリコ社のちょっとしたいたずら心が垣間見えます。

親子リレー返済はアリ

学費サポートは通常返済とステップアップ返済がありますが、どちらの返済方法においても親子リレーというシステムを使えます。簡単にこのシステムを説明すると、子供が在学中は学費を親が肩代わりしておき、子供が卒業して社会人になったら契約者を子供へバトンタッチできるというシステムです。子供にとっては最悪なシステムですが、親にとっては称賛できるほど素晴らしいシステムではないでしょうか?親がステップアップ返済で親子リレーをした場合、子供は泣き叫ぶでしょう。少しでも元金を減らしてあげて下さい。

学費サポートの審査は厳しい?

学費サポートの審査については難易度を推測することが難しいです。原則として収入証明が必要となっていませんし、在籍確認をパス出来れば割と簡単に合格できるような雰囲気があります。しかし、安定した収入が必要となることは認識しておくべきポイントです。学費を全額借入する場合は特に借入額が高額となることから、返済能力を問われることは間違いありません。学費サポートは10万円から利用できるため、大半の学費を貯金で支払って10万円だけ借りるというなら審査はかなり簡単でしょう。希望する融資によって審査の難易度は変わってくるので、大きな金額を借りるなら一応は収入証明書を準備しておきたいところです。

学費サポートの評判は様々

学費サポートの評判は様々です。システムとして学校に直接お金を支払ってくれるのは便利ですし、申し込みが簡単なことも魅力です。しかし、その一方で金利が学校によって異なることから本当にお得かどうかを判断しずらいことはデメリットです。金利を比較するにしても子供が通う学校によって利率が決まってくるので、子供の進路で利息が変わると言っても過言ではありませんね。

最後に~クレジットカードとの関連はなし

オリコカードには様々なサービスがありますが、代表的なのはクレジットカードです。学費サポートは単体として独立している商品なので、クレジットカードとの関連は何もありません。例えば、クレジットカードを作る際に学費サポートを付帯させる、こうした連動性がないので勘違いしないようにしてください。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード