今すぐクレカが必要な方は→

ポイントカードはまとめてアプリ(stocard、スマホサイフなど)で管理!キャッシュレス社会は財布を薄くしよう

スマホ

日本政府は2020年の東京オリンピックに向けて、キャッシュレス社会の推進をしています。

しかし、日本は世界的に見るとかなり「現金主義」の国です。現金しか使えない店も多くあります。

まだまだ現金社会の根強い日本ですが、今後キャッシュレス社会は進んでいくと思われるので、みなさんもその対策が必要になります。

この記事では、来たるキャッシュレス社会に向けて、まずはみなさんのお財布内から変えれることをご紹介していきますね。

ケロンくん

みんなのお財布内を変えちゃうよ〜!!

2019年(令和)の消費税増税(10%)でもキャッシュレス決済(クレジットカードなど)なら9ヶ月間は2~5%還元!?コンビニでも2%還元の予定!

ポイントカードで財布がパンパン!そんなことないですか?

財布

日本は現金主義の国なので、財布には常に現金が入っていると思います。

それだけでも、財布はパンパンなのに、人によってはここにクレジットカードやポイントカードが入ってきます。

多くの人の財布は常にいっぱいいっぱいの状態でしょう。

ケロンくん

財布が常にパンパンだと型崩れもするし、重くて最悪だよ。

小さい財布特集!定番・人気商品やオススメブランドを紹介。キャッシュレス時代に適した形とは?ミニマリストにもぴったり。

いきなりキャッシュレスが怖いなら、まずはポイントカードから変えていこう!

少しでも財布を軽くするために、いきなり現金を減らして明日からキャッシュレスで生きていくぞ!というのは無理があります。

そこで、まずは「ポイントカードをスマホに集約して財布を軽くすること」からはじめてみるのはいかがでしょうか。

そんな人のために登場したのが、ポイントカードを管理するためのアプリ。

ポイントカードアプリを使って、来るキャッシュレス社会に向けて練習をしつつ、財布を軽くしていきましょう。

ポイントカードをアプリに集約!

スマホ

ポイントカード管理アプリでは、ポイントカードを登録して、スマホの画面を見せるとそれがポイントカード代わりになります。

LINEでも相談受付中

公式LINE@「クレカの相談トーク!」で相談してみませんか?

自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

ケロンくん

時間があるときに、編集部がお答えします^^

このアプリを導入すれば、ポイントカードによって財布がかさばるということから、おさらばすることができます。

もちろんアプリに登録されていないポイントカードを連携はできませんが、それでもかなり役に立つことは間違いなし。

ポイントカードをアプリに連携メリット
  • 財布がかさばらない
  • 各ポイントカードごとのPWを一括で管理できる
  • それでは以下で、人気ポイント管理アプリを紹介していきますね。

    自分に合ったポイントカード管理アプリを使っていきましょう。

    「moneytree」について

    ここが素敵!
    まずはポイントカードから!最終的には、資産をトータル管理できるアプリ。

    まず紹介するのは「moneytree」>というアプリです。

    もともとは、「moneytree」はポイントカードを管理するだけでなく、資産すべてを管理するために作られたアプリです。

    しかし、ポイントカードの管理にも適したアプリとなっています。

    【管理できるポイントカード(一部抜粋)】

    • Amazon
    • Tポイントカード
    • dポイント
    • ポンタカード
    • 楽天スーパーポイント
    • リクルートポイント

    >>全種類の確認は「moneytree」(公式サイト)

    人気ポイントカードはしっかり押さえられた構成です。

    ポイントカードのスマホ管理に慣れたら、銀行口座やクレジットカード情報を登録してみましょう。

    こういった個人資産情報を登録すると、情報がすべて紐づけられ、一目で自分の資産を確認できるようになります。

    また登録されたクレジットカードで支払いを行うと、人工知能で支出項目が振り分けられ家計簿に登録されます。
    (たとえば、ガストで1,000円食事をすると、外食という項目に1,000円支出と記載されます)

    ポイントカードの管理をするだけでなく、家計簿をつけたいという人にオススメのアプリです。

    ポイント!
    「moneytree」のメリット

    • 家計簿をつける機能がある
    • シンプルで使いやすい設計

    「moneytree」のデメリット

    • できることが多く、仕様がやや難しく感じるかも

    「stocard」について

    stocard
    出典:stocard(公式サイト)

    ここが素敵!
    バーコードさえあればどんなマイナーカードでも登録可能!

    複数のポイントカードを一元管理したいという人に、オススメのアプリが「stocard」です。

    「stocard」はポイントカード管理を専門としたアプリで、バーコード付きのポイントカードであれば一元管理することが可能です。

    楽天ポイント・dポイントなどよく見るポイントカードだけでなく、東急ハンズ・ドンキホーテ・ニトリなど日常的に利用する店舗のポイントカードが登録可能。

    また、バーコードがあるポイントカードであれば、個別追加もできるので登録できるポイントカードの数はかなり多いです。

    ポイントカードをたくさん持っていて、それを一元管理したいという人に、オススメのアプリです。

    ポイント!
    「stocard」のメリット

    • バーコード付きポイントカードであれば、多くのポイントカードを管理できる
    • 登録できるポイントカードの数が多い

    「stocard」のデメリット

    • WAON・Suicaなどには対応していない
    • バーコードをスクショするだけなので、登録できないことがある

    「スマホサイフ」について

    ここが素敵!
    現在、拡大中のポイント管理アプリ!

    TSUTAYAなどを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブがリリースした、ポイントカード管理アプリが「スマホサイフ」です。

    【管理できるポイントカード(一部抜粋)】

    • Tカード
    • マツモトキヨシ
    • シダックスクラブカード
    • 一風堂メンバーカード

    >>全種類の確認は「スマホサイフ」(公式サイト)

    かゆいところに手が届くラインナップが魅力ですね。

    また、ポイントカードだけでなく、QUICPayや楽天Edyといった電子マネーも登録できるので、電子マネーの支払いもこのアプリ一つで行えます。

    さらに登録したお店のクーポンも届く仕組みになっているので、わざわざ公式アプリをダウンロードする手間も省けます。

    カルチュア・コンビニエンス・クラブは「スマホサイフ」の開発に力を入れており、今後はクレジットカードの登録などもできるようになる予定です。

    ポイントカードだけでなく、電子マネー・クーポンそしてのちのちは、クレジットカードもすべてアプリで行える拡大中のアプリです。

    ポイント!
    「スマホサイフ」のメリット

    • 電子マネーにも対応できる
    • 今後クレジットカードへの対応も予定されている

    「スマホサイフ」のデメリット

    • 登録できるポイントカードがまだ少ない

    実際にポイントカードをスマホで管理している人の口コミ

    sns

    家計簿アプリでかんたんにお金を管理!

    本

    ポイントカード管理だけでなく、お金の管理全般をさらに簡単にしたいという方には、家計簿アプリの活用がオススメです。

    家計簿アプリは、以前に紙の家計簿でつけていたような内容を、スマホアプリで管理できるという優れもの。

    先ほど紹介した「moneytree」にも家計簿機能がありますよね。

    でもはじめて家計簿アプリを使うときは、どんなメリットがあるのか、情報の安全性は大丈夫なのかなど、不安に思うこともあるでしょう。

    そこで、家計簿アプリの概要からオススメのアプリまで詳しく解説していきます。

    ケロンくん

    ポイントカードアプリとあわせてぜひ試してみね♪

    家計簿アプリを利用するメリット

    5つ星

    まず家計簿アプリを使うメリットについて押さえておきましょう。

    紙の家計簿にはない便利さがあるんですよ!

    ①スマホから簡単入力・修正が可能

    家計簿アプリは収入や支出の内容をスマホから入力しますので、紙の家計簿に書いたり消したりするよりも簡単にできます。

    わざわざ時間を取らなくても、電車の中や待ち時間などのスキマ時間でパパッと入力できますよ。

    さらに、この入力作業が簡単にできるような工夫がアプリごとにされています。

    ▼簡単に入力できるもの(一例)

    • 家賃や光熱費・通信費など毎回発生する支出を、日付だけ変えてまとめて入力
    • 複数の項目を選択して、まとめて変更・消去
    • レシートから自動読み取り

    収入・支出の各カテゴリがイラストになっていて、一覧表にした際に見やすいアプリも多いです。

    ②予算と実際の収支を簡単に比較できる

    紙の家計簿をつけていると、月が変わったときに前月の残高を新たな月のページに転記して、また予算を立てて記入して……という手間が発生しますよね。

    しかし家計簿アプリであれば、毎月の残高は自動計算されますし、毎月の予算もあらかじめ登録・変更できます。

    さらに、月ごとの収支金額の変化や、食費や光熱費など各カテゴリごとの金額推移をかんたんに比較できます。

    紙の家計簿でこの比較をしようとすると、多くの計算をしなければならず大変です。またエクセルの家計簿でも数式を入れる手間もあります。

    こういった負担がなく、簡単に操作できるのがいいですね。

    ③クレジットカードや銀行口座と連動

    最近はキャッシュレス化が進んでいるので、現金よりもクレジットカード電子マネーを使うという方も多いのではないでしょうか。

    払い方が増えると、その分家計の管理も煩雑になりますよね。

    しかし家計簿アプリの中には、クレジットカードや銀行口座・ネットバンキングと連携できるアプリもあります!

    この機能を使えば、カードを使った履歴や銀行口座の入出金履歴が自動的に反映されるんです。

    キャッシュレスで支払えば、家計簿アプリの入力が減って家計管理もしやすくなるなんて、キャッシュレス派には一石二鳥ですね。

    家計簿アプリの安全性は大丈夫?

    ?

    家計簿アプリが便利なのはわかったけれど、「登録したクレジットカードや銀行口座・ネットバンキングの情報は安全なの?」という不安も生まれますよね。

    たしかに、自分のネットバンキングのIDやパスワードがアプリ運営会社から漏れれば、その情報が何者かに盗み取られてしまうという危険性もあります。

    そのため、各家計簿アプリはそれぞれ独自の方法で安全性を向上させ、ユーザーが安心して使えるような仕組みをつくっています。

    たとえば、のちほど紹介する「マネーフォワード ME」は、最高水準の暗号方式である「2048bit」のSSL証明書を利用した仕組みが採用されています。

    預かるデータは通信時から保管時まですべて暗号化しているので、万が一読み取られたとしてもその内容がわからないようになっています。

    また預かるデータと銀行のID・パスワード情報は、異なるサーバに暗号化して保存、アクセスにも制限を設けて厳重な管理をしているそうです。

    ポイント!
    このように、人気のアプリは無料・安価だったとしても、きちんとした安全対策を施しているケースが多いです。
    利用する際には、こういった安全性の高いアプリを利用するといいですね。

    どうしても不安な場合は?

    それでもどうしても安全性が不安という方は、あとで紹介する「おカネレコ」のように、銀行口座やクレジットカードと連動しないアプリを利用するのもオススメです。

    アプリにはそれぞれの特徴がありますので、好きなタイプのアプリを使うといいですね!

    オススメの家計簿アプリ3選

    電卓

    これから家計簿アプリを利用する方にオススメのアプリを3つご紹介します。

    それぞれ特徴が違うアプリをピックアップしましたので、自分に一番マッチするアプリ・サービスはどれか、イメージしながら読んでみてください。

    ①マネーフォワード ME

    「マネーフォワード ME」は、家計簿アプリの代表格とも言える有名アプリです。

    収入・支出の基本的な入力機能のほか、銀行口座やクレジットカード利用履歴との連動も10件まで可能です。

    前述の通り、その安全性も高いレベルでキープしています。

    このアプリを利用すれば、毎月の予算を立て、買い物が終わったら収支を入力。

    月が変わったときには前月と比較しながら家計を改善していく、という一連の流れを実行しやすくなるでしょう。

    データも過去1年分は引き継げますので、1年前との比較も可能ですよ。

    ここまでの機能がついて利用料は無料というのも嬉しいですよね。

    クレジットカードのポイント・マイルの有効期限管理までしてくれるので、集めたポイントもムダなく利用できるでしょう。

    ポイント!
    「プレミアムサービス」に申し込めば、過去データ閲覧や銀行・クレジットカードの連携数が無制限になったり、家計診断や家計資産レポート作成をしてもらえたりと、さまざまなサービスが追加されます。
    ※プレミアムサービスは、iOS版:月額480円・Android版:月額500円で利用できます。

    マネーフォワード<公式サイト>

    ②おカネレコ

    「おカネレコ」は、そのアプリ説明に「2秒かんたん家計簿」とついているように、かんたんにすばやく使える点に特化したアプリです。

    面倒な会員登録は不要。収入・支出のカテゴリを選択して、金額を入力するだけ!

    円グラフを見れば、どのカテゴリでどれくらい支出しているのかも、一目瞭然です。

    本当にかんたんなので、まずは利用してみるのがオススメですよ。

    ポイント!
    マネーフォワード MEのように銀行口座やクレジットカードとの連動や、家計管理に便利な有料プランはありませんが、シンプルな家計簿アプリを利用したい方には、こちらのおカネレコがオススメです。

    ③レシーピ!

    「レシーピ!」は、アプリからレシートを読み取れば、その内容が反映され、かんたんに記録がつけられるという画期的なアプリです。

    テレビの情報番組に取り上げられているのを観て、実際に使ってみたらとても便利だったので、私も日頃から愛用しています。

    レシートの撮影方法はとても簡単。

    「レシート撮影」ボタンを押して、レシートを撮影するだけ。

    撮影したらレシート内容が出力されるので、その内容を確認して、OKだったら登録してください。

    注意
    ただレシートによってはうまく反映されない場合もあるので、そのときは自分で手入力する手間もあります。
    完璧に反映できるとは言い難いので、そこはデメリットですね。

    キャッシュレス社会の推進

    キャッシュレス

    キャッシュレス社会とはその名の通り、現金の支払いを少なくしていく社会のことです。

    ▼キャッシュレス化の主なメリット

    • 財布がかさばらない
    • 盗難などの犯罪抑止につながる
    • 利用履歴が確認しやすい
    • 現金の管理コストがなくなる
    • 税金の徴収がしやすい

    個人としてもキャッシュレスに対応するメリットは十分ありますし、店舗や政府など大きなお金を管理する側としてもメリットは大きいです。

    キャッシュレス化に対応していくためにも、まずはポイントカードの管理からアプリではじめてみましょう。

    ポイントカードや家計簿はアプリで管理しよう

    ここまでポイントカードや家計簿を管理するためのアプリについて解説してきました。

    ポイントカード・電子マネー・クレジットカードをアプリで管理できれば、財布がかなり薄くなりますし、金銭管理もかなり楽になります。

    みなさんもぜひアプリを活用して、ポイントカードや家計簿を管理し、家計を豊かにしていきましょう!

    マネーフォワード<公式サイト>

    ▼動画で学べるYoutubeチャンネルもやっています!2-3日に1本更新できるようがんばっています^^

    ケロンくん

    ぜひチャンネル登録・高評価よろしくお願いします!

    ▼ブログランキングにも参加中。ぜひ投票お願いします!


    ※クリックだけで完了します!

    【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

    人気のクレジットカードはコレ!
    ■随時更新!リアルな人気ランキング
     1位 JCB CARD W
     2位 楽天カード
     3位 マイルが貯まりやすいアメックス
     ※当サイトの申込データを随時参照

      ■1枚目・メインカードにおすすめの1枚は?
    【ほとんどの方にオススメ!】JCB CARD W
    【ドコモユーザーならコレ!】dカード GOLD

      ■急ぎでカードが必要な方には
    【店舗数No.1】 ACマスターカード
     まとめ記事 → 即日発行クレジットカード  

    その他、注目のコンテンツも要チェック!

    ケロンくん

    ツクレカ公式LINE@、スタートしました!
    クレカの相談、受け付けます!

    ツクレカの公式LINE@「クレカの相談トーク!」で質問受付中です! また、更新情報を不定期でお送りしております。


    皆さんからの

    • クレカについてのご相談
    • 「おすすめカードを教えて」という質問
    • クレカの券種レビュー
    をお待ちしています!気軽にお送りください^^

    自分にピッタリのクレジットカードを探したい方も、アドバイス致します!

    ケロンくん

    ぜひ気軽にお話ししましょう~♪