2018年最新!おすすめクレカランキング→

バンドルカードの『ポチっと』チャージは2万円までアプリで前借りできちゃう!CASHとは違う部分は?


出典:https://vandle.jp/

ネット決済専用カードとして、2016年7月にリリースされたバンドルカードが、2018年4月に発表した新機能が話題を呼んでいます。

スポンサードリンク

【PR】Web限定★一番人気のJCB CARD W最新キャンペーンで11,000円プレゼント中!?←Check!

新機能の名前は『ポチっと』チャージというもので、1回あたり最大2万円までお金を前借りできるという仕組みです。

少額のお金を得られるものとしては、アプリのCASHなどが話題になりましたが、はたしてどのような違いがあるのでしょうか。

ここではバンドルカードと、『ポチっと』チャージについて詳しく解説していきます。

バンドルカードの基本機能

機能
出典:https://vandle.jp/

まずはバンドルカードの基本機能について解説していきます。

Visa対応のプリペイドカードが誰でも作れる

ここが素敵!
バンドルカードは生年月日と電話番号をアプリに登録することで、最短1分でVisa対応のプリペイドカードが作れます。

バンドルカードの基本的な機能としては、Visa対応のプリペイドカードが作れることです。

近年インターネットショッピングが盛んですが、クレジットカードを所持していない人にとっては、コンビニに振り込みに行ったり、銀行振込をしたりする手間がかかります。

チャージ式のカードなので、クレジットカードのような審査もなく、未成年でも作成可能。

あらかじめ金額をチャージしておけば、わざわざ外出することなくインターネットショッピングができるようになります。

リアルカードとバーチャルカードの違い

ここが素敵!
バーチャルカードだけでなくリアルカードも発行可能!

またバンドルカードには、リアルカードとバーチャルカードの2種類があります。

バーチャルカードはインターネットショッピング専用ですが、リアルカードを作成すればコンビニや飲食店などでも利用できるようになります

リアルカードの作成にも審査はありませんので、誰にでも作成できることが嬉しいポイントですね。

チャージはコンビニ・クレジットカードなどで可能

ここが素敵!
簡単チャージでクレジットカードのように使える!

バンドルカードにお金をチャージしたら、プリペイド式のカードとして利用が可能になります。

チャージはコンビニ・クレジットカード・銀行振込・携帯電話支払いに加えて、ビットコインでの支払いも可能です。

チャージ方法は豊富なので、とくに苦労することなくカードが使えるようになります。

『ポチっと』チャージ機能とは?

ぽちっとチャージ
出典:https://vandle.jp/pochitto/

クレジットカードを持てない人にとっては、とても便利なバンドルカード。

そんなバンドルカードに追加された『ポチっと』チャージとは、どんな機能なのでしょうか。

最大2万円まですぐにチャージが可能

このCMとてもわかりやすいですよね。

『ポチっと』チャージはその名の通り、ボタンを押すと最大2万円までチャージができる機能です。

「今、欲しいものがあるけどお金がない」そんな悩みに応えたサービスです。

『ポチっと』チャージは生年月日と電話番号に加えて、氏名とメールアドレスを登録することですぐに使えます。

『ポチっと』チャージの実装によって、バンドルカードは1分で利用可能なプリペイドカードになりました。


このように上手に資金繰りをしている人もいます。

スポンサードリンク

ケロンくん

これはプリペイド式カードの場合、チャージの手間がかかって面倒という声に応えてできた機能なんだって!

チャージした場合は手数料が発生する

注意
チャージには返済時に手数料がかかります!

チャージは最大2万円まで可能ですが、返済時には手数料がかかります。

▼手数料

    ・1万円までのチャージ:500円
    ・1万1000円から2万円までのチャージ:800円

チャージした翌月末までにコンビニ・ATM・ネットバンキングで支払わなければなりません。

たとえば1万円を借りた場合は、500円追加して1万500円を支払うことになります。

金額が小さいのであまり意識しないかもしれませんが、これは月利5%(年利になおすと年利60%)で返済しなければならないという計算になります。

消費者金融の金利は年利20%までなので、かなり割高なのがおわかりいただけるでしょうか。

そのため『ポチっと』チャージを利用する時は、しっかり状況を把握してから使うようにしましょう。

CASHとの違いは?

キャッシュロゴ
出典:https://cash.jp/

バンドルカードの『ポチっと』チャージと似た機能をもっているアプリとして、「CASH」が挙げられます。

CASHはリリース直後から多くの人が利用したため、一時的に利用停止になっていましたが、再度利用できるようになりました。

CASHはリリース直後は「質屋」のようなアプリでしたが、現在は買取専用アプリとなっています。

CASHの場合は何かアイテムがないとお金を手に入れることができませんが、返済の必要はありません。

これが『ポチっと』チャージとの違いです。

バンドルカードが危険って本当?

help

インターネットでバンドルカードと検索すると、「バンドルカード 危険」という関連ワードが出てきます

バンドルカードが危険というのは本当なのでしょうか。

『ポチっと』チャージを利用した時の手数料と返済期限を知っておく

ポイント①
『ポチっと』チャージを利用する時は、手数料と返済期限を把握しておこう!

『ポチっと』チャージでチャージできる金額は最大2万円までと、少額ですが翌月末までに手数料を加えて返済しなければなりません。

ZOZOTOWNのツケ払いで支払いができない人が世間的な問題にもなったように、『ポチっと』チャージにもそのような危険性をはらんでいます。

『ポチっと』チャージは急にお金が必要になった時に、手軽にお金がチャージできるという便利さがある分、つい利用しやすいです。

利用時は必ず返済できる予定があるか、自分と相談してから利用するようにしましょう。

バンドルカードを利用して現金化する危険性

ポイント②
バンドルカードの現金化は絶対にしないこと!

「バンドルカード 危険」と検索すると、バンドルカードを現金化するという記事が表示されます。

メルカリで現金が出品されたことが一時話題になりましたが、これはクレジットカードのショッピング枠を現金に変えるというものです。

バンドルカードの『ポチっと』チャージは、クレジットカードのショッピング枠を利用しているわけではありませんが、仕組みとしては非常に似ています。

「バンドルカードで商品券を買う」→「チケットショップで商品券を売る」→「現金が手に入る」という流れです。

これら現金化行為は、かなりグレーな行為です。

緊急事態は、手数料がかかるとしても、『ポチっと』チャージを利用した方がいいでしょう。

バンドルカードは賢く利用しよう

ここまでバンドルカードについて解説してきまいた。

バンドルカードはVisaのプリペイドカードとして利用できますので、クレジットカードが作れない人にとっては、とても便利なアプリです。

新たに追加された『ポチっと』チャージについては、使いどころを間違えなければとても便利な機能です。

バンドルカードは危険性もありますので、使う人は賢く利用するようにしましょう。

【この記事を閉じる前に!】今持つべき、オススメクレカは!?

人気のクレジットカードはコレ!
  ■総合人気ランキング
 1位 JCB CARD W
 2位 楽天カード
 3位 三井住友VISAカード

  ■お得な高還元率の人気カード
 1位 オリコカード・ザ・ポイント
 2位 リーダーズカード
 3位 JCB CARD W

  ■急ぎでカードが必要な方には
 1位 ACマスターカード
 2位 セゾンカード